敬虔主義とは?

けい けんしゅぎ [5] 【敬虔主義】

七世紀末、ドイツルター派教会内におこったキリスト教思潮、またその運動教会形式主義知識偏重主義抵抗し、聖書中心とし内的敬虔実践を重んじた。 A = Hフランケらを指導者とする。

けいけんしゅぎ 【敬虔主義】


敬虔主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/13 17:35 UTC 版)

敬虔主義(けいけんしゅぎ、: Pietismus, : Pietism)は、特定の教理を遵守することではなく、個人の敬虔な内面的心情に信仰の本質を見る信仰的立場を言う。この傾向はキリスト教史の中に幾度も見受けられるが、それが明確な運動として現れたのは、「敬虔主義の父」とも呼ばれるドイツフィリップ・シュペーナーにおいてである。日本語においても、ドイツ語のピエティスムスや英語のパイエティズムという語がそのまま用いられることもある。






「敬虔主義」の続きの解説一覧





敬虔主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「敬虔主義」の関連用語

敬虔主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



敬虔主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの敬虔主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS