初期とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > 初期 > 初期の意味・解説 

しょ‐き【初期】

読み方:しょき

ある物事初め時期始まって間のないころ。「—の作品」「明治—」


初期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 03:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「初期」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「初期」を含むページの一覧/「初期」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「初期」が役に立つかも知れません。

関連項目



初期(結成 - 1996年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/04 20:48 UTC 版)

マシーン・ヘッド」の記事における「初期(結成 - 1996年)」の解説

バンド1991年にギターボーカルのロブ・フリンが、当時ギタリストとして在籍していたスラッシュメタル・バンド「ヴァイオレンス」から音楽性の違い脱退しベーシストのアダム・デュース、ギタリストのローガン・メイダー、ドラマーのトニー・コスタンザを集め、この4人で結成したのが始まりである。その後バンド地元ライブハウスなどでのライブや、バンド自らでプロモーション活動するなど地道な活動をしていく。そんな中バンド制作した初のデモ音源ロードランナー・レコードの手渡りバンドはついにレーベル契約をすることとなる。 デビューアルバム制作することになったバンドカリフォルニアスタジオに入ることになったが、直後ドラマーのトニー・コスタンザが脱退してしまう。しかし新たにクリス・コントスを迎え入れまたアルバム制作取り掛かる。そしてコリン・リチャードソンのプロデュースのもと制作され1stアルバムBurn My Eyes(バーン・マイ・アイズ)』はついに1994年8月9日リリースされる。このスラッシュかつヘヴィアルバムは、当時世を席巻していたグルーヴ・メタル中でも非常に高い評価得ることとなり、ついにはスレイヤーなどとのツアーもこなすなどして世界にその名を轟かせて行くこととなる。その後バンドドラマーのクリス・コントスを解雇する。そしてセイクレッド・ライクメンバーであったデイヴ・マクレインを新加入させ、またもドラマー交代することになったが、難なくツアー続けライブパフォーマンスでも人気高めていく。

※この「初期(結成 - 1996年)」の解説は、「マシーン・ヘッド」の解説の一部です。
「初期(結成 - 1996年)」を含む「マシーン・ヘッド」の記事については、「マシーン・ヘッド」の概要を参照ください。


初期(1921 - 1926年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 15:07 UTC 版)

大同電力」の記事における「初期(1921 - 1926年)」の解説

大同電力1921年2月発足した当時木曽川筋に9地点矢作川筋に1地点の計10地点水利権木曽電気興業から継承し日本水力からも九頭竜川筋に2地点支流打波川筋に2地点の計4地点継承合計14地点水利権保有していた。そのうち大同発足まで完成していた水力発電所木曽電気興業2か所、日本水力1か所の計3か所で、他に木曽電気興業発電所1か所が建設中であった西勝原発電所九頭竜川福井県)、出力7,200kW、1919年6月北陸電化日本水力前身)により運転開始賤母発電所木曽川長野県)、出力1万2,600kW、1919年7月木曽電気興業により運転開始1922年3月増設工事竣工出力1万4,700kWに増強大桑発電所木曽川長野県)、出力1万1,000kW、建設中1921年8月運転開始)。 串原発電所矢作川岐阜県)、出力6,000kW、1920年12月木曽電気興業により運転開始前身各社から引き継いだ水利権のうち、大同電力はまず木曽川開発注力する方針をとった。木曽川開発にあたり同社は「一河一会社主義」を標榜木曽川水力余す所なく有効適切に利用開発する、とうたった具体的には、水量落差ともに豊富な上流部には水路式発電所を連関的に建設次いで水量は多いものの落差少な中流部にはダム式発電所設置して尖頭負荷電力ピーク)の増大に対応、最下流には逆調整発電所構えて河水を自然流量戻し一方で最上流部(支流王滝川)には貯水池起こして発電所水量調整当てる、という開発計画である。 これらの方針基づいて大同電力発足後ただちに木曽川開発着手し大正末期までに水力発電所5か所(須原桃山読書大井落合)を建設した同時に送電線延伸進め大阪では火力発電所4か所を新設あるいは買収している。

※この「初期(1921 - 1926年)」の解説は、「大同電力」の解説の一部です。
「初期(1921 - 1926年)」を含む「大同電力」の記事については、「大同電力」の概要を参照ください。


初期(1673頃〜1763頃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 01:48 UTC 版)

浮世絵師一覧」の記事における「初期(1673頃〜1763頃)」の解説

泰平の世を謳歌しつつも社会的な綻び見え始めた延宝年間から宝暦年間にかけて活躍した絵師花田内匠 繁尚 浮世又平 当世又兵衛 菱川師宣 菱川師房 菱川師永 菱川師喜 菱川師平 菱川友房 菱川師秀 菱川師盛 菱川師保 菱川師信 菱川師寿 菱川師直 菱川友章 菱川友宣 菱川政信 菱川和翁 菱川和夕 古山師重 古山師政 古山師胤 古山師継 古山伴水 古山師則 菱川さん 田村水鷗 東坡軒 富安 山崎龍女 石川流宣 杉村治兵衛 守房 橘守国 初代 鳥居清元 鳥居清信 鳥居清倍 鳥居清胤 鳥居清春 鳥居清政 (享保年間) 鳥居清忠 鳥居忠次 鳥居清朝 鳥居清朗 鳥居昌信 鳥居如昌 鳥居清満 鳥居清久 鳥居清近 鳥居房信 羽川珍重 羽川藤永 羽川和元 有賀常近 松永春門 懐月堂安度 長陽堂安知 懐月堂度繁 懐月堂度辰 懐月堂度種 懐月堂度秀 松野親信 宮川長春 宮川一笑 宮川長亀 宮川春水 宮川正幸 宮川春信 宮川長房 宮川長哉 宮川安信 小野方義 宮崎友禅 日置友尽斎 勝川薪水 柳枝軒 山本伝六 窪田政春 庄五郎 源三郎 吉田半兵衛 居初津奈女 西川祐信 西川祐尹 西川祐肖 鴨祐為 西川祐代 治信 田村貞信 奥村政信 奥村利信 奥村政房 奥村政利 奥村信房 奥村源六 信春 谷川房信 万月堂 東月堂文鶴 定月堂 艶月堂 光月堂 西村重長 山本義信 常川重信 寺井重房 石川豊信 石川豊清 石川昔信 義行 月岡雪鼎 月岡雪斎 寺沢昌次 川又常行 川又常正 川又常辰 二代目 鳥居清信 二代目 鳥居清倍 初代 鳥居清重 鳥居清舛 鳥居清経 鳥居清広 松寿 大森善清 広瀬重信 鳥居清里 藤川吉信 小川破笠 蟠龍軒 長谷川雪朝 梅翁軒永春 東川堂里風 東艶斎花翁 西川照信 西川むめ 永田照貞 上柿芳龍 空明堂信之 蜷川常勝 流草子清重 梅祐軒勝信 墨流軒 嬋毫堂俊信 流川堂枝風 万里堂東湖 小川詮茂 滝沢重信 柳月子 幽宝軒 里円堂 軒月堂 書感堂 富川房信富川吟雪鳥山石燕 東燕斎寛志 田中益信 中路定年 野々村治兵衛 絵菱屋忠七 北尾辰宣 高木貞武 井村勝吉 赤猫斎全暇 近藤清春 近藤清信 近藤勝信 川枝豊信 川島重信 川島叙清 勝川輝重 田村吉信 西河吉信 山本藤信 寿香亭吉信 龍寿長 三楽 長谷川光信 大岡道信 梅雪堂貞道 勝間龍水 穂積堂青牛 大和川錦舟 栄礎 令之 坂本兌候 書肝斎

※この「初期(1673頃〜1763頃)」の解説は、「浮世絵師一覧」の解説の一部です。
「初期(1673頃〜1763頃)」を含む「浮世絵師一覧」の記事については、「浮世絵師一覧」の概要を参照ください。


初期(1982年 - 1992年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 11:23 UTC 版)

カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の記事における「初期(1982年 - 1992年)」の解説

毎回出場者が優勝競った優勝すればグランドチャンピオン大会」に出場できた。

※この「初期(1982年 - 1992年)」の解説は、「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の解説の一部です。
「初期(1982年 - 1992年)」を含む「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の記事については、「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の概要を参照ください。


初期(2003年 - 2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 11:23 UTC 版)

カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の記事における「初期(2003年 - 2004年)」の解説

カラオケ入門コース」と「GCチャレンジコース」の2コースによる構成。 「カラオケ入門コース」は、歌に自信ないが番組出たい人が挑戦するコース伊藤薫先生が唸らせた人に「熱演賞」が贈れたが、ほとんどが該当なしの回だった。 「GCチャレンジコース」は、GCことグランドチャンピオンGrand Champion)を目指すコース270点を上回れ歌唱賞<カラオケ大賞 第5期の「スター賞」を相当する>が贈られ、その中から最高得点者がチャンピオンとなり3か月一度選抜大会が行なわれ、選出すればグランドチャンピオン大会出場できるまた、ゲストがこの回出場した全員の中から1人に「ゲスト賞」が贈られた。さらに、最高得点者が280点を上回れ視聴者ハワイ旅行プレゼントされ、のちに出した人がラッキーボックスを引き、赤玉なら出した人に、白玉なら視聴者ハワイ旅行プレゼントされる。 『カラオケ大賞21第1期得点発表は、ED前の審査発表行なわれる。ただし、「GCチャレンジコース希望出場者のみとなる。

※この「初期(2003年 - 2004年)」の解説は、「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の解説の一部です。
「初期(2003年 - 2004年)」を含む「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の記事については、「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の概要を参照ください。


初期(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 11:23 UTC 版)

カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の記事における「初期(2019年)」の解説

番組タイトル変更などと共に大幅リニューアルリニューアル概要以下のとおり2004年以来の2コース制となり、出場者は「ステップアップコース」(以下、SUコースと略す)、または「グランドチャンピオンコース」(以下、GCコースと略す)のいずれか事前に選択して参加する。「ステップアップコース」は、カラオケ初心者結果気にせずテレビ出てみたい人などを対象としている。よって採点行われずグランドチャンピオン対象外となる(歌唱後の審査員による講評はある)。一方で特典として、審査委員長独断選出された1名に対し本編収録後審査委員長とのマンツーマンレッスンを受ける権利与えられる。ただし、「当該週がGCコース参加者のみで、SUコース参加者が0人だった」「SUコース参加者がいたが、審査委員長判断、または出演者事情健康面等で、収録後に残るのが難しいなど)があるために該当者なし」のいずれかに該当する場合は、当該週はレッスンそのものがなくなる。そのレッスン模様番組最後に、「イード・ノーリオのステップアップレッスン」として、提供クレジットとともに放送される前述SUコース参加者なし・該当者なしの週はコーナー自体が行われず、提供クレジット結果発表途中で行われる)。 「グランドチャンピオンコース」は、2018年まで従来通りルールで、グランドチャンピオン目指す番組内では、略して「グラチャンコース」「GCコース」などと呼称されることもある。「トップ賞」(2018年までの「週チャンピオン」)が選抜大会進出し、そこで勝ち上がるGC大会行けることは同じである。「280点以上は、選抜大会免除GC大会出場」は継続されるが、「準優勝かつ270点以上は、敗者復活戦進出」というルール廃止されている(後述するように、そもそも準優勝自体廃止されている)。なお、後述するとおり、「グランドシニアチャンピオン」は年2回の単発企画変更となる。 セットが、ストリップ劇場風の造りとなり、中央花道ステージ配したものに変更された。応援団観客は、このステージ取り囲むように着席する司会者アシスタントについても、出場者の歌唱中は、応援団と同じ席に着席して聴くことになる。 結果発表は、SUコースGCコース全員歌唱終了後に、まとめて行われることになった最初にSUコースレッスン獲得者(または、該当者なしである旨)の発表行い次にGCコース参加者得点1人ずつ発表するGCコース全員得点発表が終わると、トップ賞表彰が行われる。なお、SUコースGCコース関係なく、トップ賞以外の人には「チバテレ賞」「熱演賞」「努力賞」などが何かしら全員与えられるが、これらの発表は「その他の賞は、ご覧のとおりです」として、1枚画面発表する形式簡素化された(2018年までは「努力賞」から1人ずつ発表していた)。「準優勝」「第3位」は廃止されトップ賞次点は「審査員賞」や「チバテレ賞」となった。「ゲスト賞」も廃止された。 歌詞間違えた場合評価厳しくなり、該当者極端に減点となる。また、歌詞間違い評価下げた旨の字幕または審査員による説明が行われるようになった歌唱前の、応援団による応援廃止された(その代わりに、風見応援団の中から1名にインタビューを行うようになった)。そのため、「応援賞」も廃止された。また詳細後述するが、応援団による「コマーシャル!」も廃止され、こちらは協力店のオーナーなどがその店舗撮影したものに変更された。 2019年5月より、通常のCMの他に、1人目と2人目の間・5人目と6人目の間など、CM以外での合間でのつなぎとして以下のものが放送されている。チバテレにおいて多くCM出稿している幸内電器産業千葉県柏市)が、同年5月より新たにスポンサーになり、通常のCMの他上記のつなぎとして同社CM何かしらパロディ形式)を放送している。2019年5月から7月『古畑任三郎』パロディ同年8月から11月TUBE名曲替え歌で、いずれも同社主力商品であるエコキュートPRするのである2019年11月からは『ウルトラファインバブル』をPRするのである前述SUコース参加者およびレッスン獲得者があまりにも少なく、イード・ノーリオの出番少ないため、同様につなぎのコーナーとしてイード・ノーリオによるワンポイントレッスン設けている(誰か指導するではなく実質著書宣伝)。こちらも料理番組パロディになっていて、伊戸著書出しながら「○○ページご覧下さい」という説明が入る。

※この「初期(2019年)」の解説は、「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の解説の一部です。
「初期(2019年)」を含む「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の記事については、「カラオケ大賞 (千葉テレビ放送)」の概要を参照ください。


初期 (1996年 - 2002年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 07:01 UTC 版)

スウィッチフット」の記事における「初期 (1996年 - 2002年)」の解説

1996年チン・アップChin Up)(上を向いて、の意)という名でフォーマン兄弟バトラーの3人で結成インディペンデントレーベルの「Re:think」との契約機にスウィッチフット改名レーベルRe:think所属中に3作発表するが、1stアルバムリリース前にRe:think」がキリスト教関連会社Sparrow Records」に買収されたため、当初コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックという狭いジャンル内でしか流通しなかった。 3作目Learning to Breathe』が成功収めRIAAからゴールド認定されグラミー賞でベスト・ロック・ゴスペル・アルバム部門ノミネートされた。 2002年映画ウォーク・トゥ・リメンバーの中でスウィッチフットの曲が多用されサントラバンドメンバー登場した。このことをきっかけスウィッチフット大手レコード・レーベルから注目を集めるようになり、争奪戦の末、コロンビア・レコーズソニーBMG契約した2004年にはインディーズ時代の3作から集めたコンピレーション・アルバム『The Early Years: 1997-2000』を発表

※この「初期 (1996年 - 2002年)」の解説は、「スウィッチフット」の解説の一部です。
「初期 (1996年 - 2002年)」を含む「スウィッチフット」の記事については、「スウィッチフット」の概要を参照ください。


初期(放送開始時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 08:55 UTC 版)

たいむ6」の記事における「初期(放送開始時)」の解説

18時を知らせ鐘の音合図に、大阪駅前にある大阪マルビル屋上当時稼働していた電ニュースが「6時です たいむ6 朝日放送テレビ」の文字を流すところを同局本社屋上カメラ(後に中之島お天気カメラ)がアップ撮影オープニングでは、そこに放送日日付曜日字幕挿入した映像流していた。 キダ・タロー作曲テーマ音楽流れ始めると、電光ニュースアップ映像徐々に大阪市内望遠映像切り替わる間に、当日ヘッドライン字幕紹介2項程度ナレーション無し)。その後に、「たいむ6 ABC」という番組タイトルロゴ表示した。このロゴは「6」の下半分の「o」の部分愛嬌のある顔に見立てたデザインで、鼻の部分午後6時を指す時計の針になっていた。 (※後続1825からの「ニュースレーダー」、1845からの「天気予報」にも、このロゴ使われた。(なお、指している時間それぞれの時間になっていた。)) タイトル出した後は、望遠レンズ大阪夕景映したまま、提供クレジット提供読み無し)→「協力 朝日新聞」の順に字幕表示。「制作 朝日放送」の字幕が映ると、テーマ音楽がちょう終了して映像スタジオ切り替わるようになっていた。スタジオ映り始めると、(放送上)キャスター後方ブラインド左右に開くことで、視聴者に再び夕景映像見え趣向になっていた。 ブラインドの奥には、クロマキー用のスクリーン設けていた。男性サブキャスターメインキャスター右側座っていたが、サブキャスター席の背後ストレートニュース用の大型モニター設けていた関係で、男性サブキャスター席をメインキャスター席から右90度の場所に配置男性サブキャスターストレートニュース伝え場合には、メインキャスター用のカメラとは別のカメラで、背後モニター一緒にワンショットで映すようになっていた。 ※マルビルからの「6時です〜」の文字は、テレビ朝日系ドラマ『西部警察 PART-Ⅲ』大阪神戸編で大きく映されている。

※この「初期(放送開始時)」の解説は、「たいむ6」の解説の一部です。
「初期(放送開始時)」を含む「たいむ6」の記事については、「たいむ6」の概要を参照ください。


初期 (2001~2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 16:01 UTC 版)

ハローグッバイ (バンド)」の記事における「初期 (2001~2004年)」の解説

バンド2001年当時ハンティントン・ビーチ高校通っていたフォーレスト・クライン(Forrest Kline)とジェッシー・カーヴィンク(Jesse Kurvink)のレコーディングプロジェクトとして始まった友人披露する程度目的意識クライン自宅パソコン使ってレコーディングをしていた。最初スカだったが徐々にポップになっていく。初め書いた曲はカーヴィンク作曲の『Bonnie Taylor Shakedown』。この曲は後のEPhellogoodbye』に収録されている。友人パークPerk)がウェブグラフィック・デザインをしていたことから、この緩やかなグループウェブサイト開きMP3.comに曲を投稿するうになる。ここでにわかに人気集めたことからフォーレストジェッシー友人に声をかけたり地元演奏する機会得ていった。設立から2年間は地元での演奏重ね隣州アリゾナ州への遠征や、アリゾナ州ニューメキシコ州テキサス州をピーチケーキ(Peachcake)と共にツアーする等の活動行ったこの間デモTシャツ作成ウェブサイト通したプロモーション積極的に行う。 2003年ポップ・パンク専門レーベルDrive-Thru Records契約する結成からDrive-Thru Recordsとの正式契約までの間に幾度もメンバー交代している。現在セイ・エニシングのパーカー・ケース(Parker Case)が当初ドラム入っていたが、2001年にアーロン・フローラ(Aaron Flora)と交代。また当初ベース友人ポール・ホワイト(Paul White)だったが、脱退したため2002年にマーカス・コール(Marcus Cole)に交代する。さらにDrive-Thure Records契約後、ドラムフローラ大学進学のため脱退し、現ドラム クリス・プロフェタ(Chris Profeta)と交代2007年にはベースコール脱退したため、クライン長年友人トラビス・ヘッド(Travis Head)が加入

※この「初期 (2001~2004年)」の解説は、「ハローグッバイ (バンド)」の解説の一部です。
「初期 (2001~2004年)」を含む「ハローグッバイ (バンド)」の記事については、「ハローグッバイ (バンド)」の概要を参照ください。


初期 (1895-1914)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/25 16:10 UTC 版)

ジュピラー・プロ・リーグ」の記事における「初期 (1895-1914)」の解説

ベルギーサッカーにおいて最初リーグ戦は1895-96に7チームによる総当りトーナメントとして実施された。7チームアントワープFCFCブルジョワFCリエジョワ、RC・ド・ブリュッセル、レオポール・クラブ・ド・ブリュッセル、SC・ド・ブリュッセル、ユニオン・ディクセルである。最初のベルギーチャンピオンに輝いたのはFCリエジョワだった。ベルギーサッカーにおける最初の8タイトルFCリエジョワとRC・ド・ブリュッセルによって独占された。当時昇格・降格システム存在しなかったが、下位の2クラブFCブルジョワとユニオン・ディクセル)は脱退し新たなクラブ加わった(アスレティック・アンド・ランニング・クラブ・ド・ブリュッセル)。1896-97終了後SC・ド・ブリュッセルが脱退したことにより、1897-98はわずか5クラブによって行われた。1898-99および1899-1900シーズンサッカー協会トップレベル2つリーグと2レグ制の決勝戦からなるフォーマット導入した。1900-01に一旦、9クラブによる1リーグ制戻った後、1901-02から1903-04シーズンまで再び2リーグ制用いられ今度は両リーグの上位2チームずつが決勝ラウンド進んだ。1904-05シーズン11チームによる1リーグ制実施された。アスレティック・アンド・ランニング・クラブ・ド・ブリュッセルはこのシーズン脱退し、1906シーズン以降、セカンドディビジョンの優勝チームファーストディビジョン最下位チーム入れ替わる昇格・降格システム導入された。 1899-1900から1902-03シーズンまでRC・ド・ブリュッセルが4連覇した直後、1906-07シーズンまでユニオン・サン=ジロワーズが4連覇した。つづく3シーズンも両クラブ優勝したが、1910-11シーズンCSブルジョワライバルFCブルジョワを1ポイント上回って初優勝した。1907-08シーズン終了後ファーストディビジョンチーム数が10から12へと増やされた。プロモシオンに優勝したRCド・ガン準優勝ESCフォレスト昇格しファーストディビジョンからの降格はなかった。第一次世界大戦近付いたこの頃、デアリング・クラブ・ド・ブリュッセルがチャレンジャー地位確立し、1911-12・1913-14シーズン優勝した。この時期ユニオン・サン=ジロワーズのみが彼らと渡り合うことができ、1912-13シーズン得失点差により優勝した

※この「初期 (1895-1914)」の解説は、「ジュピラー・プロ・リーグ」の解説の一部です。
「初期 (1895-1914)」を含む「ジュピラー・プロ・リーグ」の記事については、「ジュピラー・プロ・リーグ」の概要を参照ください。


初期(-1907)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 15:28 UTC 版)

ガブリエレ・ミュンター」の記事における「初期(-1907)」の解説

美術学校ファランクス」でカンディンスキーのもとに絵画勉強続けたミュンターは、多く彼から影響受けたカンディンスキーの反アカデミー姿勢から、積極的に野外外光のもとで制作行った。これは印象派流れを引くものである夏季講習でのミュンター鉛筆スケッチは、風景シンプルな輪郭線で捉えており、彼女の才能うかがわれる。またこの時期木版画技術瞬く間体得し盛んに制作した油彩では、ペインティング・ナイフ用いてカンバス厚め絵具置いていく技法ミュンター描いているが、これはカンディンスキー通して美術学校学生たちに広まった後期印象主義様式であったミュンターはこの技法風景街並み描いた。彼女の「つぎはぎのようなマティエール は、一度描かれている対象をばらばらに解きほぐしペインティング・ナイフ使って調合され絵具肌理の細かいレリーフ状のものを新たに作り上げている。またミュンターくすんだ色調増やすことで、この技法洗練させた。

※この「初期(-1907)」の解説は、「ガブリエレ・ミュンター」の解説の一部です。
「初期(-1907)」を含む「ガブリエレ・ミュンター」の記事については、「ガブリエレ・ミュンター」の概要を参照ください。


初期(1982-1986)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/01 14:11 UTC 版)

D.R.I.」の記事における「初期(1982-1986)」の解説

1982年5月2日テキサス州ヒューストンにて結成されるメンバーSpike CassidyギターKurt BrechtボーカルEric BrechtドラムDennis Johnsonベースというラインナップだった。 最初は主にKurtEricの家で練習行いその際彼らの父親があまりの騒音に対してDirty Rotten Imbeciles!(汚く腐れきった馬鹿ども)」と怒鳴ったことがバンド名の由来)、結成2ヶ月後に初ライブ行った同年11月には1stアルバム「The Dirty Rotten EP」をリリースする1983年にはサンフランシスコ拠点移し車で寝泊まりして生活する。しかし、ベーシストDennis Johnsonテキサス帰るため脱退バンド後任としてSebastion Amokを迎えるも、デッド・ケネディーズとのツアー後にまたもベーシスト交代しJosh Pappeがメンバーとして加入する1984年にはEP盤の「Violent Pacification」をリリース。夏のツアー後にはドラマーEric結婚したために脱退してしまうが、Felix Griffin後任迎え入れ活動続けていく。一方で同じ年には彼らの曲'Snap'が、クラスやD.O.A.、デッド・ケネディーズ、M.O.D.といった当時ハードコア・パンクパンクの有名バンド参加したコンピレーションアルバムに入ることになるという飛躍の年だった。 翌1985年バンド2ndアルバムDealing With It」をリリースしツアーに出る。アルバム制作中にJosh Pappeが一時脱退しMikey Offender代わるが、曲を覚え時間がなかったためベースギタリストスパイク弾いている。その後すぐにまたJosh Pappeに戻っている。このアルバムから後の彼らのスタイルとなるハードコア・パンク中にスラッシュメタル要素含んだクロスオーバー・スラッシュ傾向見られるようになった

※この「初期(1982-1986)」の解説は、「D.R.I.」の解説の一部です。
「初期(1982-1986)」を含む「D.R.I.」の記事については、「D.R.I.」の概要を参照ください。


初期(明治元年 - 明治20年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 06:28 UTC 版)

古町 (花街)」の記事における「初期(明治元年 - 明治20年)」の解説

明治元年1869年11月19日 - 新潟港開港外国船との貿易開始される明治7年1874年3月 - 貸座敷規則芸妓規則遊女規則布達される。 明治8年1875年8月28日 - 三代目市山七十朗が逝去明治9年1876年) - 四代目市山七十世が、金比羅金比羅神社隣の永楽座で三代目市山七十朗の一周忌追善舞踊会を開催する新潟における最初舞踊公演会)。 明治12年1879年2月 - 「新潟花かがみ」が刊行される明治12年1879年6月 - 芸妓貸座敷への同居禁ずる布達があり、芸妓遊女別居する。(新潟の花街における、芸妓置屋起源明治13年1880年) - 味方ねん(四代目市山七十世)が遊芸師匠鑑札下付願い出て許可される当初古町通8番町貸座敷五泉屋の広間借りて指導、「五泉屋きち」が最初弟子となる。その後鈴木長蔵荒川太二らが古町通9番町稽古場付き住居を提供。市山流新潟定着する明治14年1881年8月 - 九代目市川團十郎流祖とする市川流名取となって市川流市川登根」の看板掲げていた舞踊師匠市川登根が、古町通1番町新明神社門弟氏名記録した桐板の額を献額する式を挙げる明治18年1885年9月7日 - 新潟県南魚沼郡清水村(現・南魚沼市清水)の清水峠から関東通じ国道清水越新道」が開通新潟県篠崎五郎開通終了後参列した北白川宮能久をはじめ、山縣有朋内務卿一行新潟区白山公園内階楽館に招待。その余興として古町雛妓8人による御前演舞が行われる。 明治19年1886年8月 - 初代萬代橋開通四代目市山七十世がこれを祝って作った曲である「新潟十景の内-渡り初め開化の賑ひ-」をお披露目する。その後まもなく「庄内屋しん」が柳原前光身請けされる

※この「初期(明治元年 - 明治20年)」の解説は、「古町 (花街)」の解説の一部です。
「初期(明治元年 - 明治20年)」を含む「古町 (花街)」の記事については、「古町 (花街)」の概要を参照ください。


初期(昭和元年 - 昭和20年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 06:28 UTC 版)

古町 (花街)」の記事における「初期(昭和元年 - 昭和20年)」の解説

昭和4年1929年8月 - 二代目の隣に鉄筋コンクリート三代目萬代橋竣工昭和7年1940年) - 坂井サイ市川流市川仲子内弟子として入門昭和8年1933年) - 市山流東京明治座で「市山研踊会東公演」を開催昭和10年1935年) - 新潟市産業組合11月7日から10日にかけて、新潟花街総力結集した「舟江をどり」を開催振り付け市山流五代目市川七十世と市川流市川仲子担当。しかし、昭和11年1936年)の二・二六事件発生日独防共協定締結昭和12年1937年)の日中戦争の勃発などにより1回開催中止となる。 昭和12年1937年) - 盧溝橋事件発生花街歌と踊り事変色に染まる。 昭和15年1940年) - 新潟県当局カフェバーなどの風俗営業新規開業禁止営業時間制限するなど花街への取り締まり強化される昭和15年1940年) - 市川流市川仲子内弟子である坂井サイが、「藤間」の名を許される昭和16年1941年) - 真珠湾攻撃太平洋戦争大東亜戦争)が開戦昭和19年1944年2月25日 - 「決戦非常措置要綱」により、芸妓置屋芸妓などが休業芸妓連、女子挺身隊員として作業従事昭和20年1945年8月11日 - 原爆疎開により新潟市無人となる。 昭和20年1945年8月15日 - 玉音放送放送され終戦迎える。 昭和20年1945年9月24日 - 米軍新潟市進駐し、新潟市公会堂師団司令部を置く。

※この「初期(昭和元年 - 昭和20年)」の解説は、「古町 (花街)」の解説の一部です。
「初期(昭和元年 - 昭和20年)」を含む「古町 (花街)」の記事については、「古町 (花街)」の概要を参照ください。


初期(1621年–1639年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 01:22 UTC 版)

デンマーク領インド」の記事における「初期(1621年1639年)」の解説

初期の植民地は、管理投資が不十分で、デンマークから派遣されすべての貿易船のうち、ほぼ3分の2失われたため苦境にあった帰還できた船は積荷利益上げたが、それでも総利益冒険航海費用はるかに下回った 。さらに植民地地勢的にも脆弱で、道路、家、管理棟市場などの建築物高潮によって繰り返し破壊された 。当初イギリスオランダ貿易業者にとって代わることを意図していたが、会社悲惨な財政状態三十年戦争国家資源振り向けられるようになったことで、植民地本国との直接貿易のための努力放棄し代わりにベンガル湾での中立的かつ第三者的な運送事業者徹した1625年までに、この地域で最も重要な対外貿易港であるマチリーパトナム現在のアーンドラ・プラデーシュ州クリシュナ県)に商館設立された。ピピリ(英語版)とバーレーシュワルいずれもオリッサ州)には小規模な貿易事務所設立された。それにもかかわらず1627年までに植民地財政状態は非常に悪く、船は3隻しか残っておらず、ナーヤカ約束した年貢支払うことができず、地域では緊張高まっていた。デンマーク=ノルウェーは、費用負担せずに自分たちの国の海軍力ただ乗りしていると思われていたため、イギリス人オランダ人貿易業たちから疎まれていた。それにもかかわらず、彼らは、ヨーロッパで行われている戦争へ外交的な影響考慮する必要があったので、デンマーク=ノルウェー貿易粉砕することができなかった 。 1640年デンマーク=ノルウェーは、ダンスボー砦をオランダに売却しようとした2度目1642年デンマーク=ノルウェー植民地ムガル帝国宣戦布告行いベンガル湾で船を襲撃し始めた数ヶ月以内に、彼らはムガル皇帝の船の1つ捕獲し艦隊組み込み(Bengali Prize改名)、積荷トランケバル売り払ってかなりの利益得た 1643年-会社取締役会によってコペンハーゲン植民地新しリーダー任命されたウィレム・レイル(Willem Leyel)が帆船Christianshavn乗って到着オランダとスウェーデンデンマーク=ノルウェー宣戦布告 1645年デンマーク=ノルウェー各地商館オランダに制圧されていったナーヤカ小規模な部隊派遣してトランケバル攻撃した 1648年植民地後ろ楯であったクリスチャン4世死去デンマーク東インド会社破産

※この「初期(1621年–1639年)」の解説は、「デンマーク領インド」の解説の一部です。
「初期(1621年–1639年)」を含む「デンマーク領インド」の記事については、「デンマーク領インド」の概要を参照ください。


初期(1915-1937)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 09:04 UTC 版)

サッカーバスク代表」の記事における「初期(1915-1937)」の解説

1915年にはスペイン北部バスク州カンタブリア州出身選手集められた「スペイン北部選抜」(Team North)が組織された。マドリード開催され大会でカタルーニャ選抜1-0破りスペイン中部選抜引き分けた1916年5月北部選抜FCバルセロナ2度対戦しアウェーでは3-1で、ホームでは5-0勝利した1922年カンタブリア州側が北部連盟からビスカヤ連盟への改名拒否したため、バスク州カンタブリア州それぞれ単独選抜チーム結成した1930年1931年バスク地域呼び名のひとつでもある「バスコニア」(Vasconia)というチーム名称で、カタルーニャ選抜と2試合戦ったアウェームンジュイックでは1-0勝利しホームビルバオでは3-2勝利した

※この「初期(1915-1937)」の解説は、「サッカーバスク代表」の解説の一部です。
「初期(1915-1937)」を含む「サッカーバスク代表」の記事については、「サッカーバスク代表」の概要を参照ください。


初期(1961年 - 1981年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/15 19:13 UTC 版)

フランス国立宇宙研究センター」の記事における「初期(1961年 - 1981年)」の解説

第二次世界大戦終盤以降ロケットに関するドイツ技術同盟諸国関心集めようになった各国最大限技術情報収集しV2ロケット開発に加ったドイツ人技術者協力要請しようとしたフランスではヴェロニク観測ロケット結実する最初ロケット開発する任務が、LRBA(Laboratoire de Recherche Balistiques et aérodynamiques、弾道学空気力学研究所)に課せられた。科学者軍人もこの開発熱意示した冷戦スプートニク衛星打ち上げド・ゴール将軍独立主義政策という背景があり、宇宙開発はやがて政府優先政策一つになった1959年に、フランス宇宙活動統括するCRSComité de Recherche Spatiale、宇宙開発研究委員会)が創設された。同年航空宇宙産業界によって設立されSEREBミサイル開発管理機関)は、宝石 (Pierres Précieuses) 計画フランス最初衛星打上げロケット、「ディアマン」の開発成功する。ここに至って真の宇宙開発計画統括推進する機関が必要となり、フランス国立宇宙研究センターCNES)が公共機関として、1961年12月19日創立される。その一番の使命は、フランス宇宙大国として米ソ肩を並べることだった。この使命1965年11月26日アマギール宇宙センターからフランス初の人工衛星アステリックス」の打ち上げ成功によって達成される1961年から1981年に至るまでの期間、CNES欧州の宇宙開発索引した。この間、他の欧州国が手をこまねいていたのに対してCNES打ち上げロケット人工衛星発射設備運用センター地上局ネットワーク研究施設など、宇宙開発計画不可欠な基幹施設整備した。これに対応してフランスには競争力のある活発な宇宙産業育まれた。80年代CNES欧州宇宙機関ESA)の設立に力を尽くし、その為にアリアンロケット開発した。そして、ESA重要な機関になり、多様な国際計画委託を受けるようになったCNESESAに於いてフランス代表し、それ自体はより実用指向野心的な国家プログラム活動重点を置くようになった

※この「初期(1961年 - 1981年)」の解説は、「フランス国立宇宙研究センター」の解説の一部です。
「初期(1961年 - 1981年)」を含む「フランス国立宇宙研究センター」の記事については、「フランス国立宇宙研究センター」の概要を参照ください。


初期(1989-1999)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 01:47 UTC 版)

フェリー・コーステン」の記事における「初期(1989-1999)」の解説

フェリー・コーステン16歳のときに初めCD出して以来数多く変名のもとでプロデュースリミックス行ってきたが、公式にミュージシャンとしての仕事始めたのは彼が27歳のときだったティーンエイジャーの頃、フェリーはしばし父親蓄音機使ったり、初めての鍵盤楽器を買うための資金蓄えるべく車洗いバイト行った近所の子供リミックスしたテープ売ったりした。後に彼は友人一人ライブパフォーマンス始め1989年には"De Grote Prijs van Nederland"賞を初め受賞した最終的に16歳のときに、数名友人とともにレコード出しロッテルダムにいた1990年代自分制作したCDリリース始めたこの頃アンダーグラウンドハードコアテクノ一種であるガバミュージシャンの曲をプロデュースしだしたが、プロデュース範囲クラブ・ミュージックハウス・ミュージックさらにはトランス・ミュージックまでに広がっていった。 ムーンマンの変名リリースしたシングル"Don't Be Afraid"は初めチャートインし、この作品きっかけフェリー作曲家としてのスタート踏み切った1997年、コーステンとパートナーのロバート・スミットは、オランダダンス・ミュージック専門に扱うレコード会社Purple Eye Entertainment b.v.の子会社としてツナミというダンス・ミュージックレーベル設立した。この関係によってポーラー・ステートというレコード会社の設立可能になった。フェリー・コーステン電気技師になるための勉強をし、技術学校でより高度な技術教育受けた

※この「初期(1989-1999)」の解説は、「フェリー・コーステン」の解説の一部です。
「初期(1989-1999)」を含む「フェリー・コーステン」の記事については、「フェリー・コーステン」の概要を参照ください。


初期(2007年 - 2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 05:35 UTC 版)

ジェイク・ザイラス」の記事における「初期(2007年 - 2009年)」の解説

2007年6月に『リトル・ビッグ・スター』の映像見た音楽プロデューサーが、デモレコーディングをする為にスウェーデンレコード会社に彼を招いた。彼はそこで、6曲のカバー曲と『アメージング』というオリジナル曲レコーディングした。 『リトル・ビッグ・スター』の決勝進出者韓国のタレントショー『スター・キング』に招待されることになっていた。その2007年10月13日放送回出演した彼は『アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング』を熱唱。またスーパージュニアキュヒョンディズニーアニメ『アラジン』テーマソングA Whole New World』をデュエット。この映像YouTube見たエレン・デジェネレス自身番組『エレンの部屋』ジェイクゲストとして招待した。彼は初めアメリカ行き同年12月19日放送回出演して『アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング』と『オールウェイズ・ラヴ・ユー』を歌った同年12月28日ジェイクは『スター・キング』に「最も視聴者からのリクエスト多かった外国人アクト」として再び出演しグロリア・ゲイナーの『アイ・ウィル・サヴァイヴ』を歌いまた、リナ・パークと、ホイットニー・ヒューストンの『オールウェイズ・ラヴ・ユー』をデュエット歌った2008年1月フィリピングロリア・マカパガル・アロヨ大統領との面会の為、マラカニャン宮殿招待された。同年4月8日に、イングランドロンドンの番組『ポール・オグレーディ・ショー』にゲスト出演し、再び国際的なメディア登場した2008年5月フィリピンでのデビュー・アルバム『シャリース』発売された。新曲6曲とバッキング・トラック6曲を収録したミニアルバムであり、同年10月フィリピンゴールドディスク2009年にはプラチナディスク認定受けた2008年5月12日トーク番組オプラ・ウィンフリー・ショー』の企画World's Smartest Kids」に出演しホイットニー・ヒューストンの『アイ・ハブ・ナッシング』を歌った番組司会者オプラ・ウィンフリージェイク為に何か出来ないかと思い番組終了後音楽プロデューサーデイヴィッド・フォスターに連絡をとった。ウィンフリーの導きにより、同年5月17日コネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・アンド・カジノのMGMグランドで彼は初めフォスター会った。 彼は同年5月23日開催されフォスターのトリビュートコンサート「ヒットマン:デイヴィッド・フォスター・アンド・フレンド」に出演し国際的なコンサートステージデビューを果たしたステージで映画『ボディガード』のサウンドトラックメドレーと『アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング』を歌った。このコンサートのCD/DVDは同年11月11日発売された。また、コンサート模様PBSを含む公共テレビ放送網数回放送された。 上記コンサート出演者1人ジェイク憧れているテノール歌手アンドレア・ボチェッリがいた。ボチェッリはジェイクとのデュエット興味示し同年7月20日彼の故郷イタリアトスカーナで開かれる誕生日コンサート「シネマ・トリビュート」に彼を個人的に誘った。彼は8,000人以上の観客の前で『ザ・プレア』をデュエット歌った同年9月6日にはオランダのフェイエノールト・センテニアル・アニバーサリーでのステージ誘われた。当日彼は約5万人のサッカーファン目の前にしてチーム為にユール・ネヴァー・ウォーク・アローン』を歌った同年9月9日トーク番組オプラ・ウィンフリー・ショー』の「ドリームズ・カム・トゥルー」というエピソードゲスト出演した際に、ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と称された。ジェイクデイヴィッド・フォスターピアノ演奏セリーヌ・ディオンの『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』を歌ったパフォーマンス後、サプライズディオン中継番組出演ジェイク驚かせた。ディオンは、自身コンサートツアー「テイキング・チャンシズ・ツアー」の一部として、ニューヨーク市マディソン・スクエア・ガーデン特別なデュエット歌おう、と彼を誘った同年9月15日ディオンコンサートで、『ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー』をデュエット歌った。このパフォーマンスは『ニューヨーク・ポスト』と『ニューヨーク・タイムズ』に絶賛された。また、オプラ・ウィンフリー・ショー』の9月19日放送回でも取り上げられた。 同年11月に、デイヴィッド・フォスタートリビュートアルバムヒットマン:デイヴィッド・フォスター・アンド・フレンド』の宣伝の為、テレビ番組グッド・モーニング・アメリカ』にフォスター一緒にゲスト出演した。彼はスタジオで映画ボディーガードメドレーと『アイ・ウィル・サヴァイヴ』を披露した

※この「初期(2007年 - 2009年)」の解説は、「ジェイク・ザイラス」の解説の一部です。
「初期(2007年 - 2009年)」を含む「ジェイク・ザイラス」の記事については、「ジェイク・ザイラス」の概要を参照ください。


初期 (2005 - 2006)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 17:15 UTC 版)

チョ・チュク・モ」の記事における「初期 (2005 - 2006)」の解説

2005年夏香港のメタルバンド League of HeroesJan Curious香港バンド「家課」のMike Orangeスタジオでジャムセッションきっかけサイドプロジェクト始める。ガールロックバンドHard CandyYanyan Pangベースに、ロックバンドのInnisfallenのCheong Hoドラム迎えChochukmo結成当時レパートリーにはパンクガレージロック影響見られる2006年春Mike Orange個人的な理由プロジェクトを去る。

※この「初期 (2005 - 2006)」の解説は、「チョ・チュク・モ」の解説の一部です。
「初期 (2005 - 2006)」を含む「チョ・チュク・モ」の記事については、「チョ・チュク・モ」の概要を参照ください。


初期(1994-1996)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 03:25 UTC 版)

グループGT1 (1990年代)」の記事における「初期(1994-1996)」の解説

1992年FIAスポーツカー世界選手権終了に伴い行われることになったBPRグローバルGTシリーズは、ユルゲン・バルト、パトリック・ピーター、ステファン・ラテル(シリーズオーガナイザーBPRの名前を形成する姓)によって、設立され4時間の耐久レースチャンピオンシップ。 元ルマン優勝者のバルトポルシェのカスタマーコンペティション部門マネージャーであり、ピーター評判の高いレースプロモーターであり、ラテルヴェンチュリーGT1プロジェクトエグゼクティブ/投資家であった。このシリーズには4つカテゴリー、つまりGT1〜4まであり、それぞれの番号減少することは、技術規制自由度が増すことを意味した1994年 この年ルマン優勝したダウアーポルシェ・962LMはクラスこそLMGT1であったが、グループCカー962Cベースストリート仕様仕立てて車両公認取得しレース出場した94年旧型グループCカー出走可能であったが、ACO将来的LMGT1主流にすべく規則面で大きな恩恵与えていた。GT1クラス変質兆しがすでに表れていた。 1995年 2シーズン目のBPR GT主導権握ったのは、マクラーレン・F1GTRであった。ジェントルマンドライバーの要望を受ける形でレース仕様のF1GTRを94年から供給開始し95年BPR GT主役となった95年ルマン24時間レース優勝し、かつてシリーズグリッドを支配していたポルシェ964型の911カレラRSRに取って代わった。さらに、かつてプライベーター対象としていたチャンピオンシップにもプロチーム参加し始めたため、コスト大幅に増加した。 さらにチャンピオンシップ成長しマクラーレンF1 GTR新しポルシェ・911/993をベースにしたポルシェ911GT2Evoなど、GT1クラスメーカーからマシン流入によりチャンピオンシップグリッド拡大1996年 ポルシェ正式なGT1マシンとして911ミッドシップ化したポルシェ・911GT1開発したポルシェファクトリーチームを数ラウンド送った911GT1は、見た目ポルシェ・962であったため、パドックではもっぱらルール精神反して構築されたと考えられていた。しかしフロントセンター部は911タイプ993ボディ流用しており 、ポルシェ911GT1市販車25生産し正式なGT1車両公認取得してBPR GTにも参戦している。

※この「初期(1994-1996)」の解説は、「グループGT1 (1990年代)」の解説の一部です。
「初期(1994-1996)」を含む「グループGT1 (1990年代)」の記事については、「グループGT1 (1990年代)」の概要を参照ください。


初期 (1909-1935)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:14 UTC 版)

レバンテUD」の記事における「初期 (1909-1935)」の解説

1909年、ラ・マルバリョーサのレバンテ海岸から名を取りレバンテFC英語版)として設立された (2009年9月9日創立100周年記念)。レバンテFCバレンシアサッカークラブ草分け存在のひとつである。現在のローカルライバルであるバレンシアCFはまだ誕生していなかったが、バレンシアではカバニャルFC1903年から活動していた。グラウンド所有者である香水業者計画で、造船所近くのラ・プァトゥヘタでカバニャルFCとの初試合が行われた。次に使われグラウンド湾岸区域で、クラブ徐々に労働者階級と結びつけられ考えられるようになっていった。1919年には同年設立されバレンシアCF初対戦し、0-1敗れた。この試合はアルヒロス地区完成した新しグラウンドお披露目試合であった1928年にはバレンシア州選手権初優勝し、クラブ初のタイトル獲得した

※この「初期 (1909-1935)」の解説は、「レバンテUD」の解説の一部です。
「初期 (1909-1935)」を含む「レバンテUD」の記事については、「レバンテUD」の概要を参照ください。


初期(1922 - 25)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 19:53 UTC 版)

東方文化事業」の記事における「初期(1922 - 25)」の解説

1922年3月30日:「対支文化事業特別会計法」が制定公布1923年5月勅令209号「(外務省)対支文化事務局官制公布局長出淵勝次亜細亜局長)、事務官岡部長景など。 1923年12月20日勅令527号により「対支文化事業調査会設置会長幣原喜重郎外務大臣)、委員には松平恒雄外務次官)・服部宇之吉東京帝大教授)・入沢達吉(同)・狩野直喜京都帝大教授)・大河内正敏貴族院議員理化学研究所所長)など学界政界財界広範な人物含まれていた。 1923年12月29日 - 1924年1月8日:出淵局長汪栄宝駐日公使非公式協議日中共同文化事業として実施することに合意(汪・出淵協定)。 1924年末:外務省対支文化事務局を「文化事業部」と改称1925年5月4日芳沢謙吉公使沈瑞麟外交部総長交換公文により事業の実施機関として「東方文化事業委員会」を北京設置することが決定

※この「初期(1922 - 25)」の解説は、「東方文化事業」の解説の一部です。
「初期(1922 - 25)」を含む「東方文化事業」の記事については、「東方文化事業」の概要を参照ください。


初期 (1993年 - 1998年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 01:43 UTC 版)

グラスジョー (バンド)」の記事における「初期 (1993年 - 1998年)」の解説

バンドはパルンボとベックキャンプ出会った後の1993年の夏に結成された。バンド名についてベックはこう述べる。「俺たちにはバンド名の候補リストがあって、その中でどれが最もクールかという点だけで選ぼうとしていた。当時マウスピース(mouthpiece)やカーブジョー(curbjaw)といった二つ単語組み合わせたバンド多く存在していて、そこで最初に目に留まったのがスウィフトキック(Swiftkick)だった。本当のところ、俺はどれでも良かっただけれど、それだと少しばかりダサいってことで、結局はグラスジョー落ち着いた。そこに特別な理由は無いよ。ただ響きクールだったというだけで。」1994年バンド最初ライヴニューヨーク州オーシャンサイドにて行う。バンド活動初期ベックとウェインストックはユダヤ系ストレート・エッジメタルコアバンドであるサンズ・オブ・アブラハム(Sons of Abraham)としても活動していた。ここでの活動グラスジョーにも多大な影響及ぼしており、1stアルバム収録された「Hurting and Shoving (She Should Have Let Me Sleep)」はサンズ・オブ・アブラハムにて初期に書かれた曲である。同時期、パルンボも自身のストレート・エッジバンドXbustedXとしての活動掛け持ちしていた。ニューヨークのハードコアシーンで活動していた頃のバンドメンバーチェンジ頻繁に行っており、初期のベック担当楽器ドラムであったが、1998年にアリエル・テルフォードが脱退するベース転向し1999年にクリス・バルドウィンが脱退し、マニュエル・カーレロが加入するリードギター転向した1994年から1999年の間、バンド数回亘ってデモレコーディングしており、その中の曲はいくつか後にリリースされる作品収録されているが、そのまま日の目を見なかった曲も多い。1997年レコーディングされ、彼らの名前を一躍有名にした5曲入りEPキス・キス・バン・バン』は同年に2センツ・ア・ポップ(2 Cents a Pop)レーベルからインディーズリリースされ、後の2001年にはレーベル介さず再発売された。このEP収録されている「Star Above My Bed」は現在でもセットリスト加えられる人気が高い。1999年にドン・フューリーを迎えて行われたレコーディングは、後にリリースされるデビューアルバムエヴリシング・ユー・エヴァー・ウォンテッド・トゥ・ノウ・アバウト・サイレンス』に収録されることになる曲を多く含んだ重要なものとなった

※この「初期 (1993年 - 1998年)」の解説は、「グラスジョー (バンド)」の解説の一部です。
「初期 (1993年 - 1998年)」を含む「グラスジョー (バンド)」の記事については、「グラスジョー (バンド)」の概要を参照ください。


初期(中国航空戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:08 UTC 版)

一式戦闘機」の記事における「初期(中国航空戦)」の解説

1942年半ば一式戦装備する飛行24戦隊および独立飛行10中隊中国戦線投入された。7月30日、第24戦隊27機・独飛1012機の計39機の一式戦広東出撃衡陽飛行場攻撃10機のP-40Eと交戦する戦果無く1機を喪失以降31日8月5日8日空戦結果は、P-40E 1機撃墜(第75戦闘飛行隊マイナー少尉機)に対し一式戦6機喪失完敗終わった(この一式戦喪失6機のうち3機は急降下追撃中の無理な引き起こしによって生じた空中分解事故よるものである)。また、在中国のアメリカ陸軍航空軍P-40フライング・タイガース(AVG)時代から、日本軍機が得意とする格闘戦には応じなかったことも要因であった7月4日フライング・タイガース(AVG)は解散し中国・ビルマ・インド方面(CBI戦域)を担当するアメリカ陸軍航空軍10空軍隷下正規軍たる中国航空任務部隊(CATF)に編入されている 南方移動した24戦隊替わり9月10日、第33戦隊一式戦装備)が広東進出アメリカ軍活動低調なため久しぶり空戦となった10月25日香港飛来しB-25 12機・P-40 7機と第33戦隊一式戦交戦喪失無しB-25 1機(第22爆撃飛行隊オーラーズ大尉機)・P-40 1機(第76戦闘飛行隊シアー中尉機)を、28日には哨戒中の一式戦2機が爆装P-40 10機を攻撃し1機を撃墜(第75戦闘飛行隊オコンネル大尉機)、第33戦隊損害無し一方的に3機を撃墜し24戦隊初戦雪辱果たした。独飛10中はこの頃25戦隊改変されている。 11月2日、第33戦隊生井清大尉機がP-40E 1機を撃墜レーシー少尉機)、これは以後中国・ビルマ・ニューギニア・フィリピンの各航空戦転戦する歴戦エース初撃墜戦果である。23日天河飛行場来襲した第76戦闘飛行隊P-40迎撃するため緊急離陸であった25戦隊一式戦2機が撃墜された。以降、3か月間中戦線では長らく大きな空戦おこっていない。

※この「初期(中国航空戦)」の解説は、「一式戦闘機」の解説の一部です。
「初期(中国航空戦)」を含む「一式戦闘機」の記事については、「一式戦闘機」の概要を参照ください。


初期(ソロモン、ニューギニア航空戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:08 UTC 版)

一式戦闘機」の記事における「初期(ソロモンニューギニア航空戦)」の解説

1942年末、ソロモン諸島およびニューギニア方面アメリカ軍反抗により非常な苦戦強いられていた。1943年1月陸海軍協定を結び、ガダルカナル島将兵救出のため撤収作戦開始する事となった。 この方面はもとはラバウル航空隊等で知られる海軍航空部隊専任担当地域であったが、その苦戦により海軍上層部陸軍航空部隊に対し陸軍戦闘隊の増援嘆願陸軍はこれを了承しラバウルへ第12飛行団隷下2個飛行戦隊)の一式戦100派遣決定1942年12月18日にはその第一陣として一式戦一型(キ43-I)57機を装備する第11戦隊がラバウル進出した第11戦隊は部隊マーク稲妻描きノモンハン航空戦活躍した稲妻部隊」として知られる名門部隊であった。 この第12飛行団(第1戦隊第12戦隊)はビルマ航空戦を戦う第3航空軍から抽出されており(さらに第50戦隊・第64戦隊下士官操縦者4名・一式戦4機を第12飛行団供出)、ソロモンニューギニア方面での海軍へ協力のために陸軍の3航軍は一挙に100機近い戦闘機兵力空中勤務者・地上勤務者共引き抜かれ以後作戦展開に支障きたしている 現地海軍航空部隊零戦苦戦していたB-17をさして「零戦の20mmで落ちないものが、(一式戦の)13mmで落ちるはずがない」と冷笑していたが、第十八号作戦地上部隊増援輸送作戦発動初日1943年1月5日第11戦隊第2中隊一式戦日本軍船団攻撃飛来した第43・第90爆撃航空群のB-17 6機とB-24 6機と交戦、2機を喪失(1名生還・1名戦死)するも1機のB-17Fを確実に撃墜、さらに第11戦隊は第五八二海軍航空隊零戦2機との協同戦果として1機のB-17Fを撃墜(第43爆撃航空ジャック大尉機・リンドバーグ少佐機)。以降10日まで第11戦隊は船団掩護行い6機ないし7機を撃墜(B-17E/F 2機ないし3機・B-24D 1機・B-25D 1機・P-38F 1機)、空戦13機を喪失する来襲する延べ320余りもの連合軍機を次々と撃退し喪失輸送船を1隻にとどめ十八作戦成功終わった1月9日、頭号戦隊たる第1戦隊ラバウル進出27日補充機を受領し戦力回復した第11戦隊と、第1戦隊一式戦69機は末期ガダルカナル島の戦いにおいて完全撤退中(ケ号作戦)の地上部隊支援するため、飛行45戦隊九九双軽9機とともにガダルカナル島攻撃。この空戦においてアメリカ陸軍および海兵隊戦闘機24機と交戦一式戦は6機を喪失するも7機を撃墜した戦果内訳P-38 2機・P-40 2機・F4F 3機、第339戦闘飛行隊および第112海兵戦闘飛行隊)。なお、この2日前の25日海軍零戦72機が一式陸攻12とともにガ島攻撃しているが、5機を喪失し撃墜戦果無し一方的な敗北喫していた。31日第11戦隊の一式戦は第112海兵戦闘飛行隊F4F 8機と交戦し2機を喪失、2機を撃墜2月1日第一次撤退日は九九双軽を掩護ガ島飛行場対し航空撃滅戦実施第二次撤退日の4日には撤退将兵乗せた駆逐艦第11戦隊第1中隊上空掩護来襲したF4FP-40SBDTBF交戦し一式戦2機を喪失するも3機を撃墜F4F 1機・SBD 1機・TBF 1機)、駆逐艦損害は1隻中破・1隻小破済み艦隊守り抜くことができた。アメリカ軍はさらにF4F 2機・P-40 1機(同士討ち)・SBD 1機を空戦喪失しており、日本軍途中で空戦加わった海軍零戦2機を喪失している。 ケ号作戦成功大きく貢献するなど活躍見せた一式戦ではあったが、2月6日九九双軽を援護しニューギニアワウ飛行場攻撃時に一式戦4機・九九双軽3機を喪失し戦隊長杉浦勝次少佐戦死戦果はA-20 1機・C-47 1機撃墜、ワラウェイ1機地上破壊)。また、3月2・3日にはラバウルからラエへ第51師団を送る第八十一号作戦が行われた。輸送船団8隻を護衛するには戦闘機200が必要とされたが、2月時点で約50機しかなく、海軍支援依頼する陸軍海軍交代直掩を行うも、第18軍司令官安達二十三中将を含む約7000名が乗船した輸送船8隻・駆逐艦4隻が撃沈され、大勢将兵物資喪失しダンピール海峡の悲劇」と呼ばれた同月には第1戦隊長沢田少佐もまたラエ上空戦死した

※この「初期(ソロモン、ニューギニア航空戦)」の解説は、「一式戦闘機」の解説の一部です。
「初期(ソロモン、ニューギニア航空戦)」を含む「一式戦闘機」の記事については、「一式戦闘機」の概要を参照ください。


初期(11-14世紀)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 17:25 UTC 版)

カタルーニャ語文学」の記事における「初期(11-14世紀)」の解説

中世は文字読める人の数自体がとても少なかったため、文学作品は主に耳を通して広まっていった。修道院文化醸成中心地となり、叙情詩人(トルバドゥール)、商人巡礼者などが修道院訪れたピレネー山脈北側からは、ブルターニュ地方伝説物語古典小説フランス語詩叙情詩人の歌などカタルーニャ地方持ち込まれている。 11世紀12世紀には都市成長し文化興味を示すブルジョア生まれたカタルーニャ語書かれ最古文献12世紀半ば遡り断片的なゴート人法である『Forum Iudicum』とカトリック信徒向けの説教集『Homilies d'Organyà』であるとされる叙情詩人はそれまで粗野な言語だと思われていたプロヴァンス語ラテン語代わりに使用するようになり、散文にはカタルーニャ語使用したが、高尚な文学とされた詩作の際には15世紀までプロヴァンス語オック語)を使用した叙情詩厳格な規則を持つ芸術であり、一部叙情詩人は高貴な家系出身だった。 13世紀活動したラモン・リュイは「カタルーニャ語の父」と呼ばれており、初期の小説である『ブランケルナ』、哲学の方法論である『アルス・マグナ』などを著したリュイ作品内容豊かさ言語的創造性の高さが注目され普遍的な価値認められている。リュイ創作中心散文だったものの、韻文作品は他のカタルーニャ人詩人同じくオック語執筆している。リュイカタルーニャ語ラテン語アラビア語265作品公表しており、神秘主義哲学分野ではヨーロッパ全体先駆者のひとりとされている。 14世紀カタルーニャ地方では散文優勢となり、カタルーニャ語宗教詩や説教などを残した宗教関係者としては、フランシスコ会のアンゼルム・トゥルメーダ(スペイン語版)、修道士のフランセスク・アシメニス(スペイン語版)、祈祷師でありドミニコ会修道士のビセン・ファレーなどの人物がいる。1323年トゥールーズの詩会議では詩作法が定められたため、カタルーニャ詩人プロヴァンス語書いた14世紀末のカタルーニャでは叙情詩人の詩作法を復元する試みがあり、カタルーニャ語プロヴァンス語用いられた。14世紀後半活動したベルナト・メチェ(英語版)は、イタリアから持ち込まれルネサンス様式取り込んだことでカタルーニャ文学界重要人物とされ、その知性の高さからメチェは政界にも進出したその他の優れた作家中にはアンドレウ・ファブレール(スペイン語版)などがおり、騎士道などに着想得ていた。

※この「初期(11-14世紀)」の解説は、「カタルーニャ語文学」の解説の一部です。
「初期(11-14世紀)」を含む「カタルーニャ語文学」の記事については、「カタルーニャ語文学」の概要を参照ください。


初期 (1963-1966)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 06:57 UTC 版)

デイヴ・デイヴィス」の記事における「初期 (1963-1966)」の解説

デイヴ・デイヴィスは、キンクス最初ヒット曲ユー・リアリー・ガット・ミー」の特徴的なディストーション・パワーコード・サウンドを単独担当した。彼はカミソリの刃を使用してエルピコ・アンプのスピーカーコーンを切り裂き、それを「プリアンプ」としてより大きなVoxアンプに通すことでサウンド実現した。このサウンドは、ディストーション主流として登場したはしりの一つであり、後の多くミュージシャン、特にヘヴィメタルパンク・ロック大きな影響与えることになった。 「ユー・リアリー・ガット・ミー」はバンド3枚シングルであり、前の2枚チャートインできなかった。彼らはパイ・レコード3枚シングル契約結んでおり、別の契約を結ぶにはヒット必要だったパイは曲が気に入らなかったので、スタジオ使用料支払い拒否したバンドシングルカットするために他に財政的支援要請した。「ユー・リアリー・ガット・ミー」はヒットしイギリスチャート1位となり、アメリカでは7位を記録したキンクスは続く2年間で3枚アルバムいくつかのEPリリースした。彼らはまた、ヤードバーズやミッキー・フィンらとのパッケージツアー参加した。彼らはツアーの間にメンバー間での緊張引き起こしステージ上で喧嘩行った。最も悪名高い事件は、1965年5月カーディフにあるキャピトル・シアターでドラマーミック・エイヴォリーデイヴ・デイヴィス引き起こした出来事であった二曲目の「ビューティフル・デライラ」で争い始まった一曲目の「ユー・リアリー・ガット・ミー」が終了すると、デイヴィスはエイヴォリーを侮辱しドラムセット蹴り倒した。エイヴォリーはハイハットスタンドデイヴィス殴って意識不明にした。彼はデイヴィス殺してしまったと思い現場から逃走したデイヴィスカーディフ王立病院運び込まれ、頭を16針縫うこととなった。エイヴォリーは後に警察釈明するため、バンドのメンバーお互いに楽器投げつける新しパフォーマンス行った際のトラブルであった主張した1960年代後半になるとレイ作詞作曲スキル発達し、彼がグループ新し方向導き始めたため、その音楽性は着実に進化した。彼らは伝統的なR&Bブルースサウンド放棄し、「オータム・オルマナック」、「ウォータールー・サンセット」などの曲や、『サムシング・エルス』、『ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ』などのアルバム現れたような、よりノスタルジック反射的なスタイル音楽採用した

※この「初期 (1963-1966)」の解説は、「デイヴ・デイヴィス」の解説の一部です。
「初期 (1963-1966)」を含む「デイヴ・デイヴィス」の記事については、「デイヴ・デイヴィス」の概要を参照ください。


初期(結成〜アネクとの出会い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 02:07 UTC 版)

ザ・ギャザリング」の記事における「初期(結成〜アネクとの出会い)」の解説

1989年オランダ小さな町オスにて結成。ハンス・ルッテン (ドラム)、ルネ・ルッテン (ギター)の兄弟ハンス3つ年上の兄でルネが弟)と、バルト・スミッツ (ボーカル) により、ザ・ギャザリング歴史スタートした。翌1990年にフーゴ・プリンセン・ヘーリフス (ベース)、イェルマー・ヴィールスマ (ギター)、Frank Boeijen (キーボード) が加わり最初ラインナップ完成自主制作盤『An Imaginary Symphony』を制作する1991年2本目デモMoonlight Archer』を完成ヘヴィギター・リフグランド・ピアノ絡みデス・ヴォイス乗るゴシック・メタル評価されインディーズ・レーベルFoundation 2000よりお呼び掛かる。初期のデモ2作は、長いこと入手不能だったが、2001年になって『Downfall - The Early Years』としてハンマーハート・レコードより復刻された。初回盤2枚組で、ボーナス・ディスクには貴重な第1期ライブ収録されていた。 1992年ファースト・アルバム『Always...』でデビュー売上1万超えインディーズとして十分な成功を収めるアルバムアメリカで発売されジャケットは計3種類もあった。(1)青空の下、岩場に立つアラブ女性写したものがオリジナルで、他に、(2)赤を基調とした女神絵画のもの、(3)球形に穴の空いた謎の物体写したもの、がある。 1993年新作づくりに入るが、コア方向性拘るBartと、より多く聴衆求めてポップ化を主張するメンバーとが対立Bart脱退する新たなメンバーとして、ニールス・ドゥフューズとマルティネ・ファン・ローンの男女2人加入させ、セカンド・アルバムAlmost A Dance』を発表する。しかし、このラインナップこの年のみで終わる。 1994年バンド転機訪れる。新たなシンガーとして、バンドはまた男女2人ボーカル探していた。そしてあるパブ歌っていたアマチュア・ポップ・デュオの片割れに声をかけた。これがアネク・ヴァン・ガースバーゲンとの出会いであった。独特の雰囲気加え十分な声量持っていたアネクの歌声聴いて、「これなら男性ボーカル要らないではないか?」ということになり、予定していなかった「紅一点」の編成完成する

※この「初期(結成〜アネクとの出会い)」の解説は、「ザ・ギャザリング」の解説の一部です。
「初期(結成〜アネクとの出会い)」を含む「ザ・ギャザリング」の記事については、「ザ・ギャザリング」の概要を参照ください。


初期(1967年 - 1975年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 17:46 UTC 版)

稲沢市図書館」の記事における「初期(1967年 - 1975年)」の解説

稲沢市図書館の初期の蔵書点数年度 点数 1967   4,821 1969   7,066 1971   12,015 197314,998 197525,788 稲沢市図書館初期の利用数年度 人 1967   8,434 196918,382 1971   27,472 1973   1,932 1975114,753 1955年昭和30年4月15日には中島郡稲沢町明治村千代田村大里村の1町3合併して人口47,000人の新稲沢町誕生したその後稲沢町人口5万人を超え、約4億円の1958年度予算全国町村なかでも有数規模となったため、1958年昭和33年11月1日には稲沢町市制施行して稲沢市となった1959年昭和34年2月24日付の『稲沢広報』では、愛知県立図書館運行する2,000積載移動図書館車両が稲沢市公民館本館稲沢市立明治中学校稲沢市立千代田中学校稲沢市立大里中学校の4か所を年5回程度頻度巡回する報じている。 1965年昭和40年4月には愛知県立図書館運営する愛知県移動図書館連携して自前移動図書館事業開始された。市制施行前稲沢町には稲沢町図書館があったが、1967年昭和42年2月には愛知県稲沢農業改良普及所の2階稲沢市立図書館開館した貸出受けられるのは小学4年生以上に制限された。同年4月資料数は4,821冊であり、同年度の図書費は303,000円、利用者数は8,434人だった。1966年度(昭和41年度)の図書館利用者数は5,142人だったが、1970年度(昭和45年度)には13,243人と4年前の2.6倍になった1970年度の利用者属性中学生以下が7,946人(60%)、高校生以上が5,297人(40%)だった。 1970年昭和45年)には稲沢市役所新市庁舎移転しており、1971年昭和46年3月には図書館旧市庁舎2階移転した同年4月資料数12,015冊であり、同年度の図書費は150万円利用者数は27,472人だった。1972年昭和47年6月5日には稲沢ライオンズクラブから電子複写機コピー機)が寄贈された。 1972年昭和47年11月には旧市庁舎取り壊しともなって図書館が旧中央毛織社員寮(後の稲沢市消防署職員寮)に移転した図書基本カード作成貸出方式ブラウン方式への変更などのために11月から1972年12月まで休館した。1972年12月には中央毛織社員寮跡で仮開館した

※この「初期(1967年 - 1975年)」の解説は、「稲沢市図書館」の解説の一部です。
「初期(1967年 - 1975年)」を含む「稲沢市図書館」の記事については、「稲沢市図書館」の概要を参照ください。


初期 (1610年 - 1682年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 06:50 UTC 版)

チジック・ハウス」の記事における「初期 (1610年 - 1682年)」の解説

建築当初チジック・ハウスエドワード・ ウォードー (Edward Wardour、1645年没) (英語版) 所有ジャコビアン様式建築物 (Jacobean architecture) (英語版) で、おそらく彼の父によって建てられた。チジック・ハウスにあるヤン・キップ (Jan Kip1652年 - 1722年) (英語版) の17世紀後半彫刻には1610年建築刻まれており、屋敷中庭中心に四方建てられている。1624年、ウォードーは建物初代サマセット公ロバート・カー (Robert Carr, 1st Earl of Somerset1587年-1645年) (英語版) に売却した建物は非常に大きく1664年暖炉税 (Hearth tax) (英語版) の税務書類によると、33暖炉記録されている。建物第一次イングランド内戦の間、ターナムグリーンの戦い (Battle of Turnham Green1641年)(英語版) の王党派戦線南端にあった1682年建物第3ダンガーヴァン子爵チャールズ・ボイル (Charles Boyle, 3rd Viscount Dungarvan1639年-1694年) により購入された。

※この「初期 (1610年 - 1682年)」の解説は、「チジック・ハウス」の解説の一部です。
「初期 (1610年 - 1682年)」を含む「チジック・ハウス」の記事については、「チジック・ハウス」の概要を参照ください。


初期(1200年頃-1450年頃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 06:15 UTC 版)

マニセス (陶磁器)」の記事における「初期(1200年頃-1450年頃)」の解説

1238年にはジャウマ1世バレンシア地方をもイスラーム教徒から奪還し13世紀前半にはブイル家(ボイル家)がマニゼス領主の座に就いたマニゼスではこの後アラブ人陶工留まることを許されその後窯業発展貢献した。ブイル家はアンダルシア地方の、特にマラガからラスター彩陶器技術導入し王侯貴族・富豪教会などから多数注文取り付けた。ペレ・ブイル2世マラガ陶器バレンシア港から輸出する貿易独占獲得しマラガ陶工たちがマニゼス移住しはじめた値段手ごろまずまず品質だったマニゼス産の陶器マラガ産にとって代わったが、マラガ陶器知名度高く引き続きマラガ産」(オブラ・デ・マレーカ)というラベルが貼られて輸出された。中世資料では、マニゼス近隣パテルナ陶工合わせて300人に上ったとされており、キリスト教徒による再征服後もマニゼス活躍したのはアラブ人陶工だった。 マニセス陶器象徴する青色黄金色釉薬導入されたのは1310年から1315年頃とされている。1320年代にはフランス・ナルボンヌとマリョルカ島商人マニゼス陶器顧客であり、この頃からマニゼス国外市場に姿を見せていたとされるが、マニゼス1350年代から1370年代急速に窯場として発展した1367年にはバルセロナ宮殿トゥルトーザの砦がマニゼス産のタイル飾られタラゴナポブレー修道院1991年世界遺産登録)の床面にもマニゼス産のタイル・モザイクが使用された。マニゼスタイル職人1362年フランスアヴィニョン教皇庁に赴き、オードワン枢機卿フランス語版)邸の床面を「タイルマラガ製の彩色陶板ならびに青、白、緑、紫を主とした施釉タイル」で飾ったイスパノモレスク陶器窯場は、13世紀末から14世紀後半までの期間にはアンダルシア地方ムルシア地方中心だったが、これらイベリア半島南部産地レコンキスタによる戦禍被って衰退した14世紀後半以降にはバレンシア地方マニゼスパテルナ中心となり、これらの地域2世紀以上にわたってイスパノモレスク陶器最大窯場として栄えた13世紀後半以後にはパテルナ栄えたが、15世紀になるとマニゼスパテルナ凌駕した。 この地方では筒型の薬壺(アルバレロ)、大小の皿、鉢、水差し酒杯、双耳の小碗、塩入れ、燭台聖水盤など多種多様な陶器焼かれ14世紀以前にはアラベスク文様草花文、生命の樹ゴシック四葉文、15世紀以降には葡萄唐草文、王侯貴族紋章競い獅子などが装飾された。近隣パテルナでは顔料種類装飾モチーフなどが異なっており、それぞれ独自の装飾様式維持することで共存することができた。パテルナ産の陶器パテルナ陶器スペイン語版)として知られている。ブイル家は年間売上高の1/10を受け取っていたとされ、1454年マニセス陶器売上高労働者3,000分の賃金等しかったとされている。

※この「初期(1200年頃-1450年頃)」の解説は、「マニセス (陶磁器)」の解説の一部です。
「初期(1200年頃-1450年頃)」を含む「マニセス (陶磁器)」の記事については、「マニセス (陶磁器)」の概要を参照ください。


初期(7世紀まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 05:28 UTC 版)

イコン」の記事における「初期(7世紀まで)」の解説

全てのイイスス・ハリストスイエス・キリスト)の顔が画かれイコン原型となっているのは、『手にて描かれざるイコン』とも呼ばれる自印聖像』である。これは、イイススが顔を洗い、自らの顔を布に押し当てると、イイススの顔が布に写るという奇蹟起きたことによるのであると、教会の伝承伝えている(ただし『自印聖像』のオリジナルは、1204年第四回十字軍コンスタンティノープル蹂躙した際に失われた)。 伝承によれば聖使徒ルカによって生神女マリヤ存命中に彼女が画かれイコン最初イコンだとされている。『ウラジーミルの生神女』は、聖使徒ルカよるものとして正教会では伝えられている。 ただし上記二つ伝承はあくまで教会伝え伝承であり、歴史学考古学において確認されたものではない。 ダマスコのイオアン金口イオアン生涯について書いた著作の中では、金口イオアン聖使徒パウロイコン自分前に置いてパウロ書簡読んでいたと記されている。ニッサの聖グリゴリイニュッサのグレゴリオス)はイサクの燔祭イコン見て深く感動したことを語っている。 4世紀著作家エウセビオスは、ハリストスキリスト)に癒し受けた血友病の女(マタイによる福音書 9:20 - 23)の家に建てられハリストス立像のことを書き残している。また彼は、生前書かれハリストスペトロパウロ肖像画同時代保存されていたことを記録している。 他方、初期にはイイスス・ハリストスイエス・キリスト)と象徴的に結び付けられ魚・子羊・牧者葡萄などが広く用いられたが、4世紀キリスト教公認され以降、人の姿が画かれイコン広まっていった。6世紀以降は、ヘレニズムオリエント文化(特にシリア)の教会信仰影響のもとに、イコンの数や各種表現増えて整えられ成熟していった。 イコンは(いつごろからあったのか正確な年代不明であるが)初期から存在していた一方でイコン否定する議論も初期から存在していた。 最初から議論になったのはイコン偶像崇拝に当たるのではないかという疑いである。キリスト教では(ユダヤ教イスラームも同様であるが)偶像崇拝禁じている。その根拠となるのは旧約聖書記され十戒第二戒(出エジプト記 20:4 - 6、申命記 5:8 - 10)である。 エウセビオス先述通りハリストスキリスト)や使徒達の肖像画立像当時存在していたことを記録した著作家であるが、一方でそうした画像自体に対して否定的であったエウセビオス皇帝異母妹コンスタンティアからハリストス肖像画所望されたことへの返信の中で、「ハリストスキリスト)の栄光」を「死んだ色と生命の無い絵で描く事」の不可能性に言及してこれを断っている。

※この「初期(7世紀まで)」の解説は、「イコン」の解説の一部です。
「初期(7世紀まで)」を含む「イコン」の記事については、「イコン」の概要を参照ください。


初期(1980年~1985年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 03:55 UTC 版)

Die Krupps」の記事における「初期(1980年~1985年)」の解説

バンド名は「The Krupps」と訳され第二次世界大戦前後のドイツ主要産業家の一つであるクルップ王朝由来するバンドはいくつかのインタビューで、ヴィスコンティ1969年の映画The Damnedドイツ架空産業王朝であるエッセンベック家を描いたもので、これが主なインスピレーションとなった。と述べている。バンド最初アルバム「Stahlwerksynfonie」の初期のサウンドは、金属製打楽器本物楽器使った工業工場ノイズミックス示していた。その後EP「Wahre Arbeit, wahrer Lohn」や1982年アルバム「Vole Kraft voraus!」では、実験的なサウンドではなく、よりシンセサイザーベースにしたサウンド移行したが、金属的なパーカッション健在であったその後、「Entering the Arena」をリリースすると、バンドはほとんどメタリックなパーカッション放棄し、より1980年代ニューウェイヴのようなサウンドになっていった。1980年代半ば、ユルゲン・エングラーは自身レコード・レーベルAtom-Hで、主にスラッシュ・メタルハードコア・パンク演奏するバンド契約するようになったこの影響は、1990年代音楽的変化重要な役割を果たすことになる。

※この「初期(1980年~1985年)」の解説は、「Die Krupps」の解説の一部です。
「初期(1980年~1985年)」を含む「Die Krupps」の記事については、「Die Krupps」の概要を参照ください。


初期(1968年–1970年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 02:05 UTC 版)

カン (バンド)」の記事における「初期(1968年1970年)」の解説

1969年ファースト・アルバムモンスター・ムーヴィー』を自主レーベルからリリースその後ドイツ・ユナイテッド・アーティスツと契約して再リリースする)。2チャンネル録音ローファイ的な荒々しい音像で、ファンキーかつサイケデリックなジャムミニマル・ミュージック的なハンマー・ビートに乗って延々と繰り広げられるという、当時としてはきわめて鮮烈な作品であった。とくに20分の大作「ユー・ドゥー・ライト (Yoo Doo Right)」はカン代表曲となり、のちにThe Geraldine Fibbers、Thin White Rope馬頭將噐らが短縮形カバーした。「Father Cannot Yell」、「Outside My Door」はパンク・ロック先駆けとも評されるマルコム・ムーニーはこの作品リズミックかつ鬼気迫るボーカルを聴かせているが、神経衰弱病み脱退してしまう。代わりボーカリストとして、ホルガー・シューカイヤキ・リーベツァイトミュンヘン街角ダモ鈴木発見その日のうちにダモカンライブ登場した

※この「初期(1968年–1970年)」の解説は、「カン (バンド)」の解説の一部です。
「初期(1968年–1970年)」を含む「カン (バンド)」の記事については、「カン (バンド)」の概要を参照ください。


初期 (1953年 - 1974年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 02:44 UTC 版)

読売新聞ニュース」の記事における「初期 (1953年 - 1974年)」の解説

1955年4月ラジオ東京テレビKRT、現:TBSテレビ)の開局同局からも放送されるようになった日本テレビ読売映画社制作によるニュース映画放送したKRT読売新聞記者ニュース読み番組進行する傍ら解説務め自社制作のスタジオニュースだったが、後にニュース映画放送になった1958年8月読売テレビ開局に伴いよみうりニュース』の放送開始(『NTVニュース』のタイトル差し替えて放送この他別途讀賣テレビニュース』も放送)。その後読売テレビ向けと同様に日本テレビの『NTVニュース』を、「読売新聞社協力」のクレジット付けて全国放送した1962年4月名古屋放送(現:名古屋テレビメ〜テレ))では、開局同時に日本テレビの『あさ7時のニュース』を『讀賣新聞あさ7時のニュース』にタイトル変更して同時ネット名古屋テレビ1973年春に日本テレビ系列離脱することとなるが、先述タイトルいつまで放送されていたかは不明当時名古屋では読売新聞発行しておらず、中部読売新聞(現:読売新聞中部支社)は1975年創刊された)。

※この「初期 (1953年 - 1974年)」の解説は、「読売新聞ニュース」の解説の一部です。
「初期 (1953年 - 1974年)」を含む「読売新聞ニュース」の記事については、「読売新聞ニュース」の概要を参照ください。


初期(1555年–1600年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 04:47 UTC 版)

トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の記事における「初期(1555年1600年)」の解説

トリニティ創建当初問題はその財政状況にあり、ポープが、新たに雇ったスカラー4人のために場所を作る決めた時から余計顕在化した。これらの問題気付いていたポープは、カレッジ対す貸し付け行い次第にこれが基金発展して1557年までにカレッジは、ロクストン(英語版)=ウィズ=バルスコート(英語版)、シーウェル、ダンソープ、ホルカム、グレート・ウォルサム(英語版)という5つマナー荘園)に支配されるようになっていた。カレッジには全体で約200ポンド2019年時点の£59,200同等)の賃貸料発生しており、またその他の小さな土地のせいで、65ポンド2019年時点の£59,200同等)の追加賃料発生していた。1558年ポープはグレート・ウォルサムの追加地所交換しトリニティ財政全体影響与えことなく、シーウェル・ダンソープに土地返還したまた、ポープ大聖堂にあった大きな家具(その多くが旧修道院のものだった)、図書館にあった63冊の本、食堂様々な台所用具放出した様々な問題噴出した後、制定法改正され同年のうちに完成版となったポープ1559年1月29日亡くなり新しカレッジ宮廷での守護者失ったポープ遺言は妻のエリザベスによって執行されたが、その中にはトリニティについて触れた文章複数あり、隣接するセント・ジョンズ・カレッジとの間にしきいとなるフェンス建てる資金についての見通しや、ペストが度々流行する世の中にあって街の外安全なシェルターとして働く住居作る事などが盛り込まれていた。エリザベス再婚で、カレッジには多く家具導入されることになり、ポープ遺言条項1564年になって実行移された。ポープ遺体当初聖スティーブン教会埋葬されたが、彼の意志反して遺言実行同時にカレッジ大聖堂移された。 トリニティカトリック主義は、ポープ死後王室との関係を難しくした。1558年王位就いた女王エリザベス1世プロテスタントで、カトリックだったスライハーストは女王即位直後役職追われた。トリニティにとって幸運なことに、スライハーストの後任となったフェローのアーサー・イェルダード(英: Arthur Yeldard)は、どう見ても熱心なプロテスタントではなかったが、実践的な人物だと評価され、続く40年近く学寮長の職を守ったこの頃トリニティ時代と共に転換することに消極的だったが、王室からの脅しも受け、教会貴金属を鋳つぶし、英語の聖歌書を購入した変革反対した多くフェローカレッジ去った1583年には、トリニティ・カレッジと、隣接するベリオール・カレッジとの最初対立記録されており、ベリオール側からトリニティ対しプロテスタント教え忠実でないとの訴え起こされた。 敬虔なスカラー減少対照的に一般学生の数は16世紀にかけて着実に増え制定法書かれ20人の定員は、増員必要に迫られた。出自良い人物は公的学位を取る必要性少なく入学資格苦しむことも少なかったが、関係者たち状況伴って最下層学費援助を受けつつ教育のために小間使いしていた校僕 (servitor) 、中間層学費生 (batteler) 、その上フェロー(ないし「ジェントルマン」)一般学生(英: fellow (or "gentleman") commoners)に分けられるようになった同時期、トリニティ初め専門庭師雇った

※この「初期(1555年–1600年)」の解説は、「トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の解説の一部です。
「初期(1555年–1600年)」を含む「トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の記事については、「トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の概要を参照ください。


初期(1939年-1958年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 02:21 UTC 版)

ロバート・A・ハインライン」の記事における「初期(1939年-1958年)」の解説

ハインライン最初に書いた長編 For Us, The Living: A Comedy of Customs (1939) は生前には出版されなかったが、後に Robert James原稿探し出し2003年出版された。小説としては失敗作とされているが、ハインライン人間社会的動物として見る考え方自由恋愛への興味萌芽示されているという点で興味深い後の作品群のテーマ萌芽数多く含まれている。 ハインライン1930年代自由恋愛などの考え方私生活でも実践していたようで、2番目の妻とはそのようなオープンな関係だった。当時の彼はヌーディズム信奉していて、ヌーディズム身体的タブーといった話題作品にもよく出てくる。冷戦真っ盛り時代には、自宅地下核シェルター作った売れなかった処女長編続きハインライン短編小説雑誌売りその後長編売れようになった。初期の短編多くは、政治・文化技術革新などを含む完全な年表従った未来史》に属していた。その年表1941年5月号のアスタウンディング誌に掲載されている。その後ハインラインは《未来史》とある程度一貫性維持しつつも、自由に逸脱した小説を書くようになった実際、《未来史》は現実追いつかれてしまった。晩年になってハインラインWorld as Myth として全作品一貫して説明付けようになった最初に出版され長編宇宙船ガリレオ号』は月旅行描いた小説だが、月はあまりにもいとして出版拒否されことがある幸いにもスクリブナーズ出版してくれることになり、その後毎年クリスマス時期ジュブナイル出版するようになったそのうち8作品には Clifford Geary の独特なスクラッチボード風のイラスト添えられていた。代表例として『大宇宙少年』、『ガニメデ少年』、『スターマン・ジョーンズ』がある。これらの多く雑誌には別の題名連載されその後単行本化に際して改題されている。例えば、『ガニメデ少年』(原題Farmer in the Sky)はボーイスカウト雑誌 Boys' LifeSatellite Scout衛星ボーイスカウト)として連載されていた。ハインラインプライバシー強固に守ったことについて、青少年向けの小説家として独特の私生活秘密にしておくためだったという憶測なされてきたが、For Us, The Living ではプライバシー重点置いた政治主義として主張している ハインライン青少年向けに書いた作品は "the Heinlein juveniles" と呼ばれ青年期大人テーマ混合特徴とする。これら作品で彼が描く問題多くは、青年期読者経験するような問題関連している。主人公通常非常に聡明な10代若者で、周囲大人たちの社会の中で自らの道を切り拓く必要に迫られる表面的に単純な冒険達成の話であり、愚かな教師嫉妬した同級生とのやり取りである。しかし、ハインラインは若い読者多く大人思っているよりも洗練されていて、複雑で難しテーマ処理できる考えていた。そのためハインライン作品ジュブナイルであっても大人鑑賞耐えるレベルになっている例え『レッド・プラネット』では、若者による革命といった非常に過激なテーマ扱っている。編集者は、子供武器使用する場面火星人性別誤認といった描写変えるようハインライン要求したハインラインこのような制限をしばしば経験しており、表面的にその制限従いつつ他のジュブナイルSFにはない考え方をその中に潜ませた[要出典]。 1957年ジェイムズ・ブリッシュハインライン成功した要因として「高性能機械のようなストーリーテリング才能にある。ハインライン最初からあるいは生まれつきそういった才能(他の作家苦労して身につける、あるいは決して身につけられない才能)を身につけてたようだ。常に機械のようにうまく物語紡ぐわけではないが、常にそれを意識して書いていると思われる」としている。

※この「初期(1939年-1958年)」の解説は、「ロバート・A・ハインライン」の解説の一部です。
「初期(1939年-1958年)」を含む「ロバート・A・ハインライン」の記事については、「ロバート・A・ハインライン」の概要を参照ください。


初期(1942年 - 1947年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 08:20 UTC 版)

ボイス・オブ・アメリカ」の記事における「初期(1942年 - 1947年)」の解説

1941年6月13日フランクリン・ルーズベルト大統領情報戦対応するため戦争情報局 (OWI) を設立ヨーロッパ及び西アフリカ占領した当時ドイツ日本軍南太平洋占領した当時日本に向けニュース発信するため、7月14日海外情報局 (FIS) を設立した1942年2月24日放送開始送信機CBS及びNBCによって使用され短波送信機からVOAラジオ送信した。このラジオ局1947年2月17日当時ソビエト連邦現:ロシア)へラジオ放送送信始めた

※この「初期(1942年 - 1947年)」の解説は、「ボイス・オブ・アメリカ」の解説の一部です。
「初期(1942年 - 1947年)」を含む「ボイス・オブ・アメリカ」の記事については、「ボイス・オブ・アメリカ」の概要を参照ください。


初期(明治)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 10:01 UTC 版)

口語短歌」の記事における「初期(明治)」の解説

明治20年代言文一致運動以後、しだいに言文一致体使った短歌現れ始める。明治40年代、詩と小説における口語文体の採用と、短歌否定論を受けて本格的に口語短歌試み始められる最初言文一致短歌集は1906年青山霞村池塘集』とされており、同書収録短歌のうち約6割が口語よるものであったまた、石川啄木若山牧水のように、文語体でも口語色を強めた短歌詠む歌人がいた。このように多く歌人言文一致体採用さかんに試みていたが、大正時代になるとその傾向はしだい薄らいでいった。

※この「初期(明治)」の解説は、「口語短歌」の解説の一部です。
「初期(明治)」を含む「口語短歌」の記事については、「口語短歌」の概要を参照ください。


初期(1804-1887年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 15:38 UTC 版)

ラファイエット・ストリート」の記事における「初期(1804-1887年)」の解説

.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .tmulti .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .tmulti .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .tmulti .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .tmulti .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .tmulti .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .tmulti .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaption{text-align:center}} コロネード・ロウ (en) 1832年築。 コマーシャル・ロマネスク:シャーマーホーン・ビルディング。en:Henry Janeway Hardenbergh作。1888年築。3丁目の地点消防署87 ラファイエット・ストリートWhite Street地点en:Napoleon LeBrun作。1896年築。現在はen:Downtown Community Television Centerオフィス。 この通りジョン・ジェイコブ・アスター不動産事業によって開発された。彼は1804年広大なマーケット・ガーデンを$45,000購入した。この土地一部フランス人Joseph Delacroixにリースされた。Joseph はその土地に"Vauxhall Gardens"と呼ばれるリゾート建設した。これは当時ロンドン郊外にあった同名の人リゾート地意識していた。1825年リース契約終了した時、アスターはこの土地に幅100フィート新し通り建設したアスター・プレイスからグレート・ジョーンズ・ストリート (en) まで三ブロックを走るこの大通りは、どの通りとも交差していなかった。彼はこの通りを、独立戦争英雄の名前からラファイエット・プレイスと名付けた。これはその前年ラファイエット英雄としてアメリカに帰還ニューヨークでパレード行ったことに由来している。この新し通り両側の区画分譲販売されアスター20年前に買い取った価格の何倍もの値段売れたその中でも最も大き区画は、通り西側に建つ大理石正面玄関備えたグリーク・リヴァイヴァル建築 (en) のテラスであった。これは1833年建てられ当時La Grange Terrace呼ばれていたが、ニューヨーカーたちには"コロネード・ロウ " (en) として知られていた。二階建て相当するコリント式列柱がその正面並んでいる。9つ住居それぞれ最高$30,000売れたそのうち4つが、この通りファッショナブルな住宅エリアとして初め開業した当時から現存している。この通り1900年代初頭に市によって南へ拡張され現在のラファイエット・ストリートという名前となった当時、そのルートは旧エルム・ストリート (Elm Street) 、マリオン・ストリート (Marion Street) そしてラファイエット・プレイスの地点からカーブしており、マンハッタン・ミュニシパル・ビルディング地点センター・ストリート接続していた。

※この「初期(1804-1887年)」の解説は、「ラファイエット・ストリート」の解説の一部です。
「初期(1804-1887年)」を含む「ラファイエット・ストリート」の記事については、「ラファイエット・ストリート」の概要を参照ください。


初期(1946年 - 1958年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 14:18 UTC 版)

スタニスワフ・レム」の記事における「初期(1946年 - 1958年)」の解説

当時の社会主義リアリズム支配的な出版状況下で書かれた、『失われざる時』などの現代小説、『金星応答無し』『航星日誌』などのSF小説自身は「楽天主義」「二流作品ばかり」と述べるが、これらによって国内東欧における名声得た

※この「初期(1946年 - 1958年)」の解説は、「スタニスワフ・レム」の解説の一部です。
「初期(1946年 - 1958年)」を含む「スタニスワフ・レム」の記事については、「スタニスワフ・レム」の概要を参照ください。


初期 (1414年–1921年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 09:49 UTC 版)

英国旅券」の記事における「初期 (1414年1921年)」の解説

1857年(左)と1862年(右)に発行されパスポート イングランド王ヘンリー5世は、外国自分何者かを証明する手段として、現代的な意味での最初パスポート発明した考えられている。これらの文書に関する最古記述は、1414年の安全行動法(Safe Conducts Act)(英語版)に見られる1540年には、イングランドにおける旅行書類交付イングランド枢密院役割となり、「パスポート」という言葉登場したのもこの頃である。スコットランドでは、パスポートスコットランド王室によって発行され王室に代わってバラ上級教会信者貴族など発行することもできた。1794年以降は、国務長官君主に代わってすべてのパスポート署名し、この時から正式な記録残されるようになったパスポートは、1772年まではラテン語か英語で書かれ1858年まではフランス語書かれていた。それ以降は、英語で書かれ一部フランス語翻訳されている。1855年パスポートイギリス人のみに発行される標準的な文書となったパスポート1枚の手書きの紙で作られシンプルなのだった複製されパスポートパスポート記録大英図書館で見ることができる。L/P&J/11には、1930年代旅するアヤパスポートが数残っている 。1641年6月18日発行されチャールズ1世署名入りパスポート現存する19世紀後半から、鉄道やトーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表英語版)などの旅行サービス登場により、海外旅行をするイギリス人増えていった。しかし、第一次世界大戦の勃発により、近代的な国境管理導入されイギリスでも1914年に「イギリス国籍および外国人地位に関する法律英語版)」が成立した。そこで、1915年イギリス政府は、大量生産が可能で、所持者を迅速に識別するために使用できる新しい形式のパスポート開発した。この新しパスポートは、印刷されシート10折りにして、布製ボール紙カバー貼り付けたのだった。このパスポートには、所持者の説明写真掲載されており、2年ごとに更新する必要があった。

※この「初期 (1414年–1921年)」の解説は、「英国旅券」の解説の一部です。
「初期 (1414年–1921年)」を含む「英国旅券」の記事については、「英国旅券」の概要を参照ください。


初期(50〜70年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 06:48 UTC 版)

ムラトゥ・アスタトゥケ」の記事における「初期(5070年代)」の解説

1950年代後半、ムラトゥは工学勉強するためにイギリスウェールズ留学した。しかし、工学勉強する代わりにウェセックスリンディスファーン大学英語版)に入学し、のちにロンドントリニティ・カレッジ・オブ・ミュージック(現:トリニティ・ラバン音楽大学院(英語版))で音楽学位取得するロンドンではジャズ・ヴォーカリスト兼パーカッショニストのフランク・ホルダー(英語版)と共同活動行っている。60年代になり、ムラトゥは活動拠点アメリカ合衆国移しボストンバークリー音楽大学に初のアフリカ大陸出身生徒として入学する同学で、ヴィブラフォン及びパーカッション学んだアメリカ在住中に、ムラトゥはラテン・ジャズ関心持ち、初の2枚組アルバムとなる『Afro-Latin Soul, Volumes 1 & 2』をニューヨークで1966年録音した本作はムラトゥのヴィブラフォン主役とし、ピアノコンガ後ろでラテン・リズムを奏でるといった構成になっているスペイン語歌曲である『I Faram Gami I Faram』を除いては、全てインストゥルメンタルである。このアルバム同時代ラテン・ジャズアルバムから傑出しているとまでは言えないが、ムラトゥの後の作品特徴と言えるものが垣間見える。このアルバムにより、コンガボンゴエチオピアポピュラー音楽持ち込んだ1970年代初期には、アメリカで活動行いつつ、エチオピアでも音楽活動を行うようになり、彼が「エチオ・ジャズ」と呼ぶ新し音楽スタイル母国紹介した。この時期にエチオピア・アメリカの両国著名なミュージシャン共演行っている。エチオピア歌手マフムード・アフメド(Mahmoud Ahmed)の楽曲作編曲演奏参加するほか、デューク・エリントン楽団1973年エチオピア公演スペシャルゲストとして参加した1972年に、ニューヨークで代表作となる『Mulatu of Ethiopia』をレコーディングまた、エチオピアではアムハ・エシェテ(Amha Eshè)が立ち上げたレーベル「アムハ・レコード」より、シングル作品数本リリースしたほか、1974年アルバム『Yekatit Ethio-Jazz』をリリースしている。エチオピア歌手であるマフムード・アフメド、トラフン・ゲセセ(Tlahoun Gèssèssè)、アレマイユ・エシェテ(Alèmayèhu Eshè)などの同時代作品にも、ジャズラテン楽器の使用など、ムラトゥの影響見られる1975年エチオピア帝政廃止され軍事政権時代になるとともに、アムハ・レコードは活動停止余儀なくされ、所属ミュージシャン多くエチオピア国外亡命した。ムラトゥはその後もしばらくエチオピアとどまりハイル・メルギア&ザ・ワリアス(Hailu Mergia and the Walias Band)の1977年アルバム、『Tche Belew』にヴィブラフォン参加している。しかし80年代になると、ムラトゥの音楽存在国外で忘れられてしまった。

※この「初期(50〜70年代)」の解説は、「ムラトゥ・アスタトゥケ」の解説の一部です。
「初期(50〜70年代)」を含む「ムラトゥ・アスタトゥケ」の記事については、「ムラトゥ・アスタトゥケ」の概要を参照ください。


初期(1997年3月発表、4月発売)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 09:13 UTC 版)

いすゞ・ビークロス」の記事における「初期(1997年3月発表4月発売)」の解説

1997年3月26日量産型ビークロス新車発表され、翌月4月26日より発売開始された。量産化においては同社ですでに発売されていたミューミュー・ウィザードビッグホーンなどの既存プラットフォームを有効利用するとともに当時まだ珍しかったバックアイカメラ連動型モニタ標準装備し、レカロシートモモエアバッグ付き本革巻きステアリング国内では最も早く採用するなど社外ブランド積極的に取り入れた

※この「初期(1997年3月発表、4月発売)」の解説は、「いすゞ・ビークロス」の解説の一部です。
「初期(1997年3月発表、4月発売)」を含む「いすゞ・ビークロス」の記事については、「いすゞ・ビークロス」の概要を参照ください。


初期(1981年10月 - 1983年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:02 UTC 版)

オレたちひょうきん族」の記事における「初期(1981年10月 - 1983年9月)」の解説

ビートきよしツービート松本竜介紳助・竜介島田洋八B&B伊丹幸雄 春やすこ・けいこ 九十九一 安岡力也 山本リンダ 日吉ミミ 安倍律子(現・安倍里葎子若人あきら(現・我修院達也榎本三恵子有名なの一刺し」に因みハチ着ぐるみ出演牛の吉田君ホルスタイン雌牛) (1981年12月 - 1983年頃) 吉田君のお父さん(“牛の吉田君”の飼主である茨城県一般酪農家決め台詞は「ガッチョ〜ン」) (1981年12月 - 1983年頃) よめきんトリオ - 松金よね子渡辺めぐみKINYA 劇団東京乾電池 - 高田純次ベンガル角替和枝 上方よしおのりお・よしお里見まさとザ・ぼんちモト冬樹ビジーフォーグッチ裕三ビジーフォーオール阪神・巨人 今いくよ・くるよ クルミ・ミルクビートたけしミルクの方を、女性ではあるが顔と太目の容姿見てお笑い界の坂上二郎」と呼んでいた) 小山茉美 劇団東京ヴォードヴィルショー - 坂本あきら石井愃一佐渡稔 川上さんと長島さん - プリティ長嶋ドン川上(現・DON斉藤清六 可愛かずみ キャメロット[要曖昧さ回避]

※この「初期(1981年10月 - 1983年9月)」の解説は、「オレたちひょうきん族」の解説の一部です。
「初期(1981年10月 - 1983年9月)」を含む「オレたちひょうきん族」の記事については、「オレたちひょうきん族」の概要を参照ください。


初期 (個性派の性格俳優としての活躍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 04:47 UTC 版)

露口茂」の記事における「初期 (個性派性格俳優としての活躍)」の解説

1959年:映画『逃亡者』、『女子大学生 私は勝負する』で映画デビュー果たしたが、劇中水着シーン問題があるとして、たった一日上映打ち切られた。その後劇団新人会退団し1960年小沢昭一と共に劇団俳優小劇場」 を旗揚げ参加1962年には今村昌平作、演出脚本舞台パラジ神々と豚々」に北村和夫と共に出演した1971年劇団俳優小劇場解散。後に田村企画所属(共に劇団俳優小劇場在籍して、『木曽街道いそぎ旅』で共演山口崇『太陽にほえろ!』ボン演じた宮内淳同事務所) となり、その後露口茂事務所創立した(のちに閉鎖)。 舞台中心に活動する一方山田洋次監督の『霧の旗』、今村昌平監督作品日活映画などやテレビドラマで、悪役犯人役、好青年まで幅広く演じる、個性派性格俳優として売れっ子になった。 1964年:今村昌平監督赤い殺意』に出演主演春川ますみ演じ人妻強姦し、やがて心臓病で死ぬアクの強い役を好演一躍注目された。 1966年:吉田喜重監督の『女のみづうみ』と成沢昌茂監督の『四畳半物語 娼婦しの』の演技により、第12回ホワイト・ブロンズ賞助演男優賞受賞した1967年:今村昌平監督ドキュメンタリー映画人間蒸発』に事件を追うレポーター役で出演蒸発した男行方を追う内容であり、蒸発した男の妻で出演者である一般人女性と男の行方追ったが、その女性が次第露口思いを寄せるうになるというハプニング起こった。また今村から蒸発した大島演じろと言われ露口困惑してしまいには精神的に疲れ果て俳優ではなく素人のようになってしまった、と今村が後に語っている。 1969年:TBS時代劇『水戸黄門』第一部出演東野英治郎演じ水戸黄門の命を狙う刺客古川兵庫演じた。また同年五社英雄の『ジキルとハイド』に出演したが、難解な内容暴力シーン多さからスポンサー付かず一端お蔵入りとなった。 その他『あゝ君が愛』(1967年松竹監督:野村芳太郎台本5ページ出演者露口の名前の記載があるが、出演予定されていたが出演しなかったのか、実際に出演しているのか、確認出来ない

※この「初期 (個性派の性格俳優としての活躍)」の解説は、「露口茂」の解説の一部です。
「初期 (個性派の性格俳優としての活躍)」を含む「露口茂」の記事については、「露口茂」の概要を参照ください。


初期 (2005-2006)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 01:29 UTC 版)

T-cophony」の記事における「初期 (2005-2006)」の解説

2005年知人勧め公式サイト立ち上げ、そこでこれまで制作した自身楽曲演奏動画公開翌年2006年、某世界的SNS投稿したアコースティック・ギター2本を同時に演奏した”Friendless”の動画(※現在は本人により削除)がきっかけで、多く視聴数を得る。公式サイト上の数々動画直ぐに海外ユーザーによってYouTubeなどに投稿され次第多くのギターフリークに広まる。それによって現在YouTube上には同じ動画ありながら本人投稿したものより、かつて別ユーザー彼の公式サイトからコピーして投稿したものの方が、多く視聴数得ていると言った現象起きている。

※この「初期 (2005-2006)」の解説は、「T-cophony」の解説の一部です。
「初期 (2005-2006)」を含む「T-cophony」の記事については、「T-cophony」の概要を参照ください。


初期(1987年10月 - 1997年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:57 UTC 版)

サンデーモーニング」の記事における「初期(1987年10月 - 1997年9月)」の解説

1987年10月4日放送開始当時放送時間8:30 - 9:54、以下、JST、初期のみ一部地域では9:30まで)。1997年9月までは『関口宏のサンデーモーニング』のタイトルで、新堀俊明北野大ケント・ギルバート三屋裕子定岡正二ほかがレギュラーコメンテーターとして出演三桂(旧・関口宏事務所)の所属タレント多く出演していた。ワイドショーとして始まった開始当初から芸能ニュース扱っていない。 セットは、9分割されモニター前にドーナツ型のデスク置かれていた。当時ワイドショーにおいてマルチスクリーン導入されたのは画期的であった当時アシスタント中継リポートをすることが多くなかでも青函トンネル1988年3月13日放送)や瀬戸大橋同年4月10日放送)の開通時にはレギュラーコメンテーター現地に赴き取材中継行った1989年6月には第6回ATP賞テレビグランプリ優秀賞受賞同年9月17日放送100回を迎え1993年7月11日放送300回を記録し記念パーティ開かれた1994年4月3日からは8:00開始の2時間拡大した際にテーマ曲変更番組制作スタッフ当初社会情報局ワイドショー班(当時平日朝の同じ時間帯放送されていた『モーニングEye』と制作部署・制作協力会社が同じ)が担当していたが、明るみ出たTBSビデオ問題により社会情報局廃止されたため、1996年6月以降報道局により制作されている。 1997年5月18日放送500回を達成

※この「初期(1987年10月 - 1997年9月)」の解説は、「サンデーモーニング」の解説の一部です。
「初期(1987年10月 - 1997年9月)」を含む「サンデーモーニング」の記事については、「サンデーモーニング」の概要を参照ください。


初期(1985年10月 - 1988年4月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 13:35 UTC 版)

ニュースステーション」の記事における「初期(1985年10月 - 1988年4月)」の解説

当番組の原型となる企画を練る会議は、1984年夏ごろから『久米宏のTVスクランブル』(日本テレビ)の企画会議並行して久米オフィス・トゥー・ワンスタッフ水面下進められていたという。久米は『TVスクランブル』を「未来ニュース番組につながるステップボードのような役割果たしている」としており、そこで考えたのが当番組のコンセプトである「中学生でもわかるニュース」だった。彼らが常に意識していたのが当時報道番組王座君臨していた『ニュースセンター9時』(NHK総合テレビ)だったが、久米は「裏で勝負するのは無謀極まりない」として、せいぜい午後11時からの30思い描いていた。しかし、話を進めるうちに平日帯のプライムタイムでの1時間という構想膨らんでいった。しかし1時間では採算が取れないため結果的に1時間15となったその後、この大胆にして無謀な構想乗った電通参入や、電通支持取り付けてオフィス・トゥー・ワンスタッフ久米古巣であるTBSを含む在京各局にこのニュース番組企画書持ち込んだところ特に敏感に反応したこと、そして当時の報道次長である小田久栄門訴え応じた朝日新聞社会部出身当時の社長田代喜久雄英断、さらに六本木六丁目再開発に際してアークヒルズへの本社機能移転最新鋭放送設備備えた放送センター新設を行うにあたりその開設記念大型目玉企画模索していた、という三点からテレビ朝日参入決まった末、制作局オフィス・トゥー・ワンの両スタッフによるチーム報道局スタッフ衝突繰り返した準備期間経て1985年10月7日民放初の平日プライムタイム帯での1時間超に及ぶワイド編成報道番組として放送開始。 「今までにない全く新しい形報道番組目指す」というコンセプトのもと、メインキャスター久米宏サブキャスター小宮悦子当時テレビ朝日アナウンサー1991年からフリーアナウンサー)、コメンテーター小林一喜当時朝日新聞論説委員)を中心にキャスター陣には小宮以外のテレビ朝日アナウンサースポーツキャスター朝岡聡リポーター渡辺宜嗣)に加えて一般公募による出演者オーディションから数名のキャスター・リポーターを起用した一般公募組の中には橋谷能理子(元テレビ静岡アナウンサー、スタジオアシスタント)、若林正人(元東京銀行調査役コメンテーターリポーター)、杉本典子元三商事勤務スポーツ担当)、坪井貴久美(元つくば科学万博コンパニオンニュース担当)、内田誠早稲田大学大学院院生リポーター、後にジャーナリスト転身)、松本侑子筑波大学学生天気キャスター、後に作家へ転身)などがいた。 第1回放送最初に取り上げたのは、石狩鍋入れ話題長谷川宏和当時北海道テレビアナウンサー)の自宅九州朝日放送鹿児島放送スタジオ新潟テレビ21サービスエリアにある新潟県村上市結んで生中継実施した。本来は「切り口環境問題について考える」という趣旨だったが、本番中最新鋭VTR再生機が故障し結果的に上記内容になったという。これが初日惨敗象徴する出来事になったとして、以後しばらくの間スタッフ間で「」は禁句となり、久米1年間を口にしなかったという。その直後には、同市出身稲葉修当時自民党衆議院議員)が、自宅からの生中継久米トーク繰り広げている。 初期は月曜日から木曜日22:00 - 23:17(「大相撲ダイジェスト放送時は23:15まで)、金曜日のみ22時台は『必殺シリーズ』 など当時朝日放送現在の朝日放送テレビ制作であり、スタート当初はこのについて朝日放送との調整が付かなかったこともあって、1時間遅れの「金曜版」とし、23:00 - 0:00放送となった(「大相撲ダイジェスト放送時はネットスポンサー23:45まで)。 開始当初観客入れて公開形式番組として放送されており、原則としてメインスタジオであるAスタジオからは一般ニュース放送しない一般ニュースは『ANNニュースファイナル時代名残から1コーナー扱いとされ、報道局のNスタジオから小宮・坪井(貴)が伝える形となっていた)構成が採られるなど、報道バラエティ色を加味し内容となっていた。しかし、開始早々から阪神タイガース21年ぶりのリーグ優勝・日本一エドゥサ革命など、重大ニュースにより全編Nスタジオからの臨時編成となるケース多くその際一般公募によるキャスター陣が対応に窮する場面多々見られたこと、また開始早々視聴率低迷影響もあり、開始数回Aスタジオでの観客入れ廃止したのを皮切りに番組内容キャスター配置の再整理急ピッチで進められ1986年4月からは全編通じて久米小宮小林3人体制進行ニュース読み解説担当する報道色の強い番組構成リニューアルされた(この際リポーター並行して不定期天気コーナー兼務するようになった橋谷同じく不定期ゲストコメンテーター兼務することになった若林天気キャスター松本リポーター内田誠を除く公募によるキャスター陣は一旦リポーター専任となった後、開始1年以内全員番組降板している)。 放送するスタジオに関しても、1986年久米小宮小林トリオ体制になる前後から1990年代初頭まではオープニングから概ねスポーツコーナー開始前CM枠までの前半部がNスタジオからの放送となり、Aスタジオスポーツコーナー以後後半部で使うように変更された(日によって全編Aスタジオから放送場合もあった)。ただし、重大ニュースがあった場合後述するセット改装があった場合全編N