主とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

あるじ【主】

読み方:あるじ

一家の長主人。「旧家の—」

集団統括する人。「一国一城の—」

持ち主。「部屋の—」

「饗設(あるじもう)け」に同じ。

方違(かたたが)へに行きたるに、—せぬ所」〈・二五〉


おも【主/重】

読み方:おも

【一】形動[文]ナリ重要なさま。中心になるさま。「この地方の—な産物」「—なメンバー

【二】[名](ふつう「オモと書く)狂言用語。

主役のこと。現在はシテという。

「主(おも)あど」の略。


しゅ【主】

読み方:しゅ

[音]シュ(漢) (呉) [訓]ぬし おも あるじ

学習漢字3年

[一]シュ

家に控えて客をもてなす人。「主客主人

支配・所関係の中心となる人。「主従君主戸主社主船主亭主店主当主藩主盟主喪主(もしゅ)・領主

キリスト教で、神・キリストのこと。「天主

中心となる中心となって事をする。「主演主義主権主宰・主催主将主題主張・主要・主力民主

はたらきかける側。「主観主語主体自主

[二]〈ス〉仏教で、寺のかしら。「座主・坊主(ぼうず)・法主(ほっす)」

[三]〈ぬし〉「株主神主地主名主荷主家主

名のり]かず・つかさ・もり

難読主計(かずえ)・主典(さかん)・主帳(さかん)・主政(じょう)・主税(ちから)・主殿(とのも・とのもり)・主水(もんど・もいとり)


しゅ【主】

読み方:しゅ

自分仕える人。主人

国家や家、また集団などのかしらとなる人。「—が—なら家来家来

中心となること。また、そのもの。「住民が—になって活動する」「情報交換を—とした会合」⇔従。

キリスト教で、神、またはキリスト。→主たる主として


しゅう【主】

読み方:しゅう

《「しゅ」の音変化主人主君

「—の気に入らぬからといって」〈鴎外阿部一族

[補説] 江戸時代以前表記は「しう」がほとんど。


す【主/守】

読み方:す

〈主〉⇒しゅ

〈守〉⇒しゅ


す【主/子】

読み方:す

接尾人名または人を表す名詞に付いて親愛気持ちや軽い敬意を表す。特に遊里用いる。

「ああ、是々(これこれ)太夫—、待って貰(もら)はう」〈伎・韓人漢文


にし【主】

読み方:にし

[代]《「ぬし」の音変化二人称人代名詞。あんた。おまえ。

「これさ—たち、物さ問ひ申すべい」〈浄・碁盤太平記


ぬし【主】

読み方:ぬし

【一】[名]

その社会集団などを支配統率する人。あるじ。「一国の—」「世帯—」

所有者持ち主。「地—」

動作行為主体また、ある事柄の主人公。「声の—」「うわさの—」

山や川などに古くからすみ、霊力があると信じられている動物転じて、ある場所に長くいる人。「沼の—」「この学校の—」

夫。また、定まった情夫。「—ある身」

【二】[代]二人称人代名詞

敬意親しみ込めて相手を呼ぶ語。多く同輩下の男性に対して用いる。→おぬし

「—はいづくへぞなど、語らひ行くほどに」〈今昔二九二三

女性親密な男性を呼ぶ語。

「もし、—が逢ひたがらしゃんすその人に」〈伎・助六

【三】接尾人名呼称に付けて、軽い敬意を表す。男性用いることが多いが、まれに女性にも用いる。

源氏木曽冠者義仲—は」〈吾妻鏡・一〉

[下接語] 県(あがた)主・網主家主馬主売り主送り主・御(お)主・買い主飼い主抱え主貸し主株主借り主神主・倉主・地主救い主世帯主名主荷主船主持ち主雇い主・家(や)主・吾(わ)主


読み方:ノシnoshi

主(ぬし)なまった語。


しゅ 【主】

Lord英)『旧約聖書』では神を示すユダヤ教徒ヤハウェエホバ)という名を直接となえることを恐れ、「わが主」と呼んだ。『新約聖書』でイエスキリストを主と呼ぶのは「神」称するのと同じである。→ エホバ

読み方:ぬし

  1. 女子が己の夫または情人のことを指していふ。
  2. 夫または情夫のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 05:41 UTC 版)

(あるじ、しゅ、ぬし)とは、




「主」の続きの解説一覧

主(あるじ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 04:37 UTC 版)

岸辺露伴は動かない」の記事における「主(あるじ)」の解説

富豪の別荘の売り主物語には直接登場しない富豪では何よりもマナー礼儀)を重んじており、それらを守った者のみがこの別荘地に相応しい人間であると見做し売買契約を交わすマナー違反をした者の一切の理由には耳を傾けることも受け付けこともなく、一究を通して早々の引き取り通達する。ただし、再トライ可能であるが、その場合、自身の大切なもの前回違反した回数失わせる反面、一究がマナー違反をした場合、その回数分だけ失ったモノ返す。その正体山の神テレビドラマ版では富豪のある土地はかつて山の神奉る禁足地だった事が語られており、何らかの理由で山の神築いた推測しており、のちに露伴噂が世間露呈されて押し寄せられては山の神大迷惑だと、この出来事に関する記録などボツにした。

※この「主(あるじ)」の解説は、「岸辺露伴は動かない」の解説の一部です。
「主(あるじ)」を含む「岸辺露伴は動かない」の記事については、「岸辺露伴は動かない」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 07:13 UTC 版)

JUDAS」の記事における「主」の解説

人類の敵と戦う為十二使徒十二の権能与えた

※この「主」の解説は、「JUDAS」の解説の一部です。
「主」を含む「JUDAS」の記事については、「JUDAS」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 09:01 UTC 版)

モン娘☆は〜れむ」の記事における「主」の解説

魔界法則現象影響を与える強力なモン娘魔王その中でたくさんの従者引き連れた者の呼称

※この「主」の解説は、「モン娘☆は〜れむ」の解説の一部です。
「主」を含む「モン娘☆は〜れむ」の記事については、「モン娘☆は〜れむ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:16 UTC 版)

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の記事における「主」の解説

四層町の中心にある塔の最上階にいる隠しボスモンスター。白い着物を羽織った人に近い姿をした鬼。白髪で額から2本の角が生えている。武器薙刀人語話しプレイヤーのことは「人間」と呼ぶ

※この「主」の解説は、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の解説の一部です。
「主」を含む「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の記事については、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:36 UTC 版)

ヤハウェ」の記事における「主」の解説

日本語訳聖書では今日一般に原文において「יהוהヤハウェ)」とある箇所を「主」と訳す(新改訳では他の語区別するために特に【主】と表記する)。 消失の経緯後述するユダヤ人慣習による(今日ユダヤ人ヤハウェ読まずに、アドナイ(「わが主」)という別の語を発音するめである)。 アドナイ(אֲדֹנַי [’Ăḏōnay])の語には、「主 (Lord)」即ちヤハウェ婉曲に指す意味のほか、単数形アドニ(אֲדֹנִ֥י)という形で私の御主人様 (my master)」即ち奴隷雇用主など主一般を指す意味があるカトリック系の『バルバロ訳』のほか、『口語訳聖書』日本聖書協会)などがこれである。また、口語訳聖書後継する『新共同訳聖書』(同)も、一部地名(『創世記』第22章14節、#固有名詞後述)を除き一貫して「主」とする。 プロテスタント福音派系の『新改訳聖書』では太字で「主」とする。これは「文語訳ではエホバ訳され学者の間ではヤハウェとされている主の御名を」「訳し」た「主」と、これを「代名詞などで受けた場合かまたは通常の<主>を意味することば」とを区別するめである1893年時点で日本聖公会も、エホバではなく主の語を用いるべきだとしている。 主に「英語圏」・「スラブ語圏」となるが 実際の「聖四文字」の表記例を「出エジプト記20」から挙げる表記例 "TANAKH英語圏ユダヤ教徒英訳1985">"Lord" "The Holy Bible in Today's Version 1997">"ΚυριοωS" "Tyndale 1530">"Lord" "Wycliffe 1382">"Lord" "GENEVA 1560 1599">"Lord" "VULGATAE 1710">"Domini(主)" "VULGATAE 1985">"Domini(主)" "King James Version 1611">"LORD" "Revised Version 1885">"LORD" "Revised Version Standard American Edition 1901">"Jehova" "American Standard Version同上1901">"Jehovah" "New Catholic Edition 1954">"Lord" "THE BIBLE IN BASIC ENGLISH 1949">"Lord" "REVISED STANDARD VERSION 1971">"LORD" "RSV CATHOLIC EDITION 2004">"LORD" "THE MOFFATT TRANSLATION 1972">"the Eternal" "New American Standard Bible 1973">"Lord" "New World Translation 1984">"Jehovah" "NEW REVISED STANDAD VERSION 1989">"Lord" "THE NEW KING JAMES VERSION 1990">"LORD" "THE BIBLE for children 1990 ">"Lord" "The New Amarican Bible 1992">"LORD" "NEW LIVING TRANSLATION 1997">"LORD" "DOUAY-RHEMS 1900(NT) 2003 2007">"Lord" "Recovery Version 2003">"Jehovah" "ENGLISH STANDARD VERSION 2001">"LORD" "NEW INTERNATIONAL VERSION 1986 2011(改訂)">"LORD" "New Revised S tandard Version Catholic Edition 2011">"LORD" "Welsh Y BEIBL 1977 2004">"ARGLWYDD" "Russian БИБЛИЯ 1948 1993 2000">"Господь(主)" "Bulgarian БИБЛИЯ 1951">"Иеова(Ieowa)" "Bulgarian Orthodox Church БИБЛИЯ 1982">"Господ(主)" "Ukraina БИБЛИЯ 1962 1992 2011">"Господь(主)" "Estonia Biibli Raamat 1945">"Jehowa" "Estonia PIIBEL 1997">"Issand(主)" "Yugoslavia СВЕТО ПИСМО 2009">"Господ(主)" "Hungary SZENT BIBLIA 1957 2008">"Ur" "Rumanian 1962">"Domnul" "Polish BIBLIA SWIETA 1959 1999">"Pan(主)" "Polish PISMO SWIETA 1994 2011">"Pan(主)" "Serbian СВЕТО ПИСМО 1953 1998">"Господ(主)" "Croatian SVETO PISMO 1962 1997">"Gaspodin(主)" "Czech BIBLE SVATA 1991">"Hospodin(主)" "Slovenian SVETO PISMO 1960">"Gospod(主)" "Die Bibel (M.L) 1962 1975">"Herr"" "ZURCHER BIBEL 1971">"Herr" "ZURCHER BIBEL 2007">"HERR" "German BIBEL OT 1922">"Jahwes" "Dem Heiligen Seift 1936 1937">"Herr" "Nederlans BIJBEL 1930">"HERRE" "Nederlans BIJBEL 2005">"HERR" "Denmark BIBELEN 2006">"Herren" "Norway BIBELEN 1962 2006">"Herren" "Finland PYHA RAAMATTU 1961">"Herra" "Swedish BIBELEN 1961">"HERREN" "Swedish BIBELN 2000">"Herren" "Icelandic BIBLIAN 1981">"Drottinn(主)" "Icelandic BIBLIAN 1998">"Drottinn(主)" "LA SANTA BIBLIA 1960">"Jehova" "La Sainte Bible 1979">"l'Eternel" "Italian LA SACRA BIBBIA 1961">"Signore" "Italian BIBBIA 1985">"Signore"

※この「主」の解説は、「ヤハウェ」の解説の一部です。
「主」を含む「ヤハウェ」の記事については、「ヤハウェ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 08:04 UTC 版)

無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の記事における「主」の解説

ペルギウス・ドーラ 声 - 小山力也種族龍族 魔神殺し三英雄の1人にして五龍将「甲龍王」。空中城塞ケィオスブレイカー主で12の使い魔従える気難しいところがあるが性格基本的に寛大客人には親切で自分の邪魔にならない範囲なら頼みごと引き受けてくれる。ただし、魔族嫌いで空中城塞への立ち入り拒否するなど関わろうとはしない駆け出し冒険者だったころに何度も殺されかけた不死魔王アトーフェラトーフェを特に嫌っているが、親友だった北神カールマン遺言殺し合い禁じられている。 召喚魔術結界魔術の神級魔術師で、通常一日程度しかもたない精霊自分生きている限り存在させる術を開発した戦闘では魔道具前龍門」「後龍門」を召喚し敵を弱らせ、自身は手刀闘気纏わせた魔力爪で攻撃するラプラス戦役では冒険者1人として人族側に加担しラプラス戦役終結後は空中城塞威容魔神ラプラス封印功績称えられ新しい年号「甲龍暦」が使われるようになった当時アスラ王とも対等の立場で、現在でもアスラ王国では一目置かれて強い発言力政治的な影響力を持つ利権関係に嫌気差してアスラ王国を離れた後は死んだ4人の親友の仇を取るため空中城塞から世界中監視し魔神ラプラス復活直後に倒そうとしている。

※この「主」の解説は、「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の解説の一部です。
「主」を含む「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の記事については、「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「主」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



主と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語    主    代目

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「主」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • FXのオシレーター系とトレンド系とは

    FX(外国為替証拠金取引)で用いられるテクニカル指標は、オシレーター系とトレンド系の2つに分類することができます。オシレーター系は、為替レートの売られすぎや買われすぎを調べる時に用いるテクニカル指標の...

  • FXの取引時間はいつからいつまでか

    そもそもFX(外国為替証拠金取引)には、証券取引所や先物取引所のように取引所がなく、インターバンクという仮想(バーチャル)の取引所を通じて取引が行われています。取引を行う市場をインターバンク市場と呼び...

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅のな用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、に初心者向けのセミナーが多いようで...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの岸辺露伴は動かない (改訂履歴)、JUDAS (改訂履歴)、モン娘☆は〜れむ (改訂履歴)、痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (改訂履歴)、ヤハウェ (改訂履歴)、無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS