ビートルズとは? わかりやすく解説

ビートルズ【The Beatles】

読み方:びーとるず

英国リバプール結成されロックグループポール=マッカートニー・ジョン=レノン・ジョージ=ハリソン・リンゴ=スターの4人。「抱きしめたい」「イエスタデイ」「ヘイ‐ジュード」などのヒット曲を生み、1960年代以後社会・文化大きな影響与えた1970年解散


ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 10:51 UTC 版)

ビートルズ[注釈 1]The Beatles)は、1960年代から1970年にかけて活動したイギリスリヴァプール出身のロックバンド、および20世紀を代表する音楽グループである。音楽誌『ローリング・ストーン』による「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第1位にランクインしており[4]、経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルの統計算出に基づく「史上最も人気のある100のロックバンド」でも1位となっている[5]グラミー賞を8回受賞し、24回ノミネートされている[6]


注釈

  1. ^ 冠詞付きの「ザ・ビートルズ」表記も存在する[3]
  2. ^ "ファブ・フォー"と読む。FabはFabulousの略で、「素晴らしい4人」あるいは「いかした4人組」という意味を持ち、同名のThe Fab Four、そしてこれをもじったThe Fab Fauxというトリビュートバンドも存在する。また、2012年ロンドンオリンピックの体操競技の女子団体総合で金メダルを獲得したアメリカ代表選手(5人)が「The Fab Five」と呼ばれている。
  3. ^ マジカル・ミステリー・ツアー』は、発売当時(1967年)のイギリスではEP(2枚組)で発売していた。詳細は該当する項目を参照。
  4. ^ ただし、通算1位獲得数では映画『サウンド・オブ・ミュージック』のサウンドトラックの70週と『南太平洋英語版』のサウンドトラックの44週に次ぐ3位。なお『南太平洋』のサウンドトラックは1958年から1959年にかけて第1位を70週間連続獲得しており、全英アルバムチャート連続1位獲得数の歴代1位となっている。詳細はList of number-one albums from the 1950s (UK)を参照。
  5. ^ バンド活動期間である1962年10月の『ラヴ・ミー・ドゥ』から1970年3月の『レット・イット・ビー』まで。
  6. ^ 英語でこおろぎの複数形で、この他にスポーツのクリケットの意味がある。
  7. ^ BEETLES=かぶと虫の複数形。この綴りの3文字目をAに変えて、言葉を聞くと虫=BEETLESをイメージし、文字を見るとビート・ミュージック=BEATLESとなるようにした。
  8. ^ 1953年公開。マーロン・ブランド主演。ビートルズはバイクを乗り回している女性を指すスラングとして、リー・マーヴィンの台詞に登場する。
  9. ^ 「Beetle」という英単語には、かぶとむしだけでなく、コガネムシカナブンも含まれ、日本でのかぶとむしのイメージと違い、英米では嫌われている昆虫類(害虫)のひとつでもあった。
  10. ^ シルヴァー・ビートルズのつづりは途中までThe Silver Beetles
  11. ^ ただし、「KAWADE夢ムック 文藝別冊『[総特集]ジョージ・ハリスン』」の年表には「ジョージが『出生届では2月25日だが実際は2月24日午後11時42分生だ』と述べている」との注釈がある。
  12. ^ 1964年にリンゴ・スターが扁桃腺により入院した際の代役[13]
  13. ^ なおジョージ・マーティンは当初スターの加入を知らず、アンディ・ホワイトというドラマーを手配していたので「ラヴ・ミー・ドゥ」では2人のドラマーのテイクが存在し、シングルにはスターの、アルバムにはホワイトのバージョンが収録されている。
  14. ^ レノンは、「ヘルター・スケルター」や「レット・イット・ビー」で、6弦ベース(フェンダー・ベースVI)を演奏している。
  15. ^ ただし、約1週間で復帰したため、当時は公にされることはなかった。
  16. ^ この件とは別で、「ワイルド・ハニー・パイ」、「マーサ・マイ・ディア」、「マザー・ネイチャーズ・サン」、「ジョンとヨーコのバラード」のドラムスもマッカートニーが担当している。
  17. ^ マッカートニー→ハリスン→レノンの順番[17]に2小節回しの演奏を行っている[18][19]
  18. ^ インストゥルメンタル曲「フライング」を除く。
  19. ^ どちらがリードボーカルを担当するかは曲により異なる。
  20. ^ ビデオ版のザ・ビートルズ・アンソロジーにはレノンがハーモニカを吹いている「ラヴ・ミー・ドゥ」の演奏の記録映像が収録されている。
  21. ^ 因みにマッカートニーはレノンと出会った時にはすでにピアノを演奏することができた。詳細は「#デビュー直前までの経歴」を参照。
  22. ^ シタールを通じてインド哲学への関心が深まったこともあり、後にマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーへの傾倒につながることとなる。
  23. ^ シングル・カット、シングル収録曲のレノン=マッカトニー名義と重複するものがある。
  24. ^ ハリスンによると、一時期クオリーメンにも在籍していた[26]
  25. ^ しかし、当初サトクリフは楽器演奏自体が未経験だったため、構造が簡単な曲から序々に覚えて行った。
  26. ^ 同年4月23、24日。レノンとマッカートニーの2人がユニット名「ナーク・ツインズ」としてマッカートニーのいとこ夫婦が経営するパブで演奏している。
  27. ^ この時点ではシンガーそのものは未定だった。
  28. ^ この頃はドラマーが次から次へと入れ替わっていた。交代の度にやめていったドラマーが所有するドラムのパーツの一部が置き土産として手に入り、やがてフルセットに近いドラムセットが組みあがったため、ドラマーのいない時期はマッカートニーがドラムスを叩いたこともあった。
  29. ^ 初期のビートルズが出演していたリヴァプールのクラブ「ジャカランダ」のオーナー。リヴァプールのバンドのハンブルク巡業を手がける興行主でもあった。
  30. ^ 写真家。学生時代、ビートルズのハンブルク巡業中に友人となり、数々の写真を撮影。ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.58によれば、後にビートルカットと呼ばれる垂れた髪型の提案者であり[33]、アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のジャケットのアイディアの元となった写真の撮影者でもある[34](ただし、ジャケットの写真そのものはロバート・フリーマンが撮影している)。また、生前のサトクリフと恋愛関係にあり、映画『バック・ビート』ではヒロインとして描かれている。カナ表記は、ザ・ビートルズ・アンソロジー(日本語版)では本文(p.52その他)で「アストリット」、p.358のCREDITでは「アストリッド」と、両方の表記が存在する。
  31. ^ 元々はマッカートニーとリヴァプール・インスティチュートの同級生で、1学年下のハリスンとも友人だった。またベストの友人でもあり、ベスト家に間借りしていた。その縁でバンを持っていたことからビートルズの楽器を運ぶ為に雇われ、デビュー後も引き続きロード・マネージャーとしてビートルズの身の回りの世話をすることになる。
  32. ^ ビートルズが出演していたキャバーン・クラブのドアマンとして働いていたが、アスピノール1人では仕事が大変なので2人目のロードマネージャーとして雇われ、アスピノール同様デビュー前から楽器のセッティングなどをはじめビートルズの身の回りの世話をしていた。ビートルズ解散後もレノン、ハリスンと関わっていたが1976年に死去。
  33. ^ 詳細はピート・ベスト#幻のビートルズ・メンバーを参照。
  34. ^ 後にビートルズがデビューして人気を得ると、レコード会社は名義を「ザ・ビートルズ・ウィズ・トニー・シェリダン」に変えている。
  35. ^ これらは1995年に発売した『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』に収録されている
  36. ^ ただし、ミュージック・ウィーク誌は最高位2位であったため、2000年にリリースされたチャート1位を獲得したシングル曲を集めた『ザ・ビートルズ1』には収録されていない。
  37. ^ このステージでの最後の曲「ツイスト・アンド・シャウト」の直前にレノンが「安い席の人々は拍手を。残りの人々は宝石をガラガラ鳴らしてください」と観客に言っている。
  38. ^ ただし、ビルボードで日付上で1位になったのは2月1日。ビルボードHOT100・1964年2月1日付を参照。
  39. ^ 本作以降も『ヘルプ!4人はアイドル』の監督を担当。『ジョン・レノンの 僕の戦争』では監督に加えてプロデューサーも兼任し、1991年には『ゲット・バック』の監督を担当している。
  40. ^ 公開当時の邦題は「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」。
  41. ^ 発売当時の邦題は「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」。
  42. ^ 発売当時の邦題は「4人はアイドル」。
  43. ^ ただし、この人数には異説がある。ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』ではニール・アスピノールが55,000人と話しているが、マッカートニーは56,000人、スターは60,000人、ハリスンは70,000人だと聞いたとコメントしている。
  44. ^ ただし、最後だということはメンバー間のみの秘密事項だった[44]
  45. ^ この1966年のツアーでもシェイ・スタジアムが使用された。8月29日のビートルズ最後のコンサートもキャンドルスティック・パークという野球場である。
  46. ^ シェイ・スタジアム自体もその後ローリング・ストーンズザ・フーポリスなどがコンサート会場として使用している。2009年にシェイ・スタジアムは解体され、その前年である2008年に開催されたビリー・ジョエルのコンサートが最後となった。なお、このコンサートにはマッカートニーがゲスト出演している。詳細は 公式サイトの当該項目 を参照のこと。
  47. ^ 朝日新聞社編『ビートルズの社会学』(朝日文庫)など多くの本が出版されている。この中で遠藤周作は「高校野球が終って選手たちが泣けば大人は感動するが、ビートルズが終って少女たちが泣けばおかしいと言う。少しもおかしくはない。原理は同じだ。いいじゃないか」と書いている。
  48. ^ 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』(日本語版)p.219のニール・アスピノールの発言。ただし、同p.220でハリスンは「20万人ぐらい居たのではないか」と発言している。
  49. ^ テレビ出演時のライブ演奏やゲット・バック・セッションの一環として行なわれたルーフトップ・コンサートなどは除く。
  50. ^ ちなみに、世界で最も大きな音量を出すバンドとして1973年にギネス・ブックに掲載されたディープ・パープルのPAは、最大25600ワットの出力が可能だった[80]
  51. ^ 初期のアルバムは12時間で録音した[86]
  52. ^ マリアンヌ・フェイスフルの前夫。
  53. ^ 発売当時のアメリカにおいて、EP盤方式が廃れていたことにより、A面にサウンドトラック6曲を収録し、B面にシングルとして発売されていた5曲を収録したLP盤として発売。後のCD化ではこちらのLP盤が採用された。
  54. ^ 本作ではクリス・トーマスがアシスタント・プロデューサーとして参加している。
  55. ^ 当初のタイトルは「ゲット・バック」だったが、4月のマッカートニー脱退で事実上解散したことを受け、アルバム『レット・イット・ビー』として発売された。
  56. ^ ただし、このプロデュースについては後に問題が発生した(詳細はレット・イット・ビーおよびレット・イット・ビー...ネイキッドを参照)。
  57. ^ ベースはクラウス・フォアマンが担当。
  58. ^ なお本作は、ビートルズの海賊盤の中でもかなり有名だったベスト盤『αΩ(アルファ・オメガ)』(4枚組・全59曲)の対策として企画された公式のベストアルバムである[109]
  59. ^ ギネス世界記録のサイトでは2001年3月19日を達成日として10億枚を超えると推定されている。Best-selling group” (英語). ギネスワールドレコーズジャパン (2001年3月19日). 2020年12月31日閲覧。
  60. ^ この日に発売されたCDは『プリーズ・プリーズ・ミー』『ウィズ・ザ・ビートルズ』『ハード・デイズ・ナイト』『ビートルズ・フォー・セール』といった初期のアルバム4作品。同年中に『マジカル・ミステリー・ツアー』を含む全オリジナルアルバム(13作品)がCDとして発売された。なお、以前に正規のものでない形でCDが発売されたことはあるほか、1983年に日本独自の企画で『アビイ・ロード』がCDとして発売された(その後回収されている)。
  61. ^ 12月9、16、23日。List of number-one albums of 1995 (U.S.)を参照。
  62. ^ ステレオ盤の『パスト・マスターズ』に対応したアルバム未収録曲集。
  63. ^ ウィリアム・マンがタイムズ誌で絶賛する一方、ラジオ司会者のブライアン・マシューが批判するなど賛否両論があった[129]
  64. ^ ビデオ「ザ・コンプリート・ビートルズ英語版」に収録された音楽評論家のウィルフリッド・メラーズの解説によれば、それまでのロックやポップスは踊るための音楽だったが、同作によって聴くに値する音楽になった。
  65. ^ ハリスンは「メンバーが聴いた音楽は好悪の別なく全てビートルズの音楽に影響を与えている」と述べていて[139]、レノンは「ビートルズ成立理由は通っていた学校の校風や住んでいた伯母の家の棚に並んでいた書籍にまで及ぶ」と述べている[140]
  66. ^ リブァプールで父親が経営していたNEMSという家具店のレコード部門。
  67. ^ この経緯については諸説ある。詳細は、ブライアン・エプスタイン#ビートルズとの出会いを参照のこと。
  68. ^ ビデオ「ザ・コンプリート・ビートルズ」に収録されたビル・ハリーやジェリー・マースデン英語版のコメントによれば、当時のイギリスの芸能界はロンドンの芸能関係者が取り仕切っており、地方都市のバンドは彼ら自身も関係者もレコードをリリースするという考え自体が存在しなかった。
  69. ^ ただし、2008年になってイスラエルは謝罪の意を公式に表明した。これを受けてマッカートニーは同年9月に同国での公演をおこなっている。詳細は イスラエル政府、ビートルズに1965年の公演中止を謝罪(AFP・2011年7月26日閲覧) を参照。
  70. ^ ただし、実際には西側諸国からの輸入盤や、地下で翻訳されたロシア語版のカセットテープなどが販売され、当時も多くの若者に親しまれていた。なお、2003年にマッカートニーが行ったロシアの首都のモスクワ赤の広場でのコンサート「ライヴ・イン・レッド・スクウェア」では、その編集映像にセルゲイ・イワノフ国防相(1953年生まれ)のインタビューが収録されたが、その中でイワノフは「10代の頃からのビートルズファン」と自己紹介しており、「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」も演奏されたコンサートにもウラジーミル・プーチン大統領と伴に来場した。詳細は映像ソフト『ライヴ・イン・レッド・スクウェア』および『クレムリンを揺るがせたビートルズ』を参照。
  71. ^ 庄司英樹は著書「ビートルズの復活」p.220で、このATVの買収を「乗っ取り」と称している。
  72. ^ アメリカで1976年に制定された著作権法には、楽曲の原作者が一度手放した著作権を35年後に取り戻せるという規定があり、1978年以前に制作された楽曲の著作権が原作者に返還されるのは56年ごと定められている。マッカートニーは1962年に発売の「ラヴ・ミー・ドゥ」が、2018年に発売から56年になることを受けてこの訴訟を起こした[170]

出典

  1. ^ a b c d e f g h Unterberger, Richie. The Beatles|Biography & History - オールミュージック. 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c The Beatles(ザ・ビートルズ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年10月25日閲覧。
  3. ^ ザ・ビートルズ|The Beatles”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年5月20日閲覧。
  4. ^ "100 Greatest Artists - Rolling Stone". Rolling Stone (英語). Penske Media Corporation. 3 December 2010. 2020年2月8日閲覧
  5. ^ St, 24/7 Wall (2 October 2018). "The 100 most popular rock bands of all time". Business Insider (英語). Insider Inc. 2019年1月31日閲覧
  6. ^ The Beatles|Artist” (英語). GRAMMY.com. Recording Academy. 2020年2月8日閲覧。
  7. ^ 『僕はビートルズ』第1巻・巻末に記載されている宮永正隆の解説。
  8. ^ Hotten, Russell (4 October 2012). "From Fab Four to fabulously rich". BBC News (英語). BBC. 2019年1月31日閲覧
  9. ^ a b Beatles 2000, pp. 181–184.
  10. ^ a b c d Beatles 2000, p. 41.
  11. ^ Beatles 2000, p. 49.
  12. ^ Bedford, David; Popper, Garry (2018). Finding The Fourth Beatle: The 23 Drummers who Put the Beat Behind the Fab Three. tredition. p. 219. ISBN 9783743989962. https://www.google.com/books/edition/Finding_The_Fourth_Beatle/NcltDwAAQBAJ?hl=en&gbpv=1&dq=Norman+Chapman+July+1995+beatles&pg=PT219&printsec=frontcover 
  13. ^ Harry, Bill (1992). The Ultimate Beatles Encyclopedia. London: Virgin Books. p. 484. ISBN 0-86369-681-3 
  14. ^ Beatles 2000, p. 62.
  15. ^ a b c Beatles 2000, p. 233.
  16. ^ ビデオ『コンプリート・ビートルズ』より。
  17. ^ The Beatles (2000). The Beatles Anthology. San Francisco: Chronicle Books. p. 337. ISBN 0-8118-2684-8 
  18. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 361. ISBN 1-84413-828-3 
  19. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 316. ISBN 978-0-307-45239-9 
  20. ^ Beatles 2000, p. 81.
  21. ^ Beatles 2000, p. 340.
  22. ^ Beatles 2000, pp. 76.
  23. ^ Beatles 2000, p. 20.
  24. ^ 宮永正隆 『ビートルズ来日学 1966年、4人と出会った日本人の証言』DU BOOKS、2016年6月10日、262頁。ISBN 978-4907583842 
  25. ^ リンゴ・スターが明かす、80歳でもエネルギッシュな理由とビートルズにまつわる思い出”. Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ (2020年7月20日). 2020年8月9日閲覧。
  26. ^ Beatles 2000, p. 29.
  27. ^ John meets Paul for the first time - History.com This Day in History - 7/6/1957”. A&E Television Networks, LLC. 2014年3月10日閲覧。
  28. ^ ビデオ盤「ザ・ビートルズ・アンソロジー」より。
  29. ^ Beatles 2000, pp. 12, 21.
  30. ^ Beatles 2000, p. 12.
  31. ^ Beatles 2000, p. 44.
  32. ^ Beatles 2000, p. 47.
  33. ^ a b Beatles 2000, p. 58.
  34. ^ Beatles 2000, p. 107.
  35. ^ Beatles 2000, p. 69.
  36. ^ ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』より
  37. ^ a b c d e f ビデオソフト「コンプリート・ビートルズ英語版」に収録されている発言。
  38. ^ ザ・ビートルズ1』のジャケットの記述。
  39. ^ Beatles 2000, pp. 102–104.
  40. ^ Beatles 2000, p. 110.
  41. ^ ビデオ版ザ・ビートルズ・アンソロジーのインタビューのコメント。
  42. ^ a b Beatles 2000, pp. 114–115.
  43. ^ Beatles 2000, p. 119.
  44. ^ a b c d e ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』の記録映像より。
  45. ^ Top 100 Song|Billboard Hot 100 Chart”. Billboard Hot 100. Billboard (1964年4月4日). 2020年2月8日閲覧。
  46. ^ Beatles 2000, p. 139.
  47. ^ Beatles 2000, p. 140.
  48. ^ Vintage Adelaide. pp.70-71
  49. ^ a b "レコード 三百万枚売る ビートルズ". 朝日新聞(東京夕刊). 19 January 1965. p. 8. |url=は必須です。 (説明)
  50. ^ Beatles 2000, p. 196.
  51. ^ Beatles 2000, pp. 198–199.
  52. ^ Beatles 2000, p. 206.
  53. ^ Beatles 2000, p. 161.
  54. ^ a b Beatles 2000, p. 187.
  55. ^ Harry 2000a, p. 283-4.
  56. ^ a b c d Beatles 2000, p. 225.
  57. ^ JORDAN RUNTAGH (4 September 2016). "ジョン・レノンの「キリストより有名」発言論争の真実". Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ株式会社. 2020年2月8日閲覧
  58. ^ 「25.キリスト発言」『All You Need Is THE BEATLES』斉藤早苗監修、宝島社、2017年1月19日。76-79頁。ISBN 4-80026-523-1
  59. ^ "ローマ法王庁、J・レノンの「キリスト」発言を許す". ロイター通信. ロイター. 23 November 2008. 2020年2月8日閲覧
  60. ^ "カトリック総本山、ついにザ・ビートルズを許す". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 13 April 2010. 2020年2月8日閲覧
  61. ^ ビートルズ来日映像公開へ 警備状況やファン写る”. 産経ニュース (2022年9月22日). 2022年9月22日閲覧。
  62. ^ 「POPS」1966年8月号の特集「熱狂の三十五分」P31
  63. ^ a b Beatles 2000, p. 218.
  64. ^ 51年前の今日、ビートルズが初来日。武道館公演の全曲完全解説”. 大人のMusic Calender. 2020年7月5日閲覧。
  65. ^ a b c d e f Beatles 2000, p. 216.
  66. ^ Beatles 2000, p. 215.
  67. ^ ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』に収録の記録映像。
  68. ^ 「ウィズ・ザ・ビートルズ」松村雄作 小学館
  69. ^ a b 日本放送協会. “ビートルズ 1966年の来日 新たな映像公開 警備や最終公演記録 | NHK”. NHKニュース. 2022年9月25日閲覧。
  70. ^ ビートルズの「幻の来日動画」がついに公開 最終日の演奏シーンも”. 毎日新聞 (2022年9月25日). 2022年9月25日閲覧。
  71. ^ a b c Beatles 2000, p. 219.
  72. ^ a b Beatles 2000, p. 220.
  73. ^ Beatles 2000, pp. 217–221.
  74. ^ Beatles 2000, p. 221.
  75. ^ Beatles 2000, pp. 228–229.
  76. ^ Beatles 2000, p. 163.
  77. ^ Beatles 2000, p. 199.
  78. ^ ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』に収録されたライブ映像より
  79. ^ Beatles 2000, p. 184.
  80. ^ 三木 1977, pp. 208–209.
  81. ^ Beatles 2000, p. 227.
  82. ^ a b Beatles 2000, p. 229.
  83. ^ Beatles 2000, p. 226.
  84. ^ ビデオ版『ザ・ビートルズ・アンソロジー』でのマッカートニーの発言。
  85. ^ Beatles 2000, p. 242.
  86. ^ Beatles 2000, p. 92.
  87. ^ Beatles 2000, p. 252.
  88. ^ Beatles 2000, p. 231.
  89. ^ Beatles 2000, p. 235.
  90. ^ Beatles 2000, p. 237.
  91. ^ Beatles 2000, p. 257.
  92. ^ Beatles 2000, pp. 233, 259.
  93. ^ Beatles 2000, pp. 264–270.
  94. ^ a b Beatles 2000, p. 274.
  95. ^ Beatles 2000, p. 287.
  96. ^ a b c Beatles 2000, p. 292.
  97. ^ Beatles 2000, p. 297.
  98. ^ Beatles 2000, p. 270.
  99. ^ Beatles 2000, p. 268.
  100. ^ Beatles 2000, p. 316.
  101. ^ Beatles 2000, pp. 324–327.
  102. ^ Beatles 2000, pp. 341–343.
  103. ^ a b Beatles 2000, p. 347.
  104. ^ a b Beatles 2000, p. 315.
  105. ^ Beatles 2000, pp. 321–322.
  106. ^ a b c Beatles 2000, p. 322.
  107. ^ a b Beatles 2000, p. 353.
  108. ^ RKO radio interview 1980 on Dec 8
  109. ^ 赤と青の聖典(バイブル)”. SoundTown. EMIミュージック・ジャパン. 2010年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  110. ^ 二見書房刊『ビートルズの復活』(庄司英樹著・1974年)あとがきより。
  111. ^ Pareles, Jon (25 February 1987). "NOW ON CD'S, FIRST 4 BEATLES ALBUMS". ニューヨーク・タイムズ (英語). ニューヨーク市. 2020年12月25日閲覧
  112. ^ Beatles 2000, p. 350.
  113. ^ "Beatles covers to be on UK stamps". BBC NEWS. BBC. 28 December 2006. 2020年2月8日閲覧
  114. ^ "「ザ・ビートルズ」が生まれ変わりました。―最新リマスターCDがチャートを席巻!―|ユニバーサル ミュージック合同会社のプレスリリース". PR TIMES. 株式会社PR TIMES. 16 September 2009. 2020年2月8日閲覧
  115. ^ "ビートルズのリマスターボックス音源をFLACで収録したUSBメモリが発売". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 9 November 2009. 2020年2月8日閲覧
  116. ^ "ザ・ビートルズ、初のUSBメモリ作品登場". PHILE WEB. 音元出版. 10 November 2009. 2019年9月21日閲覧
  117. ^ "【2014年グラミー特集】ポール「今夜はジョンとジョージを思い出そう」". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 30 January 2014. 2020年2月8日閲覧
  118. ^ "ビートルズ初「ベスト&MV集」11・6世界一斉発売 50年を経て4Kで蘇る". ORICON NEWS. オリコン. 15 September 2015. 2020年2月8日閲覧
  119. ^ "ビートルズ、『サージェント・ペパーズ』50周年記念エディションの発売が決定". NME Japan. BandLab UK Limited. 5 April 2017. 2020年2月8日閲覧
  120. ^ "グラミーミュージアム公認! 米国外で世界初のビートルズ展覧会が日本で初開催! 2017年11月18日(土)〜18年1月28日(日)有楽町インフォス". @Press. ソーシャルワイヤー. 7 November 2017. 2020年2月8日閲覧
  121. ^ "ザ・ビートルズ、ホワイト・アルバム50周年記念盤が登場". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 25 September 2018. 2020年2月8日閲覧
  122. ^ "全英アルバム・チャート、『アビイ・ロード』が50年ぶり1位". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 5 October 2019. 2020年2月8日閲覧
  123. ^ "ザ・ビートルズ、10月15日発売『レット・イット・ビー』スペシャル・エディションから新たに4曲配信&スーパー・デラックス盤の購入特典も". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 17 September 2021. 2021年12月20日閲覧
  124. ^ Sexton, Paul (2021年10月14日). “ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Get Back』予告編と写真が公開”. uDiscovermusic.jp. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年8月17日閲覧。
  125. ^ Howlett, Kevin (2021年10月14日). “ザ・ビートルズの「ルーフトップ・コンサート」完全解説”. uDiscovermusic.jp. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年8月17日閲覧。
  126. ^ 『ザ・ビートルズ:Get Back-ザ・ルーフトップ・コンサート』告知ポスターの発売が決定”. MUSIC LIFE CLUB. シンコーミュージック・エンタテインメント (2022年2月2日). 2022年8月17日閲覧。
  127. ^ 再追加上映が決定! 『ザ・ビートルズ Get Back : ルーフトップ・コンサート』延長上映、明日3/4(金)より全国35のIMAXシアターにて!”. MUSIC LIFE CLUB. シンコーミュージック・エンタテインメント (2022年3月3日). 2022年8月17日閲覧。
  128. ^ Beatles | full Official Chart History”. Official Charts Company. 2022年4月9日閲覧。
  129. ^ Beatles 2000, p. 96.
  130. ^ a b c ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録された本人のコメントより。
  131. ^ Beatles 2000, p. 253.
  132. ^ Beatles 2000, p. 236.
  133. ^ a b Beatles 2000, p. 77.
  134. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ『ヒストリー・オブ・ロックンロール』に収録されているキース・リチャーズの発言。
  135. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年4月4日). 2020年9月23日閲覧。
  136. ^ a b ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録されたジョージ・マーティンのコメントより。
  137. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ『ヒストリー・オブ・ロックンロール Vol.2』に収録されたアブドゥル・ファキール英語版のコメントより。
  138. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録されているデレク・テイラーの言葉。
  139. ^ Beatles 2000, pp. 26–27.
  140. ^ Beatles 2000, p. 14.
  141. ^ a b Beatles 2000, p. 11.
  142. ^ a b Beatles 2000, p. 21.
  143. ^ Beatles 2000, p. 27.
  144. ^ Beatles 2000, p. 36.
  145. ^ Beatles 2000, p. 10.
  146. ^ Beatles 2000, p. 158.
  147. ^ Crowe, Jerry (1997年11月1日). “'Pet Sounds Sessions': Body of Influence Put in a Box”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1997/nov/01/entertainment/ca-48891 2018年11月13日閲覧。 
  148. ^ 高尾 1973, p. 152.
  149. ^ 庄司 1973, pp. 118–119.
  150. ^ Beatles 2000, p. 183.
  151. ^ 庄司 1973, p. 148.
  152. ^ 湯川れい子 (2005年9月1日). “Office Rainbow...「音楽の旅」第1回”. Office Rainbow. 2020年2月8日閲覧。
  153. ^ Beatles 2000, p. 272.
  154. ^ "超大物監督がビートルズのドキュメンタリー映画製作". エキサイトニュース. エキサイト. 1 February 2019. 2020年6月25日閲覧
  155. ^ "ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、ザ・ビートルズの新ドキュメンタリー映画にコメント". BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 13 March 2020. 2020年6月12日閲覧
  156. ^ ザ・ビートルズ Get Back”. 映画.com. 2021年11月28日閲覧。
  157. ^ "リアム・ギャラガー企画のビートルズ映画、監督はマイケル・ウィンターボトムに決定!". シネマトゥデイ. 15 October 2011. 2020年2月8日閲覧
  158. ^ "映画『イエスタデイ』ダニー・ボイル監督が描く、誰もビートルズを知らない世界にきてみたら?". FASHION PRESS. 株式会社カーリン. 6 August 2019. 2020年6月12日閲覧
  159. ^ a b サウソール, ペリー 2006, pp. 44–46.
  160. ^ a b サウソール, ペリー 2006, pp. 52–55.
  161. ^ a b c d e サウソール, ペリー 2006, pp. 55–59.
  162. ^ a b c d サウソール, ペリー 2006, pp. 96–98.
  163. ^ Beatles 2000, pp. 97–98.
  164. ^ サウソール, ペリー 2006, pp. 155–156.
  165. ^ サウソール, ペリー 2006, pp. 167–171.
  166. ^ The Rights Stuff”. snopes.com (2006年12月11日). 2006年12月11日閲覧。
  167. ^ "ソニー/ATV、ワーナーの音楽出版部門買収で昨年交渉". Bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. 2014年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧
  168. ^ "ワーナー・ミュージック、事業売却で10件超の買収提案受ける-関係者". ブルームバーグ. 1 March 2011. 2020年2月8日閲覧
  169. ^ a b サウソール, ペリー 2006, p. 66.
  170. ^ a b "P・マッカートニー、ビートルズ著作権訴訟でソニーATVと和解". AFPBB News. クリエイティヴ・リンク. 4 July 2017. 2022年4月9日閲覧



ビートルズ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 06:39 UTC 版)

ビートルズ!』(Meet The Beatles)は、ビートルズの日本における1作目のアルバム。1964年4月15日に東芝音楽工業より発売された。


  1. ^ 日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年. 日経BP. (2015). p. 97. ISBN 978-4-8222-7834-2 
  2. ^ “特集:【THE BEATLES ザ・ビートルズ】日本編集盤をまとめるボックス・セット『ミート・ザ・ビートルズ〈JAPAN BOX〉』が登場”. CDJournal CDJ PUSH (株式会社シーディージャーナル). (2014年6月18日). https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/the-beatles/2000000732 2019年10月19日閲覧。 
  3. ^ “『ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』、日本オリジナル盤5作品が初CD化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年4月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000102615 2019年10月19日閲覧。 


「ビートルズ!」の続きの解説一覧

ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 05:35 UTC 版)

ザ・ドリフターズ」の記事における「ビートルズ」の解説

来日公演際にドリフ前座つとめた演奏曲は「ロング・トール・サリー」。6/30夜公演、7/1昼公演ともに映像残されている。当時テレビでドリフ演奏見られることはなかったが、近年になり日本テレビいつみても波瀾万丈』にいかりや、加藤高木らがそれぞれ出演した際にその一部放映された。

※この「ビートルズ」の解説は、「ザ・ドリフターズ」の解説の一部です。
「ビートルズ」を含む「ザ・ドリフターズ」の記事については、「ザ・ドリフターズ」の概要を参照ください。


ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 19:14 UTC 版)

エド・サリヴァン・ショー」の記事における「ビートルズ」の解説

ビートルズは1964年2月9日から3週連続出演(1、3週目は録画放送、2週目の生放送)、1965年9月12日には『ヘルプ!』のプロモーション兼ねて番組出演その後も、1965年から1970年にかけてはプロモーション・フィルム提供する形で出演回数多かったまた、サリヴァン1965年8月15日行われたビートルズのシェイ・スタジアム公演オープニングMC担当したこともあった(映像にも残されている)。なお、彼らの最初の出演時には当時アメリカ全人口の60%とも言える約7300万人がその放送観た視聴率72パーセントその間青少年犯罪は0件であったという。

※この「ビートルズ」の解説は、「エド・サリヴァン・ショー」の解説の一部です。
「ビートルズ」を含む「エド・サリヴァン・ショー」の記事については、「エド・サリヴァン・ショー」の概要を参照ください。


ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 14:10 UTC 版)

マル・エヴァンズ」の記事における「ビートルズ」の解説

キャヴァーン・クラブ働き始めてから3ヶ月後の1962年8月11日エヴァンズはビートルズのマネージャーブライアン・エプスタインに、バンドのロードマネージャー兼パーソナル・アシスタントとしてニール・アスピノールとともに雇われた。2人主な仕事は、ツアー公演中、移動バン運転することと、ステージ機材ヴォックスアンプセッティングテストを行うことであった1963年1月21日、ビートルズがエヴァンズの運転で濃霧の中ロンドンからリヴァプールに戻る道中小石バンフロントガラスに当たってひびが入り視界を得るためにエヴァンズフロントガラス叩き破って大きな穴空けなければならなくなる、という出来事があった。季節は冬であったため、バンドのメンバー凍えるほどの気温の中暖を取るために、後部座席ウィスキーの瓶を片手にお互いの上に重なって寝そべった後年ポール・マッカートニーはこの出来事回想して「ビートル・サンドウィッチ」と呼んでいる。 エヴァンズ仕事他にもあった。ビートルズのボディーガードとしての役目もあったほか、スーツや靴、飲食物等、メンバー必要とする物なら何でも買いに走らされた。例えジョン・レノンが「マル靴下。」と言えばエヴァンズ近くの店に飛んで行きレノンのために木綿靴下1組買ってなければならなかった。1967年エヴァンズ日記に、「リンゴ・スター医師診察を受けに行くために下着パンツを何買った。」と記している。ビートルズの記念品今も需要が高いが、メンバー4人のサイン揃ったものは偽物である可能性が高いエヴァンズアスピノールは、4人が多忙でサイン書けない時には、よく代筆していたからである。 1964年1月、ビートルズが最初のヨーロッパ公演出かけた時、エヴァンズは妻と息子が同行することを認められたが、パリでカメラマンからビートルズを守ろうとして彼らと大喧嘩になってしまった。エヴァンズは、エプスタインパーソナル・アシスタントのアリステア・テイラー(英語版) に「なぜ、デイムラーベントレーロールス・ロイスではなくオースチンの「オースティン・プリンセス(イギリスリムジン)」を運転するのか」と聞かれて、「ビートルズは車に(文字通り)飛び込んでファンから逃れるために、あらゆる車のドア広さ確かめた結果オースティン選ばざるを得なかったのだ。」と答えている。

※この「ビートルズ」の解説は、「マル・エヴァンズ」の解説の一部です。
「ビートルズ」を含む「マル・エヴァンズ」の記事については、「マル・エヴァンズ」の概要を参照ください。


ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 23:47 UTC 版)

ストロベリー・フィールド」の記事における「ビートルズ」の解説

当家の名は1967年ザ・ビートルズシングルストロベリー・フィールズ・フォーエバー」を発表したことで有名になり、この曲を書いたのは、近所のメンローブ街251番地育ったジョン・レノンであったストロベリー・フィールド位置するビーコンズフィールド通りは、メンローブ街からの脇道であった少年時代レノンにとって愉しみの一つが、夏毎にストロベリー・フィールド地所開かれる庭園パーティーだった。レノン伯母ミミは、「救世軍楽隊英語版)が演奏を始めところを私たちが耳にすると、すぐにジョン飛び上がって、『ミミ行こうよ。遅れてしまうよ』と叫んだものです」と回想したレノンは度々、ストロベリー・フィールドの塀をよじ登っては、救世軍屋敷にいる子供たち遊んでいた。持ち主側は彼の振る舞いについて学校苦情出したものの、無駄に終わった[要出典]。遂には彼を、同居伯母ミミところへ連れて行った彼女はそのような行い続ければ、彼らが貴方を吊るしてしまう(hangと言って聞かせた。それでも彼は行動続け、「思いわずらうget hung around)こともない永遠のストロベリー・フィールズ」という歌詞となった[要出典]。

※この「ビートルズ」の解説は、「ストロベリー・フィールド」の解説の一部です。
「ビートルズ」を含む「ストロベリー・フィールド」の記事については、「ストロベリー・フィールド」の概要を参照ください。


ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/14 05:51 UTC 版)

アンディ・ホワイト (ドラマー)」の記事における「ビートルズ」の解説

1962年9月ホワイトはロン・リチャーズ(英語版)からの電話を受け、ロンドンアビー・ロードにあるEMIアビー・ロード・スタジオ行われるビートルズのレコーディング・セッション参加してほしいと依頼された。当時リチャーズは、レコード・プロデューサーであるジョージ・マーティン助手しており過去にホワイト起用したことがあった。ビートルズは既に「ラヴ・ミー・ドゥ」を2回録音しており、1962年6月6日EMIオーディションでは、この時点でまだメンバーだったピート・ベストドラムス担当しており、9月4日にはその前の月にベスト交代したリンゴ・スタードラムス担当していた。マーティンは、ベスト演奏良しとせず、新参スター演奏にも不満だった1962年9月11日その日録音担当だったリチャーズは、サイド録音求め、ビートルズは「ラヴ・ミー・ドゥ」の3度目録音臨んだが、このときホワイトスターに代わってドラムス演奏しスタータンバリン叩いた。このセッションでは「P.S.アイ・ラヴ・ユー」も録音されホワイトは「軽快なチャチャチャビート (lightweight cha-cha-chá beat)」を叩きスターマラカス演奏したホワイトによれば、このセッション報酬は5ポンドで、ドラムセット持ち込んだ経費として10シリング(1ポンド半分に相当)が上乗せされたというが、レコード売上に応じて支払われるロイヤルティーは何もなかったという。 スタードラムス演奏したバージョンの「ラヴ・ミー・ドゥ」は、1962年イギリスプレスされた初期のシングル採用された一方ホワイトドラムス演奏したバージョンは、1964年アメリカ合衆国最初にプレスされたシングル用いられその後すべてのシングルや、ビートルズの1963年デビュー・アルバムプリーズ・プリーズ・ミー』、その後、この曲を収録したほとんどすべてアルバム用いられている。スタードラムス演奏しているバージョンも、幾度かリリースされており、1980年北アメリカ発売されコンピレーション・アルバムレアリティーズ』や、1988年全世界発売されコンピレーション・アルバムパスト・マスターズ』にも収録されている。1992年には、スターホワイトの両バージョン収録したシングルリリースされた。 ホワイトバージョンにはスター演奏するタンバリンの音が入っているので、両バージョン聴き分け容易であるピート・ベスト演奏しているバージョンは、かつては失われたものと思われていたが。1995年の『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』で初めリリースされた。ホワイトドラムス演奏したP.S.アイ・ラヴ・ユー」は、 「ラヴ・ミー・ドゥ」のB面曲となり、アルバムプリーズ・プリーズ・ミー』にも収録された。 英国放送協会 (BBC) による2012年インタビューで、ホワイトは、9月11日セッションでは楽曲プリーズ・プリーズ・ミー」も吹き込み、このバージョンヒットしたシングル用いられたとも述べている。「ドラムサウンドから、これを叩いているのは自分だと分かるよ、何し当時リンゴドラムセットとは、音色かけ離れているからね。この時彼はまだラディックドラムセットを持っていなかったんだ。ドラマーひとりひとり個性あるサウンドを持っているんだが、これはまず、個々のドラムチューニング仕方違い生まれ、さらに演奏仕方でも違い生まれるんだ。」 ホワイトがビートルズと共演したのは、この時だけであったが、それだけでも彼が「歴史書に入る」には十分だったし、いわゆる5人目のビートルズと言われる一人なるだけ特別なことであったホワイトによればその日スタジオの中で彼と一緒に演奏したビートルズのメンバーは、この曲のソングライターでもあったジョン・レノンポール・マッカートニーけだったという。「彼らは、楽譜一切使わなかったのでレコーディングを始め前に私はルーティーンを彼らと一緒に演奏して、彼らが何を望んでいるのかをつかむこと必要だった。」

※この「ビートルズ」の解説は、「アンディ・ホワイト (ドラマー)」の解説の一部です。
「ビートルズ」を含む「アンディ・ホワイト (ドラマー)」の記事については、「アンディ・ホワイト (ドラマー)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビートルズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビートルズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビートルズと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ビートルズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビートルズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビートルズ (改訂履歴)、ビートルズ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのザ・ドリフターズ (改訂履歴)、エド・サリヴァン・ショー (改訂履歴)、マル・エヴァンズ (改訂履歴)、ストロベリー・フィールド (改訂履歴)、アンディ・ホワイト (ドラマー) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS