ブルトン語とは? わかりやすく解説

ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 02:45 UTC 版)

ブルトン語(ブルトンご、ブルトン語: Brezhonegフランス語: Breton)は、ブリトン語系ケルト諸言語の一つである。ブレイス語ブルターニュ語とも言われる。


  1. ^ fr:Fañch Broudic, 2009. Parler breton au XXIe siècle – Le nouveau sondage de TMO-Régions.ゅincluding data from 2007: 172,000 speakers in Lower Brittany; slightly under 200,000 in whole Brittany; 206,000 including students in bilingual educationょ
  2. ^ (フランス語)Données clés sur breton, Ofis ar Brezhoneg
  3. ^ Pourcentage d'enfants scolarisés dans les filières bilingues sur la population scolaire globale(Année scolaire 2008-2009)Bretagne : 1.38 %[1]
  4. ^ Simon Hooper. “France a 'rogue state' on regional languages”. Al Jazeera. 2012年3月30日閲覧。
  5. ^ ICBL information about Breton at breizh.net
  6. ^ Fañch Broudic, 2009. Parler breton au XXIe siècle – Le nouveau sondage de TMO-Régions.(including data from 2007: 172,000 speakers in Lower Brittany; slightly under 200,000 in whole Brittany; 206,000 including students in bilingual education)
  7. ^ Simon Hooper. "France a 'rogue state' on regional languages". Al Jazeera. [2] Retrieved 30 March 2012.
  8. ^ 絶滅危機のブルトン語、フランスは多様性と向き合えるか”. CNN (2011年1月2日). 2011年4月5日閲覧。


「ブルトン語」の続きの解説一覧

ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/07 18:33 UTC 版)

カンペール」の記事における「ブルトン語」の解説

議会2008年2月6日にブルトン語の使用促進定めた憲章批准決定した2007年度新学期には初等教育を受ける児童4.7%がフランス語とブルトン語の二言語学校に登録している。

※この「ブルトン語」の解説は、「カンペール」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「カンペール」の記事については、「カンペール」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 15:38 UTC 版)

リエック=シュル=ベロン」の記事における「ブルトン語」の解説

2008年12月16日コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「リエック=シュル=ベロン」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「リエック=シュル=ベロン」の記事については、「リエック=シュル=ベロン」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 14:04 UTC 版)

ランムール」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期時点でランムール児童の13.2%がブルトン語との二言教育を行う小学校在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「ランムール」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ランムール」の記事については、「ランムール」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 14:10 UTC 版)

プラン=シュル=メール」の記事における「ブルトン語」の解説

2013年5月18日コミューン議会Ya d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「プラン=シュル=メール」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「プラン=シュル=メール」の記事については、「プラン=シュル=メール」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/26 05:31 UTC 版)

ポン=ラベ」の記事における「ブルトン語」の解説

2008年コミューン議会Ya d'ar brezhoneg憲章批准可決した2007年新学期において、コミューン児童5.2%が二言教育を行う学校在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「ポン=ラベ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ポン=ラベ」の記事については、「ポン=ラベ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/23 01:20 UTC 版)

プルネヴェ=ロクリスト」の記事における「ブルトン語」の解説

2011年コミューン議会はブルトン語の日常使用促進するYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「プルネヴェ=ロクリスト」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「プルネヴェ=ロクリスト」の記事については、「プルネヴェ=ロクリスト」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/15 15:58 UTC 版)

トレガン」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期において、トレガン児童のうち6.8%が二言語学校に在籍していた。 2012年11月コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「トレガン」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「トレガン」の記事については、「トレガン」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/28 17:18 UTC 版)

プルゴンヴラン」の記事における「ブルトン語」の解説

2005年6月16日コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章批准した2007年新学期時点でコミューン児童のうち5.8%が二言語学校に在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「プルゴンヴラン」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「プルゴンヴラン」の記事については、「プルゴンヴラン」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 16:05 UTC 版)

ダウラ」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期時点でコミューン児童8.1%が二言教育小学校在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「ダウラ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ダウラ」の記事については、「ダウラ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/13 09:31 UTC 版)

ロクマリア=プルザネ」の記事における「ブルトン語」の解説

2008年6月コミューン議会はブルトン語の日常使用促進するYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「ロクマリア=プルザネ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ロクマリア=プルザネ」の記事については、「ロクマリア=プルザネ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/13 09:25 UTC 版)

ミリザック」の記事における「ブルトン語」の解説

2005年5月ミリザック議会はブルトン語の日常使用促進するYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した2007年新学期時点でミリザック児童の6.4%が二言教育小学校在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「ミリザック」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ミリザック」の記事については、「ミリザック」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:43 UTC 版)

ブルターニュ」の記事における「ブルトン語」の解説

詳細は「ブルトン語」を参照 ブルトン語は、コーンウォール語ウェールズ語ブリトン語に最も密接なケルト語である。ブルターニュフランス併合されるはるか以前13世紀以降ブルターニュ公国第一行政言語ラテン語代わってフランス語だった。ブルトン語は庶民言語として残っていたが、中世以後ブルジョワ階級貴族、そして高位聖職者たちはフランス語話していた。 19世紀と20世紀政府は、政策として義務教育制度をつくり、同時期学校でのブルトン語使用禁止し、非フランス語話者フランス語教育を行う学校押し込めた。それでも、ブルターニュ西部の住民多く1960年代までブルトン語を話し続けていた。1970年代、ブルトン語で教育を行う学校開校し地元当局がブルトン語使用奨励を始めた。親が子どもにブルトン語を教えるのをやめていたため、言語絶滅危機に瀕していたのだった1950年頃にはブルトン語話者100万人以上いたが、21世紀最初の10年間でおよそ20万人にまで話者数減少し話者61%が60歳以上を占めている。ブルトン語はユネスコ危機言語レッド・ブックen)によって、「厳し絶滅の危機に瀕している言語」として分類された。しかし、二言教育学級に在籍する児童数2006年から2012年までの間に全体33%、14,709人に達した。 ブルトン語にはいくつの方言がある。正確な方言限界がなく、むしろ方言連続体形成している。方言のほとんどが互いによく似ており、いくつか音声語彙相違があるのみである。3つの主要方言ブルターニュ西端話されている。カンペール周辺のコルヌアイユ方言サン=ポル=ド=レオン周辺のレオナール方言トレギエ周辺のトレゴロワ方言である。反対にヴァンヌ周辺話されるヴァンヌテ方言は最も差異認められる方言である。

※この「ブルトン語」の解説は、「ブルターニュ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ブルターニュ」の記事については、「ブルターニュ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 23:20 UTC 版)

サン=パビュ」の記事における「ブルトン語」の解説

2006年1月14日Ya d'ar brezhoneg憲章批准コミューン議会可決された。

※この「ブルトン語」の解説は、「サン=パビュ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「サン=パビュ」の記事については、「サン=パビュ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 08:25 UTC 版)

クロゾン」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期において、コミューン児童4.1%が二言語学校に在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「クロゾン」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「クロゾン」の記事については、「クロゾン」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/02 00:30 UTC 版)

ランデルノー」の記事における「ブルトン語」の解説

ランデルノーには、ブルトン語の教育組織Diwan本部置いており、ブルトン語FM放送の他コミュニティ・ラジオ放送がある。 2004年コミューンYa d’ar brezhoneg憲章批准した

※この「ブルトン語」の解説は、「ランデルノー」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ランデルノー」の記事については、「ランデルノー」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 03:41 UTC 版)

ランディヴィジオ」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期コミューン児童のうち8.8%が二言教育を行う小学校在籍していた。2012年9月ディワン学校enイマージョン・プログラムでブルトン語とフランス語による授業を行う)が開校した

※この「ブルトン語」の解説は、「ランディヴィジオ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ランディヴィジオ」の記事については、「ランディヴィジオ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 03:51 UTC 版)

レスネヴァン」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年7月コミューン議会はブルトン語の日常使用促進目指すYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した2007年新学期時点でコミューン児童のうち20.4%が二言語学校に在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「レスネヴァン」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「レスネヴァン」の記事については、「レスネヴァン」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 14:40 UTC 版)

カレ=プルゲール」の記事における「ブルトン語」の解説

2004年9月27日カレ=プルゲール議会はブルトン語の日常生活での使用促進するYa d'ar brezhoneg憲章批准した2007年秋コミューン児童のうち24.2%がブルトン語・フランス語二言語学Diwan在籍していた。カレ位置ブルターニュ西部の中心となるため、授業大半がブルトン語で行われるDiwanリセ設置する要素となっている。

※この「ブルトン語」の解説は、「カレ=プルゲール」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「カレ=プルゲール」の記事については、「カレ=プルゲール」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 02:27 UTC 版)

シャトーヌフ=デュ=フー」の記事における「ブルトン語」の解説

2006年11月Ya d'ar brezhoneg憲章批准議会可決された。2007年新学期コミューン児童の7.7%が二言教育小学校在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「シャトーヌフ=デュ=フー」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「シャトーヌフ=デュ=フー」の記事については、「シャトーヌフ=デュ=フー」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/01 00:52 UTC 版)

パンヴェナン」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年1月コミューン議会はブルトン語の日常生活での使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章批准した2013年新学期時点で64人の生徒がブルトン語との二言教育を行う公立学校在籍していた(生徒のうち23.4%は小学校児童である)。

※この「ブルトン語」の解説は、「パンヴェナン」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「パンヴェナン」の記事については、「パンヴェナン」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/24 14:41 UTC 版)

ギマエック」の記事における「ブルトン語」の解説

2004年12月22日、ブルトン語の日常使用促進するYa d'ar brezhoneg憲章批准コミューン議会可決された。2008年2月コミューン憲章から第2レベル授けられた。

※この「ブルトン語」の解説は、「ギマエック」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ギマエック」の記事については、「ギマエック」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 23:48 UTC 版)

ロスコフ」の記事における「ブルトン語」の解説

2008年11月4日ブルターニュでのブルトン語の日常使用促進する憲章 Ya d'ar brezhoneg(ブルトン語への賛同)(fr)への参加が、市町村参議会において可決された。2013年新学期には、50人の生徒公立バイリンガルフランス語とブルトン語)クラスに就学した。それは、町の初等教育登録され生徒数の21.4%である。

※この「ブルトン語」の解説は、「ロスコフ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ロスコフ」の記事については、「ロスコフ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 14:28 UTC 版)

プルゲルノー」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期時点でプルゲルノー児童11.8%が二言教育小学校在籍していた。2010年12月17日コミューン議会はブルトン語の日常使用促進を掲げYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「プルゲルノー」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「プルゲルノー」の記事については、「プルゲルノー」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 05:07 UTC 版)

カンペルレ」の記事における「ブルトン語」の解説

ブルトン語とフランス語二言教育を行う学校が、1989年初めカンペルレにできた。2007年新学期において、カンペルレ内の児童の2.9%が二言小学校在籍していた。2008年12月18日カンペルレ市議会において、ブルトン語の日常使用促進するYa d’ar brezhoneg憲章批准された。

※この「ブルトン語」の解説は、「カンペルレ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「カンペルレ」の記事については、「カンペルレ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/18 08:07 UTC 版)

プルザネ」の記事における「ブルトン語」の解説

Ya d'ar brezhoneg憲章遵守が、2008年12月15日コミューン議会可決された。 2007年新学期において、プルザネ児童3.5%が二言語学校に在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「プルザネ」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「プルザネ」の記事については、「プルザネ」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/29 11:57 UTC 版)

プロムール」の記事における「ブルトン語」の解説

2007年新学期プロムール児童のうち28.9%が二言教育小学校在籍していた。

※この「ブルトン語」の解説は、「プロムール」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「プロムール」の記事については、「プロムール」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 15:43 UTC 版)

ラナルヴィリー」の記事における「ブルトン語」の解説

2011年11月コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「ラナルヴィリー」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ラナルヴィリー」の記事については、「ラナルヴィリー」の概要を参照ください。


ブルトン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 14:12 UTC 版)

ロック=ブレヴァレール」の記事における「ブルトン語」の解説

2010年10月20日コミューン議会Ya d'ar brezhoneg憲章ラベル2批准可決した

※この「ブルトン語」の解説は、「ロック=ブレヴァレール」の解説の一部です。
「ブルトン語」を含む「ロック=ブレヴァレール」の記事については、「ロック=ブレヴァレール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブルトン語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ブルトン語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/14 14:24 UTC 版)

名詞

言語コード
ISO639-1 br
ISO639-2 bre
ISO639-3 bre
SIL -
  1. フランスブルターニュ地方使われているインド・ヨーロッパ語族ケルト語派属する言語。

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルトン語」の関連用語

ブルトン語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブルトン語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルトン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカンペール (改訂履歴)、リエック=シュル=ベロン (改訂履歴)、ランムール (改訂履歴)、プラン=シュル=メール (改訂履歴)、ポン=ラベ (改訂履歴)、プルネヴェ=ロクリスト (改訂履歴)、トレガン (改訂履歴)、プルゴンヴラン (改訂履歴)、ダウラ (改訂履歴)、ロクマリア=プルザネ (改訂履歴)、ミリザック (改訂履歴)、ブルターニュ (改訂履歴)、サン=パビュ (改訂履歴)、クロゾン (改訂履歴)、ランデルノー (改訂履歴)、ランディヴィジオ (改訂履歴)、レスネヴァン (改訂履歴)、カレ=プルゲール (改訂履歴)、シャトーヌフ=デュ=フー (改訂履歴)、パンヴェナン (改訂履歴)、ギマエック (改訂履歴)、ロスコフ (改訂履歴)、プルゲルノー (改訂履歴)、カンペルレ (改訂履歴)、プルザネ (改訂履歴)、プロムール (改訂履歴)、ラナルヴィリー (改訂履歴)、ロック=ブレヴァレール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブルトン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS