コンテンツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > コンテンツ > コンテンツの意味・解説 

コンテンツ

「コンテンツ」とは、テレビ書籍インターネットを通じて提供される映像・音声文章ゲームなどの「情報の内容そのものの意味用いられる語である。表現内容表現手法含めて情報そのもの」が商品価値を持つような情報のこと。分かりやすくいうと「各メディアを通じて配信・提供される著作物」がコンテンツである。

「コンテンツ」は英語の contents直接由来する言葉である。contents は、content複数形。英語の content(s) は「内容」「中身」を意味する言葉であり、必ずしも「情報」を指すとは限らないが、日本語における「コンテンツ」は、IT産業娯楽産業において「情報中身」「情報そのもの」を指し示す用語として用いられている。

2000年代半ば成立した法律「(通称コンテンツ促進法」では、コンテンツについて、おおむね映画音楽その他における創造的な著作物(かつ教養または娯楽範囲属するもの)」のように定義している。

「この法律において「コンテンツ」とは、映画音楽演劇文芸写真漫画アニメーションコンピュータゲームその他の文字図形色彩音声動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの(中略であって人間創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽範囲属すものをいう。」―― コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律

この 「コンテンツ促進法」の定義は「同法保護対象として扱う《コンテンツ》」に関する定義であるという点に留するべきではあるが、一般的に「コンテンツ」といえば大体このような意味で用いられているといえる

英語の content(s) には「容量容積要旨内容」といった抽象的な概念を指す意味合いもあり、また「容器中身」「書籍など内容」といった具体的・現実的な中身」を指す意味合いもある。具体的な中身を指す意味では特に複数形contents表現されることが多い。この contents の意味合いが、日本語の「コンテンツ」とほぼ一致する

「コンテンツ」に関連する語彙として「コンテンツ化」や「コンテンツサービス」といった表現挙げられる

「コンテンツ化」は、ただの情報としての価値しかなかった情報エンターテインメント性や教養要素を付与し、コンテンツとしての価値加味して提供する活動を指す。

コンテンツサービス」とは、映画音楽などのコンテンツの提供を事業とするサービスを指す。有料無料かは特に問われず、コンテンツの種類も特に限定されないが、いわゆるデジタルコンテンツ配信サービスを指す場合が多い。

コンテンツ

英語:contents

 

「コンテンツ」とは・「コンテンツ」の意味

「コンテンツ」とは、メディアにおける情報の内容のことである。英語ではcontents」といい、同じような意味で用いる。ポスターCMのような広告もコンテンツと呼ばれることがあるが、一般的にビジネスにおいては情報の内容広告とを分け際にコンテンツという表現用いる。テレビ番組でいうならばCMではない番組の内容そのものがコンテンツである。

インターネット業界では、コンテンツはデジタルコンテンツWebコンテンツと呼ぶことが多い。デジタルコンテンツとは、ストリーミング配信される楽曲動画配信される映画やテレビ番組電子書籍などのことをいう。それに対してCDレコードDVD紙の本などはアナログコンテンツという。WebコンテンツWeb上にあるコンテンツのことである。先に挙げたデジタルコンテンツだけでなく、ホームページSNSなどWebコンテンツ含まれる

「コンテンツ」の熟語・言い回し

「コンテンツ」という言葉用いた熟語言い回しには以下のようなものが挙げられる

コンテンツ商品とは


コンテンツ商品とは、コンテンツそれ自体商品になっているものである一般的に先述したデジタルコンテンツはコンテンツ商品であるとみなされる。コンテンツ商品主なものとしては映像ゲーム挙げられる。たとえば、映像ゲームそれぞれDVDソフトゲームソフトとして販売されてきたが、近年では動画配信サービスやゲームクラウドサービスの普及にともない、コンテンツ配信のみが行われるケース増加している。コンテンツ商品はアナログコンテンツのようにパッケージ必要としないのが特徴である。

コンテンツ化とは


コンテンツ化とは、ただの無意味な情報でしかない思われいたもの着目しエンターテイメント化したりゲーム化したりすることによってそれを有益な情報変えることである。コンテンツマーケティング呼ばれることもある。たとえば、企業ホームページにはさまざまな会社情報記載されている。この掲載されている情報情報見せ方などに注目することで商品サービス企業に対してより好感を持ってもらったり商品サービス関心を持ってもらったりすることができるそうした取り組みがコンテンツ化である。

有料コンテンツとは


有料コンテンツとは、情報の内容自体値段つけることである。お金払った人だけが有料コンテンツ見ることができるので、プレミアム感演出することができる。

動画コンテンツとは


動画コンテンツとは、動画形式のコンテンツである。発信者動画制作し、それをネット上公開するというものである。もっともよく知られているものとしては、YouTubeの動画配信挙げられる動画コンテンツではないものとしては、ホームページSNSなどでのテキストコンテンツやストリーミングサービスなどでの音楽コンテンツがある。

モバイルコンテンツとは


モバイルコンテンツとは、さまざまなデジタルコンテンツの中でスマートホンタブレットのようなモバイル端末閲覧・利用できるコンテンツのことである。主なものとしてはモバイルゲームネット配信動画GPSナビゲーションなどが挙げられる

アニメコンテンツとは


アニメコンテンツとは、アニメーションによるコンテンツのことである。実写ではなくイラスト用いる。フラッシュアニメーション制作され動画も含む。

「コンテンツ」の使い方・例文

「コンテンツ」の使い方例文には、以下のようなものが挙げられる

東京都アニメコンテンツ活用した観光客誘致事業を行うと発表した

我が社ホームページをコンテンツ化すれば、より多くのファン獲得可能だ

・この配信サービスでのあなたのおすすめの動画コンテンツ教えてください

若者の間で昭和の頃のアナログコンテンツが流行している

経済産業省は「映像音楽ゲーム書籍等制作流通を担う産業」の総称としてコンテンツ産業呼んでいる。

日本の2大コンテンツといえばアニメゲームである。

先日コンテンツ配信されゲーム大きな話題集めている。

今回講演無料コンテンツとして配信する予定だ。

・コンテンツの質が悪ければ視聴者離れてしまうだろう

コンテンツ【contents】


コンテンツ

メディアに収録された、また伝送される/提供される全ての内容を総称としてコンテンツと呼ぶ。デジタルBS放送では、データ放送からSD/HD放送、BSデジタルラジオ放送までを含めてこう総称することになる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


コンテンツ


コンテンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 20:25 UTC 版)

コンテンツ (contents(複数形))とは、「中身」のこと。英語の関連語彙としては、コンテナ (wiktionary:container) の中身がコンテント (content) であって、語自体には「電子媒体(メディア)の」や「特に、電子的な手段で提供する」という意味は全くない。例えば書籍の「中身の情報」は、小説評論であって、それがコンテンツである。





コンテンツ(エリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 13:57 UTC 版)

タヒチフェスタ」の記事における「コンテンツ(エリア)」の解説

3つのステージ設けている。 AirTahitiNuiステージ(屋外パレットプラザ) Tiareステージ(MEGA WEB) Monoi de Tahiti ステージ(ヴィーナスフォート館内2F教会広場) ※2019年開催情報

※この「コンテンツ(エリア)」の解説は、「タヒチフェスタ」の解説の一部です。
「コンテンツ(エリア)」を含む「タヒチフェスタ」の記事については、「タヒチフェスタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンテンツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンテンツ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:25 UTC 版)

語源

名詞

コンテンツ

  1. 内容
  2. メディアによって提供される、情報各種創作物
  3. 目次

発音(?)

こ↗んて↘んつ
こ↘んてんつ

「コンテンツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンテンツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンテンツ」の関連用語

コンテンツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンテンツのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
新日本有限責任監査法人新日本有限責任監査法人
2001-2023 Ernst & Young ShinNihon All Rights Reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2023 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンテンツの記事を利用しております。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2023 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタヒチフェスタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンテンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS