独立とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 独立 > 独立の意味・解説 

どく‐りつ【独立】

[名](スル)

他のものから離れ別になっていること。「母屋から独立した離れ

他からの束縛支配を受けないで、自分意志行動すること。「独立の精神」「独立した一個人間

自分の力で生計を営むこと。また、自分事業を営むこと。「親から独立して一家構える」「独立して自分の店をもつ」

法律拘束を受けるが)他からの干渉拘束を受けずに、単独にその権限行使できること。「司法の独立」「政府から独立した機関

一国または一団体が完全にその主権行使できる状態になること。「独立を宣言する」「独立したての若い国」「独立国家


どく‐りつ【独立】

〔名〕 (「りつ」は「立」の慣用音

① 他に束縛されたり支配を受けたりしないで、自身の力で行動すること。

*学談雑録(1716頃)「学者は独立・特行、何をも頼むことはなし」〔易経大過卦〕

個人一家をかまえ、生計をたて、完全に私権行使能力を持つ状態になること。

東京繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「郎が父元某店の傭夫(〈注〉やとひもの)と為り、〈略〉終に独立の肆店を開く」

一国または団体が他から支配されることなく完全にその権限行使しうる状態になること。

文明論之概略1875)〈福沢諭吉〉一「世界中国々相分れて各独立の体を成せば」〔荀子仲尼

④ 他のものから離れて立つこと。また、他のものとはっきり別になっていること。

*黴(1911)〈徳田秋声二三二階には見晴好い独立の部屋が幾個(いくつ)もあったが」

[補注]「ドクリュウ」の読み確認できる例を除き、本項用例としてここにまとめた。

[語誌](1)「立」は漢音呉音ともにリフで、「独立」の読みは、古くはドクリュウであった。中世後期から近世前期にかけての節用集文明・易・書言)には「ドクリツ」とあるが、キリシタン作成した漢字辞書である「落葉集」には「ドクリウ」とあり、また近世期の作品にも「ドクリウ」のかなが付されている。
(2)明治期多数刊行された漢語辞典見渡すと、明治二〇年(一八八七)までは「ドクリツ」「ドクリュウ」がともに見られるが、二一以降刊行のものはすべて「ドクリツ」である。従ってドクリツ読み一般化したのは明治二〇年以降考えられる


どく‐りゅう ‥リフ 【独立】

〔名〕 (「りゅう」は「立」の呉音漢音、「りつ」は慣用音) =どくりつ(独立)

菅家文草900頃)三・相国東閤餞席「為吏為儒報国家、百身独立一恩涯」

洒落本売花新駅(1777)発端江城未申四こくの辺に〈略〉さる独立(ドクリウ)の宗匠あり」


ひとり‐だ・つ【独立】

〔自タ四〕 (「ひとりだち(独立)」の動詞化自分の力だけで立つ。自分の力だけでやって行く

土井周易抄(1477)二「陰の世は独りだつ事は叶まいぞ」


ひとり‐だち【独立】

〔名〕

① 子どもなどが、助け借りたりしないで自分の力だけで立ち上がること。

宇津保(970‐999頃)国譲下「宮、をかしげにて、ひとりだちし、歩みはじめ給ふほどなり」

② ほかからの援助を受けないで、自分だけの力でやってゆくこと。それまで他の者の下にいた人が、新たに自分自身事業などを始めること。一本立ちどくりつ

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「同等自主自立(〈注〉ヒトリダチ)の

行動ともにする仲間味方のないこと。ひとりぼっち孤立

玉塵抄(1563)三八「友なうてひとりたちにして名をあらわし功をなすことはない者なり」

④ ひとりずつ立ち去ること。

今昔1120頃か)二四「独立ちに皆立て去にけり」

(5) 他のものとはっきり別になっていること。どくりつ

三体詩抄(1527)「第三句不喚、第四句而述其心也。第三はひとりたちに、第四自然に来る也」


独立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 09:49 UTC 版)

独立(どくりつ)とは、他者・他国家などによって支配され、従属的立場にあったものがその支配から離れ、1つの主体として成立することである。とりわけ従属的立場にあった民族が別個の国家を樹立する際に用いられる。


  1. ^ 練馬区独立70周年 練馬区、2017年10月28日閲覧。


「独立」の続きの解説一覧

独立性易

(独立 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 09:26 UTC 版)

独立性易(どくりゅう しょうえき、万暦24年2月19日1596年3月17日) - 寛文12年11月6日1672年12月24日))は、中国末に生まれ、初に日本に渡来した臨済宗黄檗派禅僧である。医術に長け、日本に書法水墨画篆刻を伝えた。


  1. ^ 錦帯橋は寛文13年(1673年)に完成した。
  2. ^ 高玄岱『明独立易禅師碑銘并序』


「独立性易」の続きの解説一覧

独立

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:36 UTC 版)

名詞

どくりつ

  1. 他の束縛助けを受けず、自分の力で行動すること。
  2. 一つだけが離れになっていること。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
独立-する



独立と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「独立」の関連用語

独立のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



独立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独立 (改訂履歴)、独立性易 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの独立 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS