1960年代とは? わかりやすく解説

1960年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/31 08:23 UTC 版)

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。


  1. ^ フレッド・ホイルジョン・エリオット 『アンドロメダのA』早川書房、1981年、7-10,38-45,67-69頁。ISBN 978-4-15-010423-8 
  2. ^ フィリップ・K・ディック 『火星のタイム・スリップ』早川書房、1980年、21,32,33頁。ISBN 978-4-15-010396-5 
  3. ^ エドモンド・ハミルトン 『虚空の遺産』早川書房、1981年、7,15-18,25-34頁。ISBN 978-4-15-010459-7 


「1960年代」の続きの解説一覧

1960年代(スプリームスの時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 23:55 UTC 版)

ガール・グループ」の記事における「1960年代(スプリームス時代)」の解説

プロデューサー着目他のソングライターたちやプロデューサーたちは、この新しアプローチ可能性すぐさま悟り、既に活動実績のあるグループ契約したり、ときには新グループ創り出して、ガール・グループ・スタイルで楽曲録音したフィル・スペクターは、クリスタルズブロッサムズ (The Blossoms)、ザ・ロネッツ契約して売り出しゴフィンキングクッキーズの曲の大部分手がけた同様にジェリー・リーバー&マイク・ ストーラー (Jerry Leiber and Mike Stoller) はエクサイターズ (The Exciters)、ディキシー・カップスシャングリラス育てたスプリームスこのほか重要なガール・グループ・ソングライターとして、エリー・グレニッチジェフ・バリーシンシア・ワイルバリー・マン などがいた。モータウン・レーベルにも何組ものガール・グループがおり、マーヴェレッツ皮切りにその後マーサ&ザ・ヴァンデラス、ヴェルヴェレッツ、以後大スターとなるダイアナ・ロス一員とするスプリームスなどを輩出している。 ジプシーズ (The Gypsies) と名乗り後にザ・フラーテーションズ (The Flirtations) と改名したグループは、スプリームスのようなサウンド出したセンセーションズ (The Sensations)、オーロンズ (The Orlons)、シフォンズエンジェルス (The Angels) なども、1960年代はじめに活躍した一発屋ジェイネッツ (The Jaynetts) の「Sally Go 'Round the Roses」は、他のガール・グループのどれとも異なミステリアスなサウンド創り出した。その数ヶ月後には、これも一発屋のマーメイズ (The Murmaids) がデヴィッド・ゲイツの「Popsicles and Icicles」を全米チャート3位送り込んだ。 ごく少数外国グループや、ザ・トイズとスウィート・インスピレーションズ (Sweet Inspirations) を例外とすればブリティッシュ・インヴェイジョン時期から1970年まで間に全米チャート上で存在感示したのはスプリームスだけであった

※この「1960年代(スプリームスの時代)」の解説は、「ガール・グループ」の解説の一部です。
「1960年代(スプリームスの時代)」を含む「ガール・グループ」の記事については、「ガール・グループ」の概要を参照ください。


1960年代(第一世代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 21:58 UTC 版)

スケートボード」の記事における「1960年代(第一世代)」の解説

ローラースケート流用した木製四輪キックスケーターからハンドル取ったものが原型と言われている。その後カリフォルニアサーファー抜いたすり鉢状プール乗り始めた事か流行本格化する当時は「サイドウォークサーフボード」「ロックライダー」などと呼ばれていた。ウィール車輪)の材質ゴムプラスチック粘土など。

※この「1960年代(第一世代)」の解説は、「スケートボード」の解説の一部です。
「1960年代(第一世代)」を含む「スケートボード」の記事については、「スケートボード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1960年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1960年代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1960年代」の関連用語

1960年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1960年代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1960年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガール・グループ (改訂履歴)、スケートボード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS