カナダとは? わかりやすく解説

canada

別表記:カナダ

「canada」の意味・「canada」とは

「canada」とは、北アメリカ大陸北部位置する国家の名称である。公式な国名は「カナダ」と日本語表記される英語圏では「Canada」と綴られフランス語圏では「Canada」と同じ綴りである。カナダは、世界で2番目に面積が広い国であり、その地域大西洋から太平洋まで広がり、北は北極海に至る。

「canada」の発音・読み方

「canada」の発音は、IPA表記では/kəˈnædə/となる。IPAカタカナ読みでは「カナダ」となり、日本人発音するカタカナ英語読み方でも「カナダ」となる。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「canada」の定義を英語で解説

「Canada」 is a country in the northern part of North America. Its ten provinces and three territories extend from the Atlantic to the Pacific and northward into the Arctic Ocean, covering 9.98 million square kilometers, making it the world's second-largest country by total area.

「canada」の類語

「canada」の類語としては、「The Great White North」、「Maple Leaf Country」、「The True North」などがある。これらはいずれもカナダを指す別称愛称である。「The Great White North」はカナダの広大な自然と厳しい冬を象徴している。「Maple Leaf Country」はカナダの国旗描かれているメープルリーフから来ている。「The True North」はカナダ国歌歌詞から来ている。

「canada」に関連する用語・表現

「canada」に関連する用語表現としては、「Canadian」、「Maple Leaf」、「Mountie」、「Eh」などがある。「Canadian」はカナダの国民やカナダに関連するものを指す。「Maple Leaf」はカナダの象徴であり、国旗にも描かれている。「Mountie」はカナダの連邦警察、ロイヤルカナダ騎馬警察を指す。「Eh」はカナダ英語特徴的な語尾で、文末に付けて相手同意求めるなどの用途がある。

「canada」の例文

1. I live in Canada.(私はカナダに住んでいる)
2. Canada is known for its cold winters.(カナダは寒い冬で知られている)
3. The capital of Canada is Ottawa.(カナダの首都オタワだ)
4. Canada is the second largest country in the world.(カナダは世界で2番目に大きな国だ)
5. The national animal of Canada is the beaver.(カナダの国獣ビーバーだ)
6. Canada has two official languages: English and French.(カナダの公用語英語とフランス語2つだ)
7. The flag of Canada features a maple leaf.(カナダの国旗にはメープルリーフ描かれている)
8. Canada is known for its multiculturalism.(カナダは多文化主義知られている)
9. The Rocky Mountains run through western Canada.(ロッキー山脈はカナダの西部横断している)
10. Canada has a high standard of living.(カナダは高い生活水準持っている

カナダ 【Canada 加奈陀】


カナダ

名前 Canada

金田

読み方:カナダ(kanada)

所在 岡山県岡山市


金田

読み方:カナダ(kanada)

所在 福岡県北九州市小倉北区


金田

読み方:カナダ(kanada)

所在 福岡県田川郡福智町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

金田

読み方:カナダ(kanada)

所在 福岡県(平成筑豊鉄道伊田線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

カナダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/14 04:56 UTC 版)

カナダ: Canada、英語発音: /ˈkænədə/  聞く[ヘルプ/ファイル]フランス語発音: /kanada/)は、北アメリカ大陸北部に位置する連邦立憲君主制国家イギリス連邦加盟国で、英連邦王国の一つである。10のと3の準州からなり、首都オタワ[4]


注釈

  1. ^ アイスホッケーは冬季の国技。夏季の国技はラクロスである

出典

  1. ^ Population estimates, quarterly”. Statistics Canada (2023年9月27日). 2023年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月28日閲覧。
  2. ^ UNdata”. 国連. 2021年11月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2021”. IMF (2021年10月). 2021年11月6日閲覧。
  4. ^ a b c カナダ(Canada)基礎データ 日本国外務省(2022年11月29日閲覧)
  5. ^ カナダ憲法 国立国会図書館デジタルコレクション
  6. ^ "The mother beaver – Collection Profiles". The House of Commons Heritage. Archived from the original on December 22, 2015. Retrieved December 12, 2015.
  7. ^ Cormier, Jeffrey (2004). The Canadianization Movement: Emergence, Survival, and Success. University of Toronto Press. doi:10.3138/9781442680616. ISBN 9781442680616.
  8. ^ "Canada in the Making: Pioneers and Immigrants". The History Channel. August 25, 2005. Retrieved November 30, 2006.
  9. ^ Canada Act 1982 | Constitutional Act, 1982”. 2008年5月23日閲覧。
    Loi de 1982 sur le Canada | Loi constitutionnelle de 1982”. 2008年5月23日閲覧。
  10. ^ Origin of the Name, Canada” (英語、フランス語). Natural Resources Canada (2020年). 2022年9月15日閲覧。
  11. ^ George M. Wrong; H. H. Langton (2009). The Chronicles of Canada: Volume VIII - The Growth of Nationality. Fireship Press. p. 60. ISBN 978-1-934757-51-2. オリジナルの2014-06-29時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140629221027/http://books.google.com/books?id=Qs6IKxQxUjsC&pg=PA60 2010年7月1日閲覧。 
  12. ^ Hubbard, R.H.; Rideau Hall; McGill-Queen's University Press; Montreal and London; 1977; p.9
  13. ^ November 8, 1951 (21st Parliament, 5th Session)”. Canadian Hansard Dataset. 2019年4月9日閲覧。
  14. ^ Bowden, J.W.J. (2015). “'Dominion': A Lament”. The Dorchester Review 5 (2): 58–64. https://www.researchgate.net/publication/319533946. 
  15. ^ Cinq-Mars, J. (2001). “On the significance of modified mammoth bones from eastern Beringia” (PDF). The World of Elephants - International Congress, Rome. http://www.cq.rm.cnr.it/elephants2001/pdf/424_428.pdf 2006年5月14日閲覧。. 
  16. ^ Wright, J.V (2001年9月27日). “A History of the Native People of Canada: Early and Middle Archaic Complexes”. Canadian Museum of Civilization Corporation. 2006年5月14日閲覧。
  17. ^ "John Cabot". Encyclopædia Britannica Online. Encyclopædia Britannica.
  18. ^ "Cartier, Jacques". World book Encyclopedia. World Book, Inc. ISBN 071660101X
  19. ^ Wars on Our Soil, earliest times to 1885”. 2006年8月21日閲覧。
  20. ^ Moore, Christopher (1994). The Loyalist: Revolution Exile Settlement. Toronto: McClelland & Stewart. ISBN 0-7710-6093-9 
  21. ^ David Mills. “Durham Report”. Canadian Encyclopedia. Historica Foundation of Canada. 2006年5月18日閲覧。
  22. ^ a b ニーアル・ファーガソン (2018年6月10日). 大英帝国の歴史(上),p=194. 中央公論新社 
  23. ^ Canadian Cofederation: Responsible Government|publisher=Library and Archives Canada
  24. ^ Library and Archives Canada Canadian Cofederation: Responsible Government
  25. ^ Farthing, John (1957). Freedom Wears a Crown. Toronto: Kingswood House. ASIN B0007JC4G2 
  26. ^ Bélanger, Claude (2000年8月3日). “Quiet Revolution”. Quebec History. Marionopolis College, Montreal. 2008年5月4日閲覧。
  27. ^ カナダ総選挙、トルドー首相の自由党が第1党維持へ、過半数には達せず”. 2024年1月17日閲覧。
  28. ^ “The fight for the Republic of Canada”. Ottawa Citizen. (2004年11月19日). オリジナルの2009年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090808052403/http://www2.canada.com/national/features/democracy/story.html?id=%7B1f3ef50e-2a74-401b-883e-ad27a04b271a%7D 2023年10月21日閲覧。 
  29. ^ Golden Jubilee: Biography Royal Style and Titles Act ( R.S., 1985, c. R-12 ) Royal Style and Titles Act
  30. ^ 「中国は破壊的大国」インド太平洋 カナダが新戦略毎日新聞』朝刊2022年11月29日(国際面)同日閲覧
  31. ^ 「瀬取り」を含む違法な海上活動に対するカナダ及びオーストラリアによる警戒監視活動 日本国外務省(2019年8月22日)2022年11月29日閲覧
  32. ^ カナダとデンマーク、北極圏の島の分割領有に合意日本経済新聞ニュースサイト配信の共同通信記事(2022年6月16日)2022年11月29日閲覧
  33. ^ "Introduction to the Ecological Land Classification (ELC) 2017". Statistics Canada. January 10, 2018. Retrieved November 9, 2020. 閲覧日:2022年9月24日
  34. ^ Wild Species 2015: The General Status of Species in Canada”. National General Status Working Group: 1. Canadian Endangered Species Conservation Council. p. 2 (2016年). 2022年9月24日閲覧。 “The new estimate indicates that there are about 80,000 known species in Canada, excluding viruses and bacteria”
  35. ^ "Canada: Main Details". Convention on Biological Diversity. Retrieved August 10, 2022.
  36. ^ "COSEWIC Annual Report". Species at Risk Public Registry. 2019.
  37. ^ City Population 閲覧日:2016年12月16日
  38. ^ IMF: World Economic Outlook Database
  39. ^ カナダが1セント硬貨廃止へ、「経済への負担重い」”. ロイター (2012年3月30日). 2012年4月1日閲覧。
  40. ^ カナダ、京都議定書は「過去のもの」 脱退を表明[リンク切れ]CNN.co.jp
  41. ^ 井村薫雄『支那の為替と金銀』 (上海出版協会 1923年)pp.250-251.
  42. ^ マーガレット・ガウィング『独立国家と核抑止力』(電力新報社 1993年)p.399.
  43. ^ アインシュタイン=シラードの手紙
  44. ^ 黒沢潤 (2014年4月19日). “中国人コミュニティー動揺 カナダ、富裕外国人への移民プログラム大幅見直し”. 産経新聞. https://web.archive.org/web/20140419012753/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140419/amr14041910060006-n1.htm 2014年4月19日閲覧。 
  45. ^ 田中信彦 (2016年3月28日). “「中国の夢」の終焉 ~急増する富裕層の移民”. WISDOM. https://www.blwisdom.com/strategy/series/china/item/10455.html 2016年6月5日閲覧。 
  46. ^ 「機内サービスでフランス語通じなかった」、カナダ人夫妻が勝訴”. AFP (2011年7月18日). 2018年9月1日閲覧。
  47. ^ 2006 Census: The Evolving Linguistic Portrait, 2006 Census: Highlights
  48. ^ [1]
  49. ^ カナダ刃物襲撃事件、もう1人の容疑者も死亡 車で逃げ拘束後BBC(2022年9月8日)2022年11月29日閲覧)
  50. ^ カナダ 危険・スポット・広域情報”. 日本外務省. 2021年11月28日閲覧。
  51. ^ Financial Crimes”. Toronto Police Service. 2022年9月28日閲覧。
  52. ^ Anne-Marie Mooney Cotter (February 28, 2011). Culture clash: an international legal perspective on ethnic discrimination. Ashgate Publishing, Ltd.. p. 176. ISBN 978-1-4094-1936-5. https://books.google.co.jp/books?id=0AcvVUevrMYC&pg=PA176&redir_esc=y&hl=ja 
  53. ^ Canadian Multiculturalism”. Library of Parliament. pp. 1–7 (2009年9月15日). 2011年9月10日閲覧。
  54. ^ Franklin, Daniel P; Baun, Michael J (1995). Political culture and constitutionalism: a comparative approach. Sharpe. p. 61. ISBN 1-56324-416-0. https://books.google.co.jp/books?id=NtvKidOH9pgC&pg=PA61&redir_esc=y&hl=ja 
  55. ^ Garcea, Joseph; Kirova, Anna; Wong, Lloyd (January 2009). “Multiculturalism Discourses in Canada”. Canadian Ethnic Studies 40 (1): 1–10. doi:10.1353/ces.0.0069. 
  56. ^ Bricker, Darrell; Wright, John (2005). What Canadians think about almost everything. Doubleday Canada. pp. 8–23. ISBN 0-385-65985-7 
  57. ^ Dorland, Michael (1996). The cultural industries in Canada: problems, policies and prospects. J. Lorimer. p. 95. ISBN 1-55028-494-0. https://books.google.co.jp/books?id=vtDhVXAkpxcC&pg=PA95&redir_esc=y&hl=ja 
  58. ^ Carl Morey (1997). Music in Canada: A Research and Information Guide. New York: Garland Publishing. https://books.google.ca/books?id=eZQch8ieRtsC&pg=PP1&dq=Music+in+Canada:+A+Research+and+Information+Guide,&hl=en#v=onepage&q=&f=false 
  59. ^ The history of broadcasting in Canada”. The Canadian Communications Foundation. 2012-03-18T06:16Z閲覧。
  60. ^ Profiles of Canada. edited by Kenneth G. Pryke, Walter C. Soderlund. Boulder, Colo. : NetLibrary, 2000.(ISBN 0-585-27925-X)
  61. ^ History of Canada in music”. Historica Foundation of Canada. Canadian Encyclopedia. 2011年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012-03-18T06:16Z閲覧。
  62. ^ Canadian Music: Issues of Hegemony & Identity, eds Beveley Diamond & Robert Witmer. Canadian Scholars Press, 1994.
  63. ^ Joan Nicks; Jeannette Sloniowski (2002). Slippery pastimes: reading the popular in Canadian culture. Wilfrid Laurier Univ. Press. p. 219. ISBN 978-0-88920-388-4. https://books.google.co.jp/books?id=skTVwTzT27cC&pg=PA219&redir_esc=y&hl=ja 
  64. ^ Victoria Day
  65. ^ Family Day - Canada
  66. ^ First Monday in August Holiday
  67. ^ 南北アメリカの総合競技大会パンナム・ゲームズがトロントで開幕 Next Step (2015年5月21日) 2016年11月27日閲覧
  68. ^ a b アイスホッケー・ワールドカップ2004を終えて」メープルタウン・バンクーバー(2009年9月10日閲覧)
  69. ^ The Canadian Press (2006年6月8日). “Survey: Canadian interest in pro football is on the rise”. Globe and Mail. 2006年6月8日閲覧。
  70. ^ William Houston (2006年12月20日). “Grey Cup moves to TSN in new deal”. The Globe And Mail. 2006年12月23日閲覧。
  71. ^ The Globe and Mail, Is the beautiful game finally ready to conquer North America? [2]
  72. ^ カナダがW杯初ゴールで先制も…前回準優勝のクロアチアが逆転で今大会初勝利!”. Goal.com (2022年11月28日). 2022年12月9日閲覧。
  73. ^ “The Bayern winger born in a refugee camp” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/49841881 2021年2月2日閲覧。 
  74. ^ Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final Toronto2015 Pan Am/Parapan Am (英語) (2015年7月19日) 2016年11月27日閲覧
  75. ^ 月刊Slugger2017年1月号
  76. ^ a b c Cricket Canada 国際クリケット評議会 2023年10月1日閲覧。
  77. ^ HISTORY カナダクリケット公式サイト 2023年10月1日閲覧。
  78. ^ HISTORY OF CRICKET IN USA USAクリケット公式サイト 2023年10月1日閲覧。



カナダ(CASC F4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 04:43 UTC 版)

フォーミュラ4」の記事における「カナダ(CASC F4)」の解説

カナダではパイプフレームシャーシにオートバイの750ccエンジン搭載するローカルマシンをフォーミュラ4呼んでいる。カナダ自動車スポーツクラブCanadian Auto Sport Clubs)のオンタリオ支部(CASC-OR)が運営するロードレースシリーズでF4クラス走行する

※この「カナダ(CASC F4)」の解説は、「フォーミュラ4」の解説の一部です。
「カナダ(CASC F4)」を含む「フォーミュラ4」の記事については、「フォーミュラ4」の概要を参照ください。


カナダ (1960-66年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 05:42 UTC 版)

プリムス・ヴァリアント」の記事における「カナダ (1960-66年)」の解説

クライスラー・カナダ(Chrysler Canada)はヴァリアントダッジプリムスディーラーに単に「ヴァリアント」の名称で導入した。カナダの1960 - 62年モデルヴァリアントは、トランクについたPlymouth」の代わりに「by Chrysler」というバッジ付いていることを除けばその外観はUSモデル似ていた。外装内装差異は僅かであったが、USモデルでは標準であったオルタネーターがカナダでは1962年まで有料オプションであったキャブレーター本体凍結防止装置エンジン・ブロックヒーター、バッテリー・ウォーマー、室内電気暖房やその他寒冷地用装備メーカー又はディーラーオプション品として取り付けることができた。米国では1961年モデル初め設定されエアコン1966年まで設定されなかった。米国製のクライスラー製造した部品代わりにカナダ製オートライト(Auto-Lite 、現プレストライト:Prestolite)の部品幾つか使用されていた。オンタリオ州ウィンザー工場では輸出向けの左/右ハンドルヴァリアントがノックダウン・キットから組み立てられた。 1963年1964年モデルは「プロッジ」(Plodge)の伝統の中でカナダのヴァリアントはUS版ヴァリアントの顔が付いたUS版ダッジ・ダートボディと111in(2,800mm) のホイールベース使用していた。 1965年モデルではクライスラー・カナダはUS版ダートダッシュボード計器盤を装着した106in(2,700mm)と111in(2,800mm) の双方のAボディ車を全車ヴァリアントバッジ付けて販売した1966年モデルでカナダ市場で短い方のヴァリアント廃止され全てのヴァリアントはUS版ダートのリバッジ版となった1964年1965年モデルとして「ヴァリアント・バラクーダ」(Valiant Barracuda )のバッジ付けたカナダ製のバラクーダ製造されたが、1966年モデルでは輸入となったヴァリアント同様にバラクーダもプリムス・ブランドでは無かった1965年米国 - カナダ間の自動車協定Auto Pact)によりクライスラー社は車と部品双方国境越えて出荷できるようになり、1967年プリムス・ヴァリアントダッジ・ダートデトロイトか輸入し始めと共にウィンザー工場から米国へ向けてダートヴァリアント輸出し始めた

※この「カナダ (1960-66年)」の解説は、「プリムス・ヴァリアント」の解説の一部です。
「カナダ (1960-66年)」を含む「プリムス・ヴァリアント」の記事については、「プリムス・ヴァリアント」の概要を参照ください。


カナダ(1985年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 22:54 UTC 版)

納税者権利憲章」の記事における「カナダ(1985年)」の解説

1984年カナダ進歩保守党納税者権利宣言案を作成発表し1984年9月総選挙カナダ進歩保守党勝ったため、1985年に「納税者権利宣言(英語: Declaration of Taxpayer Right)」が制定された。2007年5月には、新たな納税者権利憲章(英語: Taxpayer Bill of Rights)」 が公表された。

※この「カナダ(1985年)」の解説は、「納税者権利憲章」の解説の一部です。
「カナダ(1985年)」を含む「納税者権利憲章」の記事については、「納税者権利憲章」の概要を参照ください。


カナダ(1976年に廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:16 UTC 版)

世界の死刑制度の現状」の記事における「カナダ(1976年廃止)」の解説

カナダでは絞首刑死刑が行われており、旧宗主国イギリス同様特定の死刑執行人執り行うことになっていた。また第一次世界大戦では敵前逃亡罪などで25人(うち殺人罪2人)のカナダ軍兵士銃殺された。また第二次世界大戦でも1人銃殺された。最後死刑執行1962年12月10日2人に対して行われた1961年刑法改正され死刑適用計画的な殺人などに限定されたが、1963年総選挙勝利した自由党政権によって死刑宣告方法改定されたため事実上カナダの死刑制度終焉迎えたその後死刑制度をめぐる様々な論争が行われたが、1976年7月14日死刑廃止されるまで、カナダで1,481人が死刑宣告されそのうち710人(男性697人、女性13人)であったカナダ政府死刑廃止した理由として「誤審のために、個人生命を奪う権利を国が行使することに対す懸念と、犯罪抑止としての死刑働き不確実であるため」としている 。廃止派はロジャー・フッド『世界死刑』(2002年) によると、カナダでは、人口10万人当たり殺人比率は、殺人対す死刑廃止前年1975年)の3.09件から死刑廃止後には2.41件(1980年)に低下した事実指摘している。しかし一方でStatistics Canada統計データによると、人口10万人当たり殺人比率は、1966年一般殺人罪死刑廃止(1.26人/10万人)から1977年まで(3.03人/10万人殺人発生率増加したと言うデータしめされている。 またカナダ政府は、カナダに逃亡した犯罪者相手国から死刑適用が行われない確証がないかぎり、引き渡さない方針とっている。

※この「カナダ(1976年に廃止)」の解説は、「世界の死刑制度の現状」の解説の一部です。
「カナダ(1976年に廃止)」を含む「世界の死刑制度の現状」の記事については、「世界の死刑制度の現状」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カナダ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カナダ

出典:『Wiktionary』 (2021/01/18 10:00 UTC 版)

固有名詞

カナダ

  1. 北アメリカ大陸北部位置する国。アメリカ合衆国成立後北アメリカ大陸における親イギリス勢力フランス植民地勢力により、ヨーロッパから独立し、かつアメリカ合衆国対抗する形で成立公用語英語及びフランス語漢字表記加奈陀略記

翻訳

参照


「カナダ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「カナダ」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • CFDの取引で配当金を受け取るには

    CFDの取引で配当金を受け取るには、株式取引で買い建てをした場合です。もちろん、保有銘柄が株主配当を行っている場合に限ります。配当金は、権利確定日の取引終了日に買い建玉を保有していることが条件になりま...

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カナダ」の関連用語

カナダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カナダのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2024, WorldCoin.Net All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカナダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフォーミュラ4 (改訂履歴)、プリムス・ヴァリアント (改訂履歴)、納税者権利憲章 (改訂履歴)、世界の死刑制度の現状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカナダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS