愛情とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 気持ち > 愛情の意味・解説 

あい‐じょう〔‐ジヤウ〕【愛情】

読み方:あいじょう

深く愛しいつくしむ心。「—を注ぐ」

性愛対象として)特定の相手恋い慕う心。「ひそかな—をいだく」

→愛[用法]

[補説] 書名別項。→愛情


あいじょう〔アイジヤウ〕【愛情】

読み方:あいじょう

原題、(スペイン)Ternuraミストラル第二詩集1924年マドリード刊行処女詩集荒廃」の〈ゆりかご歌〉の章の作品に、子供のための作品加えて編纂しなおしたもの。別邦題いつくしみ」「情愛」。


愛情

作者コーネリア・ニクソン

収載図書猫好き捧げるショート・ストーリーズ
出版社国書刊行会
刊行年月1997.11


愛情

作者見明

収載図書山の郵便配達
出版社集英社
刊行年月2001.3

収載図書山の郵便配達
出版社集英社
刊行年月2007.6
シリーズ名集英社文庫


愛情

作者鄭人澤

収載図書半島作家短篇集
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.9
シリーズ名日本植民地文学精選


愛情

作者莫言

収載図書白い犬とブランコ莫言自選短編集
出版社日本放送出版協会
刊行年月2003.10


愛情

作者大佛次郎

収載図書白い夜
出版社未知谷
刊行年月2007.9
シリーズ名大佛次郎セレクション


愛情

作者ふみともしん

収載図書笑った顔が一番素敵。
出版社SDP
刊行年月2008.12


愛情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 18:44 UTC 版)

愛情(あいじょう)




「愛情」の続きの解説一覧

愛情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:48 UTC 版)

子育てクイズ マイエンジェル」の記事における「愛情」の解説

アーケード版第1作にのみ登場満タンになるとライフ1つ回復する

※この「愛情」の解説は、「子育てクイズ マイエンジェル」の解説の一部です。
「愛情」を含む「子育てクイズ マイエンジェル」の記事については、「子育てクイズ マイエンジェル」の概要を参照ください。


愛情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 21:26 UTC 版)

子育て」の記事における「愛情」の解説

育児基本条件の中で第一のものは、養育され小児と、養育する人との間に愛情の交流あることである。物理的な環境がいかに整っていようが、愛情を欠く環境では小児健全に育たない。このことは多くの研究明らかにしている。

※この「愛情」の解説は、「子育て」の解説の一部です。
「愛情」を含む「子育て」の記事については、「子育て」の概要を参照ください。


愛情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 14:23 UTC 版)

育児」の記事における「愛情」の解説

育児基本条件の中で第一のものは、養育され小児と、養育する人との間に愛情の交流あることであるとされる物理的な環境がいかに整っていようが、愛情を欠く環境では小児健全に育たない澤田啓司は指摘している。このことは多くの研究示していると言うボウルビーは、母と子が愛情のきずなで結ばれていることが、子供が(子供の)自己への信頼育てることになり、それがやがては他者への信頼育てることになり、円満な社会生活を営むことができる人格形成につながる、と指摘した。子が母に対して抱く愛情のきずなをボウルビーは「attachmentアタッチメント」と呼んでいる。クラウスケネルらは、こうした愛着形成には、出生直後における母と子皮膚接触スキンシップ)や母乳哺育大切である指摘したと言うこうした指摘を受けて近年産院では、分娩直後から母子が肌を触れ合う機会を増やしたり早期授乳行ったり産褥期母と子同室にする、などの配慮をすることが増えてきている、と澤田啓司はした。 皮膚接触スキンシップ)をすることは、子の人格健全に育つのに役立つ、とされる赤ちゃん皮膚感覚は脳と直結しているので、赤ちゃんの肌に触れること(タッチング)をすればするほど脳の発達助けることにつながるとされる。 「愛着理論」も参照

※この「愛情」の解説は、「育児」の解説の一部です。
「愛情」を含む「育児」の記事については、「育児」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「愛情」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

愛情

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:58 UTC 版)

名詞

あいじょう

  1. 対象いつくしむ気持ち

関連語

翻訳


「愛情」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



愛情と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

愛情のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛情のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの子育てクイズ マイエンジェル (改訂履歴)、子育て (改訂履歴)、育児 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの愛情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS