共有とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 共有の意味・解説 

きょう‐ゆう〔‐イウ〕【共有】

[名](スル)

一つの物二人以上が共同で持つこと。「秘密を共有する」「共有財産

共同所有の一形態で、二人上の者が同一物の所有権量的分有する状態。最も個人的色彩の強いもの。⇔専有。→合有総有


共有

読み方きょうゆう

広義には「共同所有」をいう。「共同所有」とは,複数の者が共同同一物を所有することをいうが,その主体団体結合強弱によって「(狭義の)共有」,「合有」,「総有」の3形態があると解されている。知的財産権共同発明共同著作物における特許権著作権が共有の対象となるが,その共有の性質は,持分権処分制限されている(特許73条,著65条など)ことから,合有に近いものと解されている。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

シェア

別名:占有,共有
【英】share, sharing

シェアとは、一般的に分担する」、「共有する」といった意味の英語である。IT用語としては、製品サービス市場占有率のこと、または、コンピュータ資源コンテンツなどを複数利用者で共有すること、という2つの意味で用いられている。

市場占有率としてのシェアは、ある市場における一定の期間において、対象企業、あるいは、製品サービスなどの売り上げ高、販売数量ユーザー数などの指標が、市場の中で占めている割合のことである。カタカナで単に「シェア」と言った場合、こちらの意味で用いられることが多い。

または、コンピュータネットワークWebなどにおいて、何らかのリソースコンテンツ複数利用者が共に利用することも、シェアと呼ばれる。こちらは「共有」と表記されることが比較的多い。例えば、共有ディスク共有ファイル共有ディレクトリ共有プリンタなどといった用法や、ファイル共有ソフト動画共有サイトといった用法の例がある。


共有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/30 09:03 UTC 版)

共有(きょうゆう)とは、所有権などある一定の権利が複数の主体によって支配・利用されている状態のこと。所有権以外の財産権の共有については準共有(じゅんきょうゆう)と呼ばれる(民法264条)。共有関係にある者のことを共有者(きょうゆうしゃ)という。


  1. ^ a b c d 我妻榮、有泉亨、清水誠、田山輝明『我妻・有泉コンメンタール民法 総則・物権・債権 第3版』日本評論社、2013年、458頁。
  2. ^ a b c d 我妻榮、有泉亨、清水誠、田山輝明『我妻・有泉コンメンタール民法 総則・物権・債権 第3版』日本評論社、2013年、462頁。
  3. ^ 我妻榮、有泉亨、清水誠、田山輝明『我妻・有泉コンメンタール民法 総則・物権・債権 第3版』日本評論社、2013年、460頁。


「共有」の続きの解説一覧



共有と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共有」の関連用語

共有のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共有のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2021 Sekidou Kousuke.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシェアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS