溶解とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 溶解 > 溶解の意味・解説 

よう‐かい【溶解】

読み方:ようかい

[名](スル)溶けること。また、溶かすこと。特に、気体液体固体他の液体あるいは固体混合して均一な態となる現象。ふつうは、各種物質液体溶けて溶液となることをいう。「食塩に―する」

「善も悪も美も醜も、笑いも涙も、すべての物を―して」〈谷崎魔術師


よう‐かい【溶解/×熔解/×鎔解】

読み方:ようかい

[名](スル)金属火熱加えてとかすこと。金属火熱でとけること。「を―する」


溶解

【仮名】ようかい
原文lysis

生物学では、溶解とは形質膜外層)の損傷原因で細胞崩壊することを言う。溶解は、化学的あるいは物理的手段例え強力な洗剤高エネルギー音波など)や感染によっても起こことがある

溶解

作者草野唯雄

収載図書未知の犯罪領域
出版社角川書店
刊行年月1988.9
シリーズ名角川文庫


溶解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/13 00:31 UTC 版)

溶解(ようかい、: dissolution)とは溶質と呼びあらわされる固体液体または気体溶媒(液体)中に分散して均一系を形成する現象。




「溶解」の続きの解説一覧

溶解(melting)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 10:11 UTC 版)

HEROESの登場人物」の記事における「溶解(melting)」の解説

あらゆる物質溶かすことができる。

※この「溶解(melting)」の解説は、「HEROESの登場人物」の解説の一部です。
「溶解(melting)」を含む「HEROESの登場人物」の記事については、「HEROESの登場人物」の概要を参照ください。


溶解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 04:06 UTC 版)

溶液」の記事における「溶解」の解説

溶液異な純物質2つ以上の相から出発し拡散混合して一様な液体になることで生成するが、この過程を溶解と呼ぶ記事 溶解に詳しい)。つまり気体または固体溶質とする溶液は溶解と呼ぶが、液体溶質溶媒相分離しない物同士は溶解とは呼ばず単に混合と呼ぶことが多く相分離する物同士は溶解と呼ぶ。すなわち、相分離することはその溶質溶媒に全く溶解しないことを意味しない溶質相分離名称液体 しない 混合 する 溶解 気体個体 - このように溶解は拡散過程であるから溶媒溶質との凝集力性質違い無ければ気体同士拡散同じく熱力学第二法則にしたがっていかなる比率でも溶液生成することが期待される言い換えると、溶質-溶質間、溶媒-溶媒間そして溶質-溶媒間の凝集力違いが無い場合に溶解を熱力学的な拡散過程として取り扱うことができ、その様な溶液理想溶液りそうようえきideal solutionと呼ぶ溶質-溶質間の(あるいは溶媒-溶媒間の凝集力溶質-溶媒間の凝集力差異があるということは混合状態のほうが熱力学的に安定ない場合ありうることを意味する混合前後凝集力の差は熱力学的な状態を変化させ熱として現れる。すなわち、発熱あるいは吸熱溶解熱として現れる言い換えると、溶解熱指標である混合エンタルピー変化拡散指標である混合エントロピー変化収支正の場合に溶解が進行する現実溶液では、イオン電荷間の静電相互作用、あるいはイオン電荷持たない物質では水素結合双極子相互作用ロンドン凝集力等様々な機構により発生する凝集力作用するその結果溶媒分子あるいは溶質分子の性質によりこれらの凝集力幾つか重畳して作用することになるが、凝集力種類によっては分子の構造配向によって強度が変化する為、分子種類により凝集力選択性生じることになる。 まず、凝集力は距離の二乗逆比例する遠距離力静電相互作用それよりも到達距離の短い近距離力ファン・デル・ワールス力分子間力)とに分類される。そしてファン・デル・ワールス力はその発生機構により、ロンドン分散力双極子相互作用などさらに幾つか分類される溶液物理化学挙動区別する為に、つぎのように凝集力違いにより溶液区分する理想溶液正則溶液一般溶液電解質溶液近距離力 ロンドン分散力 ○ ◎ ○ ○ 双極子相互作用 × × ◎ ○ 水素結合 × × ◎ ○ 遠距離力 イオン× × × ◎ ◎=溶液種別特徴づける凝集力、○=副次的な凝集力、×=凝集力として参画していないロンドン分散力構成原子による違い持たず理想溶液凝集力最も近い分子量増大する凝集力大きくなる。しかし理想溶液凝集力は分子種別によらず一定仮定するので厳密に異なる。あるいは希薄溶液はいずれ凝集力の場合も分子間凝集力差異熱力学的挙動与え影響が殆どなくなるのでどのような希薄溶液でも理想溶液として扱うことが可能である

※この「溶解」の解説は、「溶液」の解説の一部です。
「溶解」を含む「溶液」の記事については、「溶液」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「溶解」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

溶解

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:27 UTC 版)

別表記

名詞

 ようかい鎔解」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 物質液体溶け溶液となること。
  2. 金属加熱されて液状になること。

発音(?)

よ↗ーかい

動詞

活用

サ行変格活用
溶解-する

「溶解」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



溶解と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「溶解」の関連用語

溶解のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溶解のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溶解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHEROESの登場人物 (改訂履歴)、溶液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの溶解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS