動詞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 動詞 > 動詞の意味・解説 

どう‐し【動詞】

国語品詞の一。事物動作作用・状態・存在などを表す語で、形容詞形容動詞とともに用言属する。活用のある自立語で、文中において単独述語になりうる。その言い切りの形は、一般ウ段の音で終わるが、文語ラ行変格活用の語に限り、「り」とイ段の音で終わる。口語の動詞には、五段・上一段下一段カ行変格サ行変格の5種類活用形式があるが、文語の動詞には、四段上二段下二段上一段下一段カ行変格サ行変格ナ行変格ラ行変格の9種類活用形式がある。


どう‐し【動詞】

〔名〕 品詞一つ

国文法では、形容詞形容動詞とともに用言属する。その活用は、普通、文語では、四段上一段上二段下一段下二段カ行変格サ行変格ナ行変格ラ行変格の九種類口語では、五段(歴史的仮名遣では四段)・上一段下一段カ行変格サ行変格五種類に分ける。変格活用例外的少数使用率の高い語に限られるが、なお、ほかに例外的活用の語もいくらかある。一般に、目的語をとるか否かによって、他動詞自動詞とを区別する習慣があるが、すべての動詞を二分するには困難がある。意味としては、事物急変する、または持続する動作作用表わすもののほか、「ない」に対する「ある」、「まずしい」に対する「富む」、「話す」に対する「話せる」のように、存在または状態を表わすもの、また、他の自立語伴って、その叙述の意味を補助するものなどがある。これらのうち、補助用法のものを補助動詞という。また、存在表わすものについては存在詞を動詞のほかに立てる説もある。

文部省布達番外明治五年(1872九月八日第二章働詞活用変化授く

印欧語で、動作作用叙述するもの。時や主語の性・数に応じて語形変化し、文法上の性質から自動詞他動詞再帰動詞などが区別される。


動詞 [verb]

閉じる、最小化する、復元する、編集する、削除するなど、Web パーツ コントロールアクション実行するためにエンド ユーザークリックできる Web パーツ アプリケーションユーザー インターフェイス要素開発者は、カスタム動詞をコントロール追加することもできますWeb パーツ動詞は、System.Web.UI.WebControls.WebParts.WebPartVerb クラス基づいています。参照 : Web パーツ コントロール

動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 08:15 UTC 版)

動詞(どうし、英: verb)とは、品詞の一つで、主に動作や状態を表し、として主語目的語などの名詞句をとるである。時制がある言語では、一般的には動詞が時制を示す。




「動詞」の続きの解説一覧

動詞

出典:『Wiktionary』 (2020/05/02 21:40 UTC 版)

名詞

どうし、稀:しわざことば】

  1. 品詞一つ事物存在動作・状態を表す。

翻訳




動詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動詞」の関連用語

動詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2021 Microsoft.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS