人気とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 様子 > 人気の意味・解説 

じん‐き【人気】

その地域人々気風。にんき。「—が荒い」

人々受け取りよう。気受け評判。にんき。

講釈風のレクチュア妙に書生の—を集めた」〈魯庵社会百面相

群集した人々熱気また、人々気配

「—ハナハダ熱シ」〈日葡


にん‐き【人気】

人々気受け世間一般評判。「—が上がる」「—をさらう」

その土地人々気風。じんき。「—の荒い土地柄

株式市場で、投資家の間に広がる、ある銘柄評判。「買い—にあおられる

人間意気。じんき。

天道—に空しからず」〈浮・新永代蔵


ひと‐け【人気】

《「ひとげ」とも》

人のいるようす。人の気配。ひとっけ。「—のない場所」

人間らしいこと。人並み

「我をば—なしと思ひ離れたるとな」〈源・紅梅


人気相場、人気(にんきそうば、にんき)

市場景気強弱に関係する人々見解見通しのことをいい、人気が悪くなって相場安くなることを「人気安」、採算度外視して単に人気だけで動いた相場を「人気相場」といいます。長い時間をかけて上昇する相場には人気が必要不可欠です
反意語実勢相場

人気(にんき)

読み方:にんき

  1. 群衆想像力或ひは推理力とでも見るべきで、形の上に現れたものは相場騰落である。

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 00:52 UTC 版)

人気(にんき)とは、一般的な意味としては、世間からの受けのこと。公営競技において、その競走対象に関連する投票券の売上額の相対的な多寡(多少)のこと。また、人気(じんき、ひとけ)とは、がいる気配のこと。




「人気」の続きの解説一覧

人気

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:14 UTC 版)

名詞

(ニンキ・ジンキ・ひとけ)

  1. ニンキ多くの人に好まれていること。
  2. ジンキニンキ
    1. 人の気配
    2. ある土地の人の気性、その土地雰囲気
  3. ひとけ
    1. 人の気配、そこに人がいるかの様子。
    2. 古語人間らしさ

類義語

翻訳


「人気」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「人気」に関係したコラム

  • 株式銘柄の分類一覧

    株式市場に上場している銘柄は、さまざまなタイプや条件に分類されます。上場している銘柄を分類することにより、そのグループの値動きの特徴をつかんだりすることができます。例えば、条件で分類する場合、時価総額...

  • 株式分析を出来高で行うには

    相場の格言に、「最初の大商いには黙ってつけ」、「人気の出始めは人気に従え」といったものがあります。株価が急に上がったり、急に下がったりしたら必ず何らかの理由があるから、何はともあれ相場に乗っておくとよ...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • CFD業者のキャンペーン一覧

    CFD業者では顧客獲得のためにキャンペーンを実施することがあります。キャンペーンの内容は、新たに口座を開設した人に対してのキャッシュバック(現金プレゼント)や、既存の顧客に対しての取引高に応じてのキャ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人気」の関連用語

人気のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS