ほんぶしんとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 宗教 > 宗教 > ほんぶしんの意味・解説 

ほん‐ぶしん【本普請】


ほんぶしん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/19 14:10 UTC 版)

ほんぶしんとは、1962年大西玉(おおにしたま)を中心にして誕生した新宗教である。天理教より分派したほんみちから、さらに分派したという経緯をもち、教理教義は天理教に近い部分が多い。信者数ははっきりしないが90万人とする資料[1]もあり、単純な信者数ではほんみちを越える[2]教勢を持つ。




  1. ^ 井上順孝ほか編『新宗教 教団・人物事典』 弘文堂、1996年、278頁
  2. ^ 同上、280頁


「ほんぶしん」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ほんぶしん」の関連用語

ほんぶしんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ほんぶしんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのほんぶしん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS