職場とは? わかりやすく解説

しょく‐ば【職場】

読み方:しょくば

職業として働く場所。会社・工場などで、執務作業をする場所。「―環境」「―結婚


職場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 09:25 UTC 版)

職場(しょくば、: workplace)とは、人が仕事を行う物理的な場所のこと。ホームオフィス、オフィスビル、工場などがある。産業社会において、職場は家庭に次いで最も重要な社会空間の一つになっており、「複数の主体にとって中心的なコンセプトになっている。すなわち、労働者、その家族、雇用者、顧客、そして社会全体にとってである」[1]。新たなコミュニケーション技術が発展したことにより、特定の物理的空間に位置を持たないバーチャルオフィスも登場している。


  1. ^ Paul Jackson, Reima Suomi, e-Business and Workplace Redesign (2004), p. 37.


「職場」の続きの解説一覧

職場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:45 UTC 版)

ブラック企業」の記事における「職場」の解説

トイレ玄関をはじめ事務所休憩室商品保管場所ですら整理整頓がされておらず不衛生な環境になっている人数の多い企業部署にもかかわらず制服作業服などに名札刺繍など従業員の名前・所属簡単に確認できるものがない従業員入れ替わり激しいことが伺える事務所規模が、求人票従業員数大きく隔たりがある派遣請負成り立っている会社である可能性があり、中間マージン搾取しているだけの業態である可能性が高い同業種の企業比較して異常に高齢者50 - 70代の者)が多い。若手過酷な労働条件キャリアアップ望めない環境嫌ってすぐに退職してしまい、辛抱強い中高年しか続かない状態になっている可能性がある経営者や一部の社員私物不必要に散乱している(会社私物化が行われている可能性がある)。

※この「職場」の解説は、「ブラック企業」の解説の一部です。
「職場」を含む「ブラック企業」の記事については、「ブラック企業」の概要を参照ください。


職場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 21:49 UTC 版)

NGワード」の記事における「職場」の解説

ハラスメントに即つながりかねない単語地雷称することがあり、すでにバブル経済期から雑誌など頻繁にみられるが、これもNGワード俗称一つである。

※この「職場」の解説は、「NGワード」の解説の一部です。
「職場」を含む「NGワード」の記事については、「NGワード」の概要を参照ください。


職場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 19:29 UTC 版)

セクシャルハラスメント」の記事における「職場」の解説

労働局寄せられセクハラ相談件数は、2014年度11,289であったこのうち相談者内訳は女性労働者からが59.6%、男性労働者からが5.5%、事業主からが16.4%、その他からが18.6%である。セクハラ相談件数は、男女雇用機会均等法に関する相談のうち45.4%にあたる。 しかし、一般に性犯罪被害申告率は低く盗難強盗概ね6割以上であるのに対し性犯罪1割強である。そのためセクハラ暗数相当数存在する考えられ実際に例えば、労働政策研究・研修機構によると正社員セクハラ経験率は34.7%だという。 2019年11月まとめた厚生労働省ハラスメント防止指針では就活生へのセクハラ・パワハラ防止実効性を欠くとして、慶應義塾大学上智大学早稲田大学国際基督教大学創価大学東京大学学生らつくる有志団体「セーフ・キャンパス・ユース・ネットワーク」の学生らが2019年12月2日都内記者会見開き文部科学省声明文提出した防止指針では就活生保護義務付けておらず学生社員向け同様、就活生へのセクハラパワハラ禁止し相談窓口の設置義務付けるよう求めている。大学へも実態調査相談窓口設置求めた2019年12月11日セクハラパワハラ対策進め厚生労働省は被害相談した労働者不利益な取り扱いをした企業女性活躍ハラスメント規制法社名公表された場合ハローワーク職業紹介事業者は一定期間その企業求人受理しないことを認めると決めた不利益な取り扱い禁じ女性活躍ハラスメント規制法施行に合わ政令改正2020年6月から実施する

※この「職場」の解説は、「セクシャルハラスメント」の解説の一部です。
「職場」を含む「セクシャルハラスメント」の記事については、「セクシャルハラスメント」の概要を参照ください。


職場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 23:30 UTC 版)

健康生成論」の記事における「職場」の解説

産業精神保健」も参照 SOCの3要素把握可能感、処理可能感、有意味感らは、職場にも適応されている。 有意味感は、職場における参加意欲意欲感覚仕事の意味に関連していると考えられる。また有意味感は、ジョブ管理、および仕事の意義と関連があるジョブ管理とは、従業員自分の仕事作業プロセスに関する意思決定を行う権限を持つことを意味する仕事の意義とは、「仕事の仕事の態度価値観目標動機づけ関わり感情との強い認識を伴う個人的価値観仕事活動との合同体験」である。 処理可能感の構成要素は、ジョブ制御関連するだけでなく、リソースへのアクセスにも関係するまた、社会技能および信頼とも結びついていると考えられている。社会関係有意味感にも関係している。 把握可能感は、職場における一貫したフィードバックによって影響され得る。例え職能評価など

※この「職場」の解説は、「健康生成論」の解説の一部です。
「職場」を含む「健康生成論」の記事については、「健康生成論」の概要を参照ください。


職場(タクシー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 06:28 UTC 版)

ねこタクシー」の記事における「職場(タクシー)」の解説

沼尻 崇(ぬまじり・たかし) 演 - 甲本雅裕 職場の同僚タクシー会社勤務運転手は、通常2人に1車が与えられ交代勤務乗車することが多く、勤と同車なのが彼である。ぶっきらぼうで近寄りがたい雰囲気を晒け出しており、営業所内でも浮いている。 勤が教師をしていた頃より「愛人家に行くため」と指名してくれる市の教育長など固定客の上客がおり、営業所内でトップ売り上げを誇る。また「稼ぎのため」と営業区域外で客を乗車させるなどルール違反堂々としているため、同業他社ドライバーから疎まれており、「借金返済のためある組織から追われている」など悪い噂立てられている。実際のところバツイチであり、また自身引き起こした交通事故原因で入院中一人息子養育費を稼ぐため、お金が必要様子ある日、勤から自分の営業成績上げるために仕事教えてほしい頼まれ嫌々ながら引き受けたことがきっかけで、勤と親しくなっていく。勤が営業車御子神さんを乗せていることを知ってから、勤に御子神さんを飼うこと、そして御子神さんと一緒に営業することを勧めたまた、元教師である勤に、入院中息子勉強教えて欲しい頼むようになる山梨 景子やまなし・けいこ) 演 - 李千鶴 勤が勤める、タクシー会社無線配車係。 営業所ではGPSによってタクシー現在地把握出来るため、何時間も車を止めてサボっている勤に無線で働くよう指示している。 芹沢 健志 演 ‐ 長谷川公彦 丹羽 仁美 演 - 芦名星 映画版のみ。職場の同僚で、勤の次に成績が悪い。勤を真似てねこタクシーを始め上に、それが雑誌に取り上げられたことから騒動になる。後に退職長距離トラック運転手になる。 真泉 平 演 - 高橋長英 勤が勤める、タクシー会社営業所長。温厚な性格テレビドラマ版では、勤が御子神さんを乗せていることは知らない映画版では、勤が御子神さんを乗せていることを知ってから『ねこタクシー』の営業理解示し後押しする

※この「職場(タクシー)」の解説は、「ねこタクシー」の解説の一部です。
「職場(タクシー)」を含む「ねこタクシー」の記事については、「ねこタクシー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「職場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

職場

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 12:12 UTC 版)

名詞

 しょくば

  1. 仕事をする場所

発音(?)

しょ↗くば↘
しょ↗くば

「職場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「職場」の関連用語

職場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



職場のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの職場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラック企業 (改訂履歴)、NGワード (改訂履歴)、セクシャルハラスメント (改訂履歴)、健康生成論 (改訂履歴)、ねこタクシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの職場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS