地殻とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 地殻の意味・解説 

地殻 crust

惑星衛星最外部の固体の層で、多くの場合岩石か氷かまたはその混合物構成される

地殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 08:46 UTC 版)

地殻(ちかく、: crust)は、天体固体部分の表層部。マントルの上にあり、大気の下にある。


  1. ^ 島津康男 『地球内部物理学』裳華房〈物理科学選書〉、1966年。 
  2. ^ a b B.メイスン 著、松井義人・一国雅巳 訳 『一般地球化学』岩波書店、1970年。 


「地殻」の続きの解説一覧

地殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:13 UTC 版)

地球内部物理学」の記事における「地殻」の解説

詳細は「地殻」を参照 地殻の構造近地地震および人工地震走時からモホロビチッチ不連続面深さ分布求められている。人工地震では爆破時刻位置正確にコントロールできる点が長所である。モホロビチッチ不連続面より上部は P波伝播速度6.0 km s-1下部は7.9 km s-1前後となっている。

※この「地殻」の解説は、「地球内部物理学」の解説の一部です。
「地殻」を含む「地球内部物理学」の記事については、「地球内部物理学」の概要を参照ください。


地殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 00:24 UTC 版)

地球」の記事における「地殻」の解説

詳細は「地殻」を参照 地殻とは地球固体表面指しマントル同じく珪酸塩成分から成る。地殻は熱伝導でしか地球内部の熱伝えないため、マントル対流比べると効率悪く結果的にマントル冷却遅延させている。 組成差や構造から大陸地殻海洋地殻分類される表面55%を占め海洋地殻玄武岩質で、厚さ平均6km、平均密度は3.0g/cm3である。固化形成は2億年以内となる。対して大陸地殻花崗岩質で、厚さ20-70km(平均35km)、平均密度2.8g/cm3以下と厚く軽い。 地殻表面構造は、プレート運動による造山運動火山活動大気による風化浸食堆積などによって決まる。

※この「地殻」の解説は、「地球」の解説の一部です。
「地殻」を含む「地球」の記事については、「地球」の概要を参照ください。


地殻(inner crust)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 06:14 UTC 版)

中性子星」の記事における「地殻(inner crust)」の解説

およそ 1 km厚さ密度0.5ρ0 より小さい電子自由中性子中性子過剰核からなる

※この「地殻(inner crust)」の解説は、「中性子星」の解説の一部です。
「地殻(inner crust)」を含む「中性子星」の記事については、「中性子星」の概要を参照ください。


地殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/10 16:00 UTC 版)

不適合元素」の記事における「地殻」の解説

地殻においても火成岩造岩鉱物結晶成長する時に、やはり不適合元素結晶から追い出されて、ペグマタイト熱水へと濃集する傾向がある

※この「地殻」の解説は、「不適合元素」の解説の一部です。
「地殻」を含む「不適合元素」の記事については、「不適合元素」の概要を参照ください。


地殻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:37 UTC 版)

地球の構造」の記事における「地殻」の解説

詳細は「地球の地殻を参照 地殻は、地球の最も外側にある層で、地表からの深さは場所により5-70kmとされる海底にある薄い部分(5-10km)は海洋地殻で、玄武岩のように高密度マグネシウム苦鉄質)を含むケイ酸塩火成岩構成されている。より厚い地殻は大陸地殻で、これは密度低くて花崗岩のようにナトリウムカリウムアルミニウム珪長質)を含むケイ酸塩岩石構成されている。エドアルト・ジュースは、地殻の岩石シアルシマ2つ分類し地下約11kmのところにあるコンラッド不連続面よりも下の部分シマだと推定したリソスフェアは地殻と重なるが、もう少し広い範囲最上部マントルまで含まれる。地殻とマントル境界2つ異な物理事象から知ることができる。1つが、モホロビチッチ不連続面モホ面とも)として一般に知られている地震波速度急変化。この原因は、モホ面を境に斜長石長石を含む岩盤(上)から長石含まない岩盤(下)への岩石組成変化がある考えられている。もう1つが、海洋地殻において超苦鉄質集積岩相構造変形をうけたハルツバージャイト斜方輝石かんらん岩)との間の化学的な不連続。これは海洋地殻大陸地殻の上に乗り上げたものがオフィオライトとして保存されていて、海洋地殻深部地上から観察することができる。 現在の地球の地殻構成している岩石多く1億年前までに形成されものであるしかしながら最古として知られている鉱物は約44年前のもので、少なくとも地球44億年の間、固体の地殻を持っていたことが示されている。

※この「地殻」の解説は、「地球の構造」の解説の一部です。
「地殻」を含む「地球の構造」の記事については、「地球の構造」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地殻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地殻

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 13:00 UTC 版)

発音(?)

ち↗かく

名詞

(ちかく)

  1. (地質学) 地球表面の薄い下部マントル接している。大陸では平均35kmほど、海洋では5~6kmほどの厚さを持つ。

関連語

翻訳


「地殻」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



地殻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地殻」の関連用語

地殻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地殻のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2023.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地殻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地球内部物理学 (改訂履歴)、地球 (改訂履歴)、中性子星 (改訂履歴)、不適合元素 (改訂履歴)、地球の構造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地殻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS