アレクサンドロス3世とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 統治者・君主 > ファラオ > アレクサンドロス3世の意味・解説 

アレクサンドロス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 07:02 UTC 版)

アレクサンドロス3世ギリシア語: Ἀλέξανδρος Γ'紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日)、通称アレクサンドロス大王ギリシア語: Ἀλέξανδρος ὁ Μέγας)は、古代ギリシャのアルゲアス朝マケドニア王国バシレウス(王)(在位:紀元前336年 - 紀元前323年)である。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトファラオも兼ねた。




注釈

  1. ^ プルタルコスの『英雄伝[要文献特定詳細情報][要ページ番号]によると、史上最も優れた指揮官としてアレクサンドロス大王を挙げている。
  2. ^ プルタルコスの『英雄伝』[要文献特定詳細情報][要ページ番号]によると、アレクサンドロスの銅像をみたカエサルは、自分の業績は、彼に比べればとるにたらないと言って泣いたという逸話がある。
  3. ^ Mémoires de Napoléon Bonaparte, Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne(1821年)[要文献特定詳細情報][要ページ番号]は、ナポレオンに同行した秘書の回想録であるが、「アレクサンドロスはナポレオンが最も尊敬する偉人であり、同列に並べられることを常に願っていた。」「エジプト遠征時も、自分とアレクサンドロスを重ねていた」という趣旨の内容が度々登場する。
  4. ^ 古代ギリシアにおいて司令官は後ろの安全な場所にいるのではなく、自ら剣戟に身をさらして戦う習慣があったため、これは取り立てて特別なこととは言えない。
  5. ^ ただし、この時期も樽(現在知られる木製のものではなく、ギリシア人が使う甕)で生活していたかは不明である。少なくとも、シノペからアテナイに移住した際に樽で生活していたのは間違い無い。しかし、その後コリントスに移り住んだ時も同じように暮らしていたかは不明である。高齢で杖をついていたディオゲネスがコリントスまで旅をするのは不自然であり、奴隷に売られた逸話を事実とするならばクセニアデスの家に居たはずだからだ。
  6. ^ マケドニア人は何でもギリシア神話と結び付ける傾向(マケドニア風法螺話)があり、岩山を落とせなかったというヘーラクレースもギリシア神話のヘーラクレースではなく、現地や周辺地域の英雄をヘーラクレースと呼称しただけに過ぎないとされている[21]

出典

  1. ^ G・W・F・ヘーゲル 『哲学史講義Ⅱ』河出文庫、2016年、333頁。 
  2. ^ ユニアヌス・ユスティヌス 『地中海世界史』京都大学学術出版会、2004年、172頁。 
  3. ^ ディオドロス・シクロス「ディオドロス・シクロス『歴史叢書』第一七巻 「アレクサンドロス大王の歴史」訳および註(その三)」森谷公俊訳、『帝京史学』27 (2012)、135-212、p. 147。
  4. ^ Alex McAuley, "Violence to Valour: Visualizing Thais of Athens", Irene Berti, Maria G. Castello and Carla Scilabra, ed., Ancient Violence in the Modern Imagination: The Fear and the Fury (Bloomsbury, 2020), 27-40, p. 28.
  5. ^ Thais and Persepolis”. penelope.uchicago.edu. シカゴ大学. 2021年2月22日閲覧。
  6. ^ Alex McAuley, "Violence to Valour: Visualizing Thais of Athens", Irene Berti, Maria G. Castello and Carla Scilabra, ed., Ancient Violence in the Modern Imagination: The Fear and the Fury (Bloomsbury, 2020), 27-40, p. 29.
  7. ^ S・ヘディン 『カラコルム探検史(上)』白水社、1979年、21頁。 
  8. ^ C・ロンブロオゾオ 『天才論』改造文庫、1940年、107頁。 
  9. ^ 加藤茂孝「人類と感染症の戦い-第6回"ウエストナイルウイルス"」(2010)。原出典は、JS Marr et al:Alexander the Great and West Nile Virus Encephalitis.Emerging infectious Diseases.9(12),(2003)
  10. ^ 河野与一訳、『プルターク英雄伝』(1956)より。
  11. ^ 第6回「ウエストナイルウイルス」-アレキサンダー大王の死因?(加藤茂孝) (PDF) - モダンメディア56巻4号「人類と感染症の戦い」
  12. ^ Roger Dobson (2002年1月27日). “How Alexander caused a great Babylon inflation”. インデペンデント. https://www.independent.co.uk/news/world/europe/how-alexander-caused-a-great-babylon-inflation-9213402.html 2019年3月28日閲覧。 
  13. ^ a b ブリアン (2003)、p. 135
  14. ^ Food That Conquered The World: Alexander the Great 出版者:medium.com 参照日:2021.7.27
  15. ^ プルタルコス 『プルターク英雄伝(九)』岩波文庫、1982年、14頁。 
  16. ^ プルタルコス 『プルターク英雄伝(九)』岩波文庫、1982年、24頁。 
  17. ^ プルタルコス 『プルターク英雄伝(九)』岩波文庫、1982年、23頁。 
  18. ^ 山川偉也『哲学者ディオゲネス 世界市民の原像』講談社〈講談社学術文庫1855〉. Yamakawa, Hideya, 1938-, 山川, 偉也, 1938-. Tōkyō: 講談社. (2008). ISBN 978-4-06-159855-3. OCLC 675817324. https://www.worldcat.org/oclc/675817324 
  19. ^ プルタルコス 『プルターク英雄伝(九)』岩波文庫、1982年、25頁。 
  20. ^ 森谷 2007 [要ページ番号]
  21. ^ フラウィウス・アッリアノスインド誌英語版[要文献特定詳細情報]
  22. ^ プルタルコス 『プルターク英雄伝(九)』岩波文庫、1982年、31頁。 
  23. ^ 「これで世界史は大きく変わった」アレクサンドロス大王を32歳で早逝させた"ある飲み物"  2021年10月3日 PRESIDENT Online
  24. ^ “【中国の歴代王朝に巣食った】宦官(かんがん)は、どうして生まれたのか?!”. 歴人マガジン. (2018年10月15日). https://rekijin.com/?p=28832 2020年5月1日閲覧。 
  25. ^ エーリヒ・ケストナー『点子ちゃんとアントン』pp.109「第九の反省」より
  26. ^ Ashrafian H. "The death of Alexander the Great--a spinal twist of fate." J Hist Neurosci. 2004 Jun;13(2):138-42. PMID 15370319.
  27. ^ Pearce, John M. S., "Fragments of Neurological History". Imperial College Press: 2003, p. 248. ISBN 1860943381
  28. ^ ヴォルテール 『英雄交響曲』白水社、1942年、175頁。 
  29. ^ https://www.youtube.com/watch?v=0soMly08EZQ



アレクサンドロス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 21:18 UTC 版)

異世界のトイレで大をする。」の記事における「アレクサンドロス3世」の解説

ギリシア伝説的な王。便通に効くアロエ求めて原産地であるソコトラ島征服したと言われている。

※この「アレクサンドロス3世」の解説は、「異世界のトイレで大をする。」の解説の一部です。
「アレクサンドロス3世」を含む「異世界のトイレで大をする。」の記事については、「異世界のトイレで大をする。」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アレクサンドロス3世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アレクサンドロス3世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アレクサンドロス3世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアレクサンドロス3世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの異世界のトイレで大をする。 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS