恐竜とは? わかりやすく解説

きょう‐りゅう【恐竜】


恐竜

作者大庭みな子

収載図書虹の繭大庭みな子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1990.5


恐竜

作者山野浩一

収載図書恐竜文学大全
出版社河出書房新社
刊行年月1998.11
シリーズ名河出文庫


恐竜

作者宇野仟江子

収載図書淡墨桜
出版社鳥影社
刊行年月2001.3


恐竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 16:28 UTC 版)

恐竜(きょうりゅう、ːDinosaurs)は、恐竜類(英ːDinosauria)に属する爬虫類の一群である。


注釈

  1. ^ 生物学的な分類群としてのトカゲ類ではなく、爬虫類やトカゲのような形状の動物全般を指す。
  2. ^ もっとも、両者ともそれぞれの系統の代表格であるとともに、保存や研究の状態が良好(現生鳥類は当然だが)であるため、互いの系統関係が揺らぐ可能性が小さい。この点で定義づけを行うには有効な選択と言える。既知の化石試料が断片的だったり、系統関係に不明な点が多い場合、定義自体が破綻してしまう。
  3. ^ 例えば、1924年のオヴィラプトル記載では叉骨が間鎖骨と誤認されていた[52]

出典

  1. ^ a b Owen, R. (1842). "Report on British Fossil Reptiles." Part II." Report of the Eleventh Meeting of the British Association for the Advancement of Science; Held at Plymouth in July 1841.London: John Murray. pp.: 60-204
  2. ^ ASIN 0253333490, The Complete Dinosaur ISBN 978-0253333490
  3. ^ 恐竜は「恐ろしい竜」ではない”. 恐竜の楽園 (2011年1月19日). 2012年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  4. ^ 悩ましい翻訳語―科学用語の由来と誤訳”. はてなブログ. はてな (2011年6月14日). 2017年7月2日閲覧。
  5. ^ 小畠郁生(監修)、西川寛、高岡昌江、三品隆司 『恐竜の大常識』ポプラ社、2003年、14頁。ISBN 4591078353 
  6. ^ a b c Dinosauria2nd 2004, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  7. ^ a b c d e f Fastovsky & Weishampel 2006, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  8. ^ Benton MJ: Origin and relationships of Dinosauria. In: David B. Weishampel, Peter Dodson, Halszka Osmólska (Hrsg.): The Dinosauria. Zweite Auflage. University of California Press, Berkeley 2004, S. 7-19, ISBN 0-520-24209-2.
  9. ^ Olshevsky, G. (2000). "An annotated checklist of dinosaur species by continent". Mesozoic Meanderings 3: 1–157.
  10. ^ Sereno, P. C. (2005). “The logical basis of phylogenetic taxonomy”. Syst. Biol. 54 (4): 595–619. doi:10.1080/106351591007453. PMID 16109704. 
  11. ^ 読売新聞、2011年2月5日22時8分配信。
  12. ^ 鳥は恐竜から進化した ー 論争についに終止符 | Nature ダイジェスト | Nature Portfolio” (日本語). www.natureasia.com. 2022年1月24日閲覧。
  13. ^ 驚きの恐竜展を開催、もはや鳥展、米NYで” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年1月24日閲覧。
  14. ^ The functional origin of dinosaur bipedalism: cumulative evidence from bipedally inclined reptiles and disinclined mammals(W Scott Persons:2017)
  15. ^ ヴォード 2008, p. 253
  16. ^ A Late Triassic dinosauromorph assemblage from New Mexico and the rise of dinosaurs(Randall B Irmis:2007)
  17. ^ 「濱田隆『恐竜学への誘い』」 『恐竜学がわかる。』朝日新聞社〈AERA MOOK〉、2001年、[要ページ番号]頁。ISBN 4022741163 
  18. ^ Alvarez, L.W.; Alvarez,W., et al. (1980). “Extraterrestrial Cause for the Cretaceous-Tertiary Extinction”. Science 208 (4448): 1095-1108. doi:10.1126/science.208.4448.1095. 
  19. ^ ジェームズ・ローレンス・パウエル 『白亜紀に夜がくる-恐竜の絶滅と現代地質学』寺嶋英志、瀬戸口烈司(訳)、青土社、2001年、[要ページ番号]頁。ISBN 4791759079 
  20. ^ ムー (雑誌)2008年1月号、学研[出典無効]
  21. ^ Schulte, Peter (2010). Laia Alegret, Ignacio Arenillas, Jose A. Arz, Penny J. Barton, Paul R. Bown, Timothy J. Bralower, Gail L. Christeson, hilippe Claeys, Charles S. Cockell, Gareth S. Collins, Alexander Deutsch, Tamara J. Goldin, Kazuhisa Goto12, Jose M. Grajales-Nishimura, Richard A. F. Grieve, Sean P. S. Gulick, Kirk R. Johnson, Wolfgang Kiessling, Christian Koeberl, David A. Kring, Kenneth G. MacLeod, Takafumi Matsui, Jay Melosh, Alessandro Montanari, Joanna V. Morgan, Clive R. Neal, Douglas J. Nichols, Richard D. Norris, Elisabetta Pierazzo, Greg Ravizza, Mario Rebolledo-Vieyra, Wolf Uwe Reimold, Eric Robin, Tobias Salge, Robert P. Speijer, Arthur R. Sweet, Jaime Urrutia-Fucugauchi, Vivi Vajda, Michael T. Whalen, Pi S. Willumsen. “The Chicxulub Asteroid Impact and Mass Extinction at the Cretaceous-Paleogene Boundary”. Science 327 (5970): 1214-1218. doi:10.1126/science.1177265. 
  22. ^ 恐竜やアンモナイト等の絶滅は「小惑星衝突により発生したすすによる気候変動」が原因だった東北大学公式ホームページ
  23. ^ 小惑星が少しずれていたら…恐竜生存? 東北大など発表朝日新聞
  24. ^ Asteroid that killed dinosaurs also intensified volcanic eruptions - study” (英語). the Guardian (2015年10月2日). 2020年12月26日閲覧。
  25. ^ 鳥は「恐竜の子孫」ではありません、恐竜なんです | ギズモード・ジャパン
  26. ^ コルバート, モラレス & ミンコフ 2004, pp. 199–200
  27. ^ “2億年前の大型恐竜、本当は重くなかった 英米研究”. AFPBB News. AFP. (2012年6月7日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2882396/9064667?ctm_campaign=txt_topics 2017年7月2日閲覧。 
  28. ^ コルバート, モラレス & ミンコフ 2004, pp. 191–194
  29. ^ コルバート, モラレス & ミンコフ 2004, p. 199
  30. ^ Theoretical aspects of cursorial adaptations in dinosaurs (Walter P Coombs Jr:1978)
  31. ^ Dinosauromorph research sheds light on dinosaur evolution(CBC NEWS:2015)
  32. ^ What, if anything, is a cursor? Categories versus continua for determining locomotor habit in mammals and dinosaurs (MT Carrano:1999)
  33. ^ ヴォード 2008, p. 249
  34. ^ 平山廉 2007, pp. 66–67
  35. ^ 疋田努 2002, p. 72
  36. ^ 平山廉 2007, p. 70
  37. ^ , 松岡 & 安藤 2009, p. 11
  38. ^ , 松岡 & 安藤 2009, p. 21
  39. ^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。 
  40. ^ Vinther, J., Briggs, D. E. G., Prum, R. O. and Saranathan, V. 2008 The colour of fossil feathers.
  41. ^ a b 長谷川政美 『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 僕たちの祖先を探す15億年の旅』ベレ出版〈BERET SCIENCE〉、2014年、102ほか頁。ISBN 978-4-86064-410-9 
  42. ^ 骨「年輪」、草食哺乳類にも=恐竜冷血説を否定-欧州チーム[リンク切れ]
  43. ^ Meike Köhler, Nekane Marín-Moratalla, Jordana Xavier, Ronny Aanes (2012年7月19日). “Seasonal bone growth and physiology in endotherms shed light on dinosaur physiology”. Nature. Nature Publishing Group. 2017年7月2日閲覧。
  44. ^ スウィーテク 2011, pp. 170–171
  45. ^ Plot R. (1677) The natural history of Oxford-shire : Being an essay toward the natural history of England. Chap. V. Of formed stones.
  46. ^ 真鍋真 (2005)「人間と恐竜との出会い」. 恐竜博2005-恐竜から鳥への進化. 図録
  47. ^ Buckland W. (1824) Notice on the Megalosaurus or great fossil lizard. Stonesfield. Transactions of the Geological Society of London 1(2):390-396.
  48. ^ Mantell, Gideon A. (1825). “Notice on the Iguanodon, a newly discovered fossil reptile, from the sandstone of Tilgate forest, in Sussex”. Philosophical Transactions of the Royal Society 115: 179–186. doi:10.1098/rstl.1825.0010. ISSN 0261-0523. JSTOR 107739. 
  49. ^ von Meyer, H. (1861). "Archaeopteryx litographica (Vogel-Feder) und Pterodactylus von Solenhofen." Neues Jahrbuch für Mineralogie, Geognosie, Geologie und Petrefakten-Kunde: 678-679.
  50. ^ Huxley, Thomas H. (1868). "On the animals which are most nearly intermediate between birds and reptiles". Annals of the Magazine of Natural History 4 (2): 66–75.
  51. ^ Heilmann, Gerhard (1926). The Origin of Birds. London: Witherby. pp. 208pp
  52. ^ Paul, G.S. (2002). Dinosaurs of the Air: The Evolution and Loss of Flight in Dinosaurs and Birds. JHU Press. ISBN 978-0-8018-6763-7. https://books.google.com/books?id=OUwXzD3iihAC&q=oviraptor+furcula&pg=PA9 
  53. ^ Padian, Kevin. (2004). “Basal Avialae”. In Weishampel, David B.. The Dinosauria (Second ed.). Berkeley: University of California Press. pp. 210–231. ISBN 978-0-520-24209-8 
  54. ^ Camp, Charles L. (1936). “A new type of small theropod dinosaur from the Navajo Sandstone of Arizona”. Bulletin of the University of California Department of Geological Sciences 24: 39–65. 
  55. ^ Ostrom, John H. (1973). "The ancestry of birds". Nature 242 (5393): 136. Bibcode:1973Natur.242..136O. doi:10.1038/242136a0.
  56. ^ Gauthier, Jacques. (1986). "Saurischian monophyly and the origin of birds". In Padian, Kevin. (ed.). The Origin of Birds and the Evolution of Flight. Memoirs of the California Academy of Sciences 8. pp. 1–55.
  57. ^ Holtz, Jr., T.R. (2000). "Classification and evolution of the dinosaur groups". In Paul, G.S. The Scientific American Book of Dinosaurs. St. Martin's Press. pp. 140–168.
  58. ^ Burke, A. C. and A. Feduccia (1997). "Developmental patterns and the identification of homologies in the avian hand." Science 278(5338): 666-668.
  59. ^ Wagner, G. P., and J. Gauthier 1999. 1,2,3 = 2,3,4: a solution to the problem of the homology of the digits in the avian hand. PNAS, 96, 5111-5116.
  60. ^ Vargas, A. O., T. Kohlsdorf, et al. (2008). "The evolution of HoxD-11 expression in the bird wing: insights from Alligator mississippiensis." PLoS One 3(10): e3325.
  61. ^ Tamura, K., N. Nomura, et al. (2011). "Embryological evidence identifies wing digits in birds as digits 1, 2, and 3." Science 331(6018): 753-757.
  62. ^ Xu, X., Clark, J.M., Mo, J., Choiniere, J., Forster, C.A., Erickson, G.M., Hone, D.W.E., Sullivan, C., Eberth, D.A., Nesbitt, S., Zhao, Q., Hernandez, R., Jia, C.-K., Han, F.-L., and Guo, Y. (2009). "A Jurassic ceratosaur from China helps clarify avian digital homologies." Nature, 459(18): 940–944. doi:10.1038/nature08124
  63. ^ Horner, J. R. and M. B. Goodwin (2008). "Ontogeny of cranial epi-ossifications in Triceratops." Journal of Vertebrate Paleontology 28(1): 134-144.
  64. ^ Longrich, N. R. and D. J. Field (2012). "Torosaurus is not Triceratops: ontogeny in chasmosaurine ceratopsids as a case study in dinosaur taxonomy." PLoS One 7(2): e32623.
  65. ^ コルバート, モラレス & ミンコフ 2004, p. 190
  66. ^ MIT’s New Evidence on Dinosaur Evolution(Jennifer Chu:2020)
  67. ^ 疋田努 2002, p. 43
  68. ^ 金子隆一 『哺乳類型爬虫類 ヒトの知られざる祖先』朝日新聞社朝日選書〉、1998年、36頁。ISBN 4022597097 
  69. ^ 勝山市の発掘現場から発見された恐竜に新しい学名が付けられました”. 福井県立恐竜博物館 (2015年3月10日). 2017年7月2日閲覧。
  70. ^ 恐竜博物館の調査研究情報、長崎初の大型獣脚類(肉食恐竜)の化石について”. 福井県立恐竜博物館 (2013年7月8日). 2017年7月2日閲覧。
  71. ^ 共同通信 (2019年1月28日). “国内最古級の恐竜化石発見、熊本 獣脚類の肋骨か - 共同通信 | This Kiji”. 共同通信. 共同通信. 2019年1月29日閲覧。



恐竜(きょうりゅう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 06:15 UTC 版)

映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の記事における「恐竜(きょうりゅう)」の解説

祈里が飛ばされ世界にいたおもちゃの恐竜。ティラノサウルスのような姿をしている。

※この「恐竜(きょうりゅう)」の解説は、「映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の解説の一部です。
「恐竜(きょうりゅう)」を含む「映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の記事については、「映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の概要を参照ください。


恐竜(ファンギー※)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 22:56 UTC 版)

「Conker's Bad Fur Day」の記事における「恐竜(ファンギー※)」の解説

原始人達を食べるのが大好きな獰猛な肉食恐竜初めはコンカーにも襲いかかるが、コンカー催眠術によって利用される

※この「恐竜(ファンギー※)」の解説は、「Conker's Bad Fur Day」の解説の一部です。
「恐竜(ファンギー※)」を含む「Conker's Bad Fur Day」の記事については、「Conker's Bad Fur Day」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「恐竜」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恐竜

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 13:09 UTC 版)

名詞

きょうりゅう

  1. 中生代ジュラ紀に特に繁栄した恐竜上目属す爬虫類肉食のものと草食のものがいた。
    より詳細には、中生代作成三畳紀作成出現し、ジュラ紀作成経て白亜紀作成終焉までの陸上で大繁栄した動物一種グループとしては恐竜類 (Dinosauria (en))ともいう。垂直二足歩行適した骨格特徴けられる爬虫類グループ史上最大級目される陸棲動物は、その全て恐竜類属する。
    恐竜類は、主竜類下位置かれる一大タクソン分類群wp)であり、2010年代分類学ではタクソン「恐竜上目作成 (supraordo Dinosauria)」と同義恐竜上目竜盤竜盤類作成)と鳥盤目鳥盤類作成)に大別される
    竜盤類の一グループである獣脚類作成からは鳥類分化しているため、近年古生物学Wikipediaでは鳥類恐竜類含め学説支配的

発音(?)

きょ↗ーりゅー

語源

和名作成「恐竜」は、学名wpラテン語名)「Dinosaurus (en) 」を意訳した名称。学名は、ギリシア語の「δεινός (el)(en)(deinos. 恐ろしいほど大きい)」と「σαῦρος (el)(en)(sauros. 意:蜥蜴とかげ)」を元に造語した上でラテン語置き換えたdinosaurus (en)(dino-〈恐…)+ saurus (en)〈蜥蜴〉」の公式表記1841年イギリス古生物学者リチャード・オーウェンによる命名[1][2]。よく言われるような「恐ろしトカゲではなく恐ろしいほど大きトカゲ」である[1]古生物命名では「saurus(蜥蜴)」が「爬虫類の意味使われるが、恐竜は「巨大大昔爬虫類であることから、「)」としたもの横山又次郎化石学教科書中巻』(1895年) での造語[1]。なお、一般辞書では『言泉』(1922年以降に見られる中国語朝鮮語ベトナム語は、日本語による漢語訳の借用である。

翻訳

脚注

  1. 1.0 1.1 リチャード・オーウェン, Report on British Fossil Reptiles, part 2, 1841, p. 103 :
    The combination of such characters, some, as the sacral ones, altogether peculiar among Reptiles, others borrowed, as it were, from groups now distinct from each other, and all manifested by creatures far surpassing in size the largest of existing reptiles, will, it is presumed, be deemed sufficient ground for establishing a distinct tribe or sub-order of Saurian Reptiles, for which I would propose the name of Dinosauria*. […]
    * Gr. δεινὸς, fearfully great; σαύρος, a lizard.
  2. John Pickering, A Comprehensive Lexicon of the Greek Language, 3rd Edition, 1846, p. 256 :
    Δεινός, ή, όν, expressive of the quality of objects which, from their vastness, magnitude, etc., inspire fear, awe, reverence, power, etc. ; […]

「恐竜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

恐竜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恐竜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恐竜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!? (改訂履歴)、Conker's Bad Fur Day (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの恐竜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS