化学物質とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > 化学物質の意味・解説 

かがく‐ぶっしつ〔クワガク‐〕【化学物質】

読み方:かがくぶっしつ

純物質を、化学研究対象として取り扱うときにいう語。また、化学合成して作った物質

「化学物質」に似た言葉

化学物質


化学物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 07:23 UTC 版)

(かがくぶっしつ、: chemical substance)とは、分野や文脈に応じて以下のような様々な意味で用いられている言葉である。


  1. ^ 化学物質リスクコミュニケーションマニュアル (PDF)”. 中小企業基盤整備機構. 2010年10月24日閲覧。
  2. ^ a b 岩波書店『広辞苑 第六版』
  3. ^ a b c d e f g h i j 暮らしの中の化学物質(石井 員良)、名古屋市、2019年10月6日閲覧。
  4. ^ CAS RN 正しく活用するためには?、一般社団法人化学情報協会、2019年10月6日閲覧。
  5. ^ a b c 亀井太『化学物質取扱いマニュアル』pp. 9–15
  6. ^ 環境コラムVol.26-暮らしの中の化学物質。”. 花王 (2003年9月1日). 2010年10月24日閲覧。
  7. ^ 亀井太『化学物質取扱いマニュアル』
  8. ^ 有害な化学物質の代替化はリスクを常に低下させるのか”. 2019年3月21日閲覧。
  9. ^ a b c d 社団法人日本食品衛生協会『食品衛生責任者ハンドブック 第4版』p.86


「化学物質」の続きの解説一覧

化学物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 04:27 UTC 版)

唾液検査」の記事における「化学物質」の解説

2009年ピンク(Pink)らにより、唾液検査違法薬物処方薬標準検出手法として尿検査変わり始めるなど、広く普及してきていると報告された。Shinらは、2008年唾液中のエタノールおよび、その代謝物3つ(メタノールエチレングリコールジエチレングリコール)の検出は「比較感度・特異度が高い」、また当唾液検査アルコール中毒迅速な診断促進寄与する報告した2002年研究では、唾液中と呼気中のエタノール分析結果一致することが示され、またクロマトグラフによる唾液エタノール検査は「特異的であり、…十分な正確度および精度がある」とされた。2011年、Vindenesらにより、唾液使用した薬物乱用監視実現可能性調査、および尿による薬物検査との比較調査が行われた結果いくつかの薬物代謝物では、尿に比べ唾液中の方が検出頻度高かった。これら代謝物には、6-モノアセチルモルヒネ(英語版)および、アンフェタミンメタンフェタミン、N-デスメチルジアゼパムが含まれる。同研究により、尿検査程の高頻度ないものの唾液検査によるモルヒネベンゾジアゼピン大麻コカインなどの薬物代謝検出可能性示されている。

※この「化学物質」の解説は、「唾液検査」の解説の一部です。
「化学物質」を含む「唾液検査」の記事については、「唾液検査」の概要を参照ください。


化学物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 03:15 UTC 版)

感覚器」の記事における「化学物質」の解説

接触した化学物質を受容する感覚は、ヒトでは舌に集中しており、これが味覚である。それ以外動物では、体表の様々な場所にそれを備える。水生動物では、体表広く分布する場合もある。

※この「化学物質」の解説は、「感覚器」の解説の一部です。
「化学物質」を含む「感覚器」の記事については、「感覚器」の概要を参照ください。


化学物質(Substance)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 08:32 UTC 版)

IMDS」の記事における「化学物質(Substance)」の解説

化学物質とは材料構成する物質である。例えば、炭素酸素といった元素が化学物質であるし、FKMフッ素ゴム一種のような化合物、紙のような天然素材加工物、六価クロムCr(VI)のように、化合物中の状態に注目して分類したものも化学物質として登録されている。化学物質はすでにIMDS登録されているもの(BSL: Basic Substace List)から選ぶことになっていて、IMDSユーザー勝手に登録できない。必要があれば、登録したい化学物質を連絡し新しく登録してもらわなければならない。 化学物質については、材料メーカーがそれが入っていることを公表したくないという場合があるこのような化学物質は、材料10重量%までであれば隠すことができる。ひとつの方法はその化学物質を機密扱いにする方法で、 機密扱いにされた化学物質はMDS発行した会社がトラストユーザー(信頼できるユーザー)としたユーザーだけが見ることができるもうひとつの方法はワイルドカードジョーカーと言われる種類の化学物質にしてしまう方法で("Misc., not to declare" など9種類ワイルドカードジョーカーがある)、この方法で隠すと実際にここになにが入っているのか誰にも分からないそのため、このMDS作成したものは、このワイルドカードジョーカーにした化学物質に関するデータを、少なくとも30年保管しておかなければならないとしている。後になって規制物質増えたりワイルドカードジョーカーにした物質による問題疑われ場合などに、それが実際には何であるのかすぐに知ることができるようにするためであるいずれの方法にしても、隠すことができるものは規制かかっていない化学物質に限り、GADSLなどのリストにある化学物質を隠すことは禁止されている。

※この「化学物質(Substance)」の解説は、「IMDS」の解説の一部です。
「化学物質(Substance)」を含む「IMDS」の記事については、「IMDS」の概要を参照ください。


化学物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 06:21 UTC 版)

第六感」の記事における「化学物質」の解説

マダニは、左右前脚末節背面ハラー氏器官持ち動物二酸化炭素検出する

※この「化学物質」の解説は、「第六感」の解説の一部です。
「化学物質」を含む「第六感」の記事については、「第六感」の概要を参照ください。


化学物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 23:06 UTC 版)

労働安全衛生法」の記事における「化学物質」の解説

元素及び化合物をいう(第2条3号の2)。

※この「化学物質」の解説は、「労働安全衛生法」の解説の一部です。
「化学物質」を含む「労働安全衛生法」の記事については、「労働安全衛生法」の概要を参照ください。


化学物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 02:33 UTC 版)

奇形」の記事における「化学物質」の解説

ビタミンA過剰摂取または欠乏状態起こりえる類似作用を示す誘導体でも起こりえる例えば、イソトレチノインビタミンA誘導体である。

※この「化学物質」の解説は、「奇形」の解説の一部です。
「化学物質」を含む「奇形」の記事については、「奇形」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「化学物質」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

化学物質

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 09:19 UTC 版)

名詞

化学 物質かがくぶっしつ

  1. 化学研究対象として扱う物質
  2. 化学合成により作った物質

発音(?)

か↗がくぶっ↘しつ

翻訳


「化学物質」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




化学物質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

化学物質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化学物質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学物質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの唾液検査 (改訂履歴)、感覚器 (改訂履歴)、IMDS (改訂履歴)、第六感 (改訂履歴)、労働安全衛生法 (改訂履歴)、奇形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化学物質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS