バーブ教とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バーブ教の意味・解説 

バーブ教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 02:38 UTC 版)

バーブ教(バーブきょう、بابی ها)は、イランなどに分布したイスラム教の流れを汲む一神教である。1840年代にバーブ(ミールザー・アリー・モハンマド)によりイランで十二イマーム派シーア派の一派シャイヒー派から起こったが、のちにシャリーア(イスラーム法)の廃止を宣言するなどしたため、一般にはイスラームの枠外とされて1850年代末には徹底的弾圧を受けた。これを逃れた教徒の一部はバハーイー教へと発展する。一方、現在バーブ教を称する一派はアザリー派英語版とも呼ばれ今もイランに残るという。




  1. ^ MacEoin, Dennis (2011). “Azali Babism”. Encyclopædia Iranica. http://www.iranicaonline.org/articles/azali-babism. 


「バーブ教」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バーブ教」の関連用語

バーブ教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バーブ教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーブ教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS