ペイガニズムとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > ペイガニズムの意味・解説 

ペイガニズム

異教

ペイガニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/14 15:44 UTC 版)

ペイガニズム: paganism: paganisme:パガニスム、: paganismus)は、自然崇拝多神教の信仰を広く包括して指し示す、印欧語圏における言葉であり、アブラハムの宗教アブラハム一神教)の視点から用いられている言葉である。侮蔑語差別用語として使われることが多い。


  1. ^ マーゴット・アドラー 『月神降臨』 江口之隆訳、国書刊行会、2003年、1頁、21頁。
  2. ^ ペイガニズムの一派であるウイッカのメンバーは、1990年代始め頃のアメリカで1万人いるとも30万人いるとも推測された(島薗進 『精神世界のゆくえ』 p.27)。
  3. ^ Oxford English Dictionary, (online) 2nd Edition (1989)
  4. ^ Harry Thurston Peck, Harper's Dictionary of Classical Antiquity, 1897; "pagus"


「ペイガニズム」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペイガニズム」の関連用語

ペイガニズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペイガニズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペイガニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS