コンテンツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > コンテンツ > コンテンツの意味・解説 

コンテンツ

コンテンツとは、基本的には「内容」「中身」を意味する英語由来言葉であり、とりわけIT産業娯楽産業において「情報中身」「情報そのもの」を指し示す概念である。分かりやすくいうと、表現内容表現手法含めて情報そのもの商品価値を持つ情報》のことである。テレビ書籍インターネット通じて提供される、映像音声文章ゲームなどの「情報内容そのもの」がコンテンツである。もっと大まか雑把単純化すればコンテンツとは「各メディア通じて提供される著作物のこと」と言ってしまえるかもしれない。

2000年代半ば成立した法律「(通称コンテンツ促進法」では、コンテンツについて、おおむね映画音楽その他における創造的著作物(かつ教養または娯楽範囲属するもの)」のように定義している。

この法律において「コンテンツ」とは、映画音楽演劇文芸写真漫画アニメーションコンピュータゲームその他の文字図形色彩音声動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの(中略であって人間創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽範囲属すものをいう。」―― コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律
ただ、同法律における定義は「同法保護対象として扱う《コンテンツ》」を定義しているわけであり、必ずしも普遍的な概念としての「コンテンツ」を定義しているとは限らない、という点は留意すべきであろうとはいえ一般的に「コンテンツ」といえばもっぱら教養を含む)娯楽作品念頭にかれているといえる

コンテンツは、英語の content(s)カタカナ表記した語である。content には容量容積要旨内容といった抽象的概念を指す意味合いと、「容器中身」「書籍などの内容」といった具体的・現実的な「中身」を指す意味合いがあり、具体的な意味合いは特に複数形contents表現されることが多い。この contents意味合い日本語の「コンテンツ」とほぼ一致する。

「コンテンツ」に関連する語彙として「コンテンツ化」や「コンテンツサービス」といった表現が挙げられる。

「コンテンツ化」は、ただの情報としての価値しかなかった情報エンターテインメント性や教養要素付与し、コンテンツとしての価値加味して提供する活動を指す。

「コンテンツサービス」とは、映画音楽などのコンテンツの提供を事業とするサービスを指す。有料無料かは特に問われず、コンテンツの種類も特に限定されないが、いわゆるデジタルコンテンツ配信サービスを指す場合が多い。

コンテンツ【contents】


コンテンツ

〔名〕 (英 contents内容中身。特に、書籍内容目次。〔現代新語辞典1919)〕


コンテンツ

ソフトウェアコンピュータ一定の仕事を行わせるプログラム等であるのに対して、コンテンツとはその処理対象となる電子データである情報内容をいいます。コンテンツの例としては、データベースソフトウェアが処理対象とするデータや、映像音楽ソフトウェアが処理対象とする画像音楽データ等をあげることができます。身近なものでは、携帯電話いわゆる着信メロディデジタルカメラ撮影した画像もコンテンツといえましょう
実務指針では、ソフトウェアとコンテンツとは別個の経済価値をもつものと考えまた、それぞれの会計慣行があることから、ソフトウェアにコンテンツを含めないことを明らかにしています。したがって、ソフトウェアとコンテンツは、原則として別個のものとして会計理することになります。しかし、ゲームソフトなどソフトウェアとコンテンツが経済的機能的に一体不可分認められるような場合には、両者を一体として取り扱うことも認めています。コンテンツは、その性格に応じて関連する会計処理慣行準じて理すべきものと考えられます。

コンテンツ

メディアに収録された、また伝送される/提供される全ての内容を総称としてコンテンツと呼ぶ。デジタルBS放送では、データ放送からSD/HD放送、BSデジタルラジオ放送までを含めてこう総称することになる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


コンテンツ

【英】contents

コンテンツとは、一般に、コンピューターのようなマルチメディア環境によって提供される内容中身のことである。映像静止画音声文字などの情報データ総称として用いられる。特に、WWW上で提供されるWebサービスや、あるいはCD-ROMDVD-Videoタイトル内容を指す場合が多い。


コンテンツ contents

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

情報内容

インターネットの急速な普及など情報伝達手段多様化する中,情報提供会社これまで以上にコンテンツ情報内容の質と量を求められている。

意味説明

電子媒体通してやりとりされる情報内容

その他の言い換え語例

内容 中身 番組


コンテンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 06:06 UTC 版)

コンテンツ(contents (複数形))とは、「中身」のこと。英語の関連語彙としては、コンテナwiktionary:container)の中身がコンテントcontentであって、語自体には「電子媒体(メディア)の」とか「特に、電子的な手段で提供する」という意味は全く無く、例えば書籍の「中身の情報」は、小説とか評論であって、それがコンテンツである。





コンテンツ

出典:『Wiktionary』 (2018/04/29 14:24 UTC 版)

語源

名詞

コンテンツ

  1. 内容
  2. メディアによって提供される、情報各種創作物
  3. 目次

発音

こ↗んて↘んつ
こ↘んてんつ



コンテンツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンテンツ」の関連用語

コンテンツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンテンツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
新日本有限責任監査法人新日本有限責任監査法人
2001-2021 Ernst & Young ShinNihon All Rights Reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2021 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンテンツの記事を利用しております。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンテンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS