ドコサノールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドコサノールの意味・解説 

ドコサノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 13:51 UTC 版)

1-ドコサノール (1-docosanol)または、ベヘニルアルコール (behenyl alcohol) は、炭素原子22個を含む飽和脂肪族アルコールの一つで、伝統的に保湿剤乳化剤増粘剤として化粧品に使われてきた[3]


  1. ^ a b c d Docosan-1-ol (CHEBI:31000)”. Chemical Entities of Biological Interest (ChEBI). UK: European Bioinformatics Institute. 2014年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c Chemical Book: *1-Docosanol”. 2013年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月26日閲覧。
  3. ^ CosIng: Behenyl alcohol”. European Commission. 2021年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月14日閲覧。
  4. ^ a b Abreva- docosanol cream”. DailyMed (2022年4月18日). 2022年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月14日閲覧。
  5. ^ Drug Approval Package: Abreva (Docosanol) NDA #20-941”. U.S. Food and Drug Administration (FDA) (2001年8月21日). 2022年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月13日閲覧。
  6. ^ “Antiviral activity of 1-docosanol, an inhibitor of lipid-enveloped viruses including herpes simplex”. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 88 (23): 10825–10829. (December 1991). Bibcode1991PNAS...8810825K. doi:10.1073/pnas.88.23.10825. PMC 53024. PMID 1660151. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC53024/. 
  7. ^ List of nationally authorised medicinal products” (英語). ema.europa.eu. European Medicines Agency (2021年12月2日). 2022年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月23日閲覧。
  8. ^ (German) Austria-Codex. Vienna: Österreichischer Apothekerverlag. (2020). Erazaban Creme 
  9. ^ mediLexicon: Docosanol”. 2013年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月2日閲覧。
  10. ^ "Drug Name: ABREVA (docosanol) - approval". centerwatch.com. July 2000. 2007年10月17日閲覧
  11. ^ Sacks, SL; Thisted, RA; Jones, TM; Barbarash, RA; Mikolich, DJ; Ruoff, GE; Jorizzo, JL; Gunnill, LB et al. (2001). “Clinical efficacy of topical docosanol 10% cream for herpes simplex labialis: A multicenter, randomized, placebo-controlled trial”. J Am Acad Dermatol 45 (2): 222–30. doi:10.1067/mjd.2001.116215. PMID 11464183. 
  12. ^ McKeough, M. B.; Spruance, S. L. (2001). “Comparison of new topical treatments for herpes labialis: Efficacy of penciclovir cream, acyclovir cream, and n-docosanol cream against experimental cutaneous herpes simplex virus type 1 infection”. Archives of dermatology 137 (9): 1153–1158. doi:10.1001/archderm.137.9.1153. PMID 11559210. 
  13. ^ California Court Upholds Settlement Of Class Action Over Cold Sore Medicationl”. BNA Inc. (2000年7月). 2008年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月17日閲覧。
  14. ^ Abreva Side Effects”. Livestrong.com. 2010年5月20日閲覧。
  15. ^ Side Effects”. Drugs.com. 2010年5月20日閲覧。


「ドコサノール」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドコサノール」の関連用語

ドコサノールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドコサノールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドコサノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS