丘陵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 地学 > 丘陵の意味・解説 

きゅう‐りょう〔キウ‐〕【丘陵】

読み方:きゅうりょう

小さな山。おか。

ゆるやかな起伏の低い山が続く地形。「—地帯


丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 14:05 UTC 版)

丘陵(きゅうりょう)とは、なだらかな起伏や小山()の続く地形。ただし、形態的には非常に広汎な地形を含んでおり、地形学的に明確に定義されているわけではない[1]




「丘陵」の続きの解説一覧

丘陵(新第三系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 08:16 UTC 版)

鹿沼市」の記事における「丘陵(新第三系)」の解説

黒川西側南北細長く鹿沼丘陵が伸びている。鹿沼城跡もこの丘陵上に位置するまた、鹿沼台地の上に孤立して残っている丘群もあり、これが茂呂山である。鹿沼丘陵も茂呂山も新第三系海成地層で、堆積岩類や火山砕屑岩類分布する

※この「丘陵(新第三系)」の解説は、「鹿沼市」の解説の一部です。
「丘陵(新第三系)」を含む「鹿沼市」の記事については、「鹿沼市」の概要を参照ください。


丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 14:57 UTC 版)

モンスターファームラグーン」の記事における「丘陵」の解説

前作にも登場した「ルセタラ丘陵」のテクスチャー構成される遠征地

※この「丘陵」の解説は、「モンスターファームラグーン」の解説の一部です。
「丘陵」を含む「モンスターファームラグーン」の記事については、「モンスターファームラグーン」の概要を参照ください。


丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 20:21 UTC 版)

アルゼンチンの地理」の記事における「丘陵」の解説

ソムンクラ高原は丘陵と窪地連続する玄武岩台地である。高原リオ・ネグロ州チュブ州またがって広がり、北はチュブ川から、南はネグロ川まで広がるこの地域は冬季夏季気候変動大きい。この地域は火山岩からなり多くの果樹園アルファルファ農園がある。家畜飼育する牧場主にとっては理想的な所である。アタカマ高原英語版)は小規模な高原であり、アルゼンチン北部アンデス山脈東部地域占めサン・ミゲル・デ・トゥクマンまで東に伸びている。 ブエノスアイレス州南部からラ・パンパ州にかけて、リウエル=カレル丘陵、ベンターナ山地タンディル丘陵といった小規模な丘陵が東西延びている。これらの丘陵はアルゼンチン中央部横断しパタゴニアパンパ北東部仕切りとして機能している。ベンターナ山地は最高標高が1,200mほどだが、リウエル=カレル丘陵やタンディル丘陵は標高低く最高点でも標高500m程度である。

※この「丘陵」の解説は、「アルゼンチンの地理」の解説の一部です。
「丘陵」を含む「アルゼンチンの地理」の記事については、「アルゼンチンの地理」の概要を参照ください。


丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 02:39 UTC 版)

東海市」の記事における「丘陵」の解説

御雉子山 - 西側には昔ながら里山風景残っている。市の東部標高20mから60mの丘陵地で、かつては森林やみかん畑が多かったが、最近は森林開拓し住宅団地や畑に利用されている。

※この「丘陵」の解説は、「東海市」の解説の一部です。
「丘陵」を含む「東海市」の記事については、「東海市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「丘陵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

丘陵

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:50 UTC 版)

名詞

きゅうりょう

  1. なだらかな起伏や、小山・丘の続く地形

発音(?)

きゅ↗ーりょー

「丘陵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



丘陵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

丘陵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



丘陵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丘陵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鹿沼市 (改訂履歴)、モンスターファームラグーン (改訂履歴)、アルゼンチンの地理 (改訂履歴)、東海市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの丘陵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS