アントロポゾフィー協会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アントロポゾフィー協会の意味・解説 

アントロポゾフィー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 02:43 UTC 版)

アントロポゾフィー協会( -きょうかい、: Anthroposophische Gesellschaft)は、人智学(アントロポゾフィー)運動[* 1]の創始者ルドルフ・シュタイナー(1861年-1925年)の支持者たちが1912/3年[* 2]に結成した団体、および、1923年末に最晩年のシュタイナーが協会の立て直しを図って創設した団体である[* 3]人智学協会(じんちがくきょうかい)とも。


出典

  1. ^ 人智学もアントロポゾフィーも同じ Anthroposophie の訳語。
  2. ^ ゲーテアヌム公式サイトによると、人智学協会はドイツケルンで1912年12月28日に設立された[1]。人智学協会の発足について、高橋巖は1913年初[2]コリン・ウィルソンによるシュタイナーの評伝は1913年2月のこととしている[3]
  3. ^ この設立を以て最初の人智学協会は解散となった[2]
  4. ^ 高橋巖はこれを「霊学のための自由大学」と翻訳している(e.g. 高橋 1986, p. 160)。宮坂訳 2009 もこの訳語を採用している(p. 452)。
  1. ^ a b c d Goetheanum: 1912-1923 Gründung der Anthroposophischen Gesellschaft (2015年12月閲覧)
  2. ^ a b c 高橋 1986, p. 160.
  3. ^ a b c ウィルソン, 中村訳 1994, p. 225.
  4. ^ Goetheanum: 1902-1912 Anfänge und Grundlagen (2015年12月閲覧)
  5. ^ 高橋 1986, pp. 157-158.
  6. ^ 高橋 1986, p. 158.
  7. ^ 高橋 1986, pp. 159-160.
  8. ^ a b Goetheanum: 1923-1925 Neustrukturierung und Vertiefung (2015年12月閲覧)
  9. ^ a b c RUDOLF STEINERS ERÖFFNUNGSVORTRAG vom 24. Dezember 1923, 11 Uhr 15 vormittags (2015年12月閲覧)
  10. ^ a b c d e f Goetheanum: Gründungs-Statut der Anthroposophischen Gesellschaft von 1923 (2015年12月閲覧)
  11. ^ a b c Goetheanum: Allgemeine Anthroposophische Gesellschaft (2015年12月閲覧)
  12. ^ 精神科学自由大学の特徴”. 2015年11月28日閲覧。
  13. ^ a b Goetheanum: Freie Hochschule für Geisteswissenschaft (2015年12月閲覧)
  14. ^ Goetheanum: Mitglied werden (本文3行目)
  15. ^ ゲーテアヌム公式サイトの「世界の協会組織一覧」(2015年12月閲覧)


「アントロポゾフィー協会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アントロポゾフィー協会」の関連用語

アントロポゾフィー協会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アントロポゾフィー協会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアントロポゾフィー協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS