風化とは?

ふう か -くわ [0]風化

スル
地表岩石が、気温氷雪空気などの物理的化学的作用によって、次第破壊されていくこと。また、その過程
風解ふうかいに同じ。
ある出来事生々しい記憶印象年月を経るに従い次第薄れていくこと。 戦争体験が-する
徳によって人々教化すること。 多望幼弱子弟を-し/偽悪日本人 雪嶺 原義の意。の意では化学対訳辞書1874年)に efflorescence訳語として載る

風化(セメントの)

読み方:ふうか
【英】:weathering

セメント空気中の炭酸ガスまたは水分吸収することにより、水和活性低下したり、異常に凝結する現象をいう。セメントの風化の度合強熱減量試験によって判定する。

風化

作者小野

収載図書幻の時間五十一夜物語
出版社文芸社
刊行年月2006.6


風化

作者林守

収載図書おやじの背中短編小説
出版社徳孤書房
刊行年月2007.12


風化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 03:10 UTC 版)

風化(ふうか、英語: weathering[1])または風化作用(ふうかさよう、英語: weathering[1])とは、地表にある岩石鉱物変質または分解する作用のことである[2]。物理的風化(physical weathering)、化学的風化(chemical weathering)、生物学的風化(biological weathering)の3つに大きく分けられることが多い[3]


注釈

  1. ^ 岩石に多数の蜂の巣状にあいて形成されたもの[14]

出典

  1. ^ a b 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、44頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 日本地形学連合 2017, p. 764.
  3. ^ 松岡ほか 2017, p. 268.
  4. ^ a b 松倉 2017, p. 272.
  5. ^ a b 文部省土木学会編『学術用語集 土木工学編』土木学会、1991年、増訂版。ISBN 4-8106-0073-4
  6. ^ 松倉 2008, p. 10.
  7. ^ a b c 松倉 2007, p. 60.
  8. ^ a b c d e f g 松倉 2007, p. 59.
  9. ^ 松倉 2008, p. 11.
  10. ^ a b c 小池ほか 2017, p. 242.
  11. ^ 松倉 2007, pp. 59-60.
  12. ^ 松倉 2008, pp. 36-38.
  13. ^ 松倉 2008, p. 19.
  14. ^ 日本地形学連合 2017, p. 721.
  15. ^ 松倉 2008, p. 35.
  16. ^ 町田 1985, p. 12.
  17. ^ a b 松倉 2008, p. 21.
  18. ^ 松倉 2007, p. 61.
  19. ^ a b 松倉 2007, pp. 60-61.
  20. ^ 松倉 2008, p. 26.
  21. ^ 松倉 2007, pp. 62.
  22. ^ 松倉 2008, p. 27.


「風化」の続きの解説一覧

風化

出典:『Wiktionary』 (2011/11/01 04:09 UTC 版)

名詞

(ふうか)

  1. 岩石微生物などの影響徐々に破壊されていくこと。
  2. ある出来事についての記憶感情を経るごとに薄れていくこと。特に戦争悲惨事件に対して用いる。

動詞

活用

サ行変格活用
風化-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風化」の関連用語

風化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



風化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2020 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS