思いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 思いの意味・解説 

おもい〔おもひ〕【思い/想い/念い】

ある物事について考えをもつこと。また、その内容所懐。「年頭の—を述べる」

予想予期想像。「—もしない結末

願い望み。「長年の—がかなう」「—を遂げる」

物思い回想。「秋の夜長に—にふける」

思慕の情。愛情恋心。「彼女への—が募る

執念恨み。「この世に—を残す」

あることを経験してもたらされる感じ。「胸のすく—」「自分だけいい—をする」

多く名詞の下に付いて)ある対象を気にかけ、大切にする気持ちが特に強いことを表す。「親—の息子

4の意から》喪に服すること。また、その期間。喪中

「ちちが—にてよめる」〈古今哀傷詞書


思い

作者岩谷ほなみ

収載図書にじをくぐろう
出版社新風舎
刊行年月2006.6
シリーズ名新風舎文庫


思い

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:50 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. おもい」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「思い」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思い」の関連用語

思いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの思い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS