ウンバンダとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > ウンバンダの意味・解説 

ウンバンダ


ウンバンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 08:46 UTC 版)

ウンバンダ (Umbanda) は、1920年代に成立したブラジルの一神教の宗教である[1]カトリックの信者で霊媒だったゼリオ・フェルナンジーノ・デ・モラエス(Zelio Fernandino de Moraes)が率いた新興アフロ化宗教とカルデシズム(心霊術)の宇宙論を統合したニテロイの小グループに始まった[2][1]転生を信じ、最高神オロルンのもと、インディオ黒人奴隷の祖霊、カトリック聖人などを奉じ、信者に憑依した精霊・死霊の導きを受ける。積極的な生き方、儀礼や学習、慈善活動を通し、自身の霊的な向上、悩みや不調の解決、エスニックグループ・社会階級の融和を目指す[2][1]




「ウンバンダ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウンバンダ」の関連用語

ウンバンダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウンバンダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウンバンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS