明治通宝とは?

明治通宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 01:26 UTC 版)

明治通宝(めいじつうほう)とは明治時代初期に発行された政府紙幣不換紙幣)である。日本では西洋式印刷術による初めての紙幣として著名である。またドイツフランクフルトにあった民間工場で製造されたことから「ゲルマン札」の別名がある。




  1. ^ 北ドイツ連邦宰相でありプロイセン王国首相のオットー・フォン・ビスマルクは、翌年1月にはドイツ帝国を創始した。4月にはビスマルク憲法大日本帝国憲法のモデル)を設置し、5月にフランス帝国及びフランス共和国に勝利し、フランクフルト講和条約を締結した。
  1. ^ 多田好問『岩倉公実記』、1906年。
  2. ^ 造幣局あゆみ編集委員会『造幣局のあゆみ』。2010年、造幣局
  3. ^ 新紙幣の部』、『大蔵省考課状・紙幣寮』、大蔵省。1873年。
  4. ^ 植村 1989, p. 44.


「明治通宝」の続きの解説一覧



明治通宝と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明治通宝」の関連用語

明治通宝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



明治通宝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明治通宝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS