征服とは?

せい‐ふく【征服】

[名](スル)

武力で敵を負かし、支配下におくこと。「敵国に征服される」

困難を克服して目的達成すること。「難病を征服する」


征服

原題:Marie Walewska
製作国:アメリカ
製作年:1937
配給:
スタッフ
監督:Clarence Brown クラレンス・ブラウン
製作:Bernard H. Hyman バーナード・H・ハイマン
原作:Waolaw Gasiorowski 
脚色:Samuel Hoffenstein サミュエル・ホフェンシュタイン

Salka Viertel ザルカ・フィアテル

S. N. Behrman S・N・ベールマン
撮影:Karl Freund カール・フロイント
音楽:Herbert Stothart ハーバート・ストサート
キャスト(役名
Greta Garbo グレタ・ガルボ (Marie Walewska
Charles Boyer シャルル・ボワイエ (Napoleon
Reginald Owen レジナルド・オーウェン (Talleyrand
Alan Marshall アラン・マーシャル (Captain L'Ornano
Henry Stephenson ヘンリー・スティーブンソン (Count Walewski
Dame May Whitty ディム・メイ・ホイッティ (Laetitia Bonapate)
C. Henry Gordon C・ヘンリー・ゴードン (Prince Poniatowski
Countess Pelagia  (不明
Claude Gillingwater クロード・ギリングウォーター (Stephan
George Houston ジョージ・ヒューストン (Marshal Duroe)
George Zucco ジョージ・ザッコ (Senator Malachowski)
Scotty Beckett  (Alexandre
Henry Kolker ヘンリー・コルカー (Senator Wybitecki)
Ivan Lebedeff イヴァン・レベデフ (Cossack Captain
解説
噫初恋」「妻と女秘書近くは「ナショナル・ベルベット」等のクラレンス・ブラウン監督作品脚色は「アメリカの悲劇」「ジーキル博士とハイド氏(1932)」「真珠の首飾」「運命の饗宴」のサミュエル・ホッフェンシュタイン、撮影カール・フロイントあたっている。「マタ・ハリ」「グランド・ホテル」「恋多き女」「アンナ・カレニナ」「クリスチナ女王」その他で名声のあまねきグレタ・ガルボと「最後の抱擁」「運命の饗宴」等のシャルル・ボワイエ主演
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1807年1月ナポレオン麾下仏軍ロシア軍撃破してポーランド進撃した。ポーランド国民熱狂してナポレオン迎えた。首都ワルソーナポレオン歓迎夜会が催されたとき、ワレウスカ伯爵夫人マリー容色に眼をとめた皇帝は彼女に宿舎にくるように命じた。人妻の身に無礼言葉マリー激し憤り感じた。数日後伯爵夫妻のもとへ議員たちが訪れてきた。彼らは祖国再建のためにあらゆる手段を講じてナポレオンを動かそうと試みたが失敗に帰したので、皇帝お気に入りマリーに宿舎へ行ってもらうよう依頼にきたのだ。伯爵夫妻悩み大きかったが、ついに祖国のためにマリーは身を犠牲にする決心をして、夜秘かにナポレオン訪れた。マリー皇帝個人的に不幸であり、彼女を心から愛していることを知り、かつてないあやしい愛情が湧くのをどうすることもできなかった。マリーは正式に伯爵離婚し、皇帝愛情を信じ、日かげの女としての生活に満足していた。2年後、彼女はナポレオンンの子妊娠したが、彼女が皇帝にそのことを告げようとしたとき、皇帝皇后離別し、高貴血統世継ぎを得るためハプスブルグ家のマリイ・ルイゼと結婚すると言いだしたので、彼女は自分妊娠を秘して行先告げず皇帝のもとを去った。1812年の冬モスコー遠征に敗れたナポレオン連合軍の手エルバ島へ流された。彼が再起の念に燃え焦燥の日を送っているとき、マリーが彼との間に生まれ息子アレキサンドルをつれて5年ぶりに訪れて来た。しかし野望燃える彼は、マリー反対するにも拘らず再挙計るため連絡密書を彼女に托し、フランス同志のもとへ暗夜利し出発させた。やがてナポレオン故国へ帰り再起したが、ウォータールー一戦に敗れ、再び捕らえられてセントヘレナ島流されるためロシュフォール港に送られた。乗船の日、宿舎マリーアレキサンドルをつれて訪れてきた。かつては一世風靡した皇帝ナポレオン真実の愛情を教えてくれた男の淋しい姿を、マリー息子を抱いたまま見送った。

征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/30 04:29 UTC 版)

征服(せいふく、英語conquest)とは、武力・軍事力によってを負かして支配下におくこと、武力征伐によって相手を屈服させることであり、歴史的には国家民族集団が武力によって他の国家や領域占領併合し、消滅させる全過程を指している。




「征服」の続きの解説一覧

征服

出典:『Wiktionary』 (2020/03/29 09:41 UTC 版)

名詞

せいふく

  1. の強い者が、相手を負かして支配下におくこと。
  2. 難しいことを克服して、目的達成すること。

発音

せ↗ーふく

翻訳

動詞

活用

征服-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
征服

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 征服しない 未然形 + ない
否定 征服せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
征服される 未然形 + れる
丁寧 征服します 連用形 + ます
過去・完了・状態 征服した 連用形 + た
言い切り 征服する 終止形のみ
名詞 征服すること 連体形 + こと
仮定条件 征服すれば 仮定形 + ば
命令 征服せよ
征服しろ
命令形のみ

翻訳




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「征服」の関連用語

征服のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



征服のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの征服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの征服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS