独身とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 独身の意味・解説 

どく‐しん【独身】

配偶者のいないこと。ひとりものひとりみ

ただ一人であること。単独単身

「にはかに—の遠行企つ」〈海道記


どくしん 【独身】

宗教問題とする独身は、単に配偶者がいないということだけでなしに、禁欲に意味があるイギリスブランドンBrandon)は禁欲宗教的理由として、祭儀執行さいする清浄感の維持聖なるものへの献身表明救済解脱など究極的目的への専念、などを挙げている。カトリック聖職者独身制厳守とされる。仏教西暦紀元前は独身が制度化されていたようだが、三世紀頃から大乗仏教盛んになると戒律中心批判視されてき、日本仏教では僧侶妻帯公然の秘密であった。

独身

作者森鴎外

収載図書普請中 青年森鴎外全集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1995.7
シリーズ名ちくま文庫

収載図書森鴎外
出版社筑摩書房
刊行年月2000.10
シリーズ名明治文学

収載図書獨身―森鴎外著作集 豐前小倉再刊
出版社北九州森鴎外記念会
刊行年月2002.3


独身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 14:00 UTC 版)

独身(どくしん)とは、婚姻契約が無い状態(者)のこと。「おひとりさま」とも呼ばれる[1]。なお、「未婚」は過去に結婚の経験が無い独身の状態(者)であり、過去に配偶者と離別・死別をした場合は「未婚」ではないため、「独身」と「未婚」は同義ではない。


  1. ^ “おひとりさまの「もしも」に備える 孤立を回避するには?”. AERA dot.. (2020年10月25日). https://dot.asahi.com/wa/2020102200018.html?page=1 2020年10月28日閲覧。 
  2. ^ “「お一人様」商品が人気 中国の単身経済”. AFPBB. (2018年11月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3197574 2019年3月2日閲覧。 
  3. ^ 平成21年版 厚生労働白書
  4. ^ “「いつまでも独身の人は信用しない」企業が子どものいる既婚社員を“優遇”するのは違法か? 弁護士に聞いた”. FNNプライムオンライン (フジニュースネットワーク). (2019年7月15日). https://www.fnn.jp/articles/-/9739 
  5. ^ http://www.intage.co.jp/net/project/20111101
  6. ^ キャサリン・S.ニューマン『親元暮らしという戦略:アコーディオン・ファミリーの時代』荻原久美子、桑島薫訳 岩波書店 2013 ISBN 9784000259262 pp.145-146.
  7. ^ 箕輪顕量. “現代日本仏教の特徴”. 愛知学院大学学術紀要データベース. 2019年3月2日閲覧。
  8. ^ マーリン・ズック 訳 渡会圭子 『私たちは今でも進化しているのか』 文藝春秋 2015年 p.180
  9. ^ 中野信子 『不倫』 文春新書 2018年 p.48
  10. ^ 磯田道史 『素顔の西郷隆盛』 新潮新書 2018年 p.94
  11. ^ 磯田道史 『素顔の西郷隆盛』 新潮新書 2018年 p.221


「独身」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「独身」の関連用語

独身のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



独身のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS