過干渉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 過干渉の意味・解説 

過干渉

読み方:かかんしょう

必要以上に関与すること。一般的な限度を超えて関わること。過剰干渉すること。主に親の子対す干渉を指す語として用いられる。

か‐かんしょう〔クワカンセフ〕【過干渉】

干渉しすぎること。「子育てで過干渉は禁物


過干渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 00:33 UTC 版)

過干渉(かかんしょう)は、ある対象に対し、必要以上に干渉すること[1]。 本項では「保護者と被保護者間」での過干渉について記述する。


  1. ^ 過干渉(カカンショウ)とは”. コトバンクデジタル大辞泉. 小学館 (2013年6月). 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ その際に児童養護施設の存在や制度を教える事はまずない。法的には親権者が養育義務を放棄する場合は家庭裁判所の審議が不可欠である。
  3. ^ そもそも「抵抗」する術は教えられていない。


「過干渉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「過干渉」の関連用語

過干渉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



過干渉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過干渉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS