右ハンドルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 右ハンドルの意味・解説 

右ハンドル

読み方:みぎハンドル

自動車運転席車両右側位置していること、および、そうした車両のこと。日本では右ハンドルが標準であり左ハンドル車両はほぼ輸入車となっている。

対面交通

(右ハンドル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/30 01:26 UTC 版)

対面交通(たいめんこうつう)とは、自動車歩行者とが対面して通行することをいう。これによって、自動車と歩行者とが相互を認識しながら通行することができるので、自動車が普及している社会において法制化されている。


注釈

  1. ^ 例えば1946年の交通事故の3件に1件は死亡事故であった。また、死者数は昭和20年代前半で既に毎年4千人前後に上っており、2014年の死者数4113人と殆ど変わらない。
  2. ^ この対面交通取り入れには連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)からの強い要請があったとされ、GHQはアメリカと同じ「車両の右側通行」を求めたが、日本政府が莫大な予算を要することを理由に断り、歩行者の方を右側通行に変えたとされている。
  3. ^ これは、車の走らない駅構内にはGHQの指導が及ばなかったからとされている[2]
  4. ^ 右側通行か左側通行かが一目でわかる世界地図 - GIGAZINE
  5. ^ オランダは1906年、ポルトガルは1928年。
  6. ^ さらに返還後もジュネーヴ条約の対象地域となっている。

出典



「対面交通」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「右ハンドル」の関連用語

右ハンドルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



右ハンドルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対面交通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS