キャラクターとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > キャラクター > キャラクターの意味・解説 

キャラクター【character】

性格人格その人持ち味。「特異なキャラクターの持ち主

小説劇・映画などの登場人物。「キャラクターの設定がうまい」

文字記号


キャラクター

〔名〕 (英 character

① (人の)性格性質ひとがら持ち味また、特に芝居映画小説漫画などの登場人物役柄をいう。

明六雑誌‐三二号1875国民気風論〈西周〉「此地質上の性質と前の政治并に道徳上の気風とは相待て成る者にて、両相合して我が日本国民現在の気風(ケレクトル)とは成りたるなり」

にんげん動物園(1981)〈中島梓〉五〇「コミカルなキャラクターの方へ比重かかってゆき」

② 一体系としての文字記号

(イ) 表意文字漢字

国語のため第二(1903)〈上田万年仮字名称考「文字の義なる字(キャラクター)の語を、人の名・物名・所の名などいふ名(ネーム)の訓にて解せしこと」

(ロ) コンピュータデータ処理用い要素として定められている単位で、文字をいう。数字英字仮名漢字間隔等の図形文字と、伝達書式装置制御情報分離等についての制御文字とがある。「キャラクターマシン」

広告宣伝物または広告活動一貫してもっている個性企画から展開の過程で独自に創造するものや有名人動植物などを利用する場合などがある。


キャラクター

読み方きゃらくたー
【英】 character

漫画アニメーション小説などに登場する人物動物などについて,その名称,姿態容貌性格役柄その他の特徴総体として,読者等によって一定のイメージとして感得されるもの,また,そのようなイメージ生成するものとして創作されたものをいう漫画イラストレーションアニメーション小説など,そこでキャラクターを具体的に表したものは「表現」として著作権客体である著作物であるといえるが,キャラクターそれ自体は「イメージ印象)」であって表現ではないから,著作権客体たりえない(大阪地判昭59・228無体例集161号138頁「ポパイ・マフラー事件」,最判9・717民集516号2714頁「ポパイ・ネクタイ事件上告審」)。 しかしながら,あるキャラクターを表現した著作物著作()者(複製権者)に無断で,そのキャラクターの本質である姿態容貌などを利用して別の表現をなすこと(キャラクターの無断利用)は,それが原作品の具体表現そのまま複製したのではなくとも,当該著作()者(複製権者)に対す著作権複製権侵害構成すると解されている(東京高判平4・514判時1431号62頁「ポパイ・ネクタイ事件控訴審」)。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

キャラクター


キャラクター 【character】

1.タイムコード文字図形記号の意。
2.劇やアニメーションなどに登場する人物や、作者によって性格与えられている動物物のこと。

キャラクター

【英】character

キャラクターとは、文字記号のことである。コンピューターによる情報交換単位として用いられる。

アルファベット、かな、記号制御文字などの1文字ぶんが、1キャラクターとなる。それらの並び基本とした画面表示を、キャラクターベース、あるいはキャラクターユーザーインタフェースCUI)と呼ぶ。


キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 16:13 UTC 版)

キャラクター(語源:character)は、小説漫画映画アニメコンピュータゲーム広告などのフィクションに登場する人物や動物など、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。また、その特徴を通じて、読者、視聴者、消費者に一定のイメージを与え、かつ、商品や企業などに対する誘引効果を高めるものの総体[1]


注釈

  1. ^ キャラ (コミュニケーション)#キャラとキャラクターを参照。
  2. ^ 権利者によっては、パチンコ・ギャンブルのように児童や青少年に不適切なものや、青少年に提供できないサービスなどに対してはライセンスを許可しないケースもある。藤子プロが管理する藤子・F・不二雄作品など。なお、キャプテン翼はアニメや原作の展開時にはパチンコ等の使用を認めていなかったが、当時のファン層が成長した2010年代になってパチンコ化を容認している。

出典

  1. ^ 穂積保『コンテンツ商品化の法律と実務』学陽書房 2009
  2. ^ 宮下真(著)、星野克美(監修)『キャラクタービジネス 知られざる戦略』青春出版社、2001年、64-65頁。ISBN 4413018273
  3. ^ 水野由多加 (2014-8). “「くまモンは広告か? : ゆるキャラ現象から見た広告と人間観の検討」”. 『日経広告研究所報』 (216): 10-17. https://ci.nii.ac.jp/naid/40020178994/ 2020年12月5日閲覧. "したがって、キャラクター自体がその広告効果により「広告」となるという認識がある。" 
  4. ^ 伊藤剛 『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』 NTT出版、2005年、54頁・95-108頁。ISBN 978-4757141292
  5. ^ 円堂都司昭 『ゼロ年代の論点 ウェブ・郊外・カルチャー』 ソフトバンククリエイティブ、2011年、143頁。ISBN 978-4797362145
  6. ^ 玩具以外では、布製品や文房具の廃棄率が特に高い。
  7. ^ たまごっち』を製造・販売するバンダイ1996年からの第1次ブームが沈静化した1999年にメーカー在庫250万個を廃棄処分した。ゲーム業界.com ゲームメーカーの失敗例
  8. ^ キャラクター・データバンク調べによる。1995年〜2003年の数字は『CharaBiz Data』2004、キャラクター・データバンク、2004年、7頁。2001年〜2010年の数字は『CharaBiz Data』2011(10)、キャラクター・データバンク、2011年、37頁。2006年〜2013年の数字は『情報メディア白書 2015』電通総研(編)、ダイヤモンド社、114頁(大元の出典は『CharaBiz Data』2014(13))、2014年の数字は2014年の市場規模は昨対比7.6%の1兆6,900億円に!『CharaBiz DATA 2015(14)』5月末発刊!好評発売中!! CharaBiz News、キャラクター・データバンク、2015年5月13日。2015年の数字は売り上げ1兆6,300億円のキャラクター市場 人気2位はアンパンマン 1位は? 『CharaBiz DATA 2016⑮』で掲載。2016年の数字は2016年の市場規模は前年比1.8%減の1兆6,000億円!『CharaBiz DATA 2017(16)』5月末発刊!好評発売中!今年で16冊目となるキャラビズ資料集の決定版
  9. ^ バンダイキャラクター研究所 時代レポート Vol.1「キャラクターに癒しを求める現代人」4頁。
  10. ^ バンダイキャラクター研究所 時代レポート Vol.1「キャラクターに癒しを求める現代人」17頁。
  11. ^ 著作権なるほど質問箱”. 文化庁. 2020年12月6日閲覧。
  12. ^ 最判平成9年7月17日民集51巻6号2714頁


「キャラクター」の続きの解説一覧

キャラクター

出典:『Wiktionary』 (2020/03/08 01:15 UTC 版)

名詞

キャラクター

  1. 性格特徴特色
  2. 小説漫画アニメなどの登場人物
  3. 文字。特にアルファベットでない文字

発音

キャ↘ラター
キャ↗ラ↘ター

語源

英語 character

類義語

関連語


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




キャラクターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャラクター」の関連用語

キャラクターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャラクターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2021 Sekidou Kousuke.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキャラクターの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャラクター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキャラクター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS