エタノールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > エタノールの意味・解説 

エタノール【(ドイツ)Äthanol】

読み方:えたのーる

エチルアルコール」に同じ。


エタノール

分子式C2H6O
その他の名称酒精アルコールAlcoholEthanol、Ethane-1-ol、Wine spiritEthyl alcoholAlcohol,anhydrous、水和エチル、メチルカルビノール、NCL-CO-3134、テクソール、Ethan-1-ol、エコエタオーエタ、O Syoueta、純生エタ純生エタ、消エタコア、消エタサラコール、消毒用エタIP消毒用エタノールEthanol for disinfection、消毒用エタノールFG消毒用エタノールIPA消毒用エタノールα、消毒用エタプロコール、Ethaprocohol、消毒用エタプロコール-U、Ethaprocohol-U、消毒用エタライト、Ethalight、消毒用エタライト-B、Ethalight-B、Anhydrous ethanol、Ethaprochol for disinfection、Ethaprochol-U for disinfection、Ethalight for disinfection、Ethalight-B for disinfection、Ethanol-FG for disinfection、Etha-IP for disinfection、Ethanol-IPA for disinfection、Ethanol-α for disinfection、Methyl carbinol、Spirits of wine
体系名:エチルアルコールエタン-1-オール、エタノール


物質名
エタノール
化学式
C2H6O
原子量
CH3CH2OH
融点(℃)
-114.5
沸点(℃)
78.3


エタノール


エタノール

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アルコール(エタノール)

ネイル業界では消毒用のエタノールを意味します。エタノールは薬局購入することが出来ます

エタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/04 01:10 UTC 版)

エタノール: ethanol)は、アルコールの一種。揮発性の無色液体で、特有の芳香を持つ[2]。別名はエチルアルコール (ethyl alcohol)。を酒たらしめる化学成分であり、酒精(しゅせい)とも呼ばれる[2]。その分子は、油になじみやすいエチル基 CH3CH2- と水になじみやすいヒドロキシ基 -OH が結合した構造を持つ。


注釈

  1. ^ 重量パーセント (wt%)。15 °Cでの体積パーセント (vol%) は95–96 vol%[4]
  2. ^ 急性アルコール中毒はエタノールを短時間に過剰摂取すれば、ALDH2の活性の有無を問わず、誰でも発症する。ALDH2の活性によって大きく変わるのは、少量のエタノール摂取によって吐き気などのアセトアルデヒドの悪影響が出てくるかどうかである。ALDH2の活性が高いヒトは、少々のエタノールを摂取したところで、エタノールの代謝によって体内で発生するアセトアルデヒドもすぐに処理できてしまえるので悪影響が出にくい。そうでないヒトは、アセトアルデヒドによる悪影響が出やすいということ。
  3. ^ かつては、ベンゼンが用いられていたが、発がん性、毒性のため、近年ではペンタンが用いられている[8]
  4. ^ 平成12年12月26日付け厚生省の通達[12]末尾のアルコール専売法施行規則別表「工業用アルコール変性標準」の抜粋より。
  5. ^ イソプロパノールはメタノールよりも炭素鎖が長いために、油を溶かす能力は高い。したがって、外用した場合は皮膚から脂分を取り去り、手荒れなどの原因になりやすいのはイソプロパノールとされる。

出典

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ a b c d e f MSDS- アルコール(99) (Report). 日本アルコール産業. (2013-01-01). http://www.j-alco.com/qc/pdf/MSDS99GHS_130101.pdf. 
  3. ^ 化学辞典』「エタノール」。
  4. ^ エタノール水溶液の容量%と比重及び重量%等との関係
  5. ^ 田中佑樹, 米山嘉治, 椿範立, 「2-4-4 ゼオライト触媒と金属触媒を用いた新規エタノール合成(2-4 天然ガス科学,Session2 天然ガス・メタンハイドレート等,研究発表)」『日本エネルギー学会大会講演要旨集』 2011年 20巻, 第20回日本エネルギー学会大会, セッションID:2-4-4, p.56-57, doi:10.20550/jietaikaiyoushi.20.0_56
  6. ^ 井上剛良, 「沿面放電を用いたメタンと水からのエタノール合成」『第36回日本伝熱シンポジウム講演論文集』 2巻 p.431-432, 1999, NAID 10009687526
  7. ^ 妻木貴雄, 臼井豊和, 「エタノールからエチレンを作る : 活性アルミナ触媒を用いて(化学実験虎の巻)」『化学と教育』 42巻 1号 1994年 p.42-43, doi:10.20665/kakyoshi.42.1_42
  8. ^ 製造方法概要 - 日本合成アルコール株式会社
  9. ^ Flash points of ethanol-based water solutions”. Engineeringtoolbox.com. 2011年6月23日閲覧。
  10. ^ a b 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p50 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  11. ^ 総務省のウェブサイトにある資料 - アルコール専売事業(2001年に廃止)の仕組みをあらわしたもの(2010年12月01日閲覧)。
  12. ^ a b 変性アルコールの例”. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月29日閲覧。
  13. ^ Methanol poisoning”. MedlinePlus. National Institute of Health (2013年1月30日). 2015年4月6日閲覧。
  14. ^ 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p21 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  15. ^ 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p91 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  16. ^ 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p55 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  17. ^ Ford Motor Company - Ethanol(2003年3月14日時点のアーカイブ
  18. ^ 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p15-16 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  19. ^ 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p123 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  20. ^ a b 「図解 バイオエタノール最前線 改訂版」p125 大聖泰弘・三井物産株式会社編 工業調査会 2008年5月25日改訂版1刷発行
  21. ^ 「絵で見る 食糧ビジネスのしくみ」p146-147 榎本裕洋、安部直樹著 柴田明夫監修 日本能率協会マネジメントセンター 2008年8月30日初版第1刷
  22. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol2/ 日本国外務省「わかる!国際情勢 食料価格高騰~世界の食料安全保障~」2008年7月17日 2019年3月4日閲覧
  23. ^ a b 消毒剤の毒性、副作用、中毒 (Report). 健栄製薬. https://www.kenei-pharm.com/medical/countermeasure/toxicity/01.php 2020年9月26日閲覧。. 
  24. ^ Agents Classified by the IARC Monographs, Volumes 1-111. monographs.iarc.fr
  25. ^ “消火訓練で10人やけど 滋賀、アルコールが飛散”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年8月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0400X_U3A800C1CC1000/ 
  26. ^ “エタノールの「見えない炎」、消火訓練準備で10人やけど”. TBS. (2013年8月5日). http://news.tbs.co.jp/20130805/newseye/tbs_newseye5401821.html [リンク切れ]
  27. ^ 酒税法第二条
  28. ^ 同第七条、第九条
  29. ^ 同第六条
  30. ^ 同第三条
  31. ^ 同第二十三条
  32. ^ 二十歳未満ノ者ノ飲酒ノ禁止ニ関スル法律第一条
  33. ^ アルコール専売法十九条
  34. ^ 同第二十六条
  35. ^ 三協化学株式会社のウェブサイト(2010年11月29日閲覧)
  36. ^ [1] 日本アルコール販売のウェブサイト(2010年11月29日閲覧)
  37. ^ アルコール事業法第三条、第十六条、第二十一条、第二十六条。
  38. ^ 同第二条
  39. ^ 旧食品衛生法第二条第三項
  40. ^ 食品衛生法第十条。食品衛生法施行規則第十二条別表第一(使用を認められている添加物の一覧表)も参照。
  41. ^ a b c 化学史事典』「アルコール」。
  42. ^ a b c ホームヤード (1996), pp. 35–36.
  43. ^ アイド (1972), p. 18.
  44. ^ アイド (1972), p. 17.
  45. ^ アイド (1972), p. 169.



エタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 05:27 UTC 版)

アルコール燃料」の記事における「エタノール」の解説

エタノールは、サトウキビトウモロコシといったバイオマスからの生産方法確立しており(バイオマスエタノール)、そうした方法による生産量拡大していることもあって「環境に優しいガソリン代燃料としてとくに近年注目されているガソリン比較してノッキング起こしにくいことからガソリン改質剤として利用拡大しているという事情もある。ガソリンとの混合燃料としては、エタノールそのものではなく、エタノールから生成したエチルtert-ブチルエーテルETBE)を添加したガソリン広義のアルコール燃料理解されている。 純粋のエタノール(無水アルコール)は、ガソリン容易に混合するこのようにして作られる混合燃料については、エタノールの百分率表した容積比をxxとして、Exxという形で品質示される。たとえば、E10といえばエタノールを容積比で10%含む燃料である。このようにエタノールとガソリン混合した燃料は、ガソホール(gasohol)と呼ばれるが、エタノールとガソリン混合比率は国あるいは地域ごとに異なっている。 エタノールとガソリン燃焼特性異なるが(上記参照)、エタノールの混合比率が低い混合燃料の場合、純粋なガソリン燃料として利用することが想定されている内燃機関燃焼して問題生じにくいとされている。エタノール混合比率は、各国普及している内燃機関特性より上限値が左右されるブラジルE25米国E10日本E3安全性確保できる上限しており2007年4月末から東京都千葉県埼玉県先行販売開始されたエタノール由来成分混合ガソリン(「バイオガソリン」)はエタノール由来成分ETBE上記参照)の含有量容積比で3%相当となっている。 ガソリンオクタン価向上剤としてかつて使われていたアルキル鉛は有害だったので代替のオクタン価向上剤が必要だったのと、アルコール/エーテルなどの含酸素燃料ガソリン混和すると排気ガス窒素酸化物濃度が減るので、1990年代欧米ではMTBEガソリンへの添加進んでいた。しかし、カリフォルニア田舎町老朽化して穴のあいた地下タンクから漏洩したガソリン添加されていたMTBEが、飲料供されていた地下水混和し飲用不適になってしまう事件起こり米国では2014年までMTBEガソリン混和禁止される事になってしまい、MTBE代替のガソリン混和材としてエタノールの需要急増した。(詳細 メチルtert-ブチルエーテル参照) ただし、アルコール水和物一種の界面活性剤として働きアルコール混和後の石油懸濁しうるため、水の混入避けるために、エタノール/メタノール/ETBE/MTBEとも石油混合後はパイプライン輸送できない米国では石油パイプライン輸送をする場合末端の油槽所ブレンドするため別途エタノールを輸送せねばならない問題発生している。 エタノールの混合比率が高い燃料内燃機関燃料として利用する場合には、点火タイミングなどを調整しなければ十分な性能発揮できないいろいろな混合比率燃料利用できるようにした自動車は「flex-fuel vehicles」と呼ばれており、とくにブラジル広く普及している。ブラジルのflex-fuel vehiclesはE100まで対応できるに対し米国販売されているflex-fuel vehiclesはE85までの対応に止まっており、ここでも国ごとの違い表れている地球温暖化対策などを念頭に市中販売されるガソリン一定比率でのエタノール混合義務づける国や地域増えている。たとえば、ブラジルではE20基本であり、米国でもコネチカット州ミネソタ州ではE10販売義務付けられている。 バイオエタノール用の穀物作付面積増大するにつれ、飼料用穀物価格高騰し低所得者層穀物入手影響が及びつつある。そこで各国ではおが屑間伐材等、従来バイオエタノール原料として使用されてこなかった資源的な制約少な原料を元にバイオエタノール製造する技術開発中である。 セルロース細胞壁分解は熱と化学処理伴い従来難しい問題で、セルラーゼ分解することも実施されていたが、前処理手間がかかり大変であった。メリーランド大学カレッジパーク校Steve Hutchesonチェサピーク湾沼地発見されバクテリア(サッカロファガス デグラダンス(英語版))強力なセルロース細胞壁分解能有する事を突き止めた。Zymetis社ではさらに効率よく糖に変更するために遺伝子組み換えて、72時間で1トンのセルロースバイオマスを糖に変換できる事を実証したシロアリ消化器官内の共生によるセルロース分解プロセスバイオマスエタノール製造役立つ事が期待され琉球大学理化学研究所等で研究進められる

※この「エタノール」の解説は、「アルコール燃料」の解説の一部です。
「エタノール」を含む「アルコール燃料」の記事については、「アルコール燃料」の概要を参照ください。


エタノール(別名:アルコール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:52 UTC 版)

「エタノール」の記事における「エタノール(別名:アルコール)」の解説

15 °Cでエタノールを95.1〜96.9 vol%含む。

※この「エタノール(別名:アルコール)」の解説は、「エタノール」の解説の一部です。
「エタノール(別名:アルコール)」を含む「エタノール」の記事については、「エタノール」の概要を参照ください。


エタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 09:33 UTC 版)

フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」の記事における「エタノール」の解説

また、ブラジル政府1970年代より推し進めたエタノール車の普及政策を受けて早くからエタノール及びバイフューエルエンジンの研究および市場導入行ってきた。1980年代台数の2割以上がエタノール車だった。

※この「エタノール」の解説は、「フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」の解説の一部です。
「エタノール」を含む「フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」の記事については、「フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」の概要を参照ください。


エタノール(エチルアルコール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 00:52 UTC 版)

殺菌料」の記事における「エタノール(エチルアルコール)」の解説

おおよそアルコール分6070程度水溶液としてもやし等の生鮮食品や、食品製造設備調理器具従業員の手消毒まで幅広く使用される揮発性あるため使用後洗浄不要で食品への残留気遣い少ないが、密閉してなければ効果短時間で失われる同じく揮発性オゾン水に比べ保存性がよくスプレーボトルのような小規模用途扱いやすいが、可燃物あるため産業用多量に保管する場合消防法上の管理規制加わる。

※この「エタノール(エチルアルコール)」の解説は、「殺菌料」の解説の一部です。
「エタノール(エチルアルコール)」を含む「殺菌料」の記事については、「殺菌料」の概要を参照ください。


エタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/21 14:11 UTC 版)

2007年のアメリカン・ル・マン・シリーズ」の記事における「エタノール」の解説

2007年2月8日アメリカン・ル・マン・シリーズはエタノール・プロモーション・アンド・インフォメーション・カウンシル (EPIC) とE10エタノール添加燃料使用した車両走行に合意、契約した燃料10%のエタノールと85%のガソリンから成るEPICはまたレイホール・レターマン・レーシングポルシェをスポンサードした。EPICインディ・レーシング・リーグでも同チームをスポンサードした。

※この「エタノール」の解説は、「2007年のアメリカン・ル・マン・シリーズ」の解説の一部です。
「エタノール」を含む「2007年のアメリカン・ル・マン・シリーズ」の記事については、「2007年のアメリカン・ル・マン・シリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エタノール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エタノール

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:23 UTC 版)

名詞

エタノール

  1. 示性式:C2H5OH、又は、CH3CH2OH表されるアルコール一種。酒の主な成分エチルアルコール

翻訳


「エタノール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エタノールと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エタノール」の関連用語

エタノールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エタノールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2022 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエタノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルコール燃料 (改訂履歴)、エタノール (改訂履歴)、フォルクスワーゲン・ド・ブラジル (改訂履歴)、殺菌料 (改訂履歴)、2007年のアメリカン・ル・マン・シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエタノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS