干渉とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 干渉 > 干渉の意味・解説 

かん‐しょう〔‐セフ〕【干渉】

読み方:かんしょう

[名](スル)

他人のことに立ち入って自分の意思従わせようとすること。「他人の生活に―する」

国際法で、一国他国内政・外交に、その国の意思に反して介入すること。「武力―」

二つ以上同じ種類の波が重なって互いに強め合ったり弱め合ったりする現象音波でのうなり、光波での干渉色によるシャボン玉色づく現象など。


干渉

作者香崎亮

収載図書ショートショートの広場 '86
出版社講談社
刊行年月1986.7


干渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 08:38 UTC 版)

干渉(かんしょう)




「干渉」の続きの解説一覧

干渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/28 17:16 UTC 版)

リング共振器」の記事における「干渉」の解説

干渉とは二つの波が重なり合った結果振幅大きくもしくは小さくなった波になる現象をいう。通常干渉とは互いに相関のある、コヒーレントな光の間の相互作用を指す。強め合う干渉が起きるのは、二つの波が同位相で干渉したときで、この場合生じる波の振幅元のそれぞれの振幅足し合せたものとなるリング共振器にはリング要素中に複数光回路を持つため、ループ残った他の光との干渉が起きる。このような場合吸光近接場光不完結合などによる損失無く共振条件満たされているものと仮定すると、リング共振器から出力される光の強度は系に加えられた光の強度等しくなる

※この「干渉」の解説は、「リング共振器」の解説の一部です。
「干渉」を含む「リング共振器」の記事については、「リング共振器」の概要を参照ください。


干渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 07:13 UTC 版)

フェムトセル」の記事における「干渉」の解説

フェムトセル設置により、既存通信エリア干渉する問題があるフェムトセルの「下層ネットワーク固有の周波数帯無く、あるいはより広いネットワークの中で細心の注意を払った周波数帯計画無ければフェムトセルは酷い干渉問題を被る可能性があるという問題がある例えば、マクロセル・ネットワークから家庭のフェムトセル・アクセス・ポイントへの切り替えハンドオーバー)で、考慮入れなければならない規格制限事項定められている。例えば、(2Gおよび3G標準のための)RAN ハンドオーバー・アルゴリズムには、携帯電話端末どれだけ走査測定、そして通過できるか、隣接セル・サイトの数(通常16)に制限がある。さらに、単一周波数CDMAシステム操作されている場合(マクロセル・ネットワークとフェムトセル・ネットワークが同じ周波数帯利用する場所、典型的に一つ3G周波数帯だけを許可され多数通信事業者による状況)、マクロセルフェムトセル電力制御アルゴリズムは干渉を起こす可能性がある例えば、携帯電話端末マクロセル装置通話地域にいる間にCDMAシステム固有の遠近問題に対す電力制御一部として、携帯電話端末フェムトセルへの送信電力増加する場合挙げられるマクロセルの場での高出力送信機周波数共有されるため結果として干渉者として働きをする。最後に通話地域問題がある高層宿泊施設で、別の階に居るフェムトセル利用者他の利用者に干渉を起こす可能性がある。この問題に対して幾つかの部分的な解決策があるが、しかし主として干渉を防止する唯一の方法は、特にCDMA展開するため、フェムトセル通話地域に対して異なった周波数を使う事である。その部分的な解決策は、明らかに性能とのトレードオフがあるが、3G設定パラメータ利用可能なmode-2 fixed power option利用する事が含まれる。それは携帯電話端末出力増加する事と干渉を引き起こす事を防ぐ。 多くの製造供給元がこの問題に対処するための高度なアルゴリズム開発した報じられており、また通信事業者によるモデル化はこれが実行可能である事を示している[要出典]。そのため、現在実施されている試験それらの技術試験する事と、どの状況下のの程度の干渉が問題であるか測定する事を目的とするものである。「PIMRC 07」のための論文で、オルガー・クラウセン (Holger Claussen) はUMTSフェムトセルマクロセル干渉問題について述べ、干渉を管理するために「自動設定公衆アクセスなど必要不可欠な条件」が必要である結論下している。この場合公衆アクセス」は、同じ周波数を使う(すなわち同じ通信事業者の)全ての開済フェムトセルは、誰からのアクセスでも認め必要があるという事意味する。これと同時に、もし利用者DSLケーブルによるバックホール接続代価支払っていれば、上位接続問題があるのは明白である。これは低コスト呼び出しによって相殺できる可能性があるという事論文提案されている。その他の論文Lester T. W. Hoとオルガー・クラウセンは干渉を軽減するためにフェムトセル出力レベル自動設定するための前提条件示している。なおクラウセン最初の論文では、アルゴリズムマクロセル送信出力知識必要とする。それはフェムトセル中心にフェムトセルへの見通し距離を)構成する事を通信事業者要求し、そしてそれはフェムトセル設置された場所の知識必要とする彼の第二論文では、Lester T. W. Hoマクロセルフェムトセル間の切り替えメッセージ起因し増加するネットワーク・トラフィック問題強調している。 3GPP会議次のように報告した:「これまで調査され範囲に対して公開アクセス用に同一チャネル配置する事は実現可能である。非公開アクセスについては、これまで行われた分析では、もし適応可能な干渉緩和技術使われるなら同一チャネル配置する事は実現可能である、という事示しているマクロ層における HNB (Home NodeB) 性能影響間のトレード・オフ要約するために、また許容できるトレード・オフ特定できるかどうか決定するために、追加研究必要である。」 多くの会社は、測定同期、および近所の基地局隣接リスト作成するため、無線端末 (UE : User Equipment) としてフェムトセルを使う手法使っている。この情報から、既存インフラストラクチャ干渉する事を避けるために、出力拡散符号およびその他の要素決定し解決する事ができる。

※この「干渉」の解説は、「フェムトセル」の解説の一部です。
「干渉」を含む「フェムトセル」の記事については、「フェムトセル」の概要を参照ください。


干渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 02:15 UTC 版)

誘導結合プラズマ発光分析」の記事における「干渉」の解説

ICP発光では以下のような干渉により、正確な分析できないことがある。 イオン化干渉 : イオン化傾向の高い元素高濃度含まれている場合などに起こる。目的元素イオン化の程度が大幅に変わってしまうことで、発光強度変化してしまうこと。 物理干渉 : 試料溶液粘度などが大きく変わってしまうことで、ネブライザーでのエアロゾル生成の具合変わってしまうこと。 分光干渉 : 目的元素発光ピークに、他の元素発光ピーク重なってしまうこと。 化学干渉 : プラズマ原子化イオン化しにくい物質生成してしまうこと。

※この「干渉」の解説は、「誘導結合プラズマ発光分析」の解説の一部です。
「干渉」を含む「誘導結合プラズマ発光分析」の記事については、「誘導結合プラズマ発光分析」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「干渉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

干渉

出典:『Wiktionary』 (2018/09/29 08:05 UTC 版)

名詞

かんしょう

  1. 自分以外の人・団体・国などに対して立ち入って意見述べたり行動強制ようとしたりすること。
  2. 物理学複数波動重ね合わせが,一見すると新たな波動を生み出しているように見えること.
  3. 言語学第二言語習得中に、その第二言語第一言語影響を受けること
  4. 他者動作範囲において,本来の自由な動作妨げること。(機械において動作させた際の部品ぶつかり当たり,通信符号間の妨害ウイルス学における増殖抑制

発音(?)

カ↗ンショー
IPA: /kaɴʃoː/
X-SAMPA/??/

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
干渉-する

「干渉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



干渉と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「干渉」の関連用語

干渉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



干渉のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2023 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの干渉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリング共振器 (改訂履歴)、フェムトセル (改訂履歴)、誘導結合プラズマ発光分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの干渉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS