名詞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 名詞 > 名詞の意味・解説 

な‐ことば【名詞】

読み方:なことば

名詞(めいし)の旧称


めい‐し【名詞】

読み方:めいし

品詞の一。国文法では、自立語活用がなく、文の主語となることができるもの。代名詞とともに体言総称する数詞などもこれに含まれる意味上固有名詞普通名詞などに分けられるが、文法上区別する必要がないとされる

[補説] 学校文法などでは代名詞を名詞に含めことがある


名詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 09:44 UTC 版)

名詞(めいし [注釈 1])とは、品詞の文法的分類)の一つで、典型的には物体物質人物場所など[1]具体的な対象を指示するのに用いられ[2]、時間の経過と関係のない概念[3]を表す語である。例えば、日本語の「」「」「若者」「野原」などは名詞である。


注釈

  1. ^ 英語:noun, substantive, フランス語:nom, substantif, ドイツ語:Hauptwort, Dingwort, Substantiv[1]
  2. ^ その他、目や耳といった2個揃いのものを表す「双数」という概念を有する言語もある。
  3. ^ 但し、雅語的表現または特に親愛の情をこめたときの表現であって、一般にはitで受ける。また、国名は地理的用法の場合は、itで受ける[8]

出典

  1. ^ a b c 亀井ほか編 1996: 1327.
  2. ^ a b c d Koptjevskaja Tamm 2006: 720.
  3. ^ Givón 1984: 51.
  4. ^ 亀井ほか編 1996: 1329.
  5. ^ Mithun 2000.
  6. ^ 普通名詞 - コトバンク
  7. ^ 「チンする」9割に浸透=慣用句は誤用が増加—国語に関する世論調査・文化庁” (2014年9月24日). 2014年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  8. ^ 研究社 『新英和大辞典』第6版など



名詞(複合語を含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 09:25 UTC 版)

茨城弁」の記事における「名詞(複合語を含む)」の解説

あおなじみ青あざ。主に土浦以東地域使われる。 いっちぐたっちぐ、いっちくだっちく等:(1) 服のボタン掛け違えた状態。(2) ちぐはぐ(3) 互い違いちぐはぐ。 おれげー:俺の家。 がさやぶ:ごじゃっぺごじゃらっぺ(1)でたらめ、いい加減(な人、な事)。(2)馬鹿、ばかたれ。「あいつはゴジャッペで信用でぎね」→(あの人デタラメ(な人)だから信用出来ないさがんぼ(1) つらら。(2) アブラツノザメ。 しが:(1) つらら。(2) 薄氷(2) は特に川を流れ薄氷言い県北の方言。 しゃでー:弟。舎弟。「シャデーのほうは、今何やってんの?」→(弟さんは、今何をやっているの?) じゃんぼ・じゃぼ:葬式県西地域では「じゃんぼ」が多い。 ちぐ・ちぐ(鼻濁音)・ちく・ちぐらぐ・ちくらぐ・ちくらく・ちぐらっぺ・ちくらっぺ・ちぐらっぽ・ちくらっぽ:嘘。「ちぐ・ちく」は茨城栃木中心に広域使われる。 ちぐたぐ:(1) ちぐはぐ(2) 互い違い。「ぐ」は鼻濁音どどめいろ濃い紫色。プール入った後の唇などの色を言う。全域ではない。 とーみぎ・とーむぎ:トウモロコシ。 にんこ:おにぎり。「おにんことも言う全域ではない。 へだかす・へだっかす:下手なこと。下手な人。 まっつら:稲を束ねる。「まるきつる」(束ねる紐)の意味全域ではない。 やげっぱだ・やげっぺだ・やげっぽだ・やげばだ・やげぱだ・やげぽた:火傷全域ではない。 やせころげ・やせっころげ・やせっぴ:痩せっぽちやっちゃごっちゃ:でたらめの状態。めちゃくちゃ。 やま:、山の三つにあたる茨城弁では、「ハヤシ」「モリ」といった単語は無い。 ゆーべかた・ゆんべかた・ゆんべ:昨夜。 よひて・よひてー・よぴて・よぴてー:よっぴて一晩中。 よわっかし・よわっかす・よわっぴ:弱虫らいさまらいさん雷様

※この「名詞(複合語を含む)」の解説は、「茨城弁」の解説の一部です。
「名詞(複合語を含む)」を含む「茨城弁」の記事については、「茨城弁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「名詞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

名詞

出典:『Wiktionary』 (2021/06/14 14:23 UTC 版)

名詞

  1. 品詞一つで、事物名前を表す。旧称は「なことば」。他の品詞付属することなく独立した意味有し、文において主語として機能することができる語。

関連語

翻訳


「名詞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



名詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名詞」の関連用語

1
90% |||||

2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

名詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



名詞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの茨城弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの名詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS