刑法_(日本)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 刑法_(日本)の意味・解説 

刑法 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 06:12 UTC 版)

刑法(けいほう、明治40年4月24日法律第45号、英語 : Penal Code[1])は、犯罪に関する総則規定および個別の犯罪の成立要件やこれに対する刑罰を定めた日本法律。所管官庁は、法務省である。1907年明治40年)4月24日に公布、1908年(明治41年)10月1日に施行された。広義の「刑法」と区別するため刑法典とも呼ばれる。




  1. ^ [1]
  2. ^ 幅の広さでソートできる法定刑一覧
  3. ^ 大塚仁 刑法概説P.31
  4. ^ 大塚仁 刑法概説P.32
  5. ^ 大塚仁 刑法概説P.33
  6. ^ 尊属殺重罰規定違憲判決:最高裁判所昭和48年4月4日大法廷判決・刑集27巻3号265頁-最高裁判例情報


「刑法 (日本)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刑法_(日本)」の関連用語

刑法_(日本)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刑法_(日本)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刑法 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS