征服とは? わかりやすく解説

せい‐ふく【征服】

読み方:せいふく

[名](スル)

武力で敵を負かし支配下におくこと。「敵国に—される」

困難を克服して目的を達成すること。「難病を—する」


征服

原題:Marie Walewska
製作国:アメリカ
製作年:1937
配給:
スタッフ
監督:Clarence Brown クラレンス・ブラウン
製作:Bernard H. Hyman バーナード・H・ハイマン
原作:Waolaw Gasiorowski 
脚色:Samuel Hoffenstein サミュエル・ホフェンシュタイン

Salka Viertel ザルカ・フィアテル

S. N. Behrman S・N・ベールマン
撮影:Karl Freund カール・フロイント
音楽:Herbert Stothart ハーバート・ストサート
キャスト(役名
Greta Garbo グレタ・ガルボ (Marie Walewska
Charles Boyer シャルル・ボワイエ (Napoleon
Reginald Owen レジナルド・オーウェン (Talleyrand
Alan Marshall アラン・マーシャル (Captain L'Ornano
Henry Stephenson ヘンリー・スティーブンソン (Count Walewski
Dame May Whitty ディム・メイ・ホイッティ (Laetitia Bonapate)
C. Henry Gordon C・ヘンリー・ゴードン (Prince Poniatowski
Countess Pelagia  (不明
Claude Gillingwater クロード・ギリングウォーター (Stephan
George Houston ジョージ・ヒューストン (Marshal Duroe)
George Zucco ジョージ・ザッコ (Senator Malachowski)
Scotty Beckett  (Alexandre
Henry Kolker ヘンリー・コルカー (Senator Wybitecki)
Ivan Lebedeff イヴァン・レベデフ (Cossack Captain
解説
噫初恋」「妻と女秘書近くは「ナショナル・ベルベット」等のクラレンス・ブラウン監督作品脚色は「アメリカの悲劇」「ジーキル博士とハイド氏(1932)」「真珠の首飾」「運命の饗宴」のサミュエル・ホッフェンシュタイン、撮影カール・フロイントあたっている。「マタ・ハリ」「グランド・ホテル」「恋多き女」「アンナ・カレニナ」「クリスチナ女王」その他で名声のあまねきグレタ・ガルボと「最後の抱擁」「運命の饗宴」等のシャルル・ボワイエ主演
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
1807年1月ナポレオン麾下仏軍ロシア軍撃破しポーランド進撃したポーランド国民熱狂してナポレオン迎えた首都ワルソーナポレオン歓迎夜会催されたとき、ワレウスカ伯爵夫人マリー容色に眼をとめた皇帝は彼女に宿舎にくるように命じた人妻の身に無礼な言葉マリー激し憤りを感じた。数日後伯爵夫妻のもとへ議員たちが訪れてきた。彼らは祖国再建のためにあらゆる手段講じてナポレオン動かそう試みた失敗帰したので、皇帝お気に入りのマリーに宿舎行ってもらうよう依頼にきたのだ。伯爵夫妻悩み大きかったが、ついに祖国のためにマリーは身を犠牲にする決心をして、夜秘かにナポレオン訪れたマリー皇帝個人的に不幸であり、彼女を心から愛していることを知りかつてないあやしい愛情が湧くのをどうすることもできなかった。マリー正式に伯爵離婚し皇帝愛情信じ日かげの女としての生活に満足していた。2年後彼女はナポレオンンの子妊娠したが、彼女が皇帝そのこと告げようとしたとき、皇帝皇后離別し高貴な血統世継ぎを得るためハプスブルグ家のマリイ・ルイゼと結婚すると言いしたので彼女は自分の妊娠秘して行先告げず皇帝のもとを去った1812年の冬モスコー遠征敗れたナポレオン連合軍の手エルバ島流された。彼が再起の念に燃え焦燥の日を送っているとき、マリーが彼との間に生まれた息子アレキサンドルをつれて5年ぶりに訪れて来た。しかし野望燃え彼はマリー反対するにも拘らず再挙計るため連絡の密書を彼女に托し、フランス同志のもとへ暗夜利して出発させた。やがてナポレオン故国へ帰り再起したが、ウォータールー一戦敗れ、再び捕らえられセントヘレナ島流されるためロシュフォール港に送られた。乗船の日、宿舎マリーアレキサンドルをつれて訪れてきた。かつては一世を風靡した皇帝ナポレオン真実の愛情を教えてくれた男の淋しい姿を、マリー息子抱いたまま見送った

征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/30 04:29 UTC 版)

征服(せいふく、英語conquest)とは、武力・軍事力によってを負かして支配下におくこと、武力征伐によって相手を屈服させることであり、歴史的には国家民族集団が武力によって他の国家や領域占領併合し、消滅させる全過程を指している。




「征服」の続きの解説一覧

征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 14:31 UTC 版)

イシュプイニ」の記事における「征服」の解説

ウラルトゥサルドゥリ1世息子。父の跡を継ぎ、「ナイリの王、偉大なる王、世界の王」を名乗った軍制改革推進しウラルトゥオリエント強国一角に加えた。南方勢力拡大しマンナエ人の町ムサシルを攻略し、このことはイシュプイニ息子メヌアがケリシン碑文残した文面から窺うことが出来るこの町ハルディ神に捧げてウラルトゥ重要な宗教都市としたが、同時にこの地方は重要な鉄の産地でもあった。 ウラルトゥ版図ヴァン湖ウルミア湖間の領域拡大したイシュプイニは、南方宿敵アッシリア帝国シャムシ・アダド5世およびその王妃シャンムラマトとも戦った。またアラス川北方から南下して来る遊牧民とも戦い、これを撃退したという。

※この「征服」の解説は、「イシュプイニ」の解説の一部です。
「征服」を含む「イシュプイニ」の記事については、「イシュプイニ」の概要を参照ください。


征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 16:05 UTC 版)

ディオニュシオス1世」の記事における「征服」の解説

ディオニュシオス1世は、紀元前397年から紀元前392年まで、カルタゴとのシケリア戦争勝つこと負けこともありカルタゴ勢をシチリア島から完全に一掃しようというディオニュシオス目論見達せられず、ディオニュシオス死去した時点でシチリア少なくとも3分の1カルタゴ支配下にあった。ディオニュシオスは、(イタリア半島本土の)レギオン現在のレッジョ・ディ・カラブリア)への遠征行ない、これを支配下に入れ、さらにレギオン同盟していた大ヘラスマグナ・グラエキア)の諸都市にも攻撃をかけた。あるときにはロクリ防衛を図るため、ルカニア(Lucania:現在のバジリカータ州付近)勢の加勢得てトゥリイ (Thurii) やクロトン領域蹂躙した紀元前386年に、長い攻城戦末にレギオン陥落させたディオニュシオス1世は、その住民奴隷として売り飛ばした。イリュリア人とともにデルポイ神殿略奪企てまた、エトルリア沿岸部位置し当時共和政ローマ同盟結んでいたカエレ(ギリシア語名:アギュラ)(Caere) の神殿略奪した一方アドリア海沿岸では、貿易拠点としてアンコーナアドリアイッサヴィス島)を建設したディオニュシオス1世進出によって、アドリア海シュラクサイの海となったペロポネソス戦争では、スパルタ側に就いて参戦し傭兵派兵した紀元前385年エピロス王アルケタス1世が国追われディオニュシオス1世のもとに逃れてきていた。エピロス友好的な君主国あること望んだディオニュシオスは、エピロスのモロシア人 (Molossians) を攻撃していたバルデュリス (Bardyllis) 率いイリュリア人たちのもとに2000人のギリシア人重装歩兵派遣し500揃いギリシア甲冑送った。彼らはこの地蹂躙し15,000人のモロシア人を殺しアルケタス1世王座返り咲いた。この事態アゲシラオス2世が自ら出馬してスパルタ介入しテッサリアマケドニア王国からの支援、またモロシア人自身の働きもあり、イリュリア勢は排除された。

※この「征服」の解説は、「ディオニュシオス1世」の解説の一部です。
「征服」を含む「ディオニュシオス1世」の記事については、「ディオニュシオス1世」の概要を参照ください。


征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 01:07 UTC 版)

領域権原」の記事における「征服」の解説

「征服」も参照 征服は、他国領域全部武力によって自国編入することである。強制的併合ともいう。かつては他国領域に対する実効的支配確立領有意思要件として征服が認められたが、現代において国際法上武力行使一般的に禁止されている(国連憲章2条4項、武力不行使原則)。自衛権にもとづく軍事占領の場合には例外的に占領国武力行使許容されることはあるが、そのような軍事占領は被占領国による武力行使存続する場合に限ってそれに対抗するために認められるものであるため、有効な領域権原とはならない

※この「征服」の解説は、「領域権原」の解説の一部です。
「征服」を含む「領域権原」の記事については、「領域権原」の概要を参照ください。


征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 07:24 UTC 版)

ノルマン・コンクエスト」の記事における「征服」の解説

以前イングランドサクソン人デーン人の大諸侯earl)が各地に割拠している状態だったが、ウィリアム1世イングランド統一推進したノルマンディー式の封建制取り入れてヘイスティングズの戦いなどで戦死追放した諸侯領土没収し配下騎士たち分け与えた。さらに、各州シャイアshire)に州長官シェリフ)を置いて、王の支配全土及ぼした緩やかな支配慣れていたサクソン諸侯は、当初ハロルド2世一族エドガー・アシリングかついで各地反乱起こしたが、各個撃破された(前述)。その後1070年デーン人スコットランド王などの支援を受けてヨークシャーなど北部反乱起きた所領奪われサクソン人デーン人達はロビン・フッドモデル1人といわれるヘリワード・ザ・ウェイク首領として、ウォッシュ近くイーリ島に集結して抵抗したが、むなしく鎮圧された(1074年)。これ以降イングランド安定したエドガースコットランド逃亡しその姉マーガレット後にスコットランド王マルカム3世結婚した2人間のイーディスマティルダ)は後にサクソン人ノルマン人融和証としてヘンリー1世結婚することになる。 ウィリアム1世反乱諸侯から領土取り上げと共にサクソン人貴族後継ぎ無く死亡したり、司教修道院長亡くなると代わりにノルマン人指名したため、1086年頃にはサクソン人貴族はわずか2人になっていた。また、カンタベリー大司教サクソン人スティガンドが解任されイタリア人ランフランクス就任しているが、これはローマ教皇意向働いており、以降イングランドにおけるローマ教会影響力強くなり、ウィリアム2世時代イングランドにおける叙任権闘争つながっていくノルマン・コンクエストとは、ノルマン人農民大挙襲来してサクソン人農民大挙追放されたことではない。サクソン人領主追放されてノルマン人領主取って代わっただけにすぎないその意味で、ノルマン・コンクエストとは、国民全体から見ればごく少数領主貴族限った征服だとも言える当然ながら民衆中から古英語イングランド文化消滅したわけでもない。ただし古英語ここから3世紀間は支配者層の間で話されることはな庶民の間だけの言葉になった抗う文法学者もいなくなった状態になったことにより英語は庶民の間で急速に簡素化されていく。名詞性別消失語尾複雑な変化消失などはノルマン・コンクエスト結果である。さらに英語は多くのフランス語ラテン語語彙取り入れること美しさ備えていくことになる。

※この「征服」の解説は、「ノルマン・コンクエスト」の解説の一部です。
「征服」を含む「ノルマン・コンクエスト」の記事については、「ノルマン・コンクエスト」の概要を参照ください。


征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:36 UTC 版)

ガリポリ陥落」の記事における「征服」の解説

1352年から1357年までの東ローマ帝国の内戦において、東ローマ皇帝ヨハネス6世カンタクゼノス味方したオスマン軍は、東ローマ帝国領のトラキアのほとんどを略奪しガリポリ付近のTzympe要塞獲得した1354年3月2日地震起こり数百ヵ所町村被害受けたガリポリのほぼすべての建物壊れ住民都市から避難した1ヶ月以内に、Süleyman Pashaこの地占領し素早く要塞化し、アナトリア半島から住民連れて来て居住させた。

※この「征服」の解説は、「ガリポリ陥落」の解説の一部です。
「征服」を含む「ガリポリ陥落」の記事については、「ガリポリ陥落」の概要を参照ください。


征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 17:18 UTC 版)

アルジェ占領 (1529年)」の記事における「征服」の解説

1529年1月オスマン帝国スレイマン大帝神聖ローマ皇帝フェルディナント1世宣戦布告した際に大帝地中海西部にも攻勢に出るつもりでいたので、ハイレッディンに対する支援改めて行うことにしたハイレッディンに対してオスマン帝国からイェニチェリ2000人が派遣され大砲資金与えられたハイレッディンは、賄賂を通して忠誠心変えてアルジェシャイフ支援得たアルジェ権力を得ると、スペインアルジェ要塞包囲した22日間の砲撃末に1529年5月29日に、総督Don Martin de Vargas率いスペイン軍降伏した生き残りはわずか25人のみで、スペイン本土から支援受けられなかった。Vargas棍棒殴り殺され、要塞が解体されキリスト教徒奴隷による石積み工事防潮堤建設された。

※この「征服」の解説は、「アルジェ占領 (1529年)」の解説の一部です。
「征服」を含む「アルジェ占領 (1529年)」の記事については、「アルジェ占領 (1529年)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「征服」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

征服

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 11:30 UTC 版)

名詞

(せいふく)

  1. の強い者が、相手負かして支配下におくこと。
  2. 難しいことを克服して、目的達成すること。

発音(?)

せ↗ーふく

翻訳

動詞

活用

翻訳


「征服」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

征服のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



征服のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの征服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイシュプイニ (改訂履歴)、ディオニュシオス1世 (改訂履歴)、領域権原 (改訂履歴)、ノルマン・コンクエスト (改訂履歴)、ガリポリ陥落 (改訂履歴)、アルジェ占領 (1529年) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの征服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS