ニューエイジとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ニューエイジの意味・解説 

ニューエイジ

新し時代、および新し時代予期させる思想潮流などを意味する語。

株式会社ニューエイジ


ニューエイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 09:06 UTC 版)

ニューエイジ: New Age「新時代」の意)とは、20世紀後半に現れた自己意識運動であり、宗教的・疑似宗教的な潮流である[1]。ニューエイジという言葉は、魚座の時代から水瓶座の時代の新時代(ニューエイジ)に移行するという西洋占星術の思想に基づいている[1]グノーシス的・超越的な立場を根幹とし、物質的世界によって見えなくなっている神聖な真実を得ることを目指す[1]。ニューエイジ思想の運動は、ニューエイジ運動[2]という[3]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z York, 井上監訳 2009, pp. 428-434.
  2. ^ : New Age Movement ニューエイジ・ムーブメント、NAM
  3. ^ a b c d 本山美彦「ネオコンの源流「ニューエイジャー」とピラミッド」經濟論叢177:3、京都大學經濟學會2006
  4. ^ a b c d 教皇庁 2007, p. 28.
  5. ^ ニューエイジ 知恵蔵
  6. ^ a b c d e Lewis, 井上監訳 2009, p. 474.
  7. ^ 加藤 2015, p. 15.
  8. ^ 教皇庁 2007, p. 17.
  9. ^ a b 教皇庁 2007, p. 51.
  10. ^ a b 教皇庁 2007, p. 16.
  11. ^ 島薗 1996, pp. 24-25.
  12. ^ a b c 島薗 1996, pp. 23-24.
  13. ^ 教皇庁 2007.
  14. ^ 島薗 2007a, p. 47.
  15. ^ 有元裕美子 著 『スピリチュアル市場の研究: データで読む急拡大マーケットの真実』 東洋経済新報社 2011年
  16. ^ マッシモ・イントロヴィーニャ (2018年8月14日). “中国で「ニューエイジ」が受容される — 体制の現状維持に挑まない限り”. Bitter Winter. 2019年3月9日閲覧。
  17. ^ 教皇庁 2007, p. 23.
  18. ^ 小池 2007, p. 124.
  19. ^ 小池 2007, p. 115.
  20. ^ 島薗 1996, pp. 46-47.
  21. ^ 教皇庁 2007, p. 13.
  22. ^ a b 教皇庁 2007, p. 61.
  23. ^ a b c d e 教皇庁 2007, p. 31.
  24. ^ a b c d e 島薗 1996, pp. 76-77.
  25. ^ a b c d e 大田俊寛「高橋克也被告裁判・証言草稿──地下鉄サリン事件20年に際して 2」 2015.03.18 SYNODOS
  26. ^ a b c 加藤 2015, p. 142-143.
  27. ^ a b 島薗 1996, pp. 110-111.
  28. ^ a b 島薗 1996, pp. 74-75.
  29. ^ a b 島薗 1996, p. 78.
  30. ^ 島薗 1996, p. 8.
  31. ^ 新清士 日本人の神話へと変わってきた「機動戦士ガンダム」アゴラ 2012年06月20日
  32. ^ 赤坂 2015, p. 142-143.
  33. ^ あらためまして「ニューエイジ=アクエリアス(水瓶座)の時代」とは?! 押尾学
  34. ^ Tingay, 宮坂清訳 2009, p. 457.
  35. ^ 教皇庁 2007, pp. 27-28.
  36. ^ a b c Wojcik, 冨澤かな訳 2009, pp. 549-550.
  37. ^ 教皇庁 2007, p. 46.
  38. ^ パートリッジ, 冨澤かな訳 2009, p. 228.
  39. ^ a b c d ワシントン, 白幡節子・門田俊夫訳 1999, pp. 11-12.
  40. ^ a b Carrette, 冨澤かな訳 2009, p. 512.
  41. ^ 島薗 1996, pp. 1996.
  42. ^ York, 井上監訳 2009, p. 434.
  43. ^ a b c d e 教皇庁 2007, pp. 33-34.
  44. ^ a b c 教皇庁 2007, pp. 70-71.
  45. ^ 島薗 1996, pp. 114-115.
  46. ^ 加藤 2015, p. 183.
  47. ^ a b c d e 島薗 1996, pp. 117-119.
  48. ^ 教皇庁 2007, p. 50.
  49. ^ a b c 教皇庁 2007, pp. 36-37.
  50. ^ a b c d e 教皇庁 2007, pp. 49-50.
  51. ^ 小池 2007, pp. 65-66.
  52. ^ 加藤 2015, pp. 89-92.
  53. ^ 羽仁礼 著 『超常現象大事典―永久保存版』 成甲書房、2001年
  54. ^ a b 島薗 1996, p. 90.
  55. ^ 教皇庁 2007, p. 32.
  56. ^ a b 島薗 1996, p. 87.
  57. ^ a b c d e 進藤英樹 「ニューエイジとエソテリシズム(1)ハーネフラーフの『ニューエイジ宗教と西洋文化』」 帝京大学外国語外国文学論集 (15), 65-98, 2009
  58. ^ a b 島薗 1996, pp. 116-117.
  59. ^ 島薗 1996, pp. 82-83.
  60. ^ a b c 島薗 1996, pp. 84-88.
  61. ^ 加藤 2015, pp. 66.
  62. ^ 島薗 1996, pp. 87-88.
  63. ^ 島薗 1996, p. 92.
  64. ^ 島薗 1996, p. 80.
  65. ^ 島薗 1996, p. 79.
  66. ^ a b c Bradby, 宮坂清訳 2009, pp. 484-486.
  67. ^ a b c d York, 井上監訳 2009, pp. 430-431.
  68. ^ a b 教皇庁 2007, pp. 34-36.
  69. ^ a b 教皇庁 2007, pp. 43-46.
  70. ^ 教皇庁 2007, p. 49.
  71. ^ Drane, 宮坂訳 2009, p. 461.
  72. ^ 海野 2001, pp. 18-24.
  73. ^ 吉田 2009, p. 231.
  74. ^ a b 小池 2007, p. 86.
  75. ^ 小池 2007, p. 89.
  76. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 島薗 1996, pp. 36-42.
  77. ^ a b 島薗 1996, p. 42.
  78. ^ Lakota Declare War Against “Shamans” & “Plastics” The Peoples Paths
  79. ^ a b 教皇庁 2007, pp. 57-58.
  80. ^ 島薗 1996, p. 126.
  81. ^ 加藤 2015, p. 69-70.
  82. ^ 島薗 1996, pp. 124-126.
  83. ^ a b c 島薗 1996, pp. 123-124.
  84. ^ 島薗 1996, pp. 119-120.
  85. ^ a b c 加藤 2015, pp. 64-67.
  86. ^ a b 加藤 2015, pp. 148-151.
  87. ^ 加藤 2015, p. 146.
  88. ^ 坂口孝則 ネズミ講が自己啓発と結び付いた最大の理由 自分は何でもできる」と思う人を育て上げる 2016年04月26日 東洋経済
  89. ^ 教皇庁 2007, p. 29.
  90. ^ 教皇庁 2007, p. 55.
  91. ^ 水草(1995) p.57





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューエイジ」の関連用語

ニューエイジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニューエイジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューエイジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS