詐欺とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 詐欺の意味・解説 

さ‐ぎ【詐欺】

読み方:さぎ

他人だまして金品奪ったり損害を与えたりすること。「―にあう」「寸借―」「振り込め―」

他人欺く行為民法96条では「相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては相手方その事実を知っていたときに限り、その意思表示取り消すことができる」とする。→詐欺罪

「詐欺」に似た言葉

詐欺(さぎ)

民法基本用語に関わる用語

他人欺いて錯誤陥らせる違法な行為のこと。積極的に虚偽事実述べることだけでなく、他人がすでに錯誤陥っており、又は陥ることを知りながら、真実告げないといった消極的な方法でもよい。詐欺に基づ意思表示騙され行った契約など)は、本心から行った意思表示でないため、取り消すことができる。ただし、こうした事情知らない新たに法律関係入ってきた第三者に対して取り消し主張できないまた、詐欺によって受けた損害は、不法行為として賠償請求できる。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

詐欺

読み方:ぺてん

  1. 偽り欺くことを云ふ。「-をくつた」。
  2. 偽ること、偽くこと。ぺてんにかけるなどいふ。
  3. 〔犯・的〕偽ること、瞞すこと、欺瞞常習とする者を「ペテン師」といふ。「コマス参照
  4. 詐欺。
  5. 人を欺瞞することをいふ。
  6. 詐欺的行為。謀の事を云ふ。
  7. 欺す可部
  8. いつわること、欺くこと、だますことペテンシ(平転師)は詐欺師のこと。だましてごろつと一転させるの意か。

分類 ルンペン大阪東京犯罪語、犯/的

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 05:59 UTC 版)

詐欺(さぎ)は、他人を騙して、金品などを奪ったり損害を与えたりする犯罪行為。


注釈

  1. ^ 類似しているものに引き取り詐欺が存在する。
  2. ^ 詐欺被害者の救済のためには振り込め詐欺救済法などの制度はあるが、公的機関の側から被害者に連絡を取ることはなく、ましてや手数料が必要になることはない。不審者が弁護士を名乗って被害回復の裁判等の勧誘を行うこともあるが、本物の弁護士であれば面識のない者に対して直接特定事件の依頼の勧誘を行うことは禁止されているので(弁護士業務広告規程6条)、面識がないのにそのような勧誘を行う者は偽弁護士である可能性が高い。
  3. ^ 手配師自体、労働者の諸権利に脅威を与える者として、女衒とともに、職業安定法44条において労働者供給事業として禁止しており、これに違反すると刑事罰に処せられる。

出典

  1. ^ 民法(債権関係)改正審議を受けての消費者契約法の検討課題(沖野眞已) (PDF)”. 消費者庁. 2020年3月11日閲覧。
  2. ^ 籠脱け詐欺 とは - コトバンク
  3. ^ 「クレーマー」としてネットに警戒の書き込み 「偽クレーム」詐欺の疑いで逮捕の女、本名で犯行
  4. ^ NHKクローズアップ現代「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」2014年5月14日(水)放送
  5. ^ 「当たりくじなし」の露店商を詐欺で逮捕 「当たる可能性」が少しでもあったら?
  6. ^ 「助かる命だったのに」転売や動物虐待をする“里親詐欺”の卑劣な手口”. 週刊女性PRIME (2020年5月9日). 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ 被害回復を持ちかける詐欺的勧誘にご注意ください”. 預金保険機構 (2011年10月25日). 2021年6月23日閲覧。
  8. ^ 過去の投資被害を回復するという不審な勧誘にご注意ください”. いわき市市民協働部 消費生活センター (2016年6月1日). 2021年6月23日閲覧。
  9. ^ ヘルスアプリで心拍数を測定するので親指でホームボタンに触れるように指示された
  10. ^ 虎ノ門-北村晴男 20210216.
  11. ^ 「還付金残高確認証」(架空の証書)についてのご注意 大蔵省(現・財務省)プレスリリース 2000年12月6日
  12. ^ 「イラク通貨の価値上がる」詐欺未遂容疑で逮捕 読売新聞 2010年10月1日
  13. ^ 警視庁 犯罪抑止対策本部 情報発信担当 (2019年3月19日). “特殊詐欺(振り込め詐欺等)”. 警視庁. 2019年3月21日閲覧。
  14. ^ 特殊詐欺の手口と対策”. 警察庁・SOS47特殊詐欺対策ページ. 警察庁. 2021年4月12日閲覧。
  15. ^ 三角寛「昭和妖婦伝」(昭和7年)


「詐欺」の続きの解説一覧

詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:10 UTC 版)

緊急地震速報」の記事における「詐欺」の解説

気象庁によれば、「緊急地震速報受信装置設置義務化されている」などと偽って機器など販売する悪質な訪問販売業者出てきており、住宅用火災報知機設置義務化時などと同様被害が出ることが懸念されている

※この「詐欺」の解説は、「緊急地震速報」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「緊急地震速報」の記事については、「緊急地震速報」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 14:59 UTC 版)

痩身」の記事における「詐欺」の解説

どうすれば太るのか、どうすれば痩せるのかを知らないに付けこむ形で健康被害や詐欺の事例がしばしば発生する例として、以下のようなものがあげられる副作用が強いや、有害な成分を含む食べ物 期待される効果サービスの内容に対して著しく料金高額なもの 科学的に効果そもそも期待できないもの波動アルカリ性食品オカルト疑似科学理論中心に据えているもの テレビ番組発掘!あるある大事典II」で行われたデータ捏造・・・信頼性そもそも低い実験データ根拠としていたり、そもそも実験ら行っていなかった 科学的な検証が不可能なアンケート結果や、「個人体験談」を根拠としているもの(バイブル商法宣伝勧誘の方法に問題があるもの不安や恐怖心煽りながら勧誘を行うもの 宣伝登場する専門家」の経歴が、ディプロマミルのように信用値しないもの クーリングオフ応じない フィットネスクラブで、最初低料金コース入会させ、後から高額のコースへの変更別料金必要なオプション追加行わせるもの カルト宗教団体が、美容痩身謳った本やサークル勧誘の手段に用いる(法の華三法行) これらにも減量効果一切無い。

※この「詐欺」の解説は、「痩身」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「痩身」の記事については、「痩身」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 09:59 UTC 版)

暗号通貨」の記事における「詐欺」の解説

2013年8月6日テキサス州東部地方連邦裁判所下級判事 Amos Mazzant は暗号通貨が(明示的にビットコインが)金銭として使えるから、すなわち商品サービス支払い充てることができ、個人の生活費の支払いができ、および従来通貨両替可能であるから、暗号通貨通貨もしくは金銭一形態であると裁定下した。この裁定により、証券取引委員会暗号通貨を含むセキュリティー詐欺の管轄権得た2013年10月26日には中国ビットコイン取引プラットフォーム GBL が突然閉鎖し契約者ログインできなくなり500万ドル当のビットコイン失われた2014年2月には、世界最大ビットコイン取引所マウントゴックス破産公表により暗号通貨全国的なヘッドライン飾った同社はおそらく窃盗により、4億7300ドル弱相当の顧客ビットコイン喪失した発表した。これはおよそ75ビットコイン相当し当時存在していたビットコイン総量の約 7% に相当したその他のニュースなかでも同社破綻により、ビットコイン価格2013年12月の約1,160ドルから2014年2月には400ドル未満下落した2015年3月31日当時麻薬取締局捜査官アメリカ合衆国シークレットサービスであった二人組通信詐欺、マネーロンダリング、およびシルクロードに対する連邦捜査中のビットコイン盗難関わるその他のいくつかの違法行為の罪で告発された。 2015年12月1日には、Homero Joshua Garza が Paycoin 開発に伴うセキュリティ詐欺で告発された。Garza は現在機能停止している GAW Miners という暗号通貨採掘機器販売ウェブサイト所有者であった彼はデータセンター機器採掘を行う「クラウドマイニング」を隠れ蓑綿密なねずみ講企て首謀した。彼は hashlets というクラウド採掘者が Zenportal というクラウドにおいて暗号通貨採掘していると称したが、実際には暗号通貨採掘するものは存在しなかった。Zenportal は1万人以上の利用者擁し hashlets の販売で 1,900 万米ドル得ていた。GAW Miners は Garza有名なセキュリティ会社 Stuart Fraser of Cantor Fitzgerald によって共同設立されたものだった

※この「詐欺」の解説は、「暗号通貨」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「暗号通貨」の記事については、「暗号通貨」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/19 05:27 UTC 版)

モアエニイ」の記事における「詐欺」の解説

詐欺か、それに近い行為により他のプレイヤーからエニジーをだまし取るプレイヤーがおり注意喚起されている。

※この「詐欺」の解説は、「モアエニイ」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「モアエニイ」の記事については、「モアエニイ」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 05:23 UTC 版)

重大不正捜査局」の記事における「詐欺」の解説

詐欺は犯罪行為典型例で、地位侵害誤った意思表示利益に対する権利侵害定義づけられ、以下のような類型分けられる

※この「詐欺」の解説は、「重大不正捜査局」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「重大不正捜査局」の記事については、「重大不正捜査局」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 19:38 UTC 版)

東日本大震災関連の犯罪・問題行為」の記事における「詐欺」の解説

被災者家族など装い、「預金通帳津波流失した」と偽って金融機関再発行させ、その通帳騙し取る事件発生した

※この「詐欺」の解説は、「東日本大震災関連の犯罪・問題行為」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「東日本大震災関連の犯罪・問題行為」の記事については、「東日本大震災関連の犯罪・問題行為」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 04:24 UTC 版)

日本の刑事司法」の記事における「詐欺」の解説

詐欺全体の件数は増減繰り返しているが、2019年はやや減少傾向であった特殊詐欺は、典型的手口減少しているが、関連する手口窃盗罪分類されるキャッシュカード詐欺盗増加している。また、窃盗罪分類されるATM引き出し被害の額も多い。

※この「詐欺」の解説は、「日本の刑事司法」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「日本の刑事司法」の記事については、「日本の刑事司法」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:02 UTC 版)

メイプルストーリー」の記事における「詐欺」の解説

ポイント課金アイテム等をメル等と交換する際、どちらか先にメルポイント払わなければならないことになる。それを利用し先に相手払わせたり、ポイント先に受け取り代金等を払わない行為多発している。[メイプル豆知識]で、「ポイントアイテムメル交換できません。詐欺にご注意ください。」と表示する注意を促す効果は薄い。実際ポイント元はリアルマネーあるため詐欺をしたプレイヤー逮捕された例もある。

※この「詐欺」の解説は、「メイプルストーリー」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「メイプルストーリー」の記事については、「メイプルストーリー」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 01:09 UTC 版)

条約の無効」の記事における「詐欺」の解説

条約法条約49条には詐欺による無効規定されたが、詐欺による条約無効主張され国際先例存在しないとされている実際に詐欺に当たる事例があったとしても、詐欺による無効主張する国は自らの不明認めることとなるため、そのような場合であっても詐欺による条約の無効主張されることはないとも指摘される

※この「詐欺」の解説は、「条約の無効」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「条約の無効」の記事については、「条約の無効」の概要を参照ください。


詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 19:01 UTC 版)

ニフティサーブ」の記事における「詐欺」の解説

広く報道され耳目集めたものとして、1996年4月から同一犯によりパソコンCPUメモリーを売るなどと称して連続発生した詐欺事件がある。この事件は、いわゆる情報をもとに架空口座作成の上第三者なりすましこれらの口座振り込んだ購入者騙して現金搾取し典型的な詐欺事犯である。1997年5月9日会社員だった当該被告人京都地裁111号法廷で懲役2年執行猶予3年有罪判決を受けている(ニフティサーブ電子掲示板詐欺事件 - 京都地裁 平成8年(わ)1226号・1312号・平成9年(わ)、判例時報1613号156ページ掲載)。

※この「詐欺」の解説は、「ニフティサーブ」の解説の一部です。
「詐欺」を含む「ニフティサーブ」の記事については、「ニフティサーブ」の概要を参照ください。


詐欺(民法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 01:00 UTC 版)

「詐欺」の記事における「詐欺(民法)」の解説

他人欺罔(ぎもう:人をあざむきだますこと)して錯誤陥れること。詐欺による意思表示は、その意思形成過程瑕疵があるため取り消し得るものとされる民法96条)。 ただし、詐欺による意思表示取り消したとしても、その効果善意でかつ過失がない第三者対抗することはできない民法96条3項)。これは、注意をすれば錯誤回避することは必ずしも不可とはいえないことと、善意無過失第三者保護すること取引円滑性を確保する必要があることによるものである同様に強迫により形成され意思表示取り消しうるものとされているが、その効果善意の第三者対抗できることと対比される。 なお、2020年4月1日施行の民法改正により、第三者無過失明記され善意でかつ過失がない第三者」に改められた。 詳細は「詐欺による意思表示を参照

※この「詐欺(民法)」の解説は、「詐欺」の解説の一部です。
「詐欺(民法)」を含む「詐欺」の記事については、「詐欺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「詐欺」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

詐欺

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 11:43 UTC 版)

名詞

(さぎ)

  1. 他人だまして金品を取ること。(民法刑法(wp)、でも使われる用語(wp))

発音(?)

サ↘キ°

関連語

翻訳


「詐欺」の例文・使い方・用例・文例




詐欺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「詐欺」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
100% |||||


6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||


詐欺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



詐欺のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの詐欺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの緊急地震速報 (改訂履歴)、痩身 (改訂履歴)、暗号通貨 (改訂履歴)、モアエニイ (改訂履歴)、重大不正捜査局 (改訂履歴)、東日本大震災関連の犯罪・問題行為 (改訂履歴)、日本の刑事司法 (改訂履歴)、メイプルストーリー (改訂履歴)、条約の無効 (改訂履歴)、ニフティサーブ (改訂履歴)、詐欺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの詐欺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS