地とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 地学 > の意味・解説 

ち【地】

[音](漢) (ヂ)(呉) [訓]つち

学習漢字2年

[一]〈チ〉

に対して下方広がる土地大地。「地下地球地形地軸地質地上地図大地天地陸地驚天動地

一定の土地。場所。「地域地価地区地帯地点地方外地各地基地現地耕地産地借地生地(せいち)・整地宅地敵地転地当地平地僻地(へきち)・墓地余地領地

よって立つところ。身分立場。「地位地歩見地門地

ある特定の境域状況。「危地窮地境地死地実地

副詞をつくる助字。「驀地(ばくち)」

[二]〈ジ〉

大地土地。「地獄地所地震地面田地路地露地

その土地。「地酒(じざけ)・地元(じもと)」

加工する前の土台をなすもの。「地金(じがね)/生地(きじ)・紺地下地(したじ)・素地無地

本性もちまえ。「地力(じりき)/意地意気地(いきじ・いくじ)」

名のり]くに・ただ

難読驀地(まっしぐら)


じ〔ヂ〕【地】

地面大地。つち。ち。「雨降って地固まる

ある土地。その地域。「地の物」「地卵

物事基礎下地(したじ)。「地ができている」

化粧しない肌。素肌。「地が白い」

布・紙・金属などの、彩色加工細工などの土台となる部分。「黒い地に金の縫い取り

織ったままの布地また、布の材質。「地の厚いコート

生まれつき性格また、本性。「つい地を出す」

文章の中で、会話文引用文を除いた叙述部分。「地の文

実地実際

10 囲碁で、石で囲んで自分のものとした部分

11

日本舞踊で、伴奏音楽また、それを演奏する人。地方(じかた)。

日本音楽で、基礎楽句。特に、同じ楽句何回繰り返し奏するもの。

三味線音楽で、上調子(うわぢょうし)に対す基本調子また、それを奏する三味線

㋓能の地謡(じうたい)のこと。

義太夫節地合(じあい)のこと。


ち【地】

に対して地上人間が生活し、動植物生息繁茂する大地。「天と地

地面地上。「枯れ葉地に落ちる

に対して陸地。おか。「地の果て

場所。ところ。「安住の地」「思い出の地」

領土。「隣国と地を接する」

荷物掛け物・本などの下の部分。「天地無用」⇔天。

天・地・人」と三段階に分けたときの、2番目。三つ一組のものの中位

地の画像
(1)表紙 (2)(3)(4)(5)
地の画像
(6)

じ【地】

⇒ち


つち【土/地】

岩石分解して粗い粉末になったもの。土壌。「花壇の—を入れ替える

地球陸地表面地面大地。「故国の—を踏む」

「天」に対し、地上のこと。

空から—へひと息ポーン降り立つ雨の脚」〈虹・雨の脚

鳥の子紙の一。紙の原料となる植物繊維泥土をまぜて製した下等和紙

(「犯土」「」「」とも書く)陰陽道(おんようどう)で、土公神(どくじん)のいる方角犯し工事などをすることを忌むこと。また、その期間。暦の庚午から甲申までの15日間をいう。つちび。

人の容貌(ようぼう)の醜いことをたとえていう語。

御前なる人は、まことに—などの心地ぞするを」〈源・蜻蛉

地下(じげ)のこと。

「—の帯刀(たちはき)の、歳二十ばかり、長(たけ)は一寸ばかりなり」〈落窪・一〉

[下接語] 赤土・荒(あら)土・合わせ土・上(うわ)土・置き土・鹿沼(かぬま)土・壁土・黒土・肥え土・白(しら)土・底土・叩(たた)き土・作り土・床(とこ)土・苦(にが)土・粘(ねば)土・練り土・埴(はに)土・粘(へな)土・惚(ほ)け土・真(ま)土・盛り土・焼き土・焼け土・痩(や)せ土・用心土

[補説] 作品別項。→土


【地】

〔名〕 (「じ」は「地」の呉音

[一] 万物存在する基盤としての大地また、そのもの占める場所。ち。

大地地面。つち。ち。

宇津保(970‐999頃)吹上下「涼はいやゆきが琴を〈略〉ねたうつかうまつるに、雲の上より響き、地の下よりとよみ、風・雲動きて、月・星さわぐ」

② ある区画内の土地邸宅所有地内の土地また、住んでいるあたりの地域。その土地。ち。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「このはこの地のほどにもみえず。御供なる人に『この地の内か、見よ』とのたまふ

自分影響の及ぶ地。勢力の及ぶ範囲なわばり

洒落本古契三娼(1787)「梅もとていしゅはあたま七といっていろしさ。おもてやぐらにも地(ヂ)がござりやしたっけ

双六(すごろく)で、盤面左右に分け双方一二の罫(けい)によって区切った、そのおのおののますめ。

浮世草子好色産毛(1695頃)二「二六時中の暮がたふ、白黒とのみ、何わきまゆるかたなふ候。大和本手の事ばかり、おもひきられぬ石づかい〈略〉あたまがはげて、五地(ぐヂ)も六地もみるものなく候」

(5) 囲碁で、終局時点得点数えられる空点生き石囲み相手がはいってきても、生きられない地域日本ルールではセキの中の地は数えない習慣があり、取り石(ハマ)も相手側の地をマイナスすることによって地に換算される。計算単位は目(もく)。地所

俳諧鶉衣172779)後「ただ地を造り、はま巻尽してぞ始て蚊の口のかゆさを覚え菓子盆の付たるを驚く」

(6) 貝合わせ歌がるたなどで、床に並べた貝やをいう。〔雍州府志(1684)〕

[二] 本来のもの。本質的なもの。粉飾加工などをしないもとの形。

① 人の皮膚。肌。はだえ。

われから(1896)〈樋口一葉〉三「更に濃い化粧の白ぎく、是れも今更やめられぬやうな肌(ヂ)になりぬ」

布帛や紙などで、紋様などを織り出したり染め出したりしていない、本来の生地部分

宇津保(970‐999頃)楼上上「下簾も香のぢに薄物重ねて小鳥などを縫ひたり」

裁断、または加工などをしていない、織ったままの布地また、布地材質

太平記14C後)七「麓には数千官軍、冑星(かぶとのほし)を耀かし鎧の袖連ねて、錦繍しける地の如し

④ 扇、傘、烏帽子などに用いる、その型に切った厚紙地紙

謡曲烏帽子折(1480頃)「ことさら都より然るべき地を取り下て候ふ、さりながら何番に折り候ふべき」

(5) 虚構ではない現実世界実際実地

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「コレ聴きやれ。そこが狂言と云ものだは。地(ヂ)と狂言との差別(しゃべつ)はそこだはス」

(6) 連歌俳諧で、一句に特別な意図趣向はないが、前句気軽く応じた、素直で無難な句。

連歌教訓(1582)「心深案じぬるを紋といふ也、安々とやりたるを地といふ也」

(7) 生まれつき性質もちまえ本性本心

無名抄(1211頃)「面々証得したる気色どもは甚しけれど、ちに哥のさまを知りて譛め譏りする人はなし」

(8)その道商売人に対して素人(しろうと)。特に、素人売春をおこなうこと。また、そのもの地者

雑俳柳多留‐六(1771)「中宿で地は御無用といけんする

[三] 基本となるもの。他に発展するもととなるもの。他と付随しながら、その基本構成する部分

基礎となるもの。根底

童子問(1707)上「忠信仁之地。不亦宜乎」

文章語り物で、会話や歌を除いた叙述部分

源氏物語一葉抄(1495頃)一「すべて此物語に、作者詞、人々心詞双紙詞、又、草子の地あり。よく分別すべし」

舞踊で、舞いに伴う楽曲伴奏音楽や歌。また、それをする人、楽器など。地方(じかた)。

雑俳柳多留拾遺(1801)巻三「盆おどり是悲なく乳母も地をうたひ」

④ (基礎楽句の意) 日本音楽で、同じ楽句何回繰り返し奏するもの。砧地(きぬたじ)、巣籠地(すごもりじ)など。

大蔵虎明聞書(1658‐61頃)「楽の地は、たらつくたらつくたんたらつく。此地が本地也」

(5) 三味線音楽で、基本の高さの三味線をいう。上調子(うわじょうし)に対立することば。

(6)じうたい地謡)」の略。

*虎明本狂言宗論室町末‐近世初)「〈次第南無妙法蓮華経蓮華経のきゃうの字をきゃうせんと人や思ふらん〈ぢをとる間に、かさをぬぐ〉」

(7) 歌舞伎で、所作事に対し、せりふ劇部分をいう。写実的演技

役者論語(1776)あやめぐさ所作事狂言花なり。地は狂言の実なり」

(8) 「じがい(地貝)」の略。

[四] 楊弓大弓などで金銭をかける際の二銭のこと。「本朝世事談綺」に、賭金一銭ずつ紅白の紙に包んで、それを「字」というとあるが「地」と「字」の関係ははっきりしないまた、二分五厘をいう「字」との関係もよくわからない

随筆一時随筆(1683)「かけものは〈略〉さて銭のときは、一銭餓鬼二銭を地といひ、三銭を山といひ」


ち【地】

〔名〕 (「ぢ」とも)

① 天に対して地上大地地球

宇津保(970‐999頃)吹上下「いやゆきが琴を〈略〉ねたうつかうまつるに、雲の上より響き地の下よりとよみ」

小学読本(1874)〈榊原那珂稲垣〉五「天も知るべく地も知る可く」〔易経‐乾卦文言

② 海に対して陸地

平家13C前)二「これは猶舟津近うあしかりなんとて、地へわたし奉り」

土地表面。ある区画内の土地地面地所。土。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「このはこの地のほどにもみえず。御供なる人に、『この地の内か、見よ』とのたまふ

方丈記1212)「所を思ひ定めざるがゆゑに、地を占めてつくらず」

④ ある限られた地域地方。ところ。また、そこに住む人

令義解718)戸「地遠人稀之処。随便量置」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「其地を去らぬことを示した」〔孟子公孫丑下〕

(5) ある者に支配されるところ。領地また、その者の影響勢力の及ぶ範囲なわばり

古本説話集(1130頃か)四七「この御てらのちは、こと所よりはちのてい、かめのこうのやうにたかければ」

(6) そのものの置かれた位置。たちば。地位境遇

(7) 物の下方。床に接す部分。「天地無用

(8) 本を立てたとき、床に接す部分。天、小口、背、表紙でない部分

(9) 物の基本となる部分基礎根源また、したじ。

童子問(1707)上「礼以為輔。忠信以為之地

(10) 大地主宰する神。地神

[補注]「ち」は「地」の漢音、「ぢ」は呉音例文の「地」または「ち」の表記清濁は必ずしも明らかではないので、一部「じ(地)」の項と重複してあげた。


つし【地】

〔名〕 土(つち)をいう上代東国方言。→天地(あめつし)


つち【土・地】

1 〔名〕

地球外殻、特に陸地また、その表面大地地上地面。⇔天(あめ)。

書紀720推古八年二月図書寮本訓)「天上(あめ)に神有します。地(ツチ)に天皇有します」

*竹取(9C末‐10C初)「大空より人、乗り下り来て、つちより五尺ばかり上りたる程に、立ち列ねたり」

② ①を形成している岩石などが細かい粉末状となったもの。岩石鉱物区別していう。

古事記(712)上「無き八尋殿作り其の殿の内に入りて、土(つち)を以て塗り塞ぎて」

談義本風流志道軒伝(1763)二「吹き来る風もいと寒く道の辺はいてかへりて、土とも石ともわきがたきに」

③ (①から転じて) 道路

(10C終)三九「つちありくわらはべなどの、ほどほどにつけて、いみじきわざしたりと思ひて」

④ (①から転じて) 地上世界現実世界現世俗界

堤中納言(11C中‐13C頃)よしなしごと「てんぢくの山、にはとりのみねのいはやにまれ、こもり侍らむ。それもなほつち近し

(5) 地上の、ある特定の場所。限られた地域。地(ち)。

談義本風流志道軒伝(1763)一「汝が修行成就して、再び此土帰りし時」

(6) 階段きざはし

石山寺本金般若経集験記平安初期点(850頃)「(階(ツチ))上り来りて堂の内に入りて」

(7) 価値のないもの、容貌の醜いことのたとえ

源氏100114頃)蜻蛉ここちよき人を見集むれど、似るべくもあらざりけり覚ゆ御前なる人はまことにつちなどの心ちぞするを」

(8) あかぬけていないこと。また、そのもの。いなか。いなか者

洒落本風流裸人形(1779か)下「いなかのきゃくていな。〈略〉つちのくせにせりふつけて、いけたしものじゃない」

(9) (「じげ(地下)」の「地」の訓読みか) 清涼殿殿上の間昇殿する資格認められていないもの。地下(じげ)。

落窪(10C後)一「六位といへど、蔵人とにだにあらず、つちの帯刀の、歳二十ばかり、長は一寸ばかりなり」

(10) 摂津国有馬郡名塩兵庫県西宮市塩瀬町名塩)で産した鳥の子紙一種泥土混ぜるため厚くて重く、裂けやすかったが耐熱性防虫性にすぐれた名塩紙。〔文芸類纂(1878)〕

(11) (「犯土」とも書く。「つぢ」とも) 陰陽道近世俗信で、地神土中にいると考え穴掘・築土・動土など土を犯すことを忌むこと。また、その期間。干支一巡の間、庚午から甲申に至る一五日間をいい、そのうち庚午から丙子に至る七日間を大土(おおつち)、戊寅から甲申に至る七日間を小土(こつち)、中間の丁丑日を間日禁忌から解放される日)とする。一説庚午から丁亥に至る一八日間ともいう。また、この期間中出産忌むとされ、特にこの期間に汲んだ産湯に使うことは禁物とする風習があった。→大土小土

俳諧西鶴大矢数(1681)第三一「生れ咒詛(まじない)の風 一に俵大黒殿の御悦び

(12)つちぎみ土公)」の略。

2 (土) 小説長塚節作。明治四三年(一九一〇)発表鬼怒川近郊貧農勘次一家の、救いのない生活の中にも懸命に土に生きる姿を、精細な写生文体で描く。農民文学代表作


ち【地】

本の下の小口切り落とし部分)。罫下(けした)ともいう。
中綴
本

地(じ)

高泡落泡になり、玉泡になってこの玉泡消えて、醪の表面現れたとき、地になったという。

読み方:じ

  1. 踊手に対し唄手、三味線などをいふ。

読み方:じ

  1. 生地素地の略、転じて生れつきの意にも用う
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 04:36 UTC 版)

(チ、ジ、つち)とは、場所などを指す。比喩抽象哲学などの意味で使われる場合もある。


  1. ^ 注:死後の世界は「天」にある、と考えられている場合もあるが、死後の世界は「地」にあると考えられている場合もある。日本の伝統的な考え方や古代ギリシャなどでは、冥府は地下にあるとする物語が多い。
  2. ^ 宙に浮いている状態との対比
  3. ^ 「上がる」や「天に昇る」との対比。あるいは、天が幸福で、地が不幸、といったメタファー。
  1. ^ a b c d e f g h 広辞苑 第五版 p.1699 【地】
  2. ^ a b c d 三省堂 新漢和辞典


「地」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:21 UTC 版)

発音(?)

名詞:じ

(じ)

  1. 下地文字の書いてない部分
  2. 本性地金
  3. 会話などを除いた叙述のための文章
    • の文
  4. 義太夫節で)旋律

発音(?)

じ↗

名詞:ち

(ち)

  1. 大地
  2. の下。地上
    • にも平和を。
  3. 大地一部分土地地面場所
    • このに家を建てよう。
  4. 下の方角。(書物絵画などにおいて)垂直に置いたときに下になる方。水平に置いたときに読み手に近い方。した
  5. 最も低い位置
  6. 漢文読み下しにおいて、「」の付せられた字に続くことを表す記号

発音(?)

ち↘

名詞:つち

(つち)

  1. つち」を参照

熟語

手書きの字形について

「地」の右側にある構成要素「也」の第一画について、右側を折っただけで終筆をはねない形を誤りとする指導書存在するが[1]まちがいではなく、はねてもはねなくてもよい。[2]


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「地」に関係したコラム

  • CFD取引に関するCFD業者のセミナーの一覧

    CFD業者では、CFD取引に役立つセミナーを開催しています。セミナーでは、CFDの仕組みや取引の仕方など、初心者向けの内容が多いようです。また、テクニカル指標を用いて売買のエントリーポイントを見つける...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

  • 株365取引に関するセミナーの一覧

    株365を取り扱う証券会社や東京金融取引所では、株365に役立つセミナーを開催しています。株365のセミナーでは、株365の基礎知識から取引方法など、初心者向けの内容が多いようですが、売買タイミングや...

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地」の関連用語

1
96% |||||

2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS