70年代とは? わかりやすく解説

70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 05:29 UTC 版)

70年代(ななじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)70年から79年までの10年間を指す十年紀




「70年代」の続きの解説一覧

70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 10:10 UTC 版)

ヴァンヂャケット」の記事における「70年代」の解説

1970年には<どんな時、どんな場所でもどんな人にも語りかけるグローバルな服を多彩に創造していく>というキャッチコピーと共に企業ポリシーに「GLOBAL EYEを掲げ各国撮影されビジュアル残されている。 1971年~72年2年間に渡り展開されキャンペーンCome on Sportsman!」、73年SPORTS COMMUNICATION」、74年「We Love Sports」と70年代前半は、スポーツぶつかっていく男にスポットをあて、「週に一日スポーツを!」という合言葉と共に明るく活発で健康的>というVANイメージ強くアピールしたキャンペーン開催された。青山本社を建て一帯VAN TOWN青山名付け関連のブランド点在していた。 丸紅組みあらゆる分野進出20以上の自社ブランドのほか、海外ブランドともライセンス契約を結び、インテリアショップ花屋劇場まで経営した1971年98億円だった収益1975年には425億円となったが、1976年売り上げ落ち込み1978年倒産した倒産悼み雑誌の『POPEYE』は、「VAN先生だった」と題したVAN特集号1978年6月10日号)を出版、約22万部売れた

※この「70年代」の解説は、「ヴァンヂャケット」の解説の一部です。
「70年代」を含む「ヴァンヂャケット」の記事については、「ヴァンヂャケット」の概要を参照ください。


70年代(マグマ加入)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/04 12:43 UTC 版)

ステラ・ヴァンデ」の記事における「70年代(マグマ加入)」の解説

70年代の初めドラマークリスチャン・ヴァンデ結婚しマグマ加入バンドの女声ヴォーカルとして現在に至るまで在籍する(娘のジュリー出産時のみマグマでの活動一時休止している)。マグマでのコバイア語名はOrganïk Kommandeür。バンド活動の他、1978年には、フランス・ギャルショーMade in France」にコーラスとして参加している。80年代マグマの活動休止後は、ソロ活動の他、クリスチャン・ヴァンデの新バンド・オファリングにも加入するなど、一貫して彼と活動を共にしている。

※この「70年代(マグマ加入)」の解説は、「ステラ・ヴァンデ」の解説の一部です。
「70年代(マグマ加入)」を含む「ステラ・ヴァンデ」の記事については、「ステラ・ヴァンデ」の概要を参照ください。


70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 21:45 UTC 版)

サンパウロ日伯援護協会」の記事における「70年代」の解説

援協活動初期では戦後移民ブラジル定着までに生じ諸問題解決主な仕事であったが、1962年以降に戦後移民の数が激減し病気困窮等の問題抱えた日本移民が、新旧を問わず援協助けを求めるようになった1967年始まったブラジル農業界の不況により、この傾向は更に強まったまた、戦後移民の生活が安定してきた60年代末期から戦前移民高齢化目立つようになり、戦前の移民への援護活動戦後移民に対するものを上回るようになったまた、創立以来援協多数精神障害者保護し最初の10年だけでも取り扱ったケース1000以上にのぼったその内容精神疾患患者病院世話入院費補助であった精神障害者は2~3ヶ月入院治療快復して一時退院しても、アフターケア不足で再発し入退院繰り返場合多かった1972年度、援協月平均15名、年間200名の精神障害者救済援護し精神障害老人問題と並ぶ深刻な社会問題となっていた。

※この「70年代」の解説は、「サンパウロ日伯援護協会」の解説の一部です。
「70年代」を含む「サンパウロ日伯援護協会」の記事については、「サンパウロ日伯援護協会」の概要を参照ください。


70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:04 UTC 版)

1世紀」の記事における「70年代」の解説

詳細は「70年代」を参照 70年 - ユダヤ戦争エルサレム陥落するこの時期までにクムラン遺跡周辺洞窟隠匿されたユダヤ教系の文書が「死海文書」として残存71年 - 属州ブリタンニアローマ軍事拠点エボラクム属州ブリタンニア)(英語版)(現ヨーク)が建設される73年 - ローマ軍包囲したマサダ要塞陥落79年ウェスパシアヌス帝が死去息子ティトゥス帝が即位ヴェスヴィオ火山噴火によりポンペイ埋没大プリニウス噴煙巻き込まれ死亡白虎会議

※この「70年代」の解説は、「1世紀」の解説の一部です。
「70年代」を含む「1世紀」の記事については、「1世紀」の概要を参照ください。


70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 00:10 UTC 版)

スケバン」の記事における「70年代」の解説

タイ外したり丈を短くしたセーラー服長靴で、先端研磨により尖らせた傘を携行することも。髪を染めたりパーマをかけるなど、個々に多様化個性化志向する動き見られる

※この「70年代」の解説は、「スケバン」の解説の一部です。
「70年代」を含む「スケバン」の記事については、「スケバン」の概要を参照ください。


70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/20 01:00 UTC 版)

シャーベル」の記事における「70年代」の解説

創業最初期カリフォルニア州サンディマスでブギー・ボディズ(後のワーモス)フェンダーライセンスのネックボディーなどのパーツ仕入れペイント組み込みサービス行っていたという。同社ブレイクきっかけエドワード・ヴァン・ヘイレンが自ら組み立てたコンポーネントギターのパーツシャーベル製だったことなどによる。もっともネックなどはワーモス製品流用していた。ワーモス一時ヤマハなどにもネック提供していた時期がある。

※この「70年代」の解説は、「シャーベル」の解説の一部です。
「70年代」を含む「シャーベル」の記事については、「シャーベル」の概要を参照ください。


70年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 20:35 UTC 版)

カール・ベーム」の記事における「70年代」の解説

日本でのベーム人気一気に火がついた1975年公演は、ウィーン・フィル率いて公演であり、前評判違わぬ演奏大きな反響呼んだあまりの反響大きさベーム感激し時期こそ決めないものの再びの来日即断したとも言われるこの時リッカルド・ムーティ同行しムーティ指揮での公演別途行われた。 わずか2年後1977年再来日決定したのは、その他に来ていた話をベームがすべて断り最優先で時間作ったからだった。両公演NHKTOKYO-FMによって多数録音され一部CDDVDとして販売されている。

※この「70年代」の解説は、「カール・ベーム」の解説の一部です。
「70年代」を含む「カール・ベーム」の記事については、「カール・ベーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「70年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「70年代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

70年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



70年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの70年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァンヂャケット (改訂履歴)、ステラ・ヴァンデ (改訂履歴)、サンパウロ日伯援護協会 (改訂履歴)、1世紀 (改訂履歴)、スケバン (改訂履歴)、シャーベル (改訂履歴)、カール・ベーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS