トンボとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > トンボ > トンボの意味・解説 

トンボ

株式為替などで表示するローソク足のうち、始値終値高値3本値が同じ値になった時の呼び方のこと。アルファベットのTの字のような形をしている。

トンボは、一時的に安値があったものの最終的には始値と同じ値まで戻していることから相場の強い時に出現することが多い。特に、下げ相場においてトンボが現れるとその地点相場転換期となり上げ相場変わことがある

また、上げ相場においてトンボが出現した場合には、相場引き続き強いことを表すことが多い。

なお、トンボと逆の形をした「トウバ」は、相場の弱い時に出現することが多い。

寄引同時線

読み方:よりひけどうじせん
別名:トンボ

十字描いたローソク足のこと。

寄引同時線は、始値終値が同じ値で、高値安値異なることが条件になる。

寄引同時線は、相場転換期現れることが多い。例えば、安値圏において寄引同時線が出現するとその地点底値圏になり、反発して上昇することがあるまた、高値圏において寄引同時線が出現するとその地点高値圏になり、反落し下降することがある

なお、始値終値ほぼ同じの場合でも寄引同時線と呼ぶことがある

ちなみに始値終値高値3本値が同じ値の場合のローソク足を「トンボ」という。また、始値終値安値3本値が同じ値の場合のローソク足を「トウバ塔婆)」という。

とんぼ【蜻蛉/蜻蜓】

読み方:とんぼ

トンボ目昆虫総称頭部の複眼大きく左右に突出し単眼は3個ある。触角短く、かむ口をもつ。胸部には長大な2対の翅(はね)をもつ。腹部長く棒状幼虫水生で、ヤゴよばれる成虫幼虫ともに他の昆虫捕食する不完全変態。イトトンボ・サナエトンボ・オニヤンマ・アキアカネ・シオカラトンボなど。あきつ。かげろうせいれいとんぼう。《 秋》「とどまればあたりにふゆる―かな/汀女」

トビウオの別名。とんぼうお。

歌舞伎で、役者立ち回り中に切られたり投げられたりしたときなどに、手をつかずに宙返りすること。とんぼがえり。「―を切る」

印刷で、刷り位置正確にするために版や原稿につける十文字の印。

運動場整地する道具通称木製金属製丁字形の棒で、地面ならして平坦にする。形状1に似ることによる呼び名

蜻蛉結び」の略。

蜻蛉持ち」の略。

[補説] 作品名別項。→蜻蛉


とんぼ【蜻蛉】


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo), アキズ(akizu), エンバenba), カゲロウkagerou

トンボの異名


蜻蜒

読み方:トンボ(tonbo)

トンボ目昆虫総称


トンボ

多色印刷の場合に各色位置見当)を合わせたり加工仕上げ際に位置を合わせるための目印引かれた線。昆虫のトンボの形に似ていることから
図で

トンボ register mark

多色カラーの場合、シアンマゼンタイエローブラック印刷する場合各色ずれないように色を重ね必要がある。そこで、各色版の同位に付け十字型目印のことをいう。その形がトンボに似ていることからこう呼んでいる。

トンボ

別名:トリムマークtrim marksregister markscrop marks

トンボとは、断裁位置多色刷り見当合わせのための目印である。

トンボは、実際の印刷物上に現れないように、版面はんづら)の外側に付けられる。トンボは、設けられる位置用途などによって、異なる名称で呼ばれる場合がある例えば、印刷の位置合わせ正確にするために天地左右に付けられるトンボは「センタートンボ」などと呼ばれまた、断裁位置基準を示す四隅に付けられるトンボは「断ちトンボ」、あるいは、「角トンボ(コーナートンボ)」などと呼ばれるまた、折り基準を示すトンボは「折りトンボ」などと呼ばれている。

トンボという名は、一般に十字形をしているセンタートンボが、昆虫のトンボに似ていることに由来するといわれている。

印刷・DTPのほかの用語一覧
印刷:  スプーラ  スムージング  ドラフト印刷  トンボ  同行見出し  ツメ組み
校正:  アタリ罫

トンボ

上下逆に転倒させること。クレーンで荷を吊る場合荷造り作業や、 物を整理する場合に行う。また、かついだ貨物縦にかえておく場合にもいう。

トンボ

設計図面基づ仕上げ高さを示す図板作業現場に必ずある。


トンボ

英訳・(英)同義/類義語:dragon fly

動物の分類で、節足動物門昆虫綱トンボ目構成する一群肉食性で、幼虫水中生活(ヤゴ)を送る。
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  デスモスチルス  トクサ  トラ  トンボ  ニホンザル  ネマトーダ  ハチュウ類

トンボ

読み方:とんぼ

  1. 尻を割ること。

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

蜻蛉目昆虫総称

季節

分類 動物


蜻蜒

読み方:トンボ(tonbo), ヤンマ(yanma)

蜻蛉目昆虫総称

季節

分類 動物


蜻蜓

読み方:トンボ(tonbo)

作者 正岡子規

初出 明治29年

ジャンル


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 阿部昭

初出 昭和62年

ジャンル 随筆


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 志賀直哉

初出 大正6年

ジャンル 小説


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 人見東明

初出 明治43年

ジャンル


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 山村暮鳥

初出 大正4年

ジャンル 随筆


トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 02:52 UTC 版)

トンボ(蜻蛉、蜻蜓[1]、とんぼ、: dragonfly, damselfly)は細長いと腹を持った昆虫である。蜻蛉目(せいれいもく、トンボ目学名: Odonata)をなす。


  1. ^ 『これは重宝漢字に強くなる本』十三版 編集:佐藤一郎、浅野通有 出版:株式会社光文書院 1979/06/15発行/十三版発行/発行者:長谷川凱久 印刷:日本デザイン工房、開成印刷、製本:小泉製本、高田紙器 全622頁中56頁
  2. ^ Chance, Frances (2021). “LESSONS FROM a DRAGONFLY'S BRAIN”. IEEE Spectrum 58 (8): 28-33. 
  3. ^ 新井(2004)p.112
  4. ^ a b c 『箋註倭名類聚抄』(1883年明治16年))に「加偈呂布古謂阿岐豆、秋津島之名依蜻蛉得之。(中略)今俗呼止無保宇、是名見袖中抄、童蒙抄」 [1]。 現代語訳 : “かげろふ”は古く「あきづ」と言い、“秋津島”の名は蜻蛉によりこれを得たものである。(中略)今は俗に「とんぼう」と呼ぶ。この名は『袖中抄』(平安末期〜鎌倉初期)や『和歌童蒙抄』(平安後期)にも見える。
  5. ^ 神武紀より。原文「皇輿巡幸因、登腋上嗛間丘、而廻望国状曰、妍哉乎国之獲矣、雖内木綿之真咋国、猶如蜻蛉之臀呫焉、由是始有秋津洲之号也」。
  6. ^ 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会、1990年、1384 - 1385ページ。
  7. ^ ハケーヂャ今帰仁方言データベース
  8. ^ 新井(2004)p.103
  9. ^ 弥生時代のくらしを伝える銅鐸 [2]
  10. ^ 国立国会図書館. “トンボのことを「勝虫(かちむし、かつむし)」と呼ぶが、その由来などが知りたい。” (日本語). レファレンス協同データベース. 2022年8月8日閲覧。
  11. ^ デジタル大辞泉. “蜻蛉返りとは” (日本語). コトバンク. 2022年8月8日閲覧。
  12. ^ エヴァンズ(1972)p.72-73
  13. ^ a b ガレとジャポニズムサントリー美術館
  14. ^ サントリー地域文化賞 静岡県磐田市『桶ケ谷沼 トンボの楽園づくり』サントリー・チャンネル、2013年
  15. ^ ただし、旧翅下綱が系統的にまとまりのある分類群であるか否かには異論もある。



トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 01:54 UTC 版)

ギャラガ」の記事における「トンボ」の解説

ステージ11チャレンジングステージ一編全滅1500点)の敵。

※この「トンボ」の解説は、「ギャラガ」の解説の一部です。
「トンボ」を含む「ギャラガ」の記事については、「ギャラガ」の概要を参照ください。


トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 19:32 UTC 版)

三丁目の夕日の登場人物」の記事における「トンボ」の解説

17歳マコ同棲を始め19歳ミュージシャン志望男性二人喧嘩をするも仲良く暮らしていくが、ある日クインレコードの服部伸一というプロデューサー見出され売り出してもらうために女と別れと言われたため、マコ捨ててアパート出た

※この「トンボ」の解説は、「三丁目の夕日の登場人物」の解説の一部です。
「トンボ」を含む「三丁目の夕日の登場人物」の記事については、「三丁目の夕日の登場人物」の概要を参照ください。


トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/03 23:06 UTC 版)

ふしぎトーボくん」の記事における「トンボ」の解説

トーボと諏訪ユリ子初め出会った時にユリ子要求でトーボから話しかけられた。人間話しかけられたことにびっくりしてどこかへ飛んで行ってしまった。

※この「トンボ」の解説は、「ふしぎトーボくん」の解説の一部です。
「トンボ」を含む「ふしぎトーボくん」の記事については、「ふしぎトーボくん」の概要を参照ください。


トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 17:18 UTC 版)

魔女の宅急便」の記事における「トンボ」の解説

飛行クラブ所属するメガネの少年キキより1歳年上で、「トンボさん」と呼ばれている。飛行クラブはじゅうたんや箒など非科学的な物で飛ぶ方法研究していたが、これらの研究失敗終わったため、15歳の夏に科学的なハンググライダー飛行行ったのを最後に物理学から生物学転向し17歳の秋から21歳の春までの3年半、コリコの西のナルナの技術学校生物学専攻し卒業後はコリコに戻り中学校生物教師となる。5巻6巻の間でキキ結婚しニニとトトという双子生まれる。

※この「トンボ」の解説は、「魔女の宅急便」の解説の一部です。
「トンボ」を含む「魔女の宅急便」の記事については、「魔女の宅急便」の概要を参照ください。


トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 07:50 UTC 版)

額縁」の記事における「トンボ」の解説

裏板固定するための部品金属製涙滴型をしているものが一般的で、ネジ止めして回転させることで裏板着脱をする。似たようなものサルカン猿鐶)やツノジ(つの字)、小判呼ばれる金具があるが、こちらは裏板両方ネジ止めして固定する形になるまた、額縁によってはトンボやサルカン使わない裏板固定するものも存在する

※この「トンボ」の解説は、「額縁」の解説の一部です。
「トンボ」を含む「額縁」の記事については、「額縁」の概要を参照ください。


トンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 10:03 UTC 版)

エグゼドエグゼス」の記事における「トンボ」の解説

画面最下部より出現後、低速で自機追尾しつつ3WAY弾を撃ってくる。

※この「トンボ」の解説は、「エグゼドエグゼス」の解説の一部です。
「トンボ」を含む「エグゼドエグゼス」の記事については、「エグゼドエグゼス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トンボ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トンボ

出典:『Wiktionary』 (2018/06/25 11:10 UTC 版)

名詞

トンボ

  1. とんぼ学術的表記

「トンボ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トンボと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「トンボ」に関係したコラム

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

  • FXのローソク足のパターンの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のローソク足にはさまざまなパターンがあります。ローソク足の長さや上ヒゲ、下ヒゲ、陰線、陽線などはその時の相場の動きを暗示したもので、そのパターンから今後の相場を読み取ることも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トンボ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トンボのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリトンボの記事を利用しております。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンボ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギャラガ (改訂履歴)、三丁目の夕日の登場人物 (改訂履歴)、ふしぎトーボくん (改訂履歴)、魔女の宅急便 (改訂履歴)、額縁 (改訂履歴)、エグゼドエグゼス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトンボ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS