イメージ戦略とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > 戦略 > イメージ戦略の意味・解説 

イメージ戦略 image-building strategy

イメージ商品評価結びつきやすいために商品購買と深い関係がある。そこで企業競争状況消費者行動考慮しながら企業商品イメージを築くためにマーケティング行動をとる。これをイメージ戦略という。その商品販促にあたっては望ましいイメージをつくり出すことが重要で、広告はイメージ戦略の有効な手段である。

イメージ戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/29 06:55 UTC 版)

イメージ戦略(イメージせんりゃく)とは経営学用語の一つ。イメージというのは商品の評価と結びつきやすく、このことからイメージというのは商品の購買とも深い関係を持つことになる。このため企業というのは、商品のイメージを築くことを目的とした行動をとることになるわけであり、このことをイメージ戦略という。イメージ戦略においては、望ましいイメージを作り出すということが重要であり、広告が有効な手段である[1]。企業の外国への進出などで、現地において消費者となる人々がまだ商品を選択することが困難な状態である場合には、イメージ戦略を重要としていく。まずは映画音楽などのエンターテイメントでそのを知っていただき、その国の企業の商品であるから買おうと思っていただくといった形にである。この場合にはコンテンツと商品の結びつきが重要となる。現地において人気のある外国人もイメージ戦略に起用されることが多く、その外国人の国の企業の商品であるということも宣伝ということになり、このことからも消費者は商品を選択するということになる[2]




「イメージ戦略」の続きの解説一覧



イメージ戦略と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イメージ戦略」の関連用語

イメージ戦略のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イメージ戦略のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2019 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイメージ戦略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS