創価学会とは? わかりやすく解説

そうか‐がっかい〔サウカガククワイ〕【創価学会】


創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/29 22:48 UTC 版)

番組ドタキャン騒動」の記事における「創価学会」の解説

園田会見した竹入は池田番組出演公明党持ち帰ったが、北条浩秋谷栄之助らはこの竹入の勝手な判断に「先生危険に晒すのか」と激怒した。竹入は「先生証人喚問から回避するためにはこれしかなかった」「自民党から内々の約束取り付けている」と説得北条池田報告池田出演OK出したので芳情小汀細川池田出演について協議行ったその中で池田出演1月11日小汀細川対談中に池田途中から加わるという形をとった。

※この「創価学会」の解説は、「番組ドタキャン騒動」の解説の一部です。
「創価学会」を含む「番組ドタキャン騒動」の記事については、「番組ドタキャン騒動」の概要を参照ください。


創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 03:49 UTC 版)

国立戒壇」の記事における「創価学会」の解説

創価学会は、第2代会長戸田城聖就任した直後1950年代前半には「王仏冥合」「国立戒壇」を目指しその実現を主張していた。戸田は自ら筆を揮っていた機関誌大白蓮華の巻頭言で「化儀広宣流布とは国立戒壇建立である」と述べていた。ただし同時に、「未来日蓮門下に対して国立戒壇本門の戒壇)の建立命ぜられたものであろう」とも述べ戒壇建立する主体はあくまで日蓮門下であって権力たる日本国政府ではないと明言している。 戸田後任となる第3会長池田大作1960年昭和35年)の会長就任に当たり、「戸田門下生代表して化儀広宣流布目指し一歩前進指揮執らせていただきます」と挨拶した池田1965年昭和40年)、500万世帯弘通達成した創価学会を代表して大石寺正本堂建立発願する。この時日蓮立正安国論真筆において用いたクニガマエ中に民衆の民と書いて『囻(クニ)』と読む」文字解釈を基に日蓮意味するの意味国家権力ではなく民衆であるという新たな見解明らかにした。 そして、日蓮仏法奉じる民衆の代表たる正宗講頭、および当時その地位にあった創価学会会長発願戒壇建立できると説明した。 「正本堂 (大石寺)#正本堂の位置づけをめぐって」も参照 しかし、この考え方日蓮正宗内では妙信講が「国立戒壇あくまでも国家権力許し得たものでなければならない」と反発後述)。外部からも1970年昭和45年)の共産党による「国立戒壇論は『国から特権を受け』ることになり憲法20条違反する思想といわなければならない」という非難を受け、学会日蓮正宗宗門守勢立たされた(前述)。この指摘に対し創価学会では「国立戒壇について」という文書で次のように回答している。 本門戒壇とは、本尊をまつり、信仰の中心とする場所のことで、これは民衆中に仏法広まり一つ時代の潮流となったとき、信者総意供養によって建てられるべきものである。 既に現在、信徒八百万人の参加によって、富士大石寺境内に、正本堂建設が行われており、昭和四十七年十月十二日に完成予定である。これが本門戒壇にあたる一時本門戒壇を〝国立戒壇〟と呼称したことがあったが、本意は一で述べた通りである建立当事者信徒であり、宗門事業として行うのであって国家権力とは無関係である。 「政教分離原則#宗教団体の政治参加について」および「言論出版妨害事件#宗教活動に関して」も参照 一方で、「国立戒壇の『クニ』は「クニガマエ中に民衆の民と書いて『囻(クニ)』と読む」文字」という見方引き続き学会教学部内を貫く思想となり、これが1972年昭和47年)に正本堂完成した際「御遺命達成ありがとう」という池田会長名義メッセージ出される原因になったと見る向きがある。 池田平成時代に入ると「戦後民主主義体制主権在民になった以上、民衆意思が『勅宣御教書に代わるものである」「正宗国教にするとかえって一国化し大聖人の御精神に反してしまう」と説明し、この問題決着図った

※この「創価学会」の解説は、「国立戒壇」の解説の一部です。
「創価学会」を含む「国立戒壇」の記事については、「国立戒壇」の概要を参照ください。


創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:49 UTC 版)

佐藤優 (作家)」の記事における「創価学会」の解説

日本基督教団属すクリスチャンであるが、創価学会に関して客観性強調する宗教学者とは異なり自身は宗教人として、キリスト教エキュメニズム立場から、内在的論理(創価学会員に寄り添う、あるいは自分が創価学会員だったらどう考えるかという立場)で読み解くとしている。 その上で、「創価学会のファン」であると公言しており、『潮』の連載では、池田大作同会名誉会長イエス・キリストなぞらえて、「創価学会の真理体現である」と評価している。 また、キリスト教徒にとってイエス・キリストという名はきわめて重要である。それと同じように創価学会員にとって池田大作氏の名が決定的に重要なのである。それは池田大作氏という名に創価学会の真理体現されているからと筆者は考える」「筆者は中間団体である創価学会が民主主義の砦であると確信している。それと同時に創価学会の思想を、池田大作氏という傑出した宗教人から虚心坦懐に学びたい」「筆者は創価学会のファンであることを隠さない。それは創価学会が対話重視する宗教団体だからだ。創価学会について勉強し、創価学会員と対話重ねれば重ねるほど、筆者自身のキリスト教信仰深めることができる。このように他宗教の信者惹きつける魅力池田大作氏は持っている」などと論述している。

※この「創価学会」の解説は、「佐藤優 (作家)」の解説の一部です。
「創価学会」を含む「佐藤優 (作家)」の記事については、「佐藤優 (作家)」の概要を参照ください。


創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:42 UTC 版)

靖国神社問題」の記事における「創価学会」の解説

日本国憲法第20条政教分離原則抵触する恐れがあるとして、首相参拝反対している。

※この「創価学会」の解説は、「靖国神社問題」の解説の一部です。
「創価学会」を含む「靖国神社問題」の記事については、「靖国神社問題」の概要を参照ください。


創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 09:44 UTC 版)

偽造写真事件」の記事における「創価学会」の解説

創価学会は控訴審判決後損害賠償棄却されたことに対し機関紙聖教新聞紙面において『創価学会全面勝訴』と報道。 [脚注使い方] ^ 朝日新聞アエラ編集部2000 202P引用 ^ 創価新報1992年11月4日号、11月18日号 ^ 平成五年(ワ)第七七七99年12月6日東京地裁判決 ^ 山田直樹著『創価学会を斬る

※この「創価学会」の解説は、「偽造写真事件」の解説の一部です。
「創価学会」を含む「偽造写真事件」の記事については、「偽造写真事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創価学会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「創価学会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創価学会」の関連用語

創価学会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創価学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創価学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの番組ドタキャン騒動 (改訂履歴)、国立戒壇 (改訂履歴)、佐藤優 (作家) (改訂履歴)、靖国神社問題 (改訂履歴)、偽造写真事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS