挙げてとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(程度) > 挙げての意味・解説 

あげ‐て【挙げて】

[副]

多く物事全部含めていうときに用いる。残らず。ことごとく。「国を挙げて祝う」

一つ一つ取り上げて。いちいち。「挙げて数えるまでもない」


挙げて

読み方:あげて

ガ行下一段活用動詞挙げる」の連用形である「挙げ」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「挙げて」に関係したコラム

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

  • CFD取引で証拠金以上の損失を被るケースは

    CFD業者の取引要綱や取引ルールなどには、「証拠金以上の損失を被るケースがあります。」といったことが書かれています。実際にどのような場合に証拠金以上の損失を被るのでしょうか。ここでは、CFDの金先物を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「挙げて」の関連用語

挙げてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



挙げての意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS