東西とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 東西 > 東西の意味・解説 

とう‐ざい【東西】

【一】[名]

東と西。また、その方向。「東西に走る道路

東洋と西洋関東関西東側諸国西側諸国などの意。「東西の文化」「洋の東西問わない」「古今東西

世間また、世間事柄事情。「東西もわきまえない青二才

《東や西の意から》あちこち方々

何を見るぞと思ひて、—を見廻らせば」〈今昔二八・七〉

【二】[感]東西東西」に同じ。

「『—、黙って』と笑顔をお千世向けて」〈鏡花日本橋


とう‐ざい【東西】

1⃣ 〔名〕

① 東と西。また、東から西まで。

性霊集‐二(835頃)沙門勝道歴山玄珠碑・序「北望則有湖、約計一百頃、東西狭、南北長」

読本椿説弓張月(1807‐11)続「馬に閃(ひら)りとうち跨り、東西(トウザイ)に別れつつ」〔孟子告子・上〕

② (「東や西」の意から) あちらやこちら。あらゆる方向

霊異記810‐824)上「愚人顛沛(たふ)れ 東西に狂ひ走る」

③ (転じて) 世間、また世間事柄をさしていう。→東西を弁えず

④ その位置が東と西であるもの、また「東」と「西」の字のつくものをまとめていう。

(イ) 舞台の上手(かみて)と下手(しもて)。

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)一「初手の餝付(かざりつけ)を東西へ引分る」

(ロ) 土俵の東と西。

随筆胆大小心録(1808)一三八「東西のとうどり、すまふが出て」

(ハ) 関東関西

(ニ) 東洋と西洋

侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉ムアアの言葉「東西の画家には未だ嘗て落款の場所と軽視したるものはない」

(5) 中国俗語由来して、物品金銭をいう。

随筆秉燭譚1729)五「東西とは物をいふ一おりのもの持出るなり」〔通雅称謂

2⃣ 〔感動

① =とうざいとうざい東西東西)①

俳諧筑波(1638)五「東西(トウザイ)と春のしづむる朝かな〈正依〉」

② =とうざいとうざい東西東西)②

滑稽本浮世床(1813‐23)初「東西只今角力行司預り置ます」

相手のことばを軽く制するときにいう。

人情本春色梅美婦禰(1841‐42頃)五「『夫じゃア其他はみんな啌言(うそ)だといふのか』『ヲット東西、マア何にしろ横鎗を入れねへで聞べしサ』」

[語誌](1)節用集類で「東西」に「アナタコナタ」と当てられて、(一)②の意味でも使われた。また、サ変動詞のようにも用いられた。→とうざい(東西)する。
(2)左右(そう)」と似ているが、「左右」よりも動作性が強いといわれる
(3)(一)(5)については「南総里見八犬伝‐九」に「船にて飽まで東西(モノ)賜りぬ」と読ませた例が見られる


東西

読み方:ヒタタシ(hitatashi)

東西の道。

別名 日縦


東西

読み方:とうざい

  1. 芝居浄瑠璃見世物観衆喧噪静止する時、また口上を述べる始め云う言葉。むかし相撲が東西に別れてやつた時に行司が「東より西まで鎮り給へよ」と云うたのが始りであると伝えられている。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

東西

読み方
東西とうにし

東西

出典:『Wiktionary』 (2018/06/06 14:42 UTC 版)

名詞

西とうざい

  1. ひがし西にし
  2. 東と西との。東と西の方向
  3. 東洋西洋
  4. 世間世相事柄
  5. 方位方角
  6. あちこち

類義語

関連語

熟語

感動詞

西とうざい

  1. 東西声」の発声



東西と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東西」の関連用語

東西のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東西のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの東西 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS