主義とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 主義の意味・解説 

しゅ‐ぎ【主義】

読み方:しゅぎ

持ちつづけている考え・方針・態度など。「それが僕の―だ」「完全―」「菜食―」

思想学説芸術理論などにおける一定の立場イズム。「実存―」「自然―文学

特定の原理基づ社会体制制度など。「資本―」


主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 06:54 UTC 版)

主義(しゅぎ)は、人、団体や政府が主張や行動の指針にする原則や思想である。




「主義」の続きの解説一覧

主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 00:51 UTC 版)

Almagest -Overture-」の記事における「主義」の解説

本作登場する国家それぞれ違った主義(保守・改革中道孤立中立のいずれかを持っており、同主義の国家同士友好な関係を築きやすい、などといった部分がある。

※この「主義」の解説は、「Almagest -Overture-」の解説の一部です。
「主義」を含む「Almagest -Overture-」の記事については、「Almagest -Overture-」の概要を参照ください。


主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:50 UTC 版)

民主主義」の記事における「主義」の解説

「主義」という漢語は、伝統的な中国語語義によれば「主ノ義」すなわち君主の事であり書経左伝見られる用法である。これをdemocracyrepublic対置させる最初期のものはウィリアム・マーティン(丁韙良)万国公法1863年または64年)であり、マーティンは a democratic republic を「民主之国」と訳した。しかしこの漢訳は、中国日本その後しばらく見られるようになる democracyrepublic概念に対する理解、あるいはその訳述に対する混乱最初期現れであったマーティンより以前イギリスロバート・モリソン馬礼遜)の「英字典」(1822年)は democracy を「既不可無人統率不可多人乱管」(無統率者あるべきではないし、多くの人によって管理乱れてもいけないもの)という文脈紹介し、ヘンリー・メドハースト(麥都思)の「英華字典」(1847年)はやや踏み込み衆人的国統、衆人治理、多人乱管、少民弄」(衆人国制衆人による統治理論大勢関わることで乱れた管理が行われ、また少数の人間高権弄ぶさま)と解説する。 さらにドイツのロブシャイド(羅存徳)「英華字典」(1866年)は「民政衆人管轄百姓」(民の政治を、大衆管轄し平民誰もが高権弄ぶ)と解説していた。 19世紀後半漢語圏の理解この点で一つ定まっておらず、陳力衛によれば Democracy は「民(たみ)が主」という語義と「民衆の主(ぬし、すなわち民選大統領)」という語義混在していたのである一方で日本では democracy および republic に対して当初はシンプルで区別なく対処しており、1862年堀達之助作成した英和対訳袖珍辞書では democracy および republic いずれにも共和政治」の邦訳充てていた。これが万国公法渡来とその強力な受容により「民主」なる語の併用混用時代迎えることとなる。

※この「主義」の解説は、「民主主義」の解説の一部です。
「主義」を含む「民主主義」の記事については、「民主主義」の概要を参照ください。


主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 03:38 UTC 版)

ジョン・マクドネル」の記事における「主義」の解説

マクドネル高所得層大企業への減税停止考えている教育世代間での贈り物であり、コモディティーのように買われるものではないとし、高等教育無償化を支持している。 経済政策についてまれにヤニス・ヴァルファキス比較されるが、マクドネルヴァルファキスほどではないと冗談混じり述べる。

※この「主義」の解説は、「ジョン・マクドネル」の解説の一部です。
「主義」を含む「ジョン・マクドネル」の記事については、「ジョン・マクドネル」の概要を参照ください。


主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 15:32 UTC 版)

ナザニン・ボニアディ」の記事における「主義」の解説

アムネスティ・インターナショナル・アメリカ支部(AIUSA)の公式スポークスパーソンで、世界中選挙権与えられない人々権利のために草の根レベル活動した国際的なテレビラジオ番組出演したりしている。彼女は特に不公平な慣習若い女性イラン人良心の囚人待遇のことを多くの人々知ってもらうためのイベントに参加することにより人権安全に守ることにとても関心を持っている。 ウェビー賞受賞しInternational Violence Against Women Act (I-VAWA 女性暴力から守る国際組織)と共に行なったキャンペーンのAIUSAの公共広告Power of Words 』ではモーガン・フリーマン共演しナレーション担当しイラン人人権に関するイベント司会者パネリスト配し2010年5月6月のThe Neda Project with AIUSAに方向据えていた。また彼女はアムネスティ・インターナショナル・アメリカ支部ホームページ公式ブログ開設している。 2010年12月、国に反逆するプロパガンダ行なったとして逮捕されイラン人映画監督ジャファール・パナヒMohammad Rasoulofに対しアムネスティ・インターナショナルを通じ嘆願。この嘆願にはポール・ハギスマーティン・スコセッシショーン・ペンハーヴェイ・ワインスタインロン・ハワードなど著名なハリウッド監督業界有力者署名し21,000以上の署名集まった2011年6月8日ニューヨーク国際連合イランへの嘆願を持って行けるようハギスとAIUSA最高責任者ラリー・コックス率いハリウッド著名人からなる代表団参加2011年7月3日イラン拘束されアメリカ人ハイカーシェーンバウアーとジョシュア・ファタルの解放訴えるため、先に解放されたサラ・ ショウルドと共にハンガー・ストライキ行ない、また解放訴え記事執筆2011年7月11日アムネスティ・インターナショナルでの人権に関する功績称えられIschia Global Film & Music FestivalSocial Cinema Award受賞した2012年4月9日母校カリフォルニア大学アーバイン校レイン・ウィルソンと共に差別イランバハイ教への迫害をなくすための『Education Under Fireキャンペーンサポートのため訪れた

※この「主義」の解説は、「ナザニン・ボニアディ」の解説の一部です。
「主義」を含む「ナザニン・ボニアディ」の記事については、「ナザニン・ボニアディ」の概要を参照ください。


主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 01:51 UTC 版)

アラン・コックス」の記事における「主義」の解説

アラン・コックスは、プログラミング自由に対す熱烈な支持者である。同時にソフトウェア特許デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act; DMCA)そして消費者に対するブロードバンドおよびデジタルテレビ促進法案(Consumer Broadband and Digital Television Promotion Act; CBDTPA)に対しては、遠慮な反対者である。彼はこれら法を施行した米国へ抗議のため、USENIXサブグループ辞退しDMCA違反でドミトリー・スクリャロフが逮捕された後、同じように収監されないように、彼は米国訪問しない述べている。 2007年1月彼は、"RMS"、即ちRights Management Systems(権利管理システム)という名の一連の特許出願した彼によると、これはデジタル著作権管理(Digital Rights Management; DRM)に対する特許である。コックス以前雇用先であるレッドハットは、(マーク・ウェビンクコックス自身草稿作成した文書の中で、)フリーソフトウェアプロジェクトに対する特許行使阻止するためのものである主張している。 コックスまた、イギリスのITシンクタンクFoundation for Information Policy Research英語版)、ならびにイギリスデジタル著作権に関するNPOOpen Rights Groupアドバイザー務めている。

※この「主義」の解説は、「アラン・コックス」の解説の一部です。
「主義」を含む「アラン・コックス」の記事については、「アラン・コックス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

主義

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:39 UTC 版)

名詞

しゅぎ

  1. 団体が、いつも守っている一定主張

類義語

翻訳

接尾辞

しゅぎ

  1. 一定主張思考体系
    1. 個人的な信念指向
    2. 制度上の原則
    3. 政治経済基本的規範
    4. 芸術潮流

派生語

複合語

翻訳


「主義」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主義」の関連用語

主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主義のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAlmagest -Overture- (改訂履歴)、民主主義 (改訂履歴)、ジョン・マクドネル (改訂履歴)、ナザニン・ボニアディ (改訂履歴)、アラン・コックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS