シンクレティズムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 態度 > シンクレティズムの意味・解説 

シンクレティズム【syncretism】

起源異な複数宗教要素習合して信仰されていること。神道仏教習合道教仏教習合ヒンズー教仏教習合など、さまざまな形態がある。諸教混淆(こんこう)。


シンクレティズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 23:08 UTC 版)

シンクレティズム英語: syncretism)とは、相異なる信仰や一見相矛盾する信仰を結合・混合すること、あるいはさまざまな学派・流派の実践・慣習を混合することである。「混合」〔混合主義〕、「習合」〔習合主義〕、「諸教混淆」(しょきょうこんこう)ともいう。その他、日本語訳には「融合」、「混交」、「複合」、「重層」も使用されている。


  1. ^ 日本福音同盟『日本の福音派』いのちのことば社
  2. ^ 第1回日本伝道会議 宣言文
  3. ^ 大本の祭神宗教法人大本
  4. ^ 皇祖皇太神宮の由来皇祖皇太神宮
  5. ^ 資料館皇祖皇太神宮
  6. ^ 竹内文書・竹内文献皇祖皇太神宮


「シンクレティズム」の続きの解説一覧




シンクレティズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シンクレティズム」の関連用語

シンクレティズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シンクレティズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンクレティズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS