シアンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 気体 > シアンの意味・解説 

シアン [1]オランダ cyaan】


C

等級の 3 番目。
創案Celsius頭文字から)摂氏温度であることを表す記号
アメリカ・イギリス・ドイツの音名の一(ドイツ語読みツェー)。ハ調長音階の第 1 音「ド」,日本音名の「ハ」。また,4 分の 4 拍子記号
Century世紀を表す記号
オランダ cyaan〗 青緑色を表す記号。シアンの略。
衣料品の,胸囲あるいはチェストを表す記号

し あん [0] 【私案】


し あん [1] 【思案】

( 名 ) スル
考えめぐらすこと。また,その考え。 「 -をめぐらす」 「左様なこともあらうか位に-して/小公子 賤子
心配。ものおもい。 「 -の種」

しあん 【思案】 ○


し あん [0] 【試案】

検討材料として,試みに提出する案。試みに作った計画意見

シアン(しあん)

青酸化合物のことです。豆類には全て多かれ少なかれ含有されていますが、殆どのものは人体に害はありません。

シアン(CN)

水銀,銀,金等のシアン化物赤熱するとできる無色有毒気体で,特異臭気をもち,これが体内に入ると呼吸困難になり,人が数秒で死ぬほどの猛毒で,致死量0.06gといわれています。メッキ工場鉱山等で使用されています。 
環境基準水質)…検出されないこと。排水基準…1mg/L以下。

チオシアン酸ナトリウム

分子式CNNaS
その他の名称:チオシアン酸ナトリウム、ロダンソーダSodium thiocyanateUSAF EK-T-434、Scyan、Haimased、シアン、ハイマセド、Sodium rhodanide
体系名:ナトリウムチオシアナート


シアン(CN)

水中のシアンは、シアンイオン(CN-)、シアン化水素HCN)、金属シアノ錯体有機シアン化合物等の形で存在します。主な用途としては、金属の精錬電気メッキ写真薬品医薬品製造中間体等があります。シアンは、青酸カリKCN)に代表されるように、毒性強く成人経口致死量シアン化水素50~60mg/人といわれています。また、微量でも水生生物障害与えます。環境基準値は、「検出されないこと」と定められています。

シアン

名前 SianCianSeánSiânSiyanXiang

シアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/09 00:00 UTC 版)

シアン





シアンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シアン」の関連用語

シアンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シアンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2019 colordic.org All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシアン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS